SharePoint Workspace 2010 でファイル システムからワークスペース データにアクセスする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ワークスペース データの中には、Windows ファイル システムから直接アクセスできるものがあります。アクセスできるのは、SharePoint ワークスペース、またはバージョン 2010 の Groove ワークスペースのドキュメント ツールに保存されているドキュメントに限られます。このトピックでは、このようなデータをファイル システムから参照する方法と、この方法で SharePoint Workspace のコンテンツにアクセスする際の機能と制限について説明します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ファイル システムからワークスペースを検索します。

ファイル システムから直接 SharePoint Workspace のコンテンツへのアクセスの機能と制限

ファイル システムからワークスペースを参照する

Windows Vista または Windows 7 を使用している場合、ワークスペースは、ユーザー プロファイル フォルダーのワークスペース フォルダーに保存されます。

Windows Vista では、ユーザー プロファイル フォルダーはデスクトップ フォルダーのサブフォルダーとして表示されます。

ファイル システムのこのフォルダーに、Groove 2010 ワークスペースが表示されます

Windows 7 では、デスクトップ フォルダーを開いて、ユーザー プロファイル フォルダーを表示する必要があります。

Windows 7 のデスクトップ フォルダー

さらにユーザー プロファイル フォルダーを開いて、ワークスペース フォルダーを表示できます。

ユーザー プロファイル フォルダーを開いた状態

Windows XP を使用している場合、ワークスペースはマイ コンピューター フォルダーの "その他"という名前のセクションに保存されます。

ワークスペース フォルダーを開くと、SharePoint Workspace が実行されていない場合は、自動的に起動します。ワークスペースは、起動バーに表示されるアイコンと同じアイコンを使用して表示されます。

注: 一覧に表示されるのは、 バージョン 2010 の SharePoint または Groove ワークスペースのみです。また、SharePoint ワークスペースが表示されるのは、少なくとも 1 つドキュメント ライブラリが含まれている場合のみで、Groove ワークスペースが表示されるのは、少なくとも 1 つドキュメント ツールが含まれている場合のみです。

任意のワークスペース "フォルダー" を開くと、そのワークスペース内のすべてのドキュメント ツールが一覧表示されます。

Groove のネームスペース拡張シェル フォルダーの内容

ページの先頭へ

ファイル システムから直接 SharePoint Workspace のコンテンツにアクセスする場合の機能と制限

次の機能と制限があります。

  • ワークスペース フォルダーに表示されるのは、SharePoint ワークスペースと バージョン 2010 の Groove ワークスペースのみです。また、SharePoint ワークスペースが表示されるのは、少なくとも 1 つドキュメント ライブラリが含まれている場合のみで、Groove ワークスペースが表示されるのは、少なくとも 1 つドキュメント ツールが含まれている場合のみです。

  • ワークスペース フォルダーには新しいフォルダーを追加することはできますが、新しいデータ ファイルを追加することはできません。

  • ワークスペース フォルダーとファイル システムの間でファイルをコピーして貼り付けたり、ドラッグ アンド ドロップしたりすることはできません。

  • ファイル システムでワークスペース フォルダーのドキュメントをダブルクリックすると、任意の種類のドキュメントを開くことができます。また、Microsoft Office Word 2010、Excel 2010、または PowerPoint 2010 を使用している場合は、そのアプリケーションで "名前を付けて保存" や "開く" を使用して、ファイル システムでワークスペース フォルダーのドキュメントを保存したり、開いたりすることができます。

  • そのワークスペースでの自分のロールに必要な権限が割り当てられている場合は、ドキュメントの名前の変更、編集、または削除を実行できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×