SharePoint Workspace 2010 での通知の基本設定

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Workspace でワークスペースの未読情報に関する通知方法をカスタマイズできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

通知の既定の設定を変更します。

SharePoint または Groove ワークスペースに対して通知を設定

共有フォルダーに対して通知を設定

ワークスペース ツールに対して通知を設定

ファイル フォルダーに対して通知を設定

ファイルに対して通知を設定します。

通知の既定の設定を変更する

新規作成したワークスペースの未読情報に関する既定の通知方法は変更できます。既定の設定は、後で 2010 ドキュメント ツールや 2007 ファイル ツールまたは共有フォルダーで、ワークスペース、ツール、またはフォルダーやファイルごとに無効にできます。

  1. 起動バーの [ファイル] タブで、[情報]、[アカウントの管理]、[アカウント環境設定] の順にクリックし、[環境設定] ダイアログ ボックスの [通知] タブをクリックします。

  2. スライダーをドラッグして、通知の設定を変更します。

    詳細

    • [自動] を使用すると、SharePoint Workspace によって未読情報に関する適切な通知設定が自動的に選ばれます。新しいワークスペースまたは週に 1 回以上アクセスするワークスペースの場合、この設定は [高] と同じです。頻繁にアクセスしないワークスペースまたはワークスペース ツールの場合 (ワークスペースまたはツール内の情報を頻繁に必要としないことを意味します)、システム トレイに表示される通知で煩わされないように、SharePoint Workspace によって自動的に通知の設定が [中] に調整されます。

    • [] にすると、Windows の通知領域に未読マークが表示され、通知がポップアップ表示されます。さらに、関連するワークスペースまたはツールのプロパティでオーディオ ファイルが選択されている場合は、通知にオーディオが含まれます。

    • [] にすると、未読マークのみが表示されます。

    • [オフ] にすると、未読情報は無視され、通知されません。

  3. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

[既定の設定に戻す] をクリックすると、通知の設定はシステムの既定の設定に戻ります。

注: [環境設定] ダイアログ ボックスに表示される [通知の自動削除] オプションはこのリリースでは実装されていません。

ページの先頭へ

SharePoint ワークスペースまたは Groove ワークスペースに対して通知を設定する

SharePoint Workspace または Groove ワークスペースの未読情報に関する通知方法を調整できます。

新しいワークスペースに対する通知の設定は、アカウントの基本設定で最初に定義されます。ただし、既存のワークスペースに対する通知の設定は、アカウントの基本設定で既定の設定を変更しても変更されません。

ワークスペースごとに通知の設定を変更することもできます。たとえば、アクセス頻度の低いワークスペースについては、余分な情報が表示されないように、通知レベルを低く設定できます。

  1. 起動バーで、ワークスペースを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

  2. [通知] タブをクリックします。

  3. スライダーをドラッグして、通知の設定を変更します。

    詳細

    • [自動] を使用すると、SharePoint Workspace によって未読情報に関する適切な通知設定が自動的に選択されます。週に 1 回以上アクセスするワークスペースの場合、この設定は [] と同じです。頻繁にアクセスしないワークスペースの場合 (ワークスペース内の情報を頻繁に必要としないことを意味します)、Windows の通知領域に表示される通知で煩わされないように、SharePoint Workspace によって自動的に通知の設定が [] に調整されます。

    • [] にすると、Windows の通知領域に未読マークが表示され、チャイムと共に通知がポップアップ表示されます。

    • [] にすると、未読マークのみが表示されます。

    • [オフ] にすると、未読情報は無視され、通知されません。

  4. 通知レベルを [] に設定した場合は、必要に応じて、各通知に伴って再生するサウンド ファイル (.wav) を選択または参照します。

  5. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

共有フォルダーに対する通知を設定する

共有フォルダーの未読情報に対する通知を設定するには、ワークスペースのプロパティ ダイアログ ボックスでオプションを選択します。

  1. 起動バーで、共有フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  2. [通知] タブをクリックします。

  3. スライダーをドラッグして、通知の設定を変更します。


    詳細情報

    • [自動] を使用すると、SharePoint Workspace によって未読情報に関する適切な通知設定が自動的に選ばれます。週に 1 回以上アクセスする共有フォルダーの場合、この設定は [] と同じになります。頻繁にアクセスしない共有フォルダーの場合 (共有フォルダー内の情報を頻繁に必要としないことを意味します)、Windows の通知領域に表示される通知で煩わされないように、SharePoint Workspace によって自動的に通知の設定が [] に調整されます。

    • [] にすると、Windows の通知領域に未読マークが表示され、チャイムと共に通知がポップアップ表示されます。

    • [] にすると、未読マークのみが表示されます。

    • 未読情報を無視して、通知されません。

  4. 通知レベルを [] に設定した場合は、必要に応じて、各通知に伴って再生するサウンド ファイル (.wav) を選択または参照します。

  5. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

    ページの先頭へ

ワークスペース ツールに対して通知を設定する

SharePoint Workspace の現在のワークスペース ツールの未読情報に関する通知方法を調整できます。 ワークスペース ツールの既定の設定は [継承] です。これは、ワークスペースに現在適用されている設定を使用することを意味します。

  1. [コンテンツ] ウィンドウで、ワークスペース ツールを右クリックし、[通知の設定] をクリックします。

  2. 通知の設定を変更するのには、スライダーをドラッグします。

    の詳細

    • [自動] を使用すると、SharePoint Workspace によって未読情報に関する適切な通知設定が自動的に選ばれます。週に 1 回以上アクセスするワークスペース ツールの場合、この設定は [] と同じになります。頻繁にアクセスしないワークスペース ツールの場合 (ワークスペース ツール内の情報を頻繁に必要としないことを意味します)、Windows の通知領域に表示される通知で煩わされないように、SharePoint Workspace によって自動的に通知の設定が [] に調整されます。

    • [] にすると、Windows の通知領域に未読マークが表示され、チャイムと共に通知がポップアップ表示されます。

    • [] にすると、未読マークのみが表示されます。

    • 未読情報を無視して、通知されません。

  3. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ファイル フォルダーに対して通知を設定する

SharePoint Workspace でファイル フォルダーごとに未読情報に関する通知方法を変更できます。既定では、フォルダーごとの通知の設定は [オフ] になっており、通知は現在のツールおよびワークスペースの設定に従ってのみ送信されます。フォルダーの設定を [] に変更すると、そのフォルダーで変更があったときに通知が送信されます。

注: Groove ワークスペースでは、フォルダーに対してのみ通知を設定できます。

  1. 共有フォルダー内のフォルダーに対する通知を設定する場合は、フォルダーを選択して、[ファイルおよびフォルダーのタスク] 作業ウィンドウの [このフォルダーに対して通知を設定] をクリックします。

  2. 2010 ドキュメント ツールまたは 2007 ファイル ツールでフォルダーに対して通知を設定する場合は、フォルダーを右クリックして、[プロパティ] をクリックし、[通知] タブをクリックします。

  3. 通知の設定を変更するには、ポインターを上下にドラッグします。

  4. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ファイルに対して通知を設定する

SharePoint Workspace で未読情報に関する通知方法をファイルごとに変更できます。既定では、ファイルごとの通知の設定は [オフ] になっており、未読通知は現在のツールおよびワークスペースの設定に従ってのみ送信されます。ファイルの設定を [] に変更すると、そのファイルに対する変更について通知されます。

注: Groove ワークスペースでは、ファイルに対してのみ通知を設定できます。

  1. ファイルを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

    注: 共有フォルダー内のファイルに対して通知を設定する場合は、ファイルを選択して、[ファイルおよびフォルダーのタスク] 作業ウィンドウの [このファイルに対して通知を設定] をクリックします。

  2. [プロパティ] ダイアログ ボックスの [通知] タブをクリックします。

  3. スライダーをドラッグして、通知の設定を変更します。

    詳細

    • [] にすると、Windows の通知領域に未読マークが表示され、チャイムと共に通知がポップアップ表示されます。

    • [オフ] にすると、未読情報は無視され、通知されません。

  4. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×