SharePoint Workspace 2010 での新しいワークスペースの作成

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ローカル コンピューターに SharePoint コンテンツを同期するための、自分専用のワークスペースを作成できます。このワークスペースは、SharePoint ワークスペースと呼ばれます。また、招待されたメンバーとしてワークスペースに参加している他のユーザーと、コンテンツを共有できるツールを使用するワークスペースを作成することもできます。このワークスペースは、Groove ワークスペースと呼ばれます (Microsoft SharePoint Workspace の旧称は Microsoft Office Groove です)。さらに、フォルダーの内容を Windows ファイル システムと共有できる特殊な種類のワークスペースである "共有フォルダー" を作成することもできます。

新しい SharePoint ワークスペースは、Web ブラウザーで開いた SharePoint サイト、SharePoint Workspace 起動バー、または Backstage ビューから作成できます。SharePoint ワークスペースを作成する場合、すべてのサポートされているリストとライブラリをダウンロードすることも、選択したリストとライブラリをダウンロードすることもできます。すべてのリストとライブラリをダウンロードする方法が最も簡単ですが、ダウンロード対象を選択する場合に比べて、設定に時間がかかります。

注: 

注: SharePoint ワークスペースは、Microsoft SharePoint Server 2010以降、Microsoft SharePoint Foundation 2010、SharePoint Online 2010 サーバー以降で実行されているサイトとのみ同期できます。

ここでは、次の内容について説明します。

SharePoint サイトから、SharePoint ワークスペースを作成します。

起動バーまたは Backstage ビューから、SharePoint ワークスペースを作成します。

新しい Groove ワークスペースを作成する

テンプレートから新しいワークスペースを作成する

新しいワークスペースをアーカイブから作成する

共有フォルダーを作成する

SharePoint サイトから、SharePoint ワークスペースを作成します。

SharePoint サイトから SharePoint ワークスペースを作成する場合は、最初にすべてのリストとライブラリからアイテムをダウンロードするようにワークスペースを構成することも、選択したリストとライブラリからのみアイテムをダウンロードするように構成することもできます。具体的には、次のようなことができます。

すべてのリストとライブラリからアイテムをダウンロードする、SharePoint ワークスペースを作成します。

選んだリストとライブラリからアイテムをダウンロードする、SharePoint ワークスペースを作成します。

特定のリストからのみアイテムをダウンロードする、SharePoint ワークスペースを作成します。

すべてのリストとライブラリからアイテムをダウンロードする、SharePoint ワークスペースを作成します。

これは、SharePoint ワークスペースを作成する最も簡単な方法です。ただし、選択した SharePoint サイト上に存在するリストとライブラリの数、および、そこに含まれるアイテムの数によっては、時間がかかる場合もあります。

  1. Web ブラウザーから、SharePoint ワークスペースを使用して同期する SharePoint サイトにアクセスします。

  2. [サイトの操作] をクリックし、[ SharePoint Workspace と同期] をクリックします。
    [サイト操作] メニューの [SharePoint Workspace と同期] コマンド

    注:  [サイトの操作] メニューが表示されない場合は、2013 SharePoint サイトを参照している可能性があります。 これに該当する場合は、ワークスペースを作成するために、次の「起動バーまたは Backstage ビューから SharePoint ワークスペースを作成する」で説明されている手順を使用する必要があります。

  3. [SharePoint Workspace と同期] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

    [同期の進行状況] ダイアログ ボックスが表示され、SharePoint サイトから SharePoint ワークスペースへのダウンロードの進行状況が示されます。

  4. ダウンロードが完了したら、[ワークスペースを開く] または [閉じる] をクリックします。

選んだリストとライブラリからアイテムをダウンロードする、SharePoint ワークスペースを作成します。

SharePoint ワークスペースの作成時にダウンロードするリストとライブラリを決めることができます。選択したリストとライブラリのアイテムしか操作する必要がない場合、これにより時間を節約できます。

  1. Web ブラウザーから、SharePoint Workspace を使用して同期する SharePoint サイトにアクセスします。

  2. [サイトの操作] をクリックし、[ SharePoint Workspace と同期] をクリックします。
    [サイト操作] メニューの [SharePoint Workspace と同期] コマンド

    注:  [サイトの操作] メニューが表示されない場合は、2013 SharePoint サイトを参照している可能性があります。 これに該当する場合は、ワークスペースを作成するために、次の「起動バーまたは Backstage ビューから SharePoint ワークスペースを作成する」で説明されている手順を使用する必要があります。

  3. [SharePoint Workspace と同期] ダイアログ ボックスで、[構成] をクリックして [設定の構成] ダイアログ ボックスを開きます。

    選んだライブラリごとに、[すべてのアイテム] (既定)、[ヘッダーのみ]、または [コンテンツなし] を選ぶことができます。

    [ヘッダーのみ] オプションは、ドキュメントのプロパティのみダウンロードします。 大規模なドキュメント ライブラリのいくつかの、選んだドキュメントのみ操作する場合に、このオプションを使用できます。 このため、ライブラリ全体をダウンロードする時間を節約できます。 選んだドキュメントのコンテンツをダウンロードするには、[同期] タブをクリックして、[ダウンロード コンテンツ] をクリックし、[ダウンロード] をクリックします。 また、個々のドキュメントをダブルクリックすると、そのコンテンツをダウンロードできます。

    選んだリストごとに、[すべてのアイテム] (既定)、または [コンテンツなし] を選ぶことができます。

    ヒント: ダウンロード オプションは、各リストまたはライブラリを右クリックして選択できます。

  4. ダウロード設定の構成が完了したら、[OK] をクリックします。

    [同期の進行状況] ダイアログ ボックスが表示され、SharePoint サイトから SharePoint ワークスペースへのダウンロードの進行状況が示されます。

  5. ダウンロードが完了したら、[ワークスペースを開く] または [閉じる] をクリックします。

特定のリストからのみアイテムをダウンロードする、SharePoint ワークスペースの作成

SharePoint ワークスペースの特定のリストのみ、コンピューターに同期したい場合があります。 そうすることで、他の SharePoint リストのアイテムのダウンロードに時間をかけることを避けることができます。

  1. Web ブラウザーから、SharePoint Workspace を使用して同期する SharePoint サイトにアクセスします。

  2. コンピューターに同期するリストを選びます。

  3. [リスト ツール] で [リスト] をクリックします。

  4. SharePoint のリボンで [SharePoint Workspace と同期] をクリックします。

  5. [OK] をクリックし、リストのワークスペースへのダウンロードを開始します。

  6. ダウンロードが完了したら、[ワークスペースを開く] または [閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

特定のライブラリからのみアイテムをダウンロードする、SharePoint ワークスペースの作成

SharePoint ワークスペースの特定のライブラリのみ、コンピューターに同期したい場合があります。 そうすることで、他の SharePoint リストのアイテムのダウンロードに時間をかけることを避けることができます。

  1. Web ブラウザーから、SharePoint Workspace を使用して同期する SharePoint サイトにアクセスします。

  2. コンピューターに同期するライブラリを選びます。

  3. [ライブラリ ツール] で [ライブラリ] をクリックします。

  4. SharePoint リボンの [ SharePoint Workspace と同期] をクリックします。

    注:  SharePoint 2013 サイトを参照している場合、“SharePoint Workspace と同期” の代わりに “ライブラリのコンピューターへの同期” が表示されます。 これに該当する場合は、ワークスペースを作成するために、次の「起動バーまたは Backstage ビューから SharePoint ワークスペースを作成する」で説明されている手順を使用する必要があります。

  5. [OK] をクリックし、ライブラリのワークスペースへのダウンロードを開始します。

  6. ダウンロードが完了したら、[ワークスペースを開く] または [閉じる] をクリックします。

  1. ページの先頭へ

起動バーまたは Backstage ビューから、SharePoint ワークスペースを作成します。

  1. [新規作成] をクリックし、[SharePoint Workspace] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 一覧に表示されている場合は、コンテンツをダウンロードする SharePoint サイトをクリックします。

    • 目的の SharePoint サイトが一覧に表示されていない場合は、サイトの Web アドレスを [場所] ボックスに入力します。

      入力ミスを防ぐには、SharePoint サイトの Web アドレスを Web ブラウザーからコピーします。

  3. すべてのサポートされているリストとライブラリをダウンロードする場合は、[OK] をクリックします。

  4. 選択したリストとライブラリをダウンロードする場合は、[構成...] をクリックします。

  5. [設定の構成] ダイアログ ボックスで、[コンテンツ] 列のドロップダウン メニューをクリックして、各リストまたはライブラリのダウンロード設定を目的の設定に変更します。

  6. [OK] をクリックします。

    [同期の進行状況] ダイアログ ボックスが表示され、SharePoint サイトから SharePoint ワークスペースへのダウンロードの進行状況が示されます。

  7. ダウンロードが完了したら、[ワークスペースを開く] または [閉じる] をクリックします。

    選択したリストとライブラリからのみアイテムをダウンロードした場合、必要に応じて他のリストやライブラリを後でダウンロードできます。

ページの先頭へ

新しい Groove ワークスペースを作成する

新しい Groove ワークスペースは、起動バーまたは Backstage ビューから作成できます。

  1. [新規作成] をクリックし、[Groove ワークスペース] をクリックします。

  2. ワークスペースの名前を入力します。

  3. 新しいワークスペースのワークスペース バージョンを変更するには、[オプション] をクリックして、ドロップダウン メニューから目的のバージョンを選択します。

    ワークスペース バージョンによって、ワークスペースに追加できるツールの一覧が決まります。また、ワークスペースのメンバーになる可能性があるユーザーに対するバージョン要件も設定されます。たとえば、現在も Office Groove 2007 を実行しているユーザーは、バージョン 2007 (またはそれ以前) のツールを含むワークスペースにしか参加できません。

  4. [作成] をクリックします。

SharePoint Workspace により Groove ワークスペースが作成され、作成したユーザーが管理者ロールを持つ初期メンバーとして表示されます。これで、ワークスペース ツールを追加または更新したり、メンバーとして参加するようにユーザーを招待できるようになりました。

ページの先頭へ

テンプレートから新しいワークスペースを作成する

既存の Groove ワークスペースをテンプレートとして保存しているか、他のユーザーが作成した Groove ワークスペース テンプレートを利用できる場合は、これらを基盤にして新しいワークスペースを作成できます。

  1. Backstage ビューに移動し、[新規作成] をクリックします。

  2. [テンプレートからワークスペースを作成] をクリックします。

    ワークスペース テンプレートが、[マイ ドキュメント] フォルダーの [Groove ワークスペース テンプレート] (既定の場所) に保存されている場合は、[参照] ダイアログ ボックスでテンプレートを選択できます。別の場所に保存されている場合は、[参照] ダイアログ ボックスでそのフォルダーを参照して、テンプレートを選択します。

  3. [開く] をクリックします。

ページの先頭へ

新しいワークスペースをアーカイブから作成する

一般に、Groove ワークスペースをアーカイブから作成する目的は、ワークスペースの復元です。詳細については、「ワークスペースをアーカイブとして保存する」および「Groove ワークスペース アーカイブを開く」を参照してください。

ページの先頭へ

共有フォルダーを作成する

共有フォルダーは、Windows エクスプローラーで直接作成するか、SharePoint Workspace 起動バーで作成できます。また、既に同期されているフォルダー内に共有フォルダーを作成することもできます。詳細については、「共有フォルダーを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×