SharePoint Workspace 2010 でのワークスペースへの招待

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Groove ワークスペースにユーザーを新しいメンバーとして招待するには、ワークスペースへの招待を送信します。

このトピックの内容

ワークスペースへの招待を作成します。

招待通知について

招待の受諾を確認

ワークスペースへの招待を作成する

Groove ワークスペースに他のユーザーを招待するには、次の操作を行います。

  1. ワークスペースに移動します。

  2. [メンバー ] ウィンドウで、[名前を入力するか、ワークスペースに招待] ボックスに受信者のアドレスを電子メールで送信します。

    招待への対応の詳細

    名前を入力すると、入力した文字と一致する連絡先が検索されます。一覧から連絡先を選択することもできます。一覧には、起動バーで個人用リストに追加した連絡先や他のワークスペースのメンバーである連絡先など、アカウントで認識されるすべての連絡先が表示されます。

    入力した名前と一致する連絡先が見つからない場合、連絡先を検索するかどうかを確認するメッセージが表示されます。

    受信者の追加または検索に使用するその他のオプションを表示するには、[受信者の追加] ダイアログ ボックスの [その他] をクリックします。

  3. [送信] をクリックして、[招待の送信] ダイアログ ボックスを開きます。

  4. 受信者に割り当てるロールを一覧から選択します。

    詳細

    複数の連絡先を招待し、異なる役割を割り当てる場合は、役割ごとに別々に招待を送る必要があります。

    さらに、ワークスペースの管理者でない限り、割り当てることができますのみ招待者に割り当てられている同じのロール (参加者が「出席者」の役割を割り当てるし、ゲストは、「ゲスト」役割を割り当てる)。詳細については、ロールと権限について参照してください。

  5. 招待者が招待を承諾したかどうかを確認する場合は、[承諾の確認を必要とする] チェック ボックスをオンにします。

    注: この機能は、電子メールで招待を送信するときに自動的に有効になります。

  6. 必要に応じて、メッセージのテキストを入力します。

  7. [招待] をクリックして招待を送信します。

    選択した受信者の種類に応じて、SharePoint Workspace では次の処理が行われます。

    • SharePoint Workspace 連絡先を選択した場合は、招待が SharePoint Workspace メッセージとして送信されます。

    • 電子メール アドレスを選択した場合は、招待が添付ファイル付きの電子メール メッセージとして Microsoft Outlook 経由で送信されます。

      メッセージには、SharePoint Workspace を既にインストールしている受信者向けの指示、および SharePoint Workspace をインストールしていない受信者向けの指示が含まれます。SharePoint Workspace をインストールしている受信者は、メッセージ内のリンクをクリックして招待を表示できます。SharePoint Workspace をインストールしていない受信者は、別のリンクをクリックして SharePoint Workspace のダウンロード ページに移動できます。電子メールの受信者が SharePoint Workspace をインストールして起動すると、ワークスペースへの招待が自動的に表示されます。招待が自動的に表示されない場合、受信者は電子メール メッセージに戻り、添付ファイルを開いて招待に返信できます。

      ワークスペースの前に承諾の確認を送信者が受信者のコンピューターに送信されたメールで送信されたすべての招待が必要です。

      注: Microsoft Outlook 電子メール クライアントをインストールしていない場合、この機能を使用して招待を送信できないことを通知するメッセージが表示されます。このメッセージには、電子メールを使用して招待する別の方法として、招待をクリップボードにコピーし、別の電子メール クライアントやメッセージング クライアントに貼り付けるという手順などが説明されます。

ページの先頭へ

招待の通知について

招待を送信すると、招待の進行状況が継続的に通知されます。

注: 電子メールで招待を送信した場合は、受信者が添付ファイルを開くまで進行状況の通知は表示されません。次の表に示すように、[<招待者名> を招待しています: 開封されました。返信を待っています] が最初に表示される通知です。

次の表に、招待の進行状況を知らせる通知を示します。

通知

説明

<招待者名> を招待しています: 送信を待っています...

招待をまだ送信できません。差出人のコンピューターがオフラインになっているか、ネットワーク接続または中継サービス接続が現在確立されていない可能性があります。

<招待者名> を招待しています: 送信しています。% 完了...

招待者のコンピューターまたは中継サービス (招待者のコンピューターがオフラインの場合) に招待を送信中です。

<招待者名> を招待しています: 送信されました。配信を待っています...

招待が差出人のコンピューターから送信されました。招待者がオンラインの場合は招待者に配信されます。招待者がオフラインの場合は中継サービスに送信されます。

<招待者名> を招待しています: 配布されました。招待者が開封するのを待っています...

招待が招待者のコンピューターに配信されました。

<招待者名> を招待しています: 開封されました。返信を待っています...

招待者が招待を開封しました。招待者は、招待を承諾するか拒否するかを決める必要があります。

<招待者名> を招待しています: 招待が承諾されました

受信者は招待を承諾しましたが、招待元のメンバーと他のすべてのワークスペース メンバーがオフラインなので、ワークスペースがまだ送信されていません。招待元のメンバーがオフラインのときに受信者が招待を承諾した場合、その時点でオンラインになっている別のメンバーからワークスペースのダウンロードが試行されます。オンラインのメンバーが複数いる場合は、アイドル状態のメンバーが優先して選択されます。

<招待者名> を招待しています: 招待が承諾されました: ワークスペースを送信しています。% 完了...

受信者が招待を承諾しました。ワークスペースを送信中です。

<招待者名> を招待しています: ワークスペースが送信されました。配信を待っています...

招待元のメンバーのコンピューターからワークスペースが送信されましたが、招待者はまだワークスペースを受信中です。

<招待者名> を招待しています: ワークスペースが配信されました

ワークスペースが正常に招待者に配信されました。

注: 招待者がワークスペース全体を受信する前にオフラインになった場合、ワークスペースは中継サービスに送信されます。招待者が次回オンラインになったとき、ワークスペースが中継サービスから招待者のコンピューターに送信されます。

ページの先頭へ

招待の承諾を確認する

承諾の確認を要求することは、セキュリティのために役立ちます。ワークスペースを送信する前に、各受信者の本人確認ができます。このオプションをオンにすると、メッセージの受信者が招待を承諾したときに、招待の確認を求める通知が表示されます。

[承諾の確認] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行い、[確認] をクリックします。

  • ここからワークスペースを送信する前に、id を確認して受信者の連絡先を開く] をクリックします。

  • 受諾を確認または拒否する場合、送信するメッセージを含めます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×