SharePoint Workspace 2010 でのリッチ テキスト機能の使用

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ほとんどのテキスト入力フィールドで、リッチ テキストを編集できます。

注: このヘルプ記事の内容は、SharePoint Workspace リスト ツールのフォーム テンプレートにあるリッチ テキスト フィールドには適用されません。これらのフィールドでは、Microsoft Office InfoPath 2010 にあるリッチ テキストの書式設定機能が使用されています。

目的に合ったトピックをクリックしてください

テキストの書式設定

テキスト コンテンツに画像およびファイルを追加します。

Web アドレスを自動的に検出します。

ツール リンクおよび Web アドレス リンクのテキスト表示を編集

テキストに書式を設定する

ほとんどのワークスペース ツールでは、リボンの [ホーム] タブにリッチ テキストの書式設定オプションが表示されます。たとえば、選択したテキストの書体、サイズ、色、および強調を変更するオプションや、配置、インデント、箇条書きなどの段落設定を変更するオプションがあります。

段落オプションでは、テキストの左揃え、右揃え、または中央揃え、箇条書きの項目の作成、および段落のインデントの設定/解除を行います。

ほとんどのリッチ テキスト入力フィールドでは、右クリックして、書式設定オプションのメニューを表示できます。

ページの先頭へ

テキストの内容に画像やファイルを追加する

リッチ テキスト フィールドに画像やファイルをコピーして貼り付けることができます。クリップボードに画像やファイルをコピーし、リッチ テキスト フィールド内を右クリックして、[貼り付け] をクリックします。また、リッチ テキスト フィールドに画像やファイルをドラッグ アンド ドロップすることもできます。

画像やファイルの種類、および使用しているオペレーティング システムによっては、リッチ テキスト フィールドに貼り付けた画像やファイルが (実際の画像ではなく) 添付ファイルとして表示されることがあります。

メニュー オプションを表示するには、画像や添付ファイルを右クリックします。表示されるオプションは、ファイルの種類によって異なります。

ページの先頭へ

Web アドレスを自動検出する

既定では、すべてのリッチ テキスト編集ウィンドウが、Web アドレス (URL) を自動的に検出し、そのアドレスを有効なリンクとして書式化するように設定されています。このリンクをクリックすると、自分と他のメンバーが Web ブラウザーを開いて Web サイトを表示できます。次の表に、自動検出を行うための Web アドレスの入力構文規則を示します。

URL アドレス

自動検出

microsoft.com/japan/

無効

www.microsoft.com/japan/

有効

http://microsoft.com/japan/

有効

http://www.microsoft.com/japan/

有効

この機能の有効/無効を切り替えるには、編集ウィンドウを右クリックして、[URL の検出] をクリックします。

ページの先頭へ

ツール リンクおよび Web アドレス リンクのテキスト表示を編集する

リッチ テキスト領域やリッチ テキスト フィールドに貼り付けたツール リンク、および検出された Web アドレス リンクに表示するテキストは編集できます。

ツール リンクのテキスト表示を編集する

ワークスペース ツール アイテム (ディスカッション トピック、ドキュメント ツール内のファイル、リスト ツール アイテム、メモ帳ツール内のページなど) からリンクを貼り付けた場合、リンク テキストには、通常、アイテムの名前 (ツールによって異なります) やそのアイテムで最後に使用されたエディターの名前が含まれます。たとえば、リスト ツール アイテムをリッチ テキスト フィールドに貼り付けると、リンクは次のように表示されます。

[リスト ツール] 項目リンクの書式情報を表示する

しかし、リンクが本文の一部になっている場合などは、リンク テキストを変更する必要が生じます。

リンク テキストを編集するには、次の操作を行います。

  1. 方向キーを使用して、リンク テキストのすぐ隣にカーソルを置きます。

    位置挿入ポイント

    注: リンク テキスト内をクリックしても編集することはできません。クリックするとリンクがアクティブになり、リンク先に移動します。

  2. Shift キーを押しながら方向キーを押して、リンク テキストを強調表示します。先頭または末尾の余白を含めないように注意してください。

    Shift キーを押しながら方向キーを押してリンク テキストを強調表示する

  3. [ホーム] タブの [ハイパーリンクの編集] をクリックします。

  4. [ハイパーリンクの編集] ダイアログ ボックスで、[表示するテキスト] ボックスのテキストを目的のテキストに置き換えます。

    注: [アドレス] ボックスには、"<<Groove ワークスペース アイテムのアドレス>>" というテキストが表示されます。このテキストが表示されない場合 (ボックスが空の場合など) は、リンク テキストが正しく強調表示されません。[キャンセル] をクリックし、リンク テキストのみを選択していることを確認してください。

  5. [OK] をクリックします。

    編集後のリンク テキストがリンクに表示されます。

    変更されたテキストでリンクする

Web アドレス リンクの表示テキストを編集する

リッチ テキスト領域やリッチ テキスト フィールドに表示される Web アドレス リンクの表示テキストも変更できます。カーソル位置から別のテキストの Web アドレスを作成するか、既存の Web アドレスに別のテキストを適用します。

  1. Web アドレスを挿入する位置をクリックするか、既存のテキストまたは既存の Web アドレスを選択します。

    選択された Web アドレス

    ヒント: 既存の Web アドレスを選択するには、Web アドレスの左端たは右端をクリックし、Shift キーを押しながら方向キーを押して強調表示します。

  2. 右クリックして、[ハイパーリンク] をクリックします。

  3. [ハイパーリンク] ダイアログ ボックスで、[表示するテキスト] ボックスに目的のテキストを入力します。必要に応じて、[アドレス] ボックスに Web アドレスを入力します。

    Web アドレスを事前に選択した場合は、そのアドレスが [表示するテキスト] ボックスと [アドレス] ボックスの両方に自動的に表示されるので、[表示するテキスト] フィールドの内容を目的のテキストに置き換えます。

    テキストを事前に選択した場合は、[表示するテキスト] ボックスにテキストが自動的に表示されます。[アドレス] ボックスに Web アドレスを入力するか、Web ブラウザーで最近アクセスした Web ページの履歴が入っている [参照したページ] ボックスから選択します。

    テキストを選択しないで [ハイパーリンク] ダイアログ ボックスを開いた場合は、[表示するテキスト] ボックスに目的のテキストを入力し、[アドレス] ボックスに関連付ける Web アドレスを入力します。

  4. [OK] をクリックします。

    ハイパーリンク テキストが挿入されます。前に表示されていたテキストがある場合は、新しいテキストに置き換えられます。

    変更された Web アドレス リンク テキスト

リンクを削除する

リンク テキストを削除するだけで、リンクを削除できます (リンクの削除後にテキストが必要な場合は、テキストをもう一度入力します)。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×