SharePoint Workspace 2010 でのリスト ツールにおけるビューへのアクセス制限

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リスト ツールの設計者は、ワークスペースのすべてのメンバーまたは特定のメンバーを対象に、リスト ツールのビューへのアクセスを制限することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ビューを変更するオプションを無効にします。

ビューを非表示にします。

メンバーの役割により、ビューへのアクセスを有効にします。

ビューを変更できないようにする

リスト ビューへのアクセスは、リストの設計者がリスト ビューの変更機能を無効にすることによって制限できます。この機能が無効にされている場合、リスト ツールのユーザーは、リスト ツールの既定のビューにしかアクセスできません。

  1. デザイナーを開きます。

  2. [設定とオプション] をクリックします。

  3. [リスト ビューの変更を許可する] チェック ボックスをオフにすると、リボンでこの機能が無効になります。

ページの先頭へ

ビューを非表示にする

リストの設計者は、リボンの [リスト ビュー] ドロップダウン メニューで特定のビューを非表示にすることができます。たとえば、ルックアップに使用されるレコードのリストを格納するなど、主に補助的な目的で存在するビューを非表示にすることができます。通常、こうしたビューには、ワークスペースのメンバーにとって、それ以外の実用性はありません。

  1. デザイナーを開きます。

  2. [ビュー] セクションを展開し、修正するビューをクリックします。

  3. [プロパティ] をクリックします。

  4. [[表示] メニューでこのビューを表示] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

メンバーのロールに応じてビューにアクセスできるようにする

リストの設計者は、ワークスペースのメンバーが各自のロールに応じてビューにアクセスできるようにすることができます。

  1. デザイナーを開きます。

  2. [ビュー] セクションを展開し、修正するビューをクリックします。

  3. [プロパティ] をクリックします。

  4. このリスト ビューへのアクセスを許可するメンバーのロールをチェック ボックスで選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×