SharePoint Workspace 2010 でのドキュメント ツールにおけるドキュメントの管理

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

通常、2010 ドキュメント ツールでは、Windows エクスプローラーと同じようにドキュメントを管理できます。ただし、ファイルの名前変更や削除など、一部のファイル管理タスクは、SharePoint サイトのアクセス許可、またはロールに割り当てられたツールのアクセス許可 (ドキュメント ツールが Groove ワークスペースにある場合) によって制御されることがあります。アクセス許可に応じて、次のようにドキュメントを管理できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

コピーまたはドキュメントを移動します。

ドキュメントを削除します。

ドキュメントの名前を変更します。

現在のビューを変更します。

ドキュメントを並べ替える

ドキュメント プロパティの表示

新しいドキュメント フォルダーを作成します。

ダウンロード問題をトラブルシューティングします。

ドキュメントをコピーまたは移動する

ドキュメントを別のフォルダー (ドキュメント ツール内のフォルダーまたは Windows エクスプローラーのフォルダー) にコピーするには、右クリックすると表示されるメニューの [コピー] と [貼り付け] を使用するか、Ctrl キーを押しながらファイルをドラッグします。ドキュメントを別のフォルダーに移動するには、ドラッグ アンド ドロップします。

次の表では、ドラッグ アンド ドロップの動作について説明します。

目的

方法

同じドキュメント ツール内の別のフォルダーにドキュメントをコピーする。

Ctrl キーを押しながらドキュメントをドラッグするか、[コピー] と [貼り付け] を使用します。

別のドキュメント ツール内のフォルダーまたは SharePoint Workspace 外部にある Windows フォルダーにドキュメントをコピーする。

ドキュメントをドラッグ アンド ドロップするか、[コピー] と [貼り付け] を使用します。

同じドキュメント ツール内でサブフォルダーにドキュメントを移動する。

[切り取り] と [貼り付け] を使用します。

別のドキュメント ツール内のフォルダーまたは SharePoint Workspace 外部にある Windows フォルダーにドキュメントを移動する。

[切り取り] と [貼り付け] を使用します。

ヒント: Microsoft Outlook にドキュメントをドラッグすると、そのドキュメントが添付された新しい Outlook メッセージが自動的に作成されます。

ページの先頭へ

ドキュメントを削除する

ドキュメントを削除するには、削除するドキュメントを右クリックし、[削除] をクリックします。[はい] をクリックして、ドキュメントを削除することを確認します。ドキュメントが SharePoint ドキュメント ライブラリにある場合、ドキュメントを削除すると SharePoint サーバーからもそのドキュメントが削除されることを知らせるメッセージが表示されます。

ページの先頭へ

ドキュメントの名前を変更する

ドキュメントの名前を変更するには、そのドキュメントを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。

ページの先頭へ

現在の表示を変更する

SharePoint ワークスペースでは、使用できる表示は、SharePoint サイトで定義されている表示に対応します。 表示を変更すると、選択した表示に対し設定されているフィルターに応じて、さまざまな項目のセットを表示することができます。

  1. [表示] タブをクリックします。

  2. [現在のビュー] メニューをクリックし、目的のビューをクリックします。

ページの先頭へ

ドキュメントを並べ替える

  1. ドキュメントを並べ替えるフォルダーを選択します。

  2. SharePoint ワークスペースでは、[表示] タブの [ドキュメントの並べ替え] メニューをクリックし、並べ替えオプションをクリックします。

    並べ替えオプションを表示するには、現在のビューを [ワークスペースの既定値] に設定します。[表示] タブで、[現在のビュー] メニューをクリックし、[ワークスペースの既定値] をクリックします。

  3. Groove ワークスペースで、[表示] タブの [ドキュメント​の並べ替え] メニューをクリックし、並べ替えオプションをクリックします。

ページの先頭へ

ドキュメントのプロパティを表示する

  1. ドキュメントを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[プロパティ] をクリックします。

    ドキュメントが SharePoint ワークスペースにある場合は、SharePoint サイトから [プロパティ] ウィンドウが開きます。

    ドキュメントが Groove ワークスペースにある場合は、[SharePoint Workspace のプロパティ] ダイアログ ボックスが開きます。

ページの先頭へ

新しいドキュメント フォルダーを作成する

ドキュメント フォルダーは、Windows エクスプローラーと同様、ツリー状の構造として配置できます。初期状態のすべてのドキュメント ツールには、1 つの "ルート フォルダー" があります。このフォルダーは、常に一覧で最上位のフォルダーになります (コンピューター上の C:\ などのディスク ドライブ名と似ています)。追加するフォルダーはすべて、"ルート フォルダー" の下の階層に表示されます。

新しいフォルダーを作成する

新しいフォルダーは、常に選択したフォルダーの下の階層に配置されます。

  1. 新しいフォルダーの配置先となるフォルダーを選択します。

  2. [ホーム] タブの [新しいフォルダー] をクリックします。

    SharePoint ワークスペースのドキュメント ライブラリで新しいフォルダーを作成する場合は、SharePoint サイトから生成された [新しいフォルダー] ウィンドウが開きます。新しいフォルダーの名前を入力して、[保存して閉じる] をクリックします。

    Groove ワークスペースのドキュメントツールで新しいフォルダーを作成する場合は、[新しいフォルダー] ダイアログ ボックスが開きます。新しいフォルダーの名前を入力して、Enter キーを押します。

フォルダーの名前を変更する

  1. フォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。

  2. 新しいフォルダーの名前を入力して、Enter キーを押します。

フォルダーのプロパティを表示する

  1. フォルダーをクリックします。

  2. [ホーム] タブで、[プロパティ] をクリックします。

    フォルダーが SharePoint ワークスペースにある場合は、SharePoint サイトから [プロパティ] ウィンドウが開きます。

    フォルダーが Groove ワークスペースにある場合は、[SharePoint Workspace のプロパティ] ダイアログ ボックスが開きます。

ページの先頭へ

ダウンロード問題のトラブルシューティング

他のワークスペース メンバーが新しいドキュメントをドキュメント ツールに追加する場合、これらのドキュメントは自動的にワークスペースのコピーにダウンロードされます。 同期アイコンは、ダウンロード処理中のドキュメントに追加されます。 次に例を示します。

ドキュメント コンテンツをこのワークスペースに同期する必要があります。

同期アイコンがまだ表示されているドキュメントを開こうとした場合、“コンテンツは利用できません” というメッセージが表示され、ドキュメントのコンテンツがダウンロードされていないか、ダウンロードが完了していないことを知らせます。

場合によっては、ドキュメントのダウンロードが完了するのを数分待つ必要があるだけの場合もあります。 たとえば、非常に大きなドキュメントはダウンロードの完了に時間がかかります。 しかし、ドキュメントを追加したワークスペース メンバーが、ドキュメントのコンピューターへの送信が完了する前にオフラインになる場合も、この問題が発生する可能性があります。 この場合、ドキュメントを受け取るために、このユーザーが再びオンラインになるまで待つ必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×