SharePoint Workspace アカウントのアカウント復元を有効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このヘルプ記事の内容は、アカウントが Microsoft サーバーでホストされ、社内ドメインで管理されていない SharePoint Workspace ユーザーに適用されます。通常、このようなユーザーは独自のアカウントを作成します。

アカウント復元オプションは、アカウントの作成時に既定で有効になります。アカウント復元機能は、次のような場合に必要になります。

  • アカウントのバックアップ ファイルを開いて、自分のアカウントを復元するが、バックアップを作成したときに設定したパスワードを忘れた場合。

    セキュリティ上の理由から、SharePoint Workspace では、アカウントのバックアップ ファイルを作成するときにログイン パスワードを設定するよう求められます。また、アカウントのバックアップ ファイルを開いてアカウントを復元するときに、このパスワードを入力するように求められます。アカウントの設定で [アカウントの復元を可能にする] チェック ボックスをオンにした場合は、[パスワードを忘れた場合] というリンクがパスワード ダイアログ ボックスに表示されます。このリンクをクリックすると、アカウント リセット コードが自分の電子メール アドレス宛てに送信されます。アカウント構成ウィザードでこのアカウント リセット コードを使用して、アカウントを復元できます。

  • お使いのシステムの Windows ログインが変更され、SharePoint Workspace アカウントによって認識されない場合

    これは非常にまれな状況ですが、このシステム以外に SharePoint Workspace アカウントがない場合は深刻な問題が発生します。この場合、アカウント復元が有効になっていないと、アカウントを復元できません。新しいアカウントを作成する以外に方法はないため、ワークスペースにもう一度招待してもらえるよう連絡先に依頼してください。自分以外にメンバーが存在しなかったワークスペースは復元できません。

アカウント復元を有効にするには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブの [情報] をクリックし、[アカウントの管理] をクリックします。次に、[アカウントの基本設定] をクリックします。

  2. [アカウント] タブをクリックします。

  3. [アカウントの復元を可能にする] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×