SharePoint Workspace で競合とエラーを解決する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ワークスペースのアイテムで、編集の競合や同期エラーなどの問題が発生することがあります。さらに、同期エラー インジケーターが SharePoint ワークスペース内のリストに追加されたり、起動バーに表示される SharePoint ワークスペースのリストに追加されることがあります。これらのエラーは主にユーザー認証に関係します。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

SharePoint ワークスペースのドキュメント ライブラリで競合とエラーを解決する

競合状態またはエラー状態の種類

ドキュメント ライブラリで検出されることがある競合状態またはエラー状態には 3 種類あり、それぞれ異なるインジケーターで示されます。

  • 使用可能な更新プログラムの取得

    この場合、示された文書のコンテンツは最新ではありません。この状態は、更新されたときに自動的には同期されない特定の種類のファイル (Microsoft OneNote ファイルなど) で発生することがあります。

    この状態の文書には同期アイコンが追加されます。

    ドキュメント コンテンツをこのワークスペースに同期する必要があります。

  • 編集の競合

    この場合、文書がサーバーと SharePoint ワークスペースの両方で編集されています。競合エラーを表すアイコンとファイルの種類を表すアイコンが重なって表示されることで、この状態が示されます。

    編集の競合があるドキュメント

  • エラー

    エラーは、通常、必要なサーバーの権限がないことが原因で発生します。たとえば、SharePoint ワークスペースのドキュメント ライブラリで文書を追加、編集、または削除する場合、次回の同期時にそれらの変更をアップロードするために SharePoint サーバーの対応する権限が必要になります。これらの必要な権限がないと、文書はエラー状態になります。

    ドキュメント ライブラリでは、アイテムとフォルダーの両方がエラー状態になる可能性があります。

    エラーが発生したドキュメント

どの種類の競合状態またはエラー状態でも、この後に説明するように、[解決] タブを使用します。

[解決] タブを使用して競合とエラーを解決する

文書が競合状態またはエラー状態になると、リボンに [解決 (エラー ツール)] タブが表示されます。

[競合の解決] タブ

競合やエラーを解決するには、競合状態またはエラー状態のアイテムを選択し、[競合またはエラーの解決] をクリックします。SharePoint Workspace には、この後に説明するように、アイテムが競合状態とエラー状態のどちらであるかや、更新されたコンテンツのダウンロードのみが必要かによって、異なるオプションが表示されます。

使用可能な更新プログラムを取得する

ドキュメント アイテムにダウンロード アイコンが付いている場合、コンテンツが最新ではないことを示しています。

  1. ダウンロード アイコンが付いたドキュメント アイテムを選択します。

  2. [解決] タブをクリックします。

  3. [使用可能な更新プログラムの取得] をクリックします。

ドキュメント アイテムの競合を解決する

  1. 競合のアイコンが付いたドキュメント アイテムを選択します。

  2. [解決] タブをクリックし、[競合またはエラーの解決] をクリックします。

    [Microsoft Office アップロード センター] ウィンドウが開き、競合状態の文書の一覧が表示されます。

  3. [解決] をクリックすると、競合を解決するためのオプションが表示されます。

    たとえば、文書を開いてサーバー側のバージョンとの違いを表示して比較したり、SharePoint ワークスペースの文書のコピーをローカルやネットワークのフォルダーに保存したり、SharePoint ワークスペース側のバージョンのファイルで行った現在の変更を破棄したりすることができます。

  4. 編集の競合の解決が完了したら、[アップロード センター] ウィンドウの [閉じる] をクリックします。

ドキュメント アイテムのエラーを解決する

  1. エラー アイコンが付いたドキュメント アイテムを選択します。

  2. [解決] タブをクリックし、[競合またはエラーの解決] をクリックします。

    [Microsoft Office アップロード センター] ウィンドウが開き、エラー状態の文書の一覧が表示されます。

  3. [解決] をクリックすると、エラーを解決するためのオプションが表示されます。

    ほとんどのエラーは必要な権限がないことが原因であるため、エラーを解決するためによく使用されるのは、文書のコピーをディスクに保存するオプション、文書で行った変更を破棄するオプション、または文書を完全に破棄するオプションに限定されます。

  4. 編集の競合の解決が完了したら、[アップロード センター] ウィンドウの [閉じる] をクリックします。

フォルダーのエラーを解決する

フォルダーに示されるエラーも、通常は、必要な権限がないことが原因です。たとえば、SharePoint サーバーで新しいフォルダーを追加するための権限がない場合などがあります。

  1. エラー アイコンが付いたフォルダー アイテムを選択します。

  2. [解決] タブをクリックし、[競合の解決またはエラー] をクリックします。

  3. [エラーの解決] ダイアログ ボックスでオプションを選択します。

    • もう一度実行してみる場合は、[エラーを修正] をクリックします。たとえば、サーバーの権限を変更して試すことができます。エラーを修正できなかった場合は、別のオプションを選択する必要があります。

    • フォルダーをディスクに保存する場合は、[名前を付けて保存] をクリックします。

    • フォルダーを削除する場合は、[削除] をクリックします。

ユーザー認証に関係するエラーを解決する

SharePoint ワークスペース自動的に同期すると、SharePoint server 少なくとも 10 分ごとのネットワーク トラフィックに応じて、可能な限り頻繁にします。ただし、セキュリティ上の理由から、SharePoint Workspace を以前、ワークスペースに同期が、代わりに、SharePoint サイトをホストしている別の SharePoint サーバー経由でワークスペースの同期を試みます、SharePoint サーバーに到達できないする場合は同期を実行するために資格情報を入力します。

SharePoint Workspace の資格情報を表示する場合、次のインジケーターを参照してください。

  • 同期の通知は、ワークスペースのコンテンツ] ウィンドウのリストとライブラリに追加されます。 SharePoint ワークスペース内のリストに追加された非同期アイコン

  • 起動バーにあるワークスペース名に同様の同期警告が追加されます。 同期エラー アイコンにマークが付いている SharePoint ワークスペース

  • Windows の通知領域に同期警告が表示されます。

Windows 通知領域の同期の通知

このエラーを解決してワークスペースを同期するには、次の手順を実行します。

  1. 同期警告をクリックするかワークスペースを開きます。

  2. [エラー ツール] タブには、競合の解決またはエラーをクリックします。

  3. 確認メッセージが表示されたら、ネットワークの資格情報を入力して、[OK] をクリックします。

    ワークスペースがサーバーと同期します。

注: この機能の詳細については、Microsoft Office 2010 Service Pack 1 とともにインストールされる SharePoint Workspace 2010 のバージョンに適用されます。このバージョンの Office に更新を強くお勧めします。このバージョンの Office に更新されない場合はワークスペースまたはワークスペースで、選択したリストを手動で同期を試すことができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×