SharePoint Server でデータを使用するための構想

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office SharePoint Server 2007 と、2007 Microsoft Office system と自社のデータを組み合わせると、非常に使いやすいビジネス ソリューションを作成できます。

SharePoint Server でのデータ使用の見取り図

この記事の内容

家を建てるようにビジネス ソリューションを構築する

データ基盤について

Office SharePoint Server 2007 内のデータを活用する

Office system プログラムのデータを Office SharePoint Server 2007 で使う

テンプレートとシナリオを使い始める

家を建てるようにビジネス ソリューションを構築する

良い家を建てようとしているとしましょう。 十分な時間とお金があれば、オプション A を選べます。つまり、造成も電気や水道などの敷設もされていない土地を買って、建築士に家の設計を依頼し、工務店 (と各専門業者) に時間を掛けて建ててもらう方法です。 時間もお金もそれほどない場合は、オプション B を選ぶことになるでしょう。つまり、部屋などがモジュールとして設計されている家の建築スタイルや間取りから良さそうなものを選び、造成済みで電気や水道も敷設された土地に、1 施工業者に依頼して短期間で建ててもらいます。

Microsoft Office system と Office SharePoint Server 2007 を使うと、どちらの方法でも優れたビジネス ソリューションを構築できます。 オプション A の場合は、大体において資金、コーディング、開発が必要で、通常は IT 担当者に任せることになります。 オプション B は、Microsoft Office system (建築士) と Office SharePoint Server 2007 (モジュール化された家、造成されて電気や水道も敷設済みの土地)、意欲的なインフォメーション ワーカー (施工業者)、そしてテンプレートとシナリオ (建築スタイルと間取り) を組み合わせたものです。

オプション B を採用して優れたビジネス ソリューションを構築したい場合は、この記事を活用しましょう。 この記事では、Office SharePoint Server 2007 でデータを使う方法の概要を示します。また、リンク先の多くの追加情報のページでは、多くの機能の詳細がわかりやすく説明されているため、ソリューションの実装に役立ちます。

ページの先頭へ

データ基盤について

Microsoft Office system に基づく自動化されたビジネス ソリューションの基盤は、データとそのデータの基本的な操作方法です。これは企業、部署、ワークグループのどのレベルでも同じです。

ページの先頭へ

3 種類のデータ

情報は企業の効率的な運営に不可欠で、データはそれを支える活力です。 ほとんどの企業では、多くのリソースを投入してデータの収集、保存、更新、アクセス、分析、レポート、管理を行います。 データには、次の 3 つの形態があります。

  • 構造化データ   この種類のデータはテーブルに編成して簡単に更新、並べ替え、フィルター処理、クエリ処理でき、通常はフラット ファイルかデータベースに格納されます。 構造化データには、メタデータ ("データに関するデータ") も含まれます。 メタデータは、データの意味と制約を設定し、列見出し、データの型と書式、入力規則が含まれます。 構造化データの例は、発注、統計、在庫表、予算、販売などです。

  • 非構造化データ   この種類のデータはドキュメントやプレゼンテーションに格納されている情報で、構造化データに自動変換できません。 非構造化データの例は、メモ、手紙、出版物、ポリシー、提案書、仕様書、スライド、レジメなどです。

  • 半構造化データ   この種類のデータには、構造化データと適量の非構造化データの組み合わせ (コメント フィールドやメモ フィールド、ドキュメントの添付ファイル、グラフィックスなど) が含まれます。 半構造化データの例は、状況レポート、体系的な見積依頼書 (RFP)、業績評価、製品カタログなどです。

これらの 3 種類のデータは、すべて Microsoft Office system と Office SharePoint Server 2007 を使って操作できますが、この記事では構造化データと半構造化データに絞って説明します。

ページの先頭へ

データとの接続を作成する

構造化データや半構造化データは、外部データ ソース (XML ファイル、ワークブック、データベースなど) から取得されることが多くあります。 外部データ ソースは、データ接続を通じてプログラムと結び付けられます。データ接続とは、その外部データ ソースの検索、ログオン、アクセスの方法を説明している一連の情報です。

接続情報は、Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc) などの接続ファイルにも格納できます。 ODC ファイルでは、カスタムの HTML タグと XML タグを使って接続情報が格納されます。ODC ファイルは、ほとんどの Office プログラムで使用できます。 Office InfoPath 2007 では、類似の汎用データ接続 (UDC) ファイル (.udc) が使用されます。 接続情報は、接続を一貫して共有したり、接続を見つけやすくしたり、セキュリティを改善したり、データソースの管理を簡素化したりする場合に特に便利です。 接続ファイルを共有する最適な方法は、セキュリティで保護された信頼できる場所に格納することです。たとえば、SharePoint データ接続ライブラリなどで、適切なユーザーとプログラムはそのファイルを読み取れますが、変更できるのは指定されたユーザーだけです。

外部データへの接続

1. さまざまなデータ ソース (Microsoft SQL Server、Microsoft Office Access 2007、Office Excel 2007、テキスト ファイル) と接続できます。

2. それぞれのデータ ソースには、ODBC ドライバーまたは OLE DB プロバイダーが関連付けられています。

3. 接続ファイルは、データ ソースにアクセスしてデータを取得するために必要なすべての情報を定義します。

4. 接続情報は、接続ファイルからプログラムにコピーされます。

Microsoft Windows とともにインストールされる Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.8 を使うと、ODBC (Open Database Connectivity) ドライバーまたは OLE DB (Object Linking and Embedding Database) プロバイダーのどちらかを使って、広範なリレーショナル データ ソースおよび非リレーショナル データ ソースと接続できます。 Microsoft Office system をインストールすると、コンピューターに ODBC ドライバーと OLE DB プロバイダーも追加されます。 また、他の製造元の ODBC ドライバーと OLE DB プロバイダーを使うと、Microsoft 以外のデータ ソースから情報を取得できます。 そのような ODBC ドライバーまたは OLE DB プロバイダーのインストールの詳細については、そのデータベースのマニュアルを確認するか、ベンダーに問い合わせてください。

Microsoft Office system システムを使うと、多くの Office プログラムで接続を作成し、データ接続ウィザードを使って新しいデータ ソースに接続できます。 また、ODC ファイルのコンテンツを表示または編集するには、Office Excel 2007 が最適です。

詳細情報

データ接続ウィザードを使用して Office Publisher、Office Visio、または Office Word にデータをインポートする

データの接続 (インポート) の概要

ページの先頭へ

データ グリッドを使ってデータを操作する

データを操作する最も簡単な方法は、多くの場合、データ グリッドを使うことです。 データ グリッドは列と行の表形式でのデータ表示で、データの並べ替え、フィルター処理、クエリ処理、操作を簡単に行うことができます。 また、データ グリッドを使うと、複数のデータ ソースからビジネス ソリューション向けの正しいデータ セットを取得できます。 データを効率的に操作する方法としては、データ グリッドで十分だというユーザーもいるでしょう。 それ以外のユーザーには、さらに使いやすいデータ管理方法が必要です。フォーム、レポート、ダッシュボードなどです。

データシート ビューの [従業員] テーブル

Microsoft Office system と Office SharePoint Server 2007 を使用すると、Access Web Datasheet、Access データシート、Excel の表を使って、データ グリッドを作成して使用できます。

ページの先頭へ

フォームを使って効率的にデータを変更する

ネストされた複数のフォーム 構造化データや半構造化データで、更新や変更が必要な場合がありますが、ここでフォームが役に立ちます。 フォーム (印刷されたフォームとオンライン フォームの両方) は、標準的な構造と形式でデザインされたドキュメントまたはプログラム コンポーネントです。フォームを使うと、データの収集、取得、整理、編集が簡単になります。 フォームは、データの表示やアクセスの窓口です。 オンライン フォームには、印刷されたフォームとほとんど同じように、データを入力するための指示、書式、ラベル、空白が含まれます。 また、オンライン フォームにはコントロールが含まれます。コントロールの機能は、データの表示や、データの入力や編集、処理、選択を簡単に実行できるようにすることです。たとえばリスト ボックス、オプション ボタン、コマンド ボタンなどがあります。 フォームは視覚的にわかりやすいため、データをより簡単かつ効率的に処理できるだけでなく、誤ったデータ入力を防ぐこともできます。

Microsoft Office system と Office SharePoint Server 2007 を利用した場合、Access フォーム、InfoPath フォーム、SharePoint リスト フォーム、フォームとして挿入されるデータ ビュー、およびフォーム Web パーツを使って、フォームを作成して使用できます。

ページの先頭へ

レポートを使ってデータを示して決定を下す

レポートにはデータの概要を表示できる 構造化データと半構造化データは、一般的にビジネス レポートを通じてユーザーに提供されます。 レポートは、特定のビジネス要件に従ってデータをフォーマットおよび整理された情報に変換して提示します。 レポートの例には、経費予測、販売概要、電話番号リスト、宛名ラベル、製品カタログなどがあります。 レポートは、簡潔な 1 ページの概要であったり、大量のデータの階層表示であったりします。 また、レポートにはサブレポートが含まれる場合もあります。サブレポートは渡されるパラメーターに基づいて異なり、非常に対話的であるため、ユーザーがデータの並べ替え、フィルター処理、ドリルダウンやドリルスルーを行うことができます。

インフォメーション ワーカーはレポートを利用して、疑問を解決し、目的に集中し、最適な代案を見つけ出し、正しい戦略や戦術を考案し、結果とそのトレードオフを熟慮し、未知の要素やリスクを評価して、適切なビジネス上の決断を行うことができます。

レポートのユーザーは、次のように分類されます。

ユーザーの種類

レポートの操作

パワー ユーザー

データ アナリストおよびビジネス アナリスト

レポートを作成およびカスタマイズし、オンライン分析処理 (OLAP) ピボットテーブル レポートを操作し、レポート編集ツールを使用し、統計分析を実施し、データマイニング ツールを使った分析を実行する。

標準的なユーザー

マネージャーおよびその他のインフォメーション ワーカー

詳細レポートを読み、フィルター処理、並べ替え、パラメーターの設定などによってレポートをカスタマイズおよび操作し、定型化されていないクエリやレポートを作成する。

ライト ユーザー

現場の作業者

標準的な簡素化されたレポートを読み、簡素化された表示形式 (フローチャートなど) でレポートを表示する。

Microsoft Office システム、Office SharePoint Server 2007、SQL Server を利用すると、Access、Excel、SQL Server Reporting Services、InfoPath (フォームの結合を使用)、Office SharePoint Designer 2007 (読み取り専用のデータ ビュー) を使って、さまざまなレポートを作成して使用できます。

ページの先頭へ

ダッシュボードと KPI を使ってデータを操作する

ビジネス インテリジェンスは、データの収集、管理、使用のために設計された、よく知られている業界全体の取り組みです。その目的は、パターンと意味を認識し、決定、対応、行動して企業の業績を上げることです。 ビジネス インテリジェンスの中心は、ダッシュボードと主要業績評価指標 (KPI)です。

ダッシュボードを使う

ダッシュボード (別名スコアカード) は、企業、部署、グループのレベルで、レポートと分析を組み合わせて重要情報を可視化する、必須のビジネス インテリジェンス技術です。

営業ダッシュボード

ダッシュボードには、次の 3 つの種類があります。運用ダッシュボードは、従業員の毎日の業務を監視するために使用されます。戦術的ダッシュボードは、データを分析して月ごとまたは四半期ごとの活動を監視するために使用されます。戦略的ダッシュボードは、長期的な企業管理のために使用されます。 ダッシュボードのデータには、量的なもの (受注量、市場シェア、収益、サポートへの電話件数、製造の歩留まり、Web ページのヒット数など) と、 質的なもの (顧客の上位 10 社、重要な問題、現時点で完了待ちの作業、新規の重要な更新など) があります。

主要業績評価指標 (KPI) を使う

ダッシュボードの重要な要素は、主要業績評価指標 (KPI) です。これは、視覚的な目安 (上向きや下向きの矢印、信号機、色別の丸印など) を使って、重要な業務目標に対する進捗度合を示すものです。 KPI は、月間粗利益や四半期従業員退職率など、定量化が可能な測定値であり、組織の業績をモニタリングするために使用されます。 KPI は、チーム、マネージャー、企業が、測定可能な目標に対する進捗状況をすばやく評価して、3 つの根本的な質問 ("どの内容について進んで (または遅れて) いるか"、"どの程度進んで (または遅れて) いるか"、"最低限、何が完了しているか") に基づいて意思を決定するのに役に立ちます。

販売業績評価指標 KPI ごとに目標、状態、傾向があります。 たとえば、一般的な KPI として、部門の月単位の売上があります。 各部門の四半期ごとの売上目標は、慎重に計画してから定義されます。 ダッシュボード (スコアカード) には、この目標に対する週ごとの状態 (予定どおりであるか、または進んで (遅れて) いるか) が、色分けや会社が定義した標準アイコンを使って表示されます。 また、過去数年間の傾向がグラフにまとめられ、翌年の予測に反映されることもあります。

ページの先頭へ

Office SharePoint Server 2007 内のデータを活用する

Office SharePoint Server 2007 では、ドキュメント、サイト、ワークスペースを簡単に管理および共有でき、上記の 3 種類のデータをすべて使用する一般的な業務がサポートされるため、他の従業員と共同作業しやすくなります。 たとえば、次のようなものがあります。

  • プロジェクトでの共同作業、ビジネスの目的に関するコミュニケーション、成功の評価、チームや作業の編成、スケジュールやマイルストーンの作成と追跡、コストの特定、製品の製造を行う必要があるワークグループや部門。

  • 大量のドキュメントの管理、プロセスの監査、ポリシーについてのコミュニケーション、大量のレコードの保管、ラベル付け、検索を行う必要がある企業。

また Office SharePoint Server 2007 を使用すると、3 種類のデータをすべて使用する、追加のビジネス ソリューションを開発するための堅牢なインフラストラクチャも構築できます。 インフォメーション ワーカーにとって、次の Office SharePoint Server 2007 コンポーネントは、ほとんど (またはまったく) コーディングしないで、構造化データや半構造化データに基づく自動化されたビジネス ソリューションを構築するための重要な要素です。 これらの単独または連携して機能するコンポーネントは、いわば "モジュール化された家、造成されて電気や水道も敷設済みの土地" であり、ビジネス ソリューションの迅速な構築に役立ちます。

SharePoint の構造化データ コンポーネント

1. Microsoft Office system と Office SharePoint Server 2007 を使用すると、基幹業務 (LOB) データ、Office データ ソース、フラット ファイルなど、多くの種類の外部データを操作できます。

2. Office SharePoint Server 2007 には、さまざまな方法で外部データを操作するための多くのコンポーネントがあります。

3. この外部データには、Office デスクトップ プログラムや、Windows Internet Explorer などのブラウザー経由でアクセスできます。

ページの先頭へ

SharePoint リスト

SharePoint サイトには通常、リンク、お知らせ、連絡先、案件管理、アンケート、タスクなどの既定のリストが多く含まれており、ビジネス ソリューションにおいて中心的な役割を果たします。 多くの場合、これらの既定のリストを使用すると、ほとんど (またはまったく) 変更せずに、迅速で効果的なソリューションを実現できます。 たとえば、[アンケート] には、条件分岐とページ区切りが含まれ、従業員や顧客の満足度の評価に使用できます。[案件管理] には、バージョン管理機能とバージョン履歴の保存機能があり、ワークグループ プロジェクトと一般的な作業の詳細な分析に使用できます。

プロジェクト タスク リスト

リストは機能豊富で柔軟性が高く、構造化データや半構造化データを保存、共有、操作するための多くの強力な組み込み機能があります。次の操作を実行できます。

  • 多くの種類のデータを保有できます。たとえば、日付、画像、他の列を使用する数式や計算、追加専用フィールド (アプリケーションのログ作成や追跡に役立ちます)、検索フィールド (別のリスト フィールドから値を選ぶことができます) などです。

  • データの整理、並べ替え、フィルター処理をさまざまな方法や特定の方法で行うためのリスト ビューの作成、列の追加と削除や入力規則の変更などのメタデータの変更、コンテンツ タイプ、サイト列、テンプレートのある複数の SharePoint サイトでの一貫性のあるリストの使用を実行します。

  • カスタム リストの作成、Web パーツおよび Web パーツ ページへのデータの表示、Microsoft Office Excel や Office Access などの他のプログラムのデータのインポート、エクスポート、およびリンクを実行します。

  • バージョンおよび詳細な履歴のトラッキング、データを変更するための承認の義務付け、アイテム レベルおよびフォルダーのセキュリティの使用、チェックインとチェックアウト、および通知と RSS フィードの使用による変更情報の自動的な入手を実行します。

  • 利便性とパフォーマンスを向上させるために 1 つのリストのコンテンツを複数のフォルダーに整理し、インデックス処理を使用してサイズの大きなリストでパフォーマンスを全体的に向上させます。

Access Web Datasheet (以前のデータシート ビュー) には、多くの種類のリストのデータを表示、編集するためのデータ グリッドがあります。 Access Web Datasheet は、標準的なリスト ビューに比べて便利で機能も豊富です。 リストやドキュメント ライブラリの内容も、列と行に表示できます。 行と列の追加や編集、フィルターの適用と並べ替え、計算した値と合計の表示を実行でき、グリッド セルのデータを簡単に編集できます。

データシート ビューの例

注: Access Web Datasheet を使用するには、クライアント コンピューターに Office Access 2007 がインストールされており、ブラウザーが ActiveX コントロールをサポートしている必要があります。

また、[Access Web Datasheet] 作業ウィンドウには、Excel や Access と簡単に対話するための、その他のコマンドもあります。

コマンド

操作

Access でこのリストを追跡

Access でリンク済みテーブルを作成します。このテーブルは [Datasheet] ビューともリンクし、最新の状態に更新できます (Office Access 2007 でのみ使用可能)。

Access にエクスポート

ビューをデータベースのテーブルにエクスポートします。

Access でレポートを作成

Access でリンク済みテーブルを作成し、レポートを生成します。

Excel でリストのクエリを実行

データを Excel にエクスポートして、Excel で更新できます (標準のリスト ビューの [アクション] メニューにある [Excel にエクスポート] コマンドと同じ動作です)。

Excel で印刷

データを Excel にエクスポートして Excel で印刷します。

Excel でグラフを作成

データを Excel にエクスポートして、Excel でグラフ ウィザードを使ってグラフを作成します。

Excel でピボットテーブル レポートを作成

データを Excel にエクスポートして、Excel でピボットテーブル レポートを作成します。

ページの先頭へ

SharePoint ライブラリ

SharePoint ライブラリとは、チーム メンバーや他の従業員と共同でドキュメントを作成、収集、更新、管理できる SharePoint サイト上の場所です。 各ライブラリには、ドキュメントの一覧やそのドキュメントに関する主要なメタデータが表示され、そのファイルを使って共同作業できます。また、ライブラリごとに便利な機能があります。たとえば、ドキュメントのチェックインとチェックアウト、メジャー バージョンとマイナー バージョンの作成、番号付け、追跡、およびポリシー、監査、ワークフローの豊富な機能の使用などです。 ライブラリでは、ドキュメント、画像、プレゼンテーション、フォームなど、さまざまな種類のファイルを作成および管理できます。 また、既定の共有ドキュメント ライブラリを使ったり、このライブラリを目的に応じてカスタマイズしたり、独自の追加ライブラリを作成したりすることができます。

ドキュメント ライブラリ

ライブラリには、ドキュメント ライブラリ、フォーム ライブラリ、データ接続ライブラリという 3 つの種類があり、すべての種類のデータを操作できます。

ドキュメント ライブラリ     ドキュメント ライブラリを使うと、Office ドキュメント、スプレッドシート、レポート、フォーム、Office Access 2007 データベース、テキスト ファイルなど、さまざまな種類のファイルを保存、アクセス、管理できます。

フォーム ライブラリ     フォーム ライブラリでは、Office InfoPath 2007 フォームを格納したり操作したりできます。 フォーム ライブラリは、同じテンプレートに基づいてフォームの入力や保存を行うことができる一元的な場所です。 たとえば、InfoPath を使用して資産管理ソリューションを作成して、そのフォーム テンプレート (.xsn) とフォーム XML ファイル (.xml) を SharePoint フォーム ライブラリに格納できます。

データ接続ライブラリ     データ接続ライブラリ (DCL) は、信頼できる場所として定義され、ODC ファイルと UDC ファイルの格納、セキュリティ保護、共有、管理を簡単に行うための専用のライブラリです。 管理者は、これらの接続へのアクセスを制御して、権限を持つ信頼されたユーザーだけが接続を使用できるようにすることができます。 信頼された接続のみを使用できるように、Excel Services を設定できます。 管理者は場合により、データベースをテスト サーバーから実稼働サーバーに移動したり、データにアクセスするクエリを更新したりすることも必要です。 1 つの ODC ファイルを DCL に保存して使用すると、この接続情報の管理は非常に簡単になり、ユーザーからデータへのアクセスも便利になります。すべてのブックで、クライアント コンピューター上でもサーバー コンピューター上でも同じ接続ファイルと更新操作を使って、その接続ファイルの最新の変更が取得されるためです。 また、Office SharePoint Server 2007 とユーザーのクライアント コンピューターで接続ファイルの変更が自動的に検出されるように設定して、最新バージョンの接続ファイルが使用されるようにすることもできます。 つまり、データ接続ライブラリを使用すると、データ接続の保守と管理が非常に簡単になります。

ページの先頭へ

Web パーツと Web パーツ ページ

Web パーツは、Web パーツ ページの基本構成要素となる情報モジュールです。 Web パーツを Web パーツ ページの Web パーツ領域に追加してから、個々の Web パーツをカスタマイズすると、サイト ユーザー向けの独自のページを作成できます。 Web パーツ ページは、Web パーツを使ってデータ (リストやグラフなど) や Web コンテンツ (テキストや図など) を動的な情報表示 (一般的なタスクや特定の関心のために構築された) に統合できる、特殊な Web ページです。

Web パーツ ページを使用して、さまざまな構造化や非構造化情報を、整理された使いやすい便利な方法で表示できます。Web パーツ ページには多くの場合、接続された複数の Web パーツが含まれており、データやコンテンツを動的に表示して必要な結果を表示できます。

たとえば、重要な情報を表示する顧客注文と呼ばれる Web パーツ ページを作成したとします。顧客から注文について問い合わせる電話を受け、その顧客が注文 ID 番号を覚えていないが注文した日付は覚えている場合、Web パーツ ページを使用して次のように操作できます。

複数の Web パーツで構成された顧客の注文 Web パーツのページ

1. 注文 ID 番号か、この場合は注文日で注文を検索します。

2. 日付別にすべての注文が表示されます。

3. 顧客の名前に基づいて適切な注文を選び、注文の詳細と顧客の詳細を調べます。

4. 注文の品目 (この場合はランプ) を選び、製品の画像を表示して顧客の質問を確認します。

5. 顧客の注文に関係する最新のビジネス ニュースをスキャンします。

Web パーツ ページは次のように使用できます。

  • さまざまなデータ ソースからのデータを統合してレポートを作成する。

  • データの分析や集計を行う (合計、総計、計数など)。

  • 毎日の最初に確認したい重要な KPI 情報をまとめる。

  • ダッシュボードでプロジェクトや顧客のデータに優先順位を付けて強調表示し、効果的な意思決定を支援する。

  • 最新の作業スケジュールや会議情報を表示して、一日の計画をすばやく立てる。

  • ビジネス ニュース、地域の天気、お気に入りの Web サイトにすばやくアクセスして Web を閲覧する。

接続可能であり、構造化データと半構造化データが表示される重要な Web パーツは、以下のとおりです。

Web パーツ

説明

リスト ビュー

リスト データとライブラリ メタデータを表示する

フォーム

HTML フォーム コントロールを使ってデータを表示する

画像

画像を表示する

Excel Web Access

Excel ブックを表示する

レポート ビューアー

SQL Server Report Services で作成したレポートを表示する

データ ビュー

さまざまなデータ ソースのデータを表示および編集する

KPI

KPI リストから主要業績評価指標 (KPI) のデータとシンボルを表示する

KPI の詳細

KPI リストから 1 つのアイテムの KPI データとシンボルを表示する

ビジネス データ アイテム

ビジネス データの 1 つのアイテムに関する詳細を表示する

ビジネス データ リスト

リストのビジネス データの要約を表示する

ビジネス データ アクション

Web パーツを接続して、ビジネス アプリケーションの動作を構成する

ビジネス データ関連リスト

Web パーツを接続して、関連するビジネス アイテムを表示する

ビジネス データ アイテム ビルダー

ビジネス データ プロファイル ページで使用するビジネス データ アイテムをクエリ文字列のパラメーターから作成する

フィルター

さまざまな方法で Web パーツのデータをフィルター処理する

詳細情報

フィルタ Web パーツを使った作業

ページの先頭へ

ビジネス データ カタログ

ビジネス データ カタログ (BDC) は、SAP、Siebel、SQL Server など基幹業務 (LOB) データベースからのデータを表示するためのサポートが組み込まれたコンポーネントです。 通常、このような LOB システムは重要なビジネス情報を管理し、顧客データ、在庫、請求、製品のライフサイクルなどを処理します。 このようなシステムを利用するにはさまざまなトレーニングが必要で、使いにくく、特定の少数の担当者しか使用できないものになりがちです。 BDC を使うと、データにアクセスして、多様かつ柔軟に操作する必要があるより多くのユーザーが、LOB データを利用できるようになります。 たとえば、InfoPath の発注書フォームを使って、あるシステムから顧客データ、別のシステムから製品詳細データ、さらに別のシステムから財務詳細データを表示できます。

次に、ビジネス データ カタログを操作する役割とそのタスクについてまとめます。

役割

タスク

ビジネス アナリスト

機能を定義して定義済みのソリューションを作成する

メタデータ作成者

メタデータを作成してテストする

管理者

アプリケーション定義をインポートしてデータへのアクセスを構成する

サイトのメンバー

ビジネス データを Web パーツ、ページ、リストに取り込む

開発者

カスタマイズされた Web パーツ ページ ソリューションを作成する

サイト閲覧者

ビジネス データを利用する

ビジネス データ リストの Web パーツにビジネス データを表示する

データ ソースからビジネス データを抽出すると、次の 4 つのビジネス データ カタログ機能を使用できます。

  • リスト内のビジネス データ   既存の SharePoint リストやドキュメント ライブラリにビジネス データを取り込むには、フィールド タイプとしてビジネス データ列を追加します。 一般的なシナリオでは、ドキュメントと顧客レコード (提案、契約、プレゼンテーションなど) を関連付けたり、カスタム列 (注釈など) でデータを補完したり、リスト (郵便番号など) からデータを選んだりします。

  • ビジネス データ アクション   ビジネス データ アクションは、ビジネス オブジェクトの横に表示されるリンクです。 これらのリンクを使うと、たとえば Web ページを開いたり、ビジネス アプリケーションのユーザー インターフェイスを表示したり、InfoPath フォームを開いたりすることができます。 また、ビジネス データ アクションは、SharePoint リストや検索結果にもリンクとして表示されます。 これらのリンクを使うと、アイテムの更新や関連データの表示を簡単に行うことができます。

  • ビジネス データ Web パーツ    Office SharePoint Server 2007 には複数のビジネス データ Web パーツが含まれており、BDC の任意のエンティティを表示できます。 ビジネス データ Web パーツを使うと、サイトでのビジネス データの表示方法をカスタマイズできます。 また、これらの Web パーツを接続して、ある Web パーツに対してアクションを実行すると他の Web パーツのコンテンツが変更されるようにすることもできます。

  • ユーザー プロファイルのビジネス データ    Office SharePoint Server 2007 のユーザー情報を拡張するため、BDC にアプリケーションが登録されると、既定でビジネス データ プロファイルが作成されます。

詳細情報

ビジネス データを SharePoint サイトに表示する

ビジネス データ カタログ

ページの先頭へ

KPI リスト

四半期売上 KPI そのまま使用できるリストがあるため、ビジネス ソリューションへの KPI の組み込みがずっと簡単になりました。 KPI リストには 4 つの使用方法がありますが、それぞれ、KPI 値の共通ソースとその値を SharePoint サイトに取り込む方法が異なります。

  • SharePoint リストのデータ    SharePoint リストにカウントできるアイテム、ワークフローの一部であるアイテム、または日付を含むアイテムが含まれている場合、KPI を使用して、問題やタスクが登録されている期間、登録されている数、完了したタスクの割合を追跡できます。 また、問題が登録されている期間や、地域の総売り上げなど、合計も追跡できます。

  • Excel ブックのデータ    ドキュメント ライブラリの Excel ブックで KPI を設定すると、Office SharePoint Server 2007 から KPI にリンクできます。 ブックのデータを変更すると、KPI も自動的に更新されます。 Office Excel Web Access Web パーツを使って、同じ Web ページにブックを表示させることもできます。

  • Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services のデータ    Office SharePoint Server 2007 では、Microsoft SQL Server 2005 のコンポーネントである Analysis Services の KPI を使用できます。 通常は、システム管理者またはデータベース アナリストがこれらの KPI を設定し、Office SharePoint Server 2007 とのデータ接続を登録します。 その後は、適切な権限を持つユーザーなら誰でも、データベースにアクセスして Analysis Services の KPI にリンクできます。

  • 手動で入力した情報   正式なシステムが設定されていない場合や、一時的なプロジェクトを追跡する場合は、条件を手動で入力できます。 この KPI リストは、メールやその他のシステムでやり取りされている情報を表示するのに便利です。

ワークフロー

承認ワークフローのフローチャート どのような組織でも、多くの不可欠なプロセスが、ユーザーによって大きく左右されます。 プロセスに参加しているユーザー間のやり取りを自動化すると、効率を改善できます。 このようなプロセスは、ヒューマン ワークフローと呼ばれることがあります。 Office SharePoint Server 2007 で定義済みのワークフローを使うことも、Office SharePoint Designer 2007 でリストやライブラリのアイテムに基づいて新しいワークフロー ソリューションを作成することもできます。 Office SharePoint Designer 2007 では、ルールに基づくワークフロー デザイナーを使用して、条件分岐や複数のステップを含むワークフローを簡単に構築できます。

Office SharePoint Server 2007 に含まれるワークフローは、2007 Office リリース のプログラムと緊密に統合されます。 Office Outlook 2007 を使うと、タスクや状態についてユーザーとやり取りできます。 Office Access 2007 を使うと、リンクされたリストに関連付けられたワークフローを修正し、ワークフロー レポートを作成してプロジェクトの状態を評価し、ビジネス プロセスを査定できます。 ワークフローは、Office InfoPath 2007 で作成されたユーザー設定フォームを使用して、Office Word 2007 など他の Office プログラム経由で他のユーザーとやり取りできます。

詳細情報

ワークフローの状態に応答するフォームをデザインする

デモ: フォームとワークフローを使ってビジネス プロセスを合理化する

ページの先頭へ

SQL Server Reporting Services

SQL Server Reporting Services は、企業全体でレポートの管理と配布を行うための完全なサービスで、レポートの設計、構築、配布、セキュリティ保護、さまざまな形式での表示を行うことができます。 SQL Server 2005 Service Pack 2 では、SharePoint 統合モードでレポート サービスを使用できるため、次の操作を実行できます。

  • SharePoint ライブラリを使用して、レポート、データ ソース、レポート モデルを保存します。 ドキュメント ライブラリにレポートを保存すると、レポートで Office SharePoint Server 2007 の標準機能 (ワークフロー、バージョン管理、セキュリティ保護など) も使用できます。 また、レポートをレポート センターに追加することもできます。

  • レポートおよび関連する (Office SharePoint Server 2007 に保存されている) すべてのリソースと、レポート サーバーに保存されてそこから実行される同じレポートを同期します。

  • 一貫したユーザー インターフェイスを使って、レポートを管理および表示します。 レポート ビューアー Web パーツの使いやすいツールバーで、プロパティの表示と編集、権限とサブスクリプションの管理、レポート ビルダーでの編集、データ ソース、パラメーター、スナップショット、タイムアウトの構成、レポートとバージョンの履歴の表示、メジャー バージョンの発行を行うことができます。

サンプル レポート

レポート ビューアー Web パーツを使うと、レポート サーバーのレポートを表示、検索、印刷、エクスポートできます。 レポート ビューアー Web パーツは、レポート定義 (.rdl) ファイルと関連付けられ、そのファイルはレポート サーバーで処理されます。 Web パーツ上でプロパティを設定すると、ツールバーや表示領域の外観を制御したり、Web パーツと特定のレポートをリンクしたりすることができます。 レポート ライブラリのレポートは、レポート ビューアー Web パーツを使って表示されます。 また、任意の Web パーツ ページを変更して、レポート ビューアー Web パーツを使ってレポートを表示できます。また、フィルター Web パーツと接続して、レポートに表示されるデータを制限できます。

Reporting Services と SharePoint Server を統合するには、SQL Server 2005 Reporting Services (Reporting Services のレポートをホストし、Web サービス インターフェイスを使って SharePoint Server と通信する)、SQL Server 2005 Service Pack 2 (レポート サーバー上で SharePoint Server と Reporting Services を統合できるようにする)、および Microsoft SharePoint テクノロジ用の Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services アドイン (レポート ビューアー Web パーツと新しいレポート管理インターフェイスを含む) のコンポーネントがインストールされている必要があります。

ページの先頭へ

レポート センター

レポート センターは、レポート ライブラリの定義済みのコレクション、データ接続ライブラリ、SharePoint リスト、フィルター Web パーツなどの Web パーツ、KPI が含まれるサイト テンプレートです。これらの内容は目的に合わせてカスタマイズおよび拡張できます。 レポート センターとは、共通の、シンプルな、セキュリティ保護された場所であり、レポート作成環境です。レポート センターでは、アドホックなクエリやスケジュールされた定期的なスナップショットの最新のレポートにアクセスし、検索、取得できます。 レポート センターを使うと、メールの添付ファイルでレポートを配布する必要がなくなるため、ネットワークの輻輳も解消されます。 レポート センターには、スプレッドシート、Access スナップショット、SQL Report Services レポート、PDF ファイルなど、さまざまなレポートを格納できます。

売上レポート センター

詳細情報

レポート センターの概要

レポート センター サイトを使用する

ページの先頭へ

Office system プログラムのデータを Office SharePoint Server 2007 で使う

もちろん、Office SharePoint Server 2007 を使うだけで、すべての種類のデータを使用するビジネス ソリューションを作成できます。 ただし、2007 Office リリース には Office SharePoint Server 2007 との統合ポイントが多くあるため、構造化データや半構造化データを簡単に操作して、効果的で優れた設計のビジネス ソリューションを構築できます。 有能なインフォメーション ワーカー ("施工業者") の管理下で、次の 2007 Office リリース プログラムが、優れた設計の満足できるビジネス ソリューションの "建築士" として機能します。

プログラム

用途

データの種類

Excel (および Excel Services テクノロジ)

スプレッドシート形式で数値やその他のデータを分析して視覚化し、本格的なグラフを作成し、ピボットテーブル レポートを使って階層データを操作する。

構造化データ

InfoPath

XML ベースのデータを収集して処理する。

構造化データと半構造化データ

Access

データベースのデータを統合、入力、保存、レポート、管理する。

構造化データと半構造化データ

SharePoint Designer

データ駆動型の Web ページと SharePoint サイトをカスタマイズして、データ ビューを作成する。

構造化データ、半構造化データ、非構造化データ

Word

すばやく効率的に本格的な文書を作成する。

非構造化データ

Visio

複雑な情報、システム、プロセスを視覚化してやり取りする。

非構造化データ

Outlook

メールで通信し、連絡先、予定表、タスクを管理する。

非構造化データ

Publisher

本格的な外観の印刷物や販促ツールを作成する。

非構造化データ

PowerPoint

アニメーション、グラフィック、メディアを使って動的なプレゼンテーションを作成する。

非構造化データ

ページの先頭へ

Excel および Excel Services

Excel と Excel Services は、次のような用途に使用できます。

  • データの計算や統計的な比較を実行する。

  • ピボットテーブル レポートを作成して、コンパクトかつ柔軟なレイアウトで階層データを表示する。

  • 本格的なデザインのグラフ、条件付き書式設定されたアイコン、データ バー、カラー スケールを使用してデータを視覚的に強調する。

  • データに関する高度な what-if 分析 (統計学的分析、工学的分析、回帰分析など) を実行する。

Excel には、データに重点を置いた、Office SharePoint Server 2007 との次のような統合ポイントがあります。

Excel のデータに重点を置いた統合ポイント

1. Excel ワークシート データから SharePoint リストにインポートを 1 回行うか、Excel ワークシート データを SharePoint リストにエクスポートして永続的な一方向のデータ接続を作成する。

2. 永続的な一方向のデータ接続を使って、SharePoint リストから Excel ワークシートのデータを更新する。

3. Excel ブックを Excel Services に発行し、Web パーツ ページの Office Excel Web Access Web パーツを使ってデータを表示して操作する。

4. OLAP サーバー、SQL Server、Access データベース、フラット ファイルから、データを Excel ブックにインポートする。

SharePoint リストに Excel データをインポートする

既存のデータを読み込んで SharePoint リストにインポートする場合、Excel のワークシート、セル範囲、名前付き範囲、または Excel の表のデータを SharePoint リストにインポートするには、SharePoint リストの [アクション] メニューの [インポート] コマンドを使用します。

SharePoint リストのデータを Excel の表にエクスポートする

SharePoint リストのデータを Excel の表にエクスポートすると、Excel と SharePoint リストの間に一方向のデータ接続が作成されます。 SharePoint リストでデータを更新して Excel のデータを最新の状態に更新すると、Excel データは最新の SharePoint リストのデータで置換され、それまでに Excel のデータを変更していた場合もすべて上書きされます。 一方向のみのデータ接続なので、Excel での変更は SharePoint サイトのリストには反映されません。

注: Office Excel 2007 ブックと SharePoint リストの間では、データを同期できません。 この機能は Microsoft Excel 2003 で使用できたもので、現在でも Excel 2003 ブックや Visual Basic for Applications (VBA) では使用できます。 ただし今では、Office Access 2007 の双方向接続で Office プログラムと SharePoint リストのデータ同期を行うことをお勧めします。

Excel の表を SharePoint リストにエクスポートする

SharePoint リストへのテーブルのエクスポート ウィザードを使って Excel の表のデータを SharePoint リストにエクスポートする場合、別の方法で Excel と SharePoint リストの間に一方法のデータ接続を作成します。

SharePoint リストが変更されても Excel ワークシートの表のデータが更新されないようにしたい場合は、SharePoint リストと接続しないでデータをエクスポートします。

Excel Services に発行する

ブックを Office SharePoint Server 2007 に発行して、そのデータの全部または一部に他のユーザーがアクセスできるようにするには、Office Excel Web Access Web パーツを使用します。 ブックを Excel Services に発行すると、そのブック全体がサーバーに発行されますが、ブックの一部 (個別のワークシート、名前つきの範囲、グラフなど) を定義して、Excel Services で Office Excel Web Access Web パーツに表示させることができます。 ブックの指定した部分だけを表示して、Office SharePoint Server 2007 権限を使うと、不正なアクセスからブックを保護できます。ブックのデータを機密として保護しながら、許可されたユーザーが表示可能なデータを最新状態に更新、再計算、操作できます。 ブックを発行する前に、ブックの名前付きのセル範囲にパラメーターを設定した場合でも、ユーザーはこれらのセルを編集したり値を定義したりできます。

それ以外のユーザーは、表示されたワークシートのデータを閲覧して分析できます。 表示されたデータを操作するには、一部の Excel の機能 (並べ替えやフィルター処理)、またはピボットテーブルのドリルダウン機能を使用します。 ブックの名前付きのセル範囲にパラメーターを設定した場合でも、ユーザーはこれらのセルを編集したり値を定義したりできます。

Excel Web Access を使って Excel ブックを共有する 1. 上部に表示されたタイトルとツールバーには、いくつかのメニュー、コマンド、ドロップダウン リストが含まれています。

2. メイン ウィンドウでは、ワークシート ビューに 1 つ以上のワークシート、名前付きアイテム ビューにグラフや Excel の表などの名前付きアイテムが表示されるほか、必要に応じてアウトライン領域が表示されます。

3. [パラメーター] 作業ウィンドウには、パラメーター ラベル、データ入力用のテキスト ボックス、各パラメーターに関する詳細情報を表示するオプションのツール ヒントがあります。

4. 一番下には、データ更新メッセージが表示されます。

注: Excel の機能がすべて Excel Services でサポートされるわけではありません。

詳細情報

スプレッドシートを基にリストを作成する

SharePoint リストからデータをインポートする

Excel のテーブルを SharePoint リストにエクスポートします。

Excel Services の外部データ接続を計画します。

ページの先頭へ

InfoPath

InfoPath の使用目的

  • 経費報告書、タイム カード、アンケート、保険証券用紙などのビジネス データを定期的に収集する。

  • テキスト ボックス、リスト ボックス、柔軟なコントロール (繰り返しテーブル、選択肢グループ、省略可能なセクション、複数のビューなど) などの標準コントロールを使用して、簡素な電子フォームや高度な電子フォームを設計する。

  • 一貫性のある正確なデータを確保する。

  • 複数のフォームを 1 つのフォームにまとめて、レポートを作成する。

InfoPath にはデータに重点を置いた、次のような Office SharePoint Server 2007 との統合ポイントがあります。

InfoPath のデータに重点を置いた統合ポイント

1. フォーム テンプレートを、テンプレートおよびコンテンツの種類としてフォーム ライブラリに発行します。

2. フォーム ライブラリに格納されたフォーム XML ファイルの読み書きを行います。

3. XML フォーム ファイルを使用して、リストや Excel ワークシートからデータを読み取り、SQL Server および Access データベースへのデータの読み書きを行います。

4. フォーム プロパティに基づいて、リスト ビューのデータを編集できるようにします。

5. ブラウザー互換のフォーム テンプレートを使用して、ブラウザーに InfoPath フォームを表示します。

データを SharePoint サイトに送信して、フォーム コントロールに SharePoint データを設定する

ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームをドキュメント ライブラリに送信できるようにするには、データを送信するフォーム テンプレートにセカンダリ データ接続を追加します。 送信データ接続を追加したら、ユーザーがフォーム データをドキュメント ライブラリに送信できるように、フォーム テンプレートを構成できます。

フォーム テンプレートをフォーム ライブラリに発行する

フォーム テンプレートを Office SharePoint Server 2007 に発行し、Office InfoPath 2007 フォームをフォーム ライブラリに保存して使用できます。 フォーム ライブラリは、ユーザーが同じテンプレートに基づいてフォームの入力と保存ができる一元管理された場所です。 たとえば、InfoPath を使用して、フォーム テンプレート (.xsn) とフォーム XML ファイル (.xml) をフォーム ライブラリに格納する資産管理ソリューションを作成できます。

ブラウザー対応フォームを作成して使用する

Office InfoPath 2007 フォーム テンプレートを設計する場合、Web ブラウザーで開いたり入力したりできるフォーム テンプレートを作成できます。 このようなフォーム テンプレートは、ブラウザー互換フォーム テンプレートと呼ばれます。 ブラウザー互換フォーム テンプレートの設計が終了したら、発行ウィザードを使用して、InfoPath Forms Services が実行されているサーバーにこのフォーム テンプレートを発行します。

サイト コンテンツ タイプとしてフォーム テンプレートを発行する

フォーム テンプレートをサイト コンテンツ タイプとして発行する場合は、ユーザーが複数のフォーム テンプレートを 1 つのドキュメント ライブラリに割り当てたり、フォーム テンプレートをサイト コレクション全体の複数のライブラリに割り当てたりできるようにします。 サイト コレクションは、所有者が同じで管理設定を共有する、仮想サーバー上の一連の Web サイトです。 各サイト コレクションには 1 つのトップレベル Web サイトが含まれ、1 つ以上のサブサイトを設定できます。 各仮想サーバーには複数のサイト コレクションを配置できます。 情報を幅広く再利用する場合や、1 つの場所で多数のフォームからデータを収集できるようにするには、サイト コンテンツ タイプを使用します。

ユーザーがリスト ビューを使用してフィールドを編集できるようにする

ユーザーが、リスト ビューを使用するかフォーム ライブラリ内のフォームのプロパティを編集して、フィールド データの追加や編集ができるようにします。 これでユーザーは、実際にフォームを開かなくても、SharePoint リストを使用してフォームのデータの追加や変更ができるようになります。

ページの先頭へ

Access

Access の使用目的

  • リレーショナル データベースでデータを共有する。

  • レコードのロックと競合の解決機能を使用して、更新を効率的に処理する。

  • 多くのテーブルを使用する。

  • テーブルを結合する複雑なクエリを作成する。

  • フォームとレポートを作成する。

Access にはデータに重点を置いた、次のような Office SharePoint Server 2007 との統合ポイントがあります。

Access のデータに重点を置いた統合ポイント

1. Access ビューと SharePoint リストの間で、データのインポートまたはエクスポートを 1 回実行します。

2. 永続的な双方向接続を作成して、Access テーブルと SharePoint リストの間でデータをリンクします (更新されたリスト データが Access テーブルに表示され、更新された Access テーブル データがリストに表示されます)。

3. リスト データをオフラインにして、Access で更新します。その後もう一度オンラインにしてから、更新を同期して、競合を解決します。

4. リスト データを Access データシート、フォーム、レポート ビューに表示して編集します。

5. Access データベースを Office SharePoint Server 2007 に発行します。

Office Access 2007 の新しい SharePoint リスト統合機能

Office Access 2007 の次の新機能により、Office SharePoint Server 2007 の統合をより簡単かつ柔軟に行うことができます。

  • SharePoint データ型の拡張マッピング     Office Access 2007 では、複数値フィールドと添付ファイルが新たにサポートされているため、SharePoint サイトでより多くのデータ型をサポートできるようになり、共有アプリケーションの設計と構築がずっと簡単になりました。

  • メモ型フィールドの履歴の追跡     メモ型フィールドは、大量の情報を格納するのに役立ちます。 Office Access 2007 がメモ型フィールドへのすべての変更履歴を保持できるように、プロパティを設定できます。 その変更履歴を表示することもできます。 この機能は、SharePoint サイトのバージョン管理機能もサポートするため、Office Access 2007 を使用して、SharePoint リストの変更を表示することもできます。

  • ルックアップ テーブル     SharePoint リストにリンクする場合、Office Access 2007 では、すべてのルックアップ リストについてリンク テーブルが作成されます (ただし、それらのルックアップ リストが既にデータベースにリンクされている場合は除きます)。 ルックアップ リストのうち、他のリストを参照する列が含まれているものについてもリンク対象となり、各リンク テーブルのルックアップ リストに対応するリンク テーブルがデータベースに作成されます。 Access では、リンク テーブル間のリレーションシップも自動的に作成されます。

SharePoint リストに対してデータをインポートおよびエクスポートする

SharePoint リストを Office Access 2007 に取り込むには、SharePoint リストをインポートします。 SharePoint リストをインポートすると、Office Access 2007 データベースにリストのコピーが作成されます。

データをエクスポートすると、Office Access 2007 では選択されたテーブルまたはクエリ データベース オブジェクトのコピーが作成され、そのコピーがリストとして格納されます。 たとえば、Office Access 2007 と SharePoint サイトの間で継続的にデータを共有したいが、データは現在 Access に格納されているとします。 Office Access 2007 データベースでクエリを使用して、毎日または毎週進捗レポートを生成し、その結果を定期的に SharePoint サイトの 1 つに投稿します。

SharePoint リストにリンクする

リンクを使用すると、情報をインポートせずにリストのデータに接続できるため、双方向接続を作成して、リストと Office Access 2007 データベース両方の最新データを参照および編集できるようになります。 SharePoint リストにリンクする場合は、Office Access 2007 では、ソース リストの構造と内容を反映するリンク テーブルが作成されます。 インポートの場合とは異なり、リンクはリストの特定のビューではなく、リストにのみリンクを作成します。 ただし、列の削除や変更など、構造に変更を加える場合は、SharePoint サイトでリストを開く必要があります。 Office Access 2007 での作業中には、リンク テーブルのフィールドを追加、削除、修正することはできません。

Office Access 2007 を使用して、リンクされた SharePoint リストをオフラインにする

仕事を家に持ち帰ったり、外出先で仕事をしたりする必要がある場合は、Office Access 2007 を使用すると、1 回のクリックで、リンクされた SharePoint リストをオフラインにすることができます。 Office Access 2007 でデータを処理してから、変更の同期や SharePoint サイトとの再接続を行うことができます。 たとえば、外出先でクライアントに部品カタログを提供する必要があるかもしれません。 SharePoint リストを Office Access 2007 テーブルにリンクしている場合は、データをオフラインにして、最終的にオンラインに戻すことができます。 他のユーザーがサーバー上で同じレコードを更新する場合や、そのユーザーもオフラインで作業している場合など、競合が発生した場合は、同期したときに競合を解決できます。

SharePoint サイトから Office Access 2007 フォームとレポートを開く

SharePoint サイトから、豊富な Office Access 2007 ビューでリストを開くことができます。 Office Access 2007 フォーム、レポート、データシートは、SharePoint サイトの他のビューの横に表示できます。 ビューを選ぶと、Office Access 2007 が起動して、要求されたフォーム、レポート、またはデータシートが開きます。 このため、最初に Office Access 2007 を起動したり、適切なオブジェクトに移動したりしなくても、SharePoint サイトで豊富なレポートを簡単に実行できます。

注: SharePoint サイト上で Office Access 2007 ビューを作成、使用、変更するには、使用しているコンピューターに Office Access 2007 をインストールする必要があります。

Office Access 2007 データベースを SharePoint サイトに発行する

Office Access 2007 データベースを Office SharePoint Server 2007 に発行できます (移動またはアップサイジングとも呼ばれます)。 Office Access 2007 からデータベースを SharePoint サイトに発行する場合、データベース内のテーブルとしてリンクされたリストを SharePoint サイトに作成します。 データベースが移動されると、Office Access 2007 では、以前のフォームとレポート、およびエクスポートされた新しいリンク テーブルをすべて含む新しいフロントエンド アプリケーションが作成されます。 SharePoint サイトへの移動ウィザードを使用すると、すべてのテーブルのデータを同時に移動できます。 必要に応じて、Office Access 2007 データベースを SharePoint ドキュメント ライブラリに読み込むこともできます。

たとえば、SharePoint サイト上の案件管理テンプレートと直接連携する Access の管理テンプレートを使用すると、組織のデータ、案件、ワークフローを追跡できます。 ユーザーが SharePoint サイト上のこれらのリストを使用する場合、SharePoint リストの [表示] メニューから Office Access 2007 のクエリおよびレポートを開くことができます。 毎月の会議に使用する Access の案件レポートを表示および印刷する場合は、SharePoint リストから直接実行できます。

SharePoint リストが作成されたら、ユーザーは SharePoint サイト上のリストや Office Access 2007 のリンク テーブル内のリストを操作でき、さらに SharePoint サイトの機能を使用して、データの管理や更新を行うこともできます。 管理者であれば、データのアクセス許可とデータのバージョンを管理できるため、データを変更したユーザーを確認したり、以前のデータに戻したりすることができます。

ページの先頭へ

SharePoint Designer

Office SharePoint Designer 2007 の使用目的

  • Web サイトを作成およびカスタマイズする。

  • 従来の手続き型コーディング言語や手法を使用せずにワークフローを設計する。

  • データ ビューを設計して、ライブ データのカスタマイズされたビューを作成する。

  • データ ビューをフォームとして挿入して、データ ソースに書き戻すフォームを作成する。

Office SharePoint Designer 2007 にはデータに重点を置いた、次のような Office SharePoint Server 2007 との統合ポイントがあります。

SharePoint Designer のデータに重点を置いた統合ポイント

1. Office SharePoint Designer 2007 を使用してデータ ビューを作成します。

2. データ ビュー (Office SharePoint Designer 2007 でのみ作成できる Web パーツ) 内で、さまざまなデータ ソースからデータを読み取り、結合、更新します。

3. Web ページのデータ ビューでデータを表示および編集します。

データ ビュー

データ ビューの例

データ ビューは、拡張マークアップ言語 (XML) 形式のデータ ソースのカスタマイズ可能なライブ ビューであり、Extensible Stylesheet Language Transformations (XSLT) を使用してデータを表示します。データ ビューを使用すると、次の操作を実行できます。

  • データベース クエリ、XML ドキュメント、SharePoint リスト、ライブラリなどのさまざまなデータ ソースのデータを表示および編集し、複数のデータ ソースのデータをまとめて、柔軟なカスタマイズされたビューとレポートを作成します。

  • フィルター処理、並べ替え、またはグループ化できるデータのライブ ビューを表示して、条件付きビューを作成します。

  • Web パーツ ページを作成し、Web パーツを接続して、ビジネス ソリューションを作成します。

  • 豊富なユーザー設定フォームを作成します。

詳細情報

SharePoint アプリケーション構築の概要

ページの先頭へ

その他の Office system プログラム

その他の Office system プログラムはデータ処理を中心に扱うものではありませんが、このようなプログラムを使用するソリューションに構造化データと半構造化データを組み込む方法が用意されています。

Visio のデータ図

Microsoft Visio Viewer を使用するか、図を Web ページとして保存すると、Visio の図を Web ページに表示できます。 図では、リスト、ブック、またはデータベースに格納されたデータを、データ リンクを使用して、Visio 図形で視覚化、整理、解釈、表示することができます。 たとえば、異なる地域の売上データを表示できると、各地域の今年度と前年度の販売実績を簡単に比較できます。

フラグで状態を表示する

差し込み印刷

カタログ データの差し込みを使って作成できるさまざまなデザイン Word、Publisher、Outlook では、差し込み印刷を使用して、顧客やクライアント宛ての個人用にカスタマイズされた書簡、封筒、ラベルを作成すると、大量郵送ソリューションを作成できます。 たとえば、Word や Publisher の文書を SharePoint ライブラリに保存して、(その他の多くのデータ ソースの中から) 差し込み印刷のデータ ソースとして連絡先リストを使用できます。 特定の顧客を対象としたマーケティング キャンペーンの一環で、ワークフローを使用して差し込み印刷を開始することもできます。

Word、PowerPoint、Excel のドキュメント情報パネル

単純なキーワード検索では、多くの場合、特定のプロジェクト、企業、またはアカウントに関連するビジネス レコードへのリクエストを正確に実行できません。 これらの 2007 Office リリース プログラム (Word、Excel、PowerPoint) には、ドキュメント情報パネルが用意されています。 ドキュメント情報パネルは、プログラム コードを作成しなくても簡単に構築できるメタデータ取得メカニズムです。 ドキュメント情報パネルはメタデータを収集、取得して、ドキュメントにコンテキストを設定すると、SharePoint サイト全体のドキュメントの検索機能を向上させます。

ドキュメント情報パネル ドキュメント情報パネルは XML 形式であるため、InfoPath を使用して完全にカスタマイズできます。 InfoPath のデータ接続機能を使用すると、LOB データをフォームに組み込むドキュメント情報パネルを作成することもできます。 たとえば、顧客データ フィールドに顧客レコード管理 (CRM) システムのデータを組み込むことができます。 ドキュメントを閉じる前に、ユーザーが、関連ドキュメントへのリンクなど、重要なドキュメント情報を追加することもできます。 このようにメタデータは非常に便利な方法で取得され、一連の顧客、製品、関連ドキュメントに簡単に関連付けられます。

詳細情報

InfoPath を使用したドキュメント情報パネルのデザインの概要

InfoPath を使用してドキュメント情報パネルをデザインする

Office ドキュメントのプロパティ表示または変更

Outlook 2007 のタスクおよび連絡先

Outlook には、Office SharePoint Server 2007 との多数の統合ポイントがあります。 SharePoint の連絡先リストを使用してメールを送信する、SharePoint と Outlook 2007 の予定表を並べて表示する、SharePoint の通知や RSS フィードを管理する、会議ワークスペースを作成する、ワークフローを使用するなどの作業を実行できます。 ドキュメント ライブラリをオフラインにした後オンラインに戻し、Outlook 2007 を使用してドキュメント ライブラリを同期することもできます。 データに重点を置いた他の 2 つの統合ポイントでは、構造化データを使用します。

標準のタスク リストとプロジェクト タスク リストの両方を使用するには、タスク リストをオフラインした後オンラインに戻し、タスク リストを同期します。次に Outlook を終了せずに、新しいタスクを表示、更新して、SharePoint サイトに追加し、タスクを作成してチーム メンバーに割り当てます。

連絡先リスト SharePoint の連絡先の保存、共有、管理を Outlook でより効率的に行うこともできます。 Outlook 2007 に接続すると、SharePoint の連絡先は個人用の Outlook の連絡先と同様に機能します。 Microsoft Office Communicator を使用して、連絡先の表示、編集、印刷以外に、連絡先と通話することもできます。 連絡先にメールや会議出席依頼を送信する、色分類項目を使う、複数の電話番号やメール アドレスを保存する、連絡先の写真や電子名刺、さらに誕生日や記念日の情報を記録するなどの作業ができます。 連絡先 Web パーツを使用して、Outlook の連絡先を Web パーツ ページに表示することもできます。

ページの先頭へ

テンプレートとシナリオを使ってみる

Microsoft は、お客様が目標のビジネス ソリューションにさらに近づけるように、一般的なソリューションをすばやく構築するための "そのまま使える" さまざまなテンプレートを用意しています。 次のセクションでは、便利なテンプレート (一般的なニーズに対応する機能、スタイル、レイアウトを備えた定義済みのドキュメントまたはサイト) と一般的なシナリオ (ユーザーのソリューションのニーズに近いビジネス ソリューションの説明) について説明します。 テンプレートとシナリオは、"事前に設計された建築スタイルと間取り" であり、ビジネス ソリューションのニーズに最適な設計を選ぶのに役立ちます。

これらのテンプレートとシナリオをベースにして、ユーザー独自のビジネス ソリューションをカスタマイズおよび作成します。 Office SharePoint Designer 2007 を使用して、SharePoint サイトのデータのビューを追加または変更したり、サイトの標準に合わせて SharePoint サイトのマスター ページをカスタマイズしたりする以外にも、データ ソースから外部データを統合することもできます。 組織のプロセスやワークフローに合わせて、既存のビジネス ロジックを追加またはカスタマイズします。 BDC を使用して、LOB データをビジネス ソリューションに統合します。 Access、InfoPath、Excel に用意されている、データに重点を置いた多くの統合ポイントを利用して、これらのテンプレートとシナリオを必要に応じて強化します。 可能性は無限にあります。

ページの先頭へ

SharePoint サイト テンプレート

Microsoft は、そのまま使えるカスタム シナリオを提供するサイト テンプレートを用意しています。このサイト テンプレートは、あらゆる規模の組織内の特定のビジネス プロセスまたはタスクのニーズや要件に対応できるようにカスタマイズされています。 これらのサイト テンプレートは Windows SharePoint Services 3.0 に基づき、Office SharePoint Designer 2007 と互換性があるため、簡単にカスタマイズできます。

管理および財務のテンプレート

取締役会   取締役会のメモ、タスクと問題、イベント用に 1 つの場所が提供されます。

ビジネス パフォーマンス レポート   アンケートおよびオンライン ディスカッションを通じて、顧客満足度を追跡できます。

法令遵守プロセス サポート サイト   チームとエグゼクティブ スポンサーの両方が、管理タスクを指定してドキュメント ライブラリを管理すると、コンプライアンス実施活動を管理できるようになります。

異議のある請求書の管理   買掛金勘定部門が、早期支払い額や支払い遅延理由など、ベンダーに支払う請求書に関する情報を追跡できるようにします。

経費精算・承認   経費承認プロセスの要素を管理して、承認者の時間を節約します。

提案依頼書   提案依頼書 (RFP) の作成とリリース、および提案書の提出と承認通知の収集のプロセスを管理できるようにします。

人事

休暇届と休暇スケジュールの管理   休暇期間と休暇中の代理担当者を記入するなど、休暇届を従業員が管理できるようにします。

従業員の活動サイト   従業員が、会社が主催する活動やイベントを作成したり、申し込んだりできるようにします。

従業員のセルフサービス福利厚生   従業員が勤務先の福利厚生を見つけて申し込むことができるようにします。

従業員研修スケジュールと資料   研修をスケジュールできるようにするほか、研修に申し込んでコースの資料を受け取る場所を従業員に提供します。

求人・面接管理   採用チームが求人を管理して求人を行うプロセスを簡素化できます。

IT と運営

バグ データベース   バグの再現手順、カテゴリ、コメント、優先順位、重大度などのコード内のバグに関する情報を、開発チームが収集および管理できるようにします。

コール センター   問題の特定から原因の分析および解決まで、顧客サービス要求を処理するプロセスを個人で管理できるようにします。

ヘルプ デスク   根本原因の特定の管理や状況管理など、サービス要求を処理するプロセスをチームで管理できるようにします。

在庫管理   手動で入力された在庫の更新情報を取得して、各部品が再発注数量に達したときにユーザーに通知すると、組織が在庫に関連する要素を管理できるようになります。

IT チーム ワークスペース   チームが、プロジェクトのタスク、問題、マイルストーン、バグを更新して、ソフトウェア プロジェクトの開発、展開、サポートを管理できるようにします。

貸出ライブラリ   チェックイン/チェックアウト機能と自動の期限超過通知を使用して、組織のライブラリにある物的資産を管理できるようにします。

物的資産管理   場所、状態、製造元、モデル、現在の所有者、評価額などの物的資産の要求および追跡を、チームが管理できるようにします。

部屋・備品の予約   共有の会議室と備品の使用をチームが管理できるようにします。

追跡と管理

複数プロジェクト予算・進捗管理   プロジェクト作成、タスク、ガント チャート、一般的な状況指定ツールを使用して、相関関係にある複数の活動を追跡および予算管理できるようにします。

変更依頼管理   変更を承認または却下する機能を含み、設計変更に伴うリスクをユーザーが管理できるようにします。

ディスカッション データベース   チームがオンラインや Office Outlook 2007 の RSS 機能を用いてトピックをディスカッションできるようにして、共同作業を促進します。

校閲用ドキュメント ライブラリ   フィードバックを提供するためのスレッド化されたディスカッションなど、バージョン管理ドキュメント ライブラリを使用して、チームがドキュメントの校閲サイクルを管理できるようにします。

サポート技術情報   従業員が組織内の情報を共有できるようにします。

プロジェクト管理ワークスペース   少人数のチームが、プロジェクトの問題、タスク、状況などのプロジェクト情報を管理できるようにします。

チームの作業サイト   プロジェクト チームが、背景ドキュメントの一元的な保存、カレンダー イベントの追跡、チーム会議から発生したアクション アイテムの送信などの作業を行うことができるようにします。

タイムカード管理   従業員の "出社/退社時刻管理" 機能、および進行中の作業とこれまでのプロジェクト作業時間のレポートを使用して、複数のプロジェクトに費やした時間を簡単に追跡できるようにします。

販売/マーケティング

競合分析サイト   便利な競合分析手法のテンプレートを使用して、競合他社のサービスを整理できるようにします。

連絡先管理    Office Outlook 2007 との同期など、チーム メンバー間の連絡先情報をチームが管理できるようにします。

統合されたマーケティング キャンペーンの追跡   マーケティング キャンペーンの業績を追跡できるようにします。

製品とマーケティングの要件計画   便利な計画テンプレートとコラボレーション ツールを使用して、新製品およびマーケティング コンテンツの開発プロセスを整理できるようにします。

潜在顧客管理   潜在顧客、案件、連絡先、アカウントを追跡して、チームがセールス パイプラインを管理できるようにします。

専門分野

スポーツ リーグ   選手、キャプテン、スケジュール、統計情報など、会社の野球リーグを管理します。

授業の管理   講師が、コースの内容、予定表アイテム、お知らせを保存および整理できるようにします。

株式リサーチ   財務資産を評価するために実施された調査をまとめて一元管理する場所を提供します。

官庁向けのケース管理   政府のケースに関連するタスク、ドキュメント、業務を管理できるようにします。

臨床試験の開始と管理   臨床試験を開始するために必要なドキュメント、タスク、問題、ディスカッションを管理できるようにします。

製造プロセス管理   製造エンジニアリング チームが、直線的な製造プロセスのほか、製造タスクの完了を妨げる問題を追跡できるようにします。

イベント計画   チームが、オンライン登録、スケジュール、通信、フィードバックを使用してイベントを整理できるようにします。

新規出店   プロジェクトおよびタスク管理ツールを含み、チームが新規出店プロセスを管理できるようにします。

詳細情報

SharePoint アプリケーション構築の概要

Windows SharePoint Services 3.0 のアプリケーション テンプレート

ページの先頭へ

SharePoint ワークフロー

Office SharePoint Server 2007 には、ビジネス プロセスを自動化するためや、ワークグループの一般的な状況で使用するための、次のような事前定義のワークフローが用意されています。

承認ワークフロー   承認ワークフローでは、リストまたはライブラリに保存されたドキュメントやアイテムが、承認を行うグループに転送されます。 既定では、承認ワークフローは、ドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられているため、ドキュメント ライブラリで自動的に利用できるようになります。

フィードバックの収集ワークフロー   フィードバックの収集ワークフローでは、リストまたはライブラリに保存されたドキュメントやアイテムが、校閲のフィードバックを収集するグループに転送されます。 既定では、フィードバックの収集ワークフローは、ドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられているため、ドキュメント ライブラリで自動的に利用できるようになります。

署名収集ワークフロー   署名収集ワークフローでは、リストまたはライブラリに保存された Office ドキュメントが、デジタル署名を収集するグループに転送されます。 署名収集ワークフローは、署名欄を含む Office Word 2007 または Office Excel 2007 のドキュメントでのみ使用できます。 既定では、署名収集ワークフローは、ドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられているため、署名欄を含むドキュメントまたはブックのドキュメント ライブラリで自動的に利用できます。

廃棄承認ワークフロー   廃棄承認ワークフローは、組織内での記録管理のニーズをサポートするように設計されています。 このワークフローでは、有効切れのドキュメントやアイテムを保持するか削除するかを参加者が決定できるようにして、ドキュメントの期限切れと保持のプロセスを管理します。

翻訳管理ワークフロー   翻訳管理ワークフローでは、翻訳管理ライブラリにあるソース ドキュメントのコピーが作成され、翻訳を行う指定された翻訳者に転送されます。 翻訳管理ワークフローは、翻訳管理ライブラリでのみ使用できます。

発注書承認のシナリオ   一般的なビジネス プロセスには、次の 4 つの既定のワークフローを組み合わせることができる発注書承認プロセスがあります。

  • 現在の予算状況を確認する (フィードバックの収集ワークフロー)

  • 在庫を確認する (廃棄承認ワークフロー)

  • 承認制限を超えた場合は管理者の承認を得る (署名の収集ワークフロー)

  • 発注書を承認する (承認ワークフロー)

通知メッセージ送信のシナリオ   チームは、共有ドキュメント ライブラリを使用してドキュメントの共同作業を行い、[担当者] 列を使用してドキュメントの担当者を追跡します。 チーム メンバー全員が常にチーム サイトで新しいドキュメントの割り当ての有無を確認するのではなく、ドキュメントが割り当てられたときに、チーム メンバーに自動的にメール メッセージを送信するワークフローを作成できます。 これは、ワンステップのワークフローを作成すればすぐに実現できます。

ディスカッション アイテムからタスクを作成する   チームは、チーム ディスカッション リストを使用して、チームが対処しなければならない問題に取り組みます。 ディスカッションの過程で、チーム メンバーがフォローしなければならない問題や作業項目が発生します。 チーム ディスカッション アイテムからタスク アイテムを簡単に作成できます。 チームがチーム ディスカッション リストのボタンをクリックするだけで、タスク リストにタスクを作成できるワークフローを作成することにします。 作成されたタスクには、関連するディスカッション アイテムの情報が自動的に追加され、そのタスクは、元のディスカッション アイテムを作成したユーザーに自動的に割り当てられます。

調査のために経費報告書を転送する   チームは、Office InfoPath 2007 で作成された月次経費報告書フォームに記入します。 チームは、記入したフォームを SharePoint サイトのフォーム ライブラリに保存します。 経費報告書が特定の金額を超えると、報告書を調査するように、該当するメンバーに自動で通知できます。 このプロセスは、ワンステップのワークフローを使用してすばやく自動化できます。

詳細情報

承認ワークフローを使用する

フィードバックの収集ワークフローを使用する

署名の収集ワークフローを使用する

廃棄承認のワークフローを使用する

翻訳管理ワークフローを使用する

ワークフローの例 : 通知メッセージを送信する

ワークフローの例 : ディスカッション アイテムからタスクを作成する

ワークフローの例 : 経費報告の校閲

ページの先頭へ

Office system のテンプレートとシナリオ

Office のテンプレートを探すときは、最初に Office Online テンプレートにアクセスするとよいでしょう。Office Online テンプレートには、議題から動物園まで幅広い用途のテンプレートが多数用意されています。

さまざまな方法で Excel 2007、Excel Services、Access 2007、InfoPath 2007 を使用して、多くの問題を解決できますが、次のテンプレートとシナリオは一般的なソリューションに対応しており、SharePoint Server で使用することもできます。

Excel 2007 のシナリオ

会計   キャッシュフロー計算書、損益計算書など、さまざまな計算書で Excel の高度な計算機能を使用できます。

予算   個人用やビジネス用のあらゆる種類の予算を Excel で作成できます。たとえば、マーケティング予算計画、イベント予算、年金予算などを作成できます。

請求と販売    Excel は、請求と予算データを管理するときに便利で、必要なフォーム (売上請求書、納品書、発注書など) を簡単に作成できます。

レポート   データ分析の反映やデータの集計を行う各種レポートを Excel で作成できます。たとえば、プロジェクト パフォーマンスを測定するレポート、データを予測するレポート、差異データを示すレポートなどを作成できます。

計画    Excel は、毎週のクラス計画、マーケティング調査計画、年末の税計画に加え、毎週の食事、パーティ、休暇の計画など、専門的な計画や便利な予定表を作成できる優れたツールです。

Excel Services のシナリオ

ビジネス インテリジェンス ダッシュボード   役員が、会社の最新の財務スコアボードとして機能する複数の会社のダッシュボードにアクセスできます。 メイン ダッシュボードでは、会社の業績を継続的に評価するために、売上目標、収益目標、利益幅などの KPI を毎月集計します。 その他のダッシュボードでは、現在と新規のプロジェクトの財務リスクを分析できるように、また重要な財務データのグラフを表示して、さまざまな投資ポートフォリオを評価できるように、市場関係のニュースの要約を表示します。

マーケティング分析情報システム   スポーツウェアやスポーツ用品を販売する会社のマーケティング部門は、性別、年齢、地域、所得レベル、お気に入りの余暇活動などの主要な人口統計データをまとめた、情報ポータル ページを所有しています。 マーケティング部門の大部分の従業員は、必要に応じてコンピューターで Excel ブックを開き、すべてのデータの "what-if" 分析を実施したり、形式化されたレポートを印刷したりすることができます。 他のユーザーと共有するレポートを簡単に追加することもできます。

プロ スポーツ選手の統計情報   メジャー リーグのスポーツ組織では、すべての選手の成績と年俸に関する過去と現在の統計情報を共有しています。 このデータは、トレードや年俸契約の交渉に使用されます。 特にシーズン前には、新しいレポートと分析がオーナーによって作成、改訂、共有されます。

小売店の意思決定ツール     小売店チェーンは、重要な POS データを週単位で集計して、仕入先、財務アナリスト、地域担当マネージャーと共有します。 レポートには、現状で在庫を下回っている品目、販売カテゴリ別の上位 20 の商品、重要な季節的データ、店舗ごとの取引回数などが記載されています。

売上勘定管理レポート システム   販売グループは、売上トップの販売員、毎月の売上目標に対する進捗状況、成功した販売計画、成績の悪い販路など、重要なデータを集めた日次概要レポートにアクセスします。 その他のレポートでは、地域、製品ライン、月、週単位の営業電話件数、終了した営業件数など、主要な変数別に売上が集計されます。 販売員はユーザー名に基づいて識別されるため、各販売員がこれらのレポートを表示すると、その販売員の売上件数が自動的に表示されます。

エンジニアリング プロジェクトの日単位の概要   エンジニアリング グループは、バグ数、仕様の状況、進捗図、機能の傾向と優先度、主要なリソースと連絡先へのリンクなど、主要なプロジェクト スケジュール データをまとめた Web パーツ ページを開発します。 データは、プロジェクト データベース、仕様リストなどの複数の外部データ ソースから抽出されます。

専用の財務分析計算モデル   大規模な金融機関は、独自の知的財産である価格設定モデルを調査および開発しました。 計算結果は一部の投資マネージャーと共有する必要がありますが、価格設定モデルの計算に使用される数式は、セキュリティ保護され、公開されないようにする必要があります。 この価格設定モデルは非常に複雑で、計算に非常に時間がかかります。 価格設定モデルのレポートは、毎晩、高速サーバー上で計算および作成され、信頼できる場所に保存され、Web パーツ ページ上で適切なアクセス権を持つユーザーのみに表示されます。

Access 2007 テンプレート

資産管理   資産の詳細や所有者などの情報を管理するためのデータベースを作成します。 資産をカテゴリに分類して、状態、取得日、場所、所有者などを記録できます。

連絡先管理   連絡先や郵送先住所を管理して、Access でレポートを作成したり、データを Word に差し込んで、書簡、封筒、または宛名ラベルを作成したりできます。 顧客や業者など、チームの業務に関連する人の情報を管理するためのデータベースを作成します。 名前や住所情報、電話番号、メール アドレスを管理して、写真を添付することもできます。

在庫および資産管理   自宅または会社で項目の一覧を作成して、写真や他の関連ドキュメントをデータとともに保存できます。

受注管理   製品、顧客、受注に関する情報を入力して、従業員、地域、期間、その他の値別に売上を表示するレポートを作成できます。

タスク、案件、プロジェクトの管理   ユーザー グループのタスクを追跡して、他のユーザーが同じデータベース内の既存のタスクを更新するのと同時に新しいタスクを入力できます。 自分や所属するチームが完了する必要のある作業項目のグループを追跡します。 案件や問題点を管理するためのデータベースを作成します。 担当者や優先度を指定したり、開始から完了までの進捗状況を把握したりすることができます。 タスクを管理して、プロジェクトの予算を監視します。

マーケティング プロジェクトとセールス パイプライン   少人数の営業社員で見込みのある商談の進行状況を管理するためのデータベースを作成します。 マーケティング プロジェクトの詳細情報を追跡して、プロジェクトの成果を計画および監視します。

イベント企画   イベントの日付、場所、参加者に関する情報を入力して、イベントのスケジュールまたは概要を印刷できます。 今後予定されている会議、締め切り、その他の重要なイベントを管理するためのデータベースを作成します。 タイトル、場所、開始時間、終了時間、説明を記録して、イメージを添付します。

教職員と学生   電話および住所の情報、緊急連絡先情報、雇用データなどの重要な教職員情報を追跡するデータベースを作成します。 緊急連絡先、医療、保護者など、生徒に関する情報を管理するためのデータベースを作成します。

InfoPath 2007 のテンプレートとシナリオ

資産管理テンプレート   コンピューター機器などの事業資産の詳細情報と場所を管理します。

議題と議事録テンプレート   会議を計画し、要約します。 議題の一覧の作成、および議事録、決定事項、実施項目の記録には、このフォーム テンプレートを使用します。

業務報告書テンプレート   チーム メンバーのプロジェクトと業務の進捗状況や問題を管理します。 各業務報告書は単一の報告書にまとめられるため、管理者は、チームに関する単一の包括的な業務報告書を作成できます。

出張申請書テンプレート   航空便、ホテルなどの出張のための手配を申請します。

経費明細書テンプレート   組み込みのさまざまなデータ入力規則のビジネス ルール ロジックを使用して、オンラインまたはオフラインで経費明細書フォームに入力します。これは、頻繁に出張する従業員には特に便利です。

保険金請求のシナリオ   顧客、保険代理店、関連会社が、オンライン フォームを使用して保険金請求を処理できるようにします。 顧客は、電話で請求を行うだけでなく、Web 上のフォームに記入して提出することもできます。 統合された承認ワークフローを使用すると、代理店は、請求処理を行っている他の関係者の状態や、損害調査担当が承認プロセスを完了したかどうかを確認できます。

許可申請のシナリオ    Web ブラウザーで許可申請を入力すると、許可プロセスがより簡単で便利になり、請負業者は、官庁を訪問して許可を申請する必要がなくなります。

在庫管理のシナリオ   幅広い仕入れ先ネットワークに対して、簡単かつ効率的に在庫についての問い合わせを行い、在庫見積の精度を上げます。

市場調査のシナリオ   フォーム テンプレートを使用して、顧客フィードバックを収集および記録し、情報を一貫して整理および形式化できるようにして、市場調査活動をサポートします。

詳細情報

Office のテンプレートを検索する場所すればよいですか。

Access 2007 テンプレートの概要

InfoPath および InfoPath Forms Services の使用に関するシナリオ

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×