SharePoint Online 発行サイトで有効になる機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、SharePoint Online サイトで、発行インフラストラクチャをアクティブにすると、利用できる機能がについて説明します。サイトにページを追加して、新しい web パーツを使用せずに、この機能をアクティブ化できます。

この記事の内容

発行インフラストラクチャ機能をアクティブにする

発行機能

ナビゲーションとリボン

リストとライブラリ

Web パーツ

マスター ページ、ページ レイアウト、コンテンツ タイプ、列

ユーザーと権限

SharePoint 発行サイトは発行ポータル サイト テンプレートまたはエンタープライズ Wiki テンプレートを利用して構築されます。ポータル サイト発行テンプレートは高度に構造化されており、ページ レイアウト、作成慣行、発行日程を管理できます。エンタープライズ Wiki の構造はもっと単純であり、正式なコンテンツ管理プロセスを必要としない簡単作成に向いています。

発行サイトを作成する前に、コレクションのトップレベル サイトで発行インフラストラクチャ機能をアクティブ化する必要があります。アクティブ化された発行機能は、サブサイトに自動的に継承されます。

発行インフラストラクチャ機能をアクティブにする

注:  発行サイト テンプレートの 1 つを使用してサイトまたはサイト コレクションを作成した場合、発行インフラストラクチャは既にアクティブであり、発行機能は使用できる状態になっています。

  1. サイト コレクションのルートで、クリックしての設定 [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア >サイトの設定します。

  2. [サイトの設定] ページで、[サイト コレクションの管理] の [サイト コレクションの機能] をクリックします。

  3. [サイト コレクションの機能] ページで、[SharePoint Server 発行インフラストラクチャ] の横にある [有効にする] をクリックします。

    発行インフラストラクチャ機能をアクティブにする

発行機能

SharePoint Online サイト コレクションの発行が有効にしたら、利用できる機能を紹介します。一部の機能は、他のユーザーがサイトの設定] ページまたはライブラリのリンクからのみ表示中に、リボンの明瞭します。

ナビゲーションとリボン

リボンの [テキストの書式設定] タブの [編集] グループでページを編集するとき、[チェックイン/チェックアウト] ボタンを利用すれば、ページ コンテンツを編集し、同時にバージョンを管理できます。この機能は発行ポータルとエンタープライズ Wiki の両方で利用できます。

リボンの [チェックイン] ボタンと [チェック アウト] ボタン

承認ワークフローを使用しているサイトでは、[発行] タブには、発行承認、および元に戻す] ボタンが含まれています。これらは、すべての校閲者の指定された承認なしで、サイトで何が発行されていることを確認する承認ワークフローの一部です。次回のコンテンツを公開を公開する簡易展開] ボタンもあります。[発行] ボタンは、 [送信] で、確認のための 1 つ以上の承認者に現在のページをルーティング、ワークフローを開始するなど、いくつかのオプションを一覧表示します。できますも承認を取り消すしたり、アクセス権によってここでは、ページの発行を取り消します。

[発行] タブ

[スケジュール] をクリックすると、ページを発行するタイミングや、必要に応じて破棄するタイミングを指定できるダイアログ ボックスが表示されます。

編集モードの [発行] タブの [送信] ボタンと [発行] ボタン

承認ワークフローとスケジュール設定は、一般向けの Web サイト コレクションでは使用できません。

リストとライブラリ

発行インフラストラクチャ機能を有効にすると、一連のリストとライブラリがサイト コレクション レベルで発行サイトに追加されます。[サイトの設定]、[サイト管理]、[コンテンツと構造] にサイトのコンテンツと構造ツールがあります。

  • [コンテンツと構造のレポート] リスト    [サイトのコンテンツと構造] ツールの [ビュー] リストに表示されるクエリをカスタマイズできます。

  • [再利用可能なコンテンツ] リスト    Web ページに挿入できる HTML またはテキストのコンテンツが含まれます。

  • [サイト コレクションのドキュメント]    ライブラリ サイト コレクション全体で使うドキュメントを保存します。

  • [サイト コレクションのイメージ] ライブラリ    サイト コレクション全体で使う画像を保存します。

また、サイト レベルで、サイト コンテンツを保存するためのライブラリが 4 つ追加されています。それらのライブラリは [サイト コンテンツ] にあります。

  • [ページ] ライブラリ    サイト ページを保存します。

  • [イメージ] ライブラリ    サイト ページで使う画像を保存します。

  • [ドキュメント] ライブラリ    サイト ページで使うすべてのドキュメントを保存します。

  • [ワークフロー タスク]    サイト用に作成したワークフロー タスクを保存します。

Web パーツ

発行サイトにはさまざまな Web パーツがあります。それらを利用すると、動画、リッチ テキスト、フォーム、動的コンテンツをサイト ページに挿入できます。Web ​​パーツは [挿入]、[Web ​​パーツ]、[カテゴリ] にあります。以下の 4 つの Web ​​パーツは発行サイトに固有の Web ​​パーツであり、サイト コレクション レベルで利用できます。サイト コレクションのすべてのサブサイトで利用できます。

  • クエリ結果 Web パーツ    Web ​​パーツのプロパティ ウィンドウ内で作成したクエリに基づき、サイトにおけるコンテンツの表示を動的に変更します。これはコンテンツ ロールアップ カテゴリに属します。

  • 概要リンク Web パーツ    グループ化とスタイル設定が可能なリンクを作成できます。これはコンテンツ ロールアップ カテゴリに属します。

  • 目次 Web パーツ    サイト コレクションのさまざまなパーツを指すディレクトリを自動生成します。これはコンテンツ ロールアップ カテゴリに属します。

マスター ページ、ページ レイアウト、コンテンツ タイプ、列

マスター ページとページ レイアウトは、SharePoint サイトの全体的な外観を指定します。マスター ページには、複数のページ レイアウト (ナビゲーション、検索、多言語サイト用の言語設定など) で共有されるコントロールが存在します。ページ レイアウトには、フィールド コントロールと Web パーツが存在します。ページ レイアウトとマスター ページが連携することで、Web ページのレイアウトを構成しています。

発行サイトでは、マスター ページが更新され、[発行] タブが組み込まれています。このタブには、前述のスケジュール設定とワークフローで使うボタンがあります。更新されたマスター ページには、以下の要素があります。

項目

説明

コンテンツ タイプ

発行ポータル テンプレートの場合は、[アーティクル ページ]、[プロジェクト ページ]、[ウェルカム ページ]、[エンタープライズ Wiki ページ]、[ロールアップ ページ]、[リダイレクト ページ] があります。

ページ レイアウト

[イメージを左に配置]、[イメージを右に配置]、[スプラッシュ]。発行機能が有効になると、これらのページ レイアウトは、前述のコンテンツ タイプに自動的に関連付けられます。エンタープライズ Wiki の場合は、ページ レイアウトに [基本ページ]、[基本プロジェクト ページ]、[リダイレクト ページ] が含まれます。

  • ページ レイアウトの列は [バイライン] と [ページ コンテンツ] です。

  • サイト コレクション レベルで追加されている発行に関する列は、[アーティクルの日付]、[スケジュールの開始日]、[スケジュールの終了日] です。

  • Wiki ページ用の管理されたメタデータを使う [Wiki のカテゴリ] カスタム列も、サイト コレクション レベルで追加されています。

注: 一般向けの Web サイトのマスター ページとページ レイアウトは処理方法が異なるので、この記事の対象外とします。

ユーザーと権限

ユーザーを特定の発行関連ロールに割り当てることができるように、発行ポータル サイトには、[承認者]、[編集者]、[階層管理者]、[制限付き閲覧者]、[スタイル リソース閲覧者] の各グループが含まれます。エンタープライズ Wiki には、これらのグループに加えて [表示者] もあります。また、3 つの権限レベル ([承認]、[階層の管理]、[制限付き読み取り]) がサイト コレクションに追加されています。既定では、サイト コレクション レベルの下に作成されたサイトは、その親サイトのグループと権限レベルを使い (継承し) ます。

注: 発行を有効にした後機能しを使用するよう、それを非アクティブ化する場合に注意してください。ユーザーのデータまたはこの機能に関連付けられているカスタマイズは失われます。さらに、この機能に依存しているアプリケーション、機能のアクティブなできないことがある機能します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×