SharePoint Online の検索の概要

SharePoint Online の検索機能をカスタマイズして、ユーザーが目的の情報を検索しやすくする方法について説明します。

検索が目的に沿って動作するように検索機能をカスタマイズできる領域として、主に次の 4 つの領域があります。

検索機能の多くは、SharePoint 管理センターの [検索管理] ページで使用できます。SharePoint Online の検索機能をカスタマイズできる場所とその方法については、検索のしくみの概要を参照してください。

線

手順 1
コンテンツが存在することを確認します。

ユーザーが SharePoint Online で検索するときに目的のコンテンツを見つけられるようにするには、コンテンツをクロールし、検索インデックスに追加する必要があります。

コンテンツを検索できるようにする方法と、コンテンツをクロールして検索インデックスに追加する方法を紹介します。また、Office 365 とオンプレミスの SharePoint Server 全体のコンテンツをユーザーが同時に検索できるようにする方法についても確認してください。詳細については、こちらを参照してください

線

手順 2
検索結果の表示方法を改善します。

検索結果を適切な方法で表示すると、コンテンツを見つけやすくなります。

SharePoint Online で検索センターを管理する方法と、さまざまな検索の Web パーツを使用して、各ユーザーが目的のコンテンツを見つけやすくする方法を紹介します。詳細については、こちらを参照してください

線

手順 3
関連する検索結果を表示します。

すべての検索結果がすべてのユーザーに関連するとは限りません。

各ユーザーが探している結果のみを表示する方法を確認してください。 詳細については、こちらを参照してください

線

手順 4
ログ、制限、レポートを確認します。

クローラーがコンテンツを検索インデックスに追加したかどうか、ユーザーが目的のコンテンツを見つけているかどうかを確認する方法を紹介します。また、カスタム検索辞書に登録できるエントリ数など、検索の制限を調べます。詳細については、こちらを参照してください

検索のしくみ

この検索のしくみの概要では、SharePoint Online の検索機能をカスタマイズできる場所とその方法について説明します。

  1. リストとライブラリの場合、サイト列には、各ドキュメントの詳細情報が格納されています。

  2. 検索によってリストとライブラリがクロールされ、サイト列と値は検索インデックスに追加されます。

  3. 検索インデックスでは、サイト列は管理対象のプロパティに対応付けられています。

  4. ユーザーが検索ボックス Web パーツでクエリを入力すると、クエリは検索インデックスに送信されます。

  5. 検索エンジンによって一致する結果が検索され、検索結果ページに送信され、Web パーツに結果が表示されます。

検索の概要
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×