SharePoint Online の最新のドキュメント ライブラリでスクリーン リーダーを使う

SharePoint Online のドキュメント ライブラリは、チームや組織でドキュメントを共有するための優れたツールです。SharePoint Online により、"モダンな" ドキュメント ライブラリ内のドキュメントをアップロード、同期、作成、表示、共有することができます。Windows にビルトインされているナレーターや、JAWS (Job Access with Speech) などのサード パーティ製のスクリーン リーダーと動作します。

注: スクリーン リーダーの詳細については、「American Foundation for the Blind: Screen readers」を参照してください。人気の JAWS を含む、スクリーン リーダーの一覧があります。

この記事の内容

SharePoint のアプリを起動して、ドキュメント ライブラリを開く

  1. 組織の Office 365 アカウントにサインインします。

  2. [アプリ起動ツール] を開くには、"メニュー、アプリ起動ツールを開き Office 365 アプリにアクセスします" という音声が聞こえるまで Tab キーを押して、フォーカスを [アプリ起動ツール] のリンクに移動します。Enter キーを押します。

  3. ナレーターを使用して [SharePoint] アプリを開く場合は、[アプリ起動ツール] で、"SharePoint に移動します、リンク" という音声が聞こえるまで Tab キーを押して、フォーカスを [SharePoint] アプリに移動します。Enter キーを押します。

  4. JAWS を使用している場合は、次の操作で [SharePoint] アプリを開きます。

    1. [マイ アプリ] ページを開くには、"すべてのアプリを表示します、リンク" という音声が聞こえるまで Tab キーを押します。Enter キーを押します。

    2. フォーカスを [アプリの検索] ボックス (ページの最初の要素にあります) に移動します。"メニューを終了、マイ アプリ、編集、テキストを入力します" という音声が聞こえます。

    3. sharepoint と入力します。

    4. ページの検索結果に表示されたSharePoint アプリにのみフォーカスを移動します。"SharePoint リンク" という音声が聞こえます。Enter キーを押します。

  5. ご自分のドキュメント ライブラリに含まれているサイトを開くには、サイトの名前が読み上げられるまで Tab キーを押します。サイトを開くには、Enter キーを押します。

  6. フォーカスをご自分のドキュメント ライブラリに移動するには、ライブラリの名前が読み上げられるまで Tab キーを押します。Enter キーを押して、開きます。

注: SharePoint Online のユーザー インターフェイスやキーボードによる操作方法については、「SharePoint のアクセシビリティ機能」を参照してください。

SharePoint Online のモダンなドキュメント ライブラリを表示する

SharePoint Online ドキュメント ライブラリがモダンな外観と呼ばれる、新しい外観に変わりました。OneDrive と似ています。

注: 以前の外観をクラシックと呼びます。SharePoint Online の一部の機能は、初回リリース プログラムに参加した組織に段階的に導入されます。初回リリース プログラムに参加していない組織、または SharePoint Online ドキュメント ライブラリの最新のビューを使用していない組織は、このオンライン ヘルプ トピックで説明するユーザー インターフェイスと異なる場合があります。SharePoint Online の最新のドキュメント ライブラリの詳細については、こちらを参照してください。

  1. モダンなドキュメント ライブラリを SharePoint Online で表示するには、"ボタンをご確認ください" という音声が聞こえるまで Tab キーを押します。

    ヒント: "ボタンをご確認ください" という音声が聞こえない場合は、既にドキュメント ライブラリはモダン ビューを使用しています。

  2. Enter キーを押します。ドキュメント ライブラリのビューが最新のビューに変更され、フォーカスが [ご確認ください] ボタンから [新規作成] リンクに移動すると、"新規作成" の後にドキュメント ライブラリの名前が読み上げられます。

スクリーン リーダーを使用する

スクリーン リーダーは、視覚に障碍のある方のためにユーザー インターフェイス (UI) 要素の音声フィードバックを読み上げるアプリです。他の Microsoft 製品の UI と同様に、SharePoint Online の UI 要素には、スクリーン リーダーが理解できる名前 (アクセス可能な名前) が含まれています。

SharePoint Online でスクリーン リーダーを使用する場合、スクリーン リーダーはアクセス可能な名前を (他の関連する情報と共に) 読み上げます。このとき、スクリーン リーダーのフォーカスは SharePoint Online で使用している UI の各要素に移動します。

たとえば、ドキュメント ライブラリで [アップロード] リンクを選択すると、スクリーン リーダーのフォーカスがそのリンクに移動し、"アップロード" と読み上げられます。ドキュメントやフォルダーを選択すると、その名前が読み上げられます。

ナレーター

ナレーターのオンとオフを切り替えるには、Windows ロゴ キーを押しながら Enter キーを押します。ナレーターの詳細については、「ナレーターでテキストを読み上げる」を参照してください。

JAWS

JAWS の詳細については、JAWS スクリーン リーダーに関するドキュメントを参照してください。

SharePoint Online とスクリーン リーダーで実行できるその他のタスク

コンピューターの表示、聞き取り、使用を簡単にする機能の詳細については、「マイクロソフト製品のアクセシビリティ機能」を参照してください。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft wants to provide the best possible experience for all our customers. If you have a disability or questions related to accessibility, please contact the Microsoft Disability Answer Desk for technical assistance. The Disability Answer Desk support team is trained in using many popular assistive technologies and can offer assistance in English, Spanish, French, and American Sign Language. Please go to the Microsoft Disability Answer Desk site to find out the contact details for your region.

If you are a government, commercial, or enterprise user, please contact the enterprise Disability Answer Desk.

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×