SharePoint Online のリスト ビューを編集する

SharePoint Online のリスト ビューを編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リスト ビューはさまざまな方法で編集できます。さまざまなスタイル、サブグループ、列、並べ替え、フィルターを利用してデータを表示できます。ビューを編集するには、投稿以上のアクセス許可レベルが必要です。

ビューを編集する

注: 画面の外観が異なる例よりよいですか。クラシック エクスペリエンスの一覧で、設定する場合、管理者がありますか、以前のバージョンを使用しています。必要な場合は、作成、変更、または削除するリストまたはライブラリのビューを参照してください。 リストの所有者、サイトの所有者または管理者場合は、既定の動作を設定する手順については、既定の動作のリストと新しいまたはクラシックからドキュメント ライブラリへの切り替えをご覧ください。

  1. アプリ起動ツール Office 365 アプリ起動ツール アイコン で、[SharePoint] をクリックし、サイトを見つけてそこに移動し、リストを開きます。リストが見つからない場合、[設定] 設定アイコン をクリックし、[サイト コンテンツ] をクリックし、リストを開きます。

  2. コマンド バーで、[表示オプション] リストの [表示オプション] アイコン をクリックし、[ビューの管理] をクリックします。

    [表示オプション] リストの [表示オプション] アイコン が表示されない場合、リストの編集中ではないこと、または 1 つまたは複数のアイテムを選択していないことをご確認ください。あるいは、アクセス許可が与えられていない可能性があります。そのような場合、Office 365 の管理者、サイト所有者、リスト所有者にお問い合わせください。

  3. 変更するビューの名前をクリックします。

  4. 変更して、ページの下部にある [OK] をクリックします。詳細については、[ビューの設定] を参照してください。

ビューの設定

ビュー内をすばやく検索するには、必要な情報リストを簡単に多くの設定があります。ここでは、SharePoint のビューにあるこれらの設定について説明します。すべての種類のビューで予定表ビューの設定などのすべての設定が利用できません。SharePoint Online リストでは、次の設定が、従来のエクスペリエンスは一部のみでサポートされているすべてがサポートされません。クラシック エクスペリエンスに切り替えるには、クラシック SharePoint に戻る] ページの下部にあるをクリックします。

既定のビュー   

既定のビューをそのリストのいずれかのパブリック ビューに変更できます。ただし、既定のビューとして個人用ビューを設定することはできません。既定のビューになっているビューを削除するには、最初に別のパブリック ビューをそのリストの既定にする必要があります。ビューの作成または編集ページに [このビューを既定にする] が表示されない場合、パブリック ビューを作成する許可が与えられていないか、ビューが個人用ビューです。

対象ユーザー   

ビューを作成するときは、そのビューの対象ユーザーに合わせて個人用ビューまたはパブリック ビューとして設定できます。個人用ビューは、あなたのみが見ることができるビューです。パブリック ビューは、誰でも見ることができるビューです。

個人用ビューをパブリック ビューに変更することも、パブリック ビューを個人用ビューに変更することもできません。パブリック ビューを個人用ビューまたはパブリック·ビューの基盤として使うことができます。個人用ビューは、個人用ビューの基盤としてのみ使うことができます。

ビューを作成しようとして [ビューの作成] が無効になっている場合、投稿以上のアクセス許可が与えられていません。[ビューの作成] を使用できても、[パブリック ビューを作成する] オプションが無効になっている場合、アクセス許可が与えられていません。[個人用ビューを作成する] を使用する場合、[編集] 以上のアクセス許可レベルが必要です。

   

ビューの列には、リストのアイテムに関して確認する必要がある情報が含まれます。フィルターなど、ビューが備える他の機能を併用することによって、自分の作業にとって最も重要な情報だけを表示できます。リストまたはライブラリに多くのアイテムが存在する場合には、このことが特に重要となります。カスタム ビューを作るために列を使うことに関する詳細については、「Edit a list column in SharePoint Online」 (SharePoint Online でリストの列を編集する) の記事をご覧ください。

ガント列   

ガント ビューに表示される列を選びます。[タイトル] は必須のテキスト フィールドです。[開始日] と [期日] は必須の日付フィールドです。[タイトル] などの列を選んだとき、ドロップダウン リストにオプションが表示されない場合は、このビューをサポートする列を作成してください。

並べ替え   

ビューにおけるアイテムの表示順序を設定します。条件は 2 つまで設定できます。たとえば、タスク リストであれば、最も優先される条件を "優先度"、次に優先される条件を "期限" としてアイテムを並べ替えることができます。

フィルター   

リストの列の情報に基づいてアイテムをフィルター処理することによって、一部のアイテムだけを表示するビューを構成します。たとえば、特定のプロジェクト用のアイテムだけを一覧表示できます。

集計列や、計算を使うフィルターを使用できます。たとえば、[Today] を使って日付が今日に一致するアイテムを表示したり、[Me] を使ってビューのユーザー向けのアイテムを表示したりすることができます。また、関数と簡単な式を組み合わせることもできます。たとえば、過去 7 日間に作成されたアイテムを表示するには、[作成日時] 列でフィルター処理し、演算子を "より小さい" に設定して、値を「[Today]-7」(スペースなし) に設定します。詳細については、「SharePoint リストの一般的な数式の例」を参照してください。

表形式で表示   

個々のアイテムにチェック ボックスを表示し、ユーザーが複数のリスト アイテムを選んで一括処理できるようにします。変更を必要とするアイテムがリストに多数存在するような場合は、これによって必要な時間を大幅に短縮できます。たとえば、複数のドキュメントを選んで、一度にチェックアウトできます。

グループ化   

列の情報に基づいてリスト アイテムをグループ化します。たとえば、タスク リストのアイテムを優先度でまとめ、それから達成率でまとめます。アイテムがグループ化されているビューでは、[クイック編集] を使用できません。

合計   

データの個数、平均、最大、最小など、列の集計計算をビューに表示します。たとえば、リストでタイトル列を [データの個数] に設定すると、ビューやビューのグループに含まれるリストの数が表示されます。集計に利用できる列とそれぞれの列に適用できる設定は、列の種類 (数値など) や、ビューの作成対象のリストの種類によって異なります。

スタイル   

ニュースレターなど、ビューのレイアウトを決定します。ビューの種類によっては利用できないスタイルもあります。

  • ボックス    アイテムを名刺に似たレイアウトでリストに表示します。このスタイルは、リストでのみ利用できます。
    ボックス スタイルのビュー

  • ボックス (ラベルなし)    ボックス スタイルに似ていますが、列のラベルはビューに表示されません。このスタイルは、リストでのみ利用できます。

  • 既定    既定のビューは、リストの種類と構成によって異なります。

  • ドキュメントの詳細    ライブラリ内のファイルを名刺に似たレイアウトで表示します。このスタイルは、ほとんどのライブラリで利用できますが、リストでは利用できません。
    ドキュメントの詳細ビュー

  • ニュースレター    アイテムを行単位で表示します。行と行の間には線が表示されます。
    ニュースレター スタイル ビュー

  • ニュースレター (線なし)    アイテムを行単位で表示します。1 行おきに影が適用され、行と行の間に線は表示されません。
    ニュースレター (線なし) ビュー

  • プレビュー ウィンドウ    アイテムの名前をページの左側に表示します。アイテムの名前をポイントすると、ビューで選ばれた列がページの右側に表示されます。
    プレビュー ウィンドウ ビューのスタイル

  • 網掛け    アイテムを行単位で表示して、1 行おきに網掛けを適用します。
    網掛けビュー

フォルダー   

リストのアイテムをフォルダー付きでビューに表示するには、[フォルダー内のアイテムを表示する] を選びます。単にリストのアイテムをビューに表示するには、[フォルダーなしですべてのアイテムを表示する] を選びます。これをフラット ビューと呼ぶこともあります。作成中のビューをすべてのフォルダーに適用するか、最上位のフォルダーにのみ適用するか、特定のコンテンツ タイプのフォルダーに適用するかを選ぶこともできます。

アイテムの制限   

1 つのビューで同時に (まとめて) 表示できるアイテム数、またはビューで表示できる合計アイテム数を指定できます。ビューにまとめて表示できるアイテム数が大きいほど、ブラウザーへのダウンロード時間が長くなります。

携帯   

このビューはモバイル デバイス用のビュー (またはモバイル デバイス用のあらかじめ設定されたモバイル ビュー) として指定できるほか、このビューのリスト ビュー Web パーツに表示するアイテム数を指定することができます。このオプションは一部のリストでは利用できません。このビューはパブリック ビューにしてください。

ご意見を寄せてください。

更新: 2016 年 10 月 31 日

この記事は役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの下でお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。お客様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×