SharePoint Online のリストとは

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Online 内のリストはデータの集まりであり、これを利用することで、自分も同僚もアイテムの整理や、カレンダー、ToDo リスト、およびスケジュールの作成を柔軟に行うことができます。

さまざまな種類のデータの列 (テキスト、通貨、多肢選択など) の追加、データを効果的に表示するビューの作成、さまざまな方法によるデータの並べ替えまたはフィルター処理を行うことができます。リストには、リンク、画像、音声、またはビデオに加えて、添付ファイルを含めることができます。リストでは、集計列を提供し、Microsoft CRM または SAP 基幹業務アプリなどのアプリに、外部データをインポートまたはエクスポートすることができます。リスト アイテムの複数の反復を追跡するためにバージョン管理を追加することも、何か変更があった場合に把握できるように通知を作成することもできます。

SharePoint Online ドキュメント ライブラリとは異なり、サイトを作成するとき、リストは既定では作成されません。リストは必要な場所に追加することができます。リストは、内部データまたは外部データを使用して、並べ替え、インデックスの作成、および計算ができる、十数種類以上のデータをサポートします。リストを使用すると、ユーザーおよびユーザーのチームのニーズに最適なデータを整理して表示するさまざまなビューを作成できます。

画面を詳しく見ていきましょう。

リストでは、使用して共有する情報の種類に応じた多くの形式を利用できます。スケジュール、カレンダー、ディスカッション掲示板、プロジェクト タスク、アンケート、およびその他のアプリを作成することができます。

注記: 

  • 画面の外観が異なる例よりよいですか。クラシック エクスペリエンスの一覧で、設定する場合、管理者がありますか、以前のバージョンを使用しています。必要な場合は、概要の一覧を参照してください。 リストの所有者、サイトの所有者または管理者場合は、既定の動作を設定する手順については、既定の動作のリストと新しいまたはクラシックからドキュメント ライブラリへの切り替えをご覧ください。

  • 一部の機能は現在クラシック エクスペリエンスで使用します。クラシック エクスペリエンスに切り替えるには、ページの左上隅を下にあるクラシック SharePoint に戻る] をクリックします。従来のエクスペリエンスを終了するには、すべてのSharePointウィンドウを閉じてください。

初めに、 設定アイコン設定] をクリックし、サイト コンテンツ] をクリックして+ 新規作成] をクリックして、[サイトのリストを作成するリストを選びます。さらに詳しい情報は、 SharePoint のリストの作成を参照してください。

クリックされた新しいリンク、リストが強調表示されている

リストが作成されたら、[クイック編集] をクリックして、コンテンツに最もよく使用される列を追加できます。

リスト ビュー、[クイック編集] が強調表示されている

[クイック編集] 画面で [+] をクリックし、列のタイトルやラベルを入力して列を簡単に追加できます。スプレッドシートのような書式に、すばやくデータを追加することもできます。

[クイック編集] 画面、列とデータが追加されている

単純なリストをより多くのSharePoint Onlineリストを使用できます。リンク、予定表など、アンケート、案件管理、お知らせ、その他のアプリから選択できます。開始するには、 + 新規作成] をクリックし、[アプリ] をクリックします。タスクを入力するアプリを見つけるには、[検索] ボックスを使用します。詳しくは、 SharePoint のリストの作成を参照してください。

[追加するアプリ] 画面

ユーザー設定リストを使用すると、すべて同じデータを使用して、さまざまなフィルターまたは並べ替え順序に基づくカスタム ビューを作成して、さまざまな方法でデータを強調表示することができます。

データを含むガント チャート

リストのページの右上で、[すべてのアイテム] からリスト ビューをカスタム ビューの 1 つに変更することができます。[ビューの保存] をクリックしてカスタム ビューを保存することもできます。また、リスト所有者または管理者である場合、[ビューの管理] をクリックしてリストの設定のページでビューを管理することができます。

表示ビュー、代替ビューが選択されている

リストを Excel にエクスポートしたり、PowerApp を作成できます。PowerApps は、データに接続して、web やモバイルを使用するカスタム ビジネス アプリを作成する-時間と経費のユーザー設定のソフトウェア開発されていないサービスです。さらに詳しい情報については、 Microsoft の導入 PowerAppsを参照してください。 通知を受け取る、ファイルを同期するには、データとその他のタスクを収集アプリとサービスの間でワークフローを自動的に Microsoft フローを使用することもできます。概要を理解するMicrosoft フローの使用を開始するを参照してください。

[PowerApp] メニュー、[作成] と [アプリ] が選択されている

チームの操作を行っている場合は、通知の作成をリストに、または変更があったときに通知を受信するデータでできます。

[通知] メニュー、[通知] が選択されている

リストを作成するときは、リストの列の右端にある [列を追加する リスト列のボタンを追加する ] ボタンをクリックして、新しい列を追加または表示する列を選択できます。

リスト、追加列のボタンが強調表示されている

情報ウィンドウで、プロパティ、最近のアクティビティ、共有方法など、アイテムに関する情報を表示し、編集することができます。情報ウィンドウの表示/非表示を切り替えるには、ファイルまたはフォルダーを選択し、メイン メニューの右側にある [詳細ウィンドウを開きます] ドキュメント ライブラリの [詳細] ウィンドウ をクリックします。ファイルまたはフォルダーを右クリックし、[詳細] を選択する方法でも情報ウィンドウを表示できます。[詳細] ウィンドウを閉じるには、[詳細ウィンドウを開きます] ドキュメント ライブラリの [詳細] ウィンドウ をもう一度クリックします。

強調表示された [詳細ウィンドウを開きます] ボタン

リストの左上のメニューは、リストのコンテキストによって変更されます。何も選択されていない場合、Excel へのエクスポート、新しいリスト アイテムの作成など、リストで処理できるアクションが表示されます。リスト アイテムを選択すると、そのアイテムについて実行できるアクションにメニューが変更されます。複数のアイテムを選択すると、もう一度メニューが変更されます。いずれかのメニューに省略記号 (...) が表示されている場合、これをクリックするとその他の操作が表示されます。

1 つのリストの [リスト] メニュー

ファイル名を右クリックするか、[詳細] または [すべてのアイテム] ビューの場合は、ファイル名の横にある省略記号 (...) をクリックすると、別のバージョンのリスト メニューを確認できます。このメニューには、通知の設定や新しい PowerApp の作成など、追加の選択が含まれています。

作業を始める準備をする

以下は、使用を開始するために役立つ記事へのリンクです。

SharePoint でリストを作成する

SharePoint Online でリスト設定を編集する

SharePoint でリストを削除する

SharePoint のリストまたはライブラリで列を作成する

SharePoint Online リストまたはリスト アイテムが変更されたときに通知を受け取る

リストまたは個々のリスト アイテムへのアクセス権を制御する。

ご意見を寄せてください。

更新: 2016 年 10 月 31 日

この記事は役に立ちましたか。必要な場合は、お知らせこのページの下部にあります。場合に便利に、感想がわかりやすくまたは不足しています。SharePoint、OS では、ブラウザー バージョンを含めてください。事実を確認してください、情報を追加する、この記事の更新、フィードバックを使用します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×