SharePoint Online のカスタマイズ、ソリューション、アプリを計画する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ブランド設定や SharePoint Online のカスタマイズとは異なりますブランド設定や SharePoint Server 製品をカスタマイズします。SharePoint Online の新機能を定期的に更新を取得し、次の更新プログラムが特定の種類のカスタマイズに影響します。ただし、ある推奨のカスタマイズと、ブランドを効率化する方法の利用可能な today 関数とカスタマイズの要件をブランド化します。たとえば、構造の変更は、マスター ページを作成する場合は、SharePoint Online に適用されているの進行中の製品更新プログラムで常に最新必要があります。常に最も簡単な方法では、 Office 365 ロードマップを視聴およびOffice 365 ブログを監視します。

SharePoint Online の更新プログラムが SharePoint Server よりも早く提供されること、また、製品の中核となるマスター ページがカスタマイズまたはゴースト解除されていることが、更新時にカスタマイズ内容が影響を受ける原因になります。 この影響を修復するには、更新されたページをカスタマイズし直す必要があります。 最新の状態に保つことは不可能ではありませんが、そのためには、SharePoint Online の場合、頻繁に対応する必要があります。

SharePoint Server 製品と SharePoint Online のカスタマイズ方法の相違について

SharePoint Server でのカスタマイズ方法を、SharePoint Online でも使用できるとは限りません。 SharePoint Server のカスタマイズや拡張に使用される方法の中には、たとえば、SharePoint Online と同様に、基盤となるプラットフォームが頻繁に更新されないことが前提になっているものもあります。 SharePoint Online は、継続的に機能が強化されており、カスタマイズまたはゴースト解除されたファイルが、その機能強化の影響を受けることがあります。 以下に、一般的な SharePoint のカスタマイズでのアドバイスのいくつかを、独自の SharePoint 展開環境と SharePoint Online サービスで比較してまとめました。

カスタマイズの種類   

SharePoint Server   

SharePoint Online   

ワークフロー   

そのまま使用できるワークフローで始める

SharePoint Designer またはビジュアル デザイナー

そのまま使用できるワークフローに加えた変更は、定期的な更新プログラムでは上書きされない

その他のカスタマイズは、定期的な更新プログラムで上書きされる

ヘッダー/フッター   

SharePoint Designer とゴースト解除されたページ

相当するものなし。ゴースト解除されたページには、継続的な保守が必要

コンテンツのブロック   

CBQ (未調整)

CBQ (調整済み)

一般的なブランド設定 (色、ロゴなど)   

セキュリティ保護されたソリューション、カスタマイズまたはゴースト解除されたマスター ページ

構成済みのレイアウト、またはアプリ モデルを介してスタイルを挿入

ナビゲーション   

そのまま使用できるツールで始める

構造化され、管理された検索型ナビゲーション

そのまま使用できるツールで始める

SharePoint Online のナビゲーション オプション

カスタマイズの種類

SharePoint Online のカスタマイズには、サイトのコマンドや機能を使ってブラウザー上ですばやく適用できる、技術不要の変更作業から、開発者向けツールを使ったカスタム アプリ開発まであります。

  1. ブラウザーを使ったカスタマイズ    ブラウザーベースの設定機能では、タイトルやロゴの変更、ナビゲーション リンクの更新、新しいサイト テーマの適用、ページ内容の変更、リストやライブラリのビューの変更などの簡単なカスタマイズを SharePoint Online に行うことができます。ブラウザーベースのカスタマイズは最も簡単であり、最低限の技術知識があれば実行できます。

  2. サポートされているツールとアプリケーションを使ったカスタマイズ    サポートされている SharePoint ツールを使うと、さらに広範なカスタマイズを行うことができます。たとえば、Access 2013、Excel 2013、Visio 2013 などの Office アプリケーションは、非常に動的でデータ豊富なページをサイトで作成するのに役立ちます。Access 2013 を使って、コーディング不要のソリューションとして SharePoint アプリを作成することもできます。

  3. リモート プロビジョニングを使ったカスタマイズ    SharePoint Online では、SharePoint 用アプリでユーザー設定の CSOM コードを使って、SharePoint サイト コレクション、サイト、ブランド設定要素を備えたサブサイトをプロビジョニングできます。 このサイト プロビジョニング パターンをリモート プロビジョニングと呼びます。

  4. SharePoint 用アプリを使ったカスタマイズ    SharePoint Online の新しいクラウド アプリ モデルを使うと、サイトにアプリを追加できます。今後は、これをセキュリティ保護されたソリューションに代わってお勧めします。 既存のサードパーティ製アプリを使うことも、自分で構築することもできます。 特定の機能や情報を使ってサイトをカスタマイズするときに、サイトにアプリを追加します。 たとえば、時間やコストの記録などの一般的なタスクを実行するアプリを追加できます。 または、アプリとリモート プロビジョニングを使って、ブランド設定要素をサイトに適用することもできます。 さらに、サードパーティ プロバイダーから取り込んだニュースや情報を表示するアプリや、ソーシャル ネットワーク Web サイトに接続するアプリも追加できます。

    • サードパーティ製アプリ    サードパーティ製アプリは、SharePoint ストアで見つけることができます。このストアは、SharePoint Online サイトからアクセスできる、Office.com がホストする店舗です。 自分のテナントで使いたいアプリを選ぶことができます。 管理者が、組織内のユーザーの代わりに特定のアプリのライセンスを購入することもできます (サイト所有者以上の権限が必要)。

    • カスタム アプリ   組織は、SharePoint Online の独自のアプリの開発もとアプリ カタログ サイトをユーザーに利用できるようにします。Web アプリケーションを作成する方法がわかっている場合は SharePoint 用アプリを作成する方法を確認します。HTML、JavaScript、PHP、または .NET では、Microsoft Visual Studio では、 Office 365 の開発ツール"の Napa"など、お気に入りの web 開発ツールなどの任意の言語を使用することができます。詳細については、 SharePoint 用アプリの開発を始めるを参照してください。

ページの先頭へ

セキュリティ保護されたソリューションの開発について

担当者のアーキテクチャは、共有の複数のテナント環境間ではスケーラブルことが可能ではない、SharePoint Online でサンド ボックス ソリューションが削除されています。顧客のすべてのサイトのセキュリティ保護されたソリューションを維持するために必要な作業は非常に高です。リモート プロビジョニングなどの他のソリューションでは、継続的な保守要件なしのような機能を提供します。

移行プロジェクトの一環としてセキュリティで保護されたソリューションを移行しても、そのソリューションは一定期間しか機能しません。そこで Microsoft では、代わりとなる SharePoint Online 用ソリューションに重点的に取り組んでおり、セキュリティで保護されたすべてのソリューションをオンライン アプリなどの代替機能に置き換えることを強くお勧めしています。 置き換えが完了するまでは、SharePoint Online の更新プログラムが、セキュリティで保護された一部のソリューションに影響を与える可能性がありますので、ご注意ください。

クラウド アプリ モデル (CAM) や SharePoint 用アプリが登場したことに伴い、SharePoint サイトのブランド設定やプロビジョニングの従来の方法に代わる、実行可能な新しいソリューションが誕生しています。

ブランドの企業ブランドのサイトを準備する SharePoint 用アプリを使用してサイトのすべての種類を実行して規模でブランドを管理する:リモート プロビジョニングと呼ばれるパターンします。SharePoint 開発者は、サイトとサイト コレクションをプロビジョニングする、SharePoint 機能フレームワーク、サイト テンプレート、web テンプレート、およびサイト定義を使用して従来、リモートのプロビジョニングのパターンを表示用のユーザー設定のアプリを作成する方法SharePointをサイトのブランド化のプロビジョニングし、その他のサイトの準備のタスクを実行します。

ページの先頭へ

アプリを使う理由

SharePoint 用アプリは、セキュリティ保護されたソリューションよりメリットがあります。エンド ユーザーは、管理者に負担をかけることなく SharePoint サイトを拡張できるうえ、アプリの検索や追加も簡単に行うことができます。さらに、SharePoint 用アプリは、クラウド用に設計されているので、セキュリティで保護されたソリューションよりも円滑かつ柔軟にクラウドベースのリソースと統合できます。

選択する場合は、詳細な技術ガイダンス セキュリティ保護されたソリューションではなくカスタム アプリを開発するには、 SharePoint ソリューションと比較した場合の SharePoint 用アプリ参照してください。SharePoint 用アプリの開発を始めるSharePoint ソリューション パックでは、 SharePoint のパターンや Github でプラクティスにも参照してください。

ページの先頭へ

SharePoint Online の一般的なカスタマイズ例

組織に適したカスタマイズ方法または開発方法を決めるには、何をカスタマイズし、どのようなソリューションを開発したいかを検討してください。

SharePoint サイトに対してある成果を得る方法は、多数考えられます。 たとえば、高度にカスタマイズされたリストを作成するという目標は、ブラウザーにあるさまざまな [リストの設定] を使ってリストやビューを構成することによって達成できます。 この方法でカスタマイズをすべて実行することも可能です。

まず、ブラウザー ベースのカスタマイズによって目的の結果が得られるかどうか試してから、サポートされているツールやアプリケーションを使うことをお勧めします。

このセクションの内容   

カスタマイズの種類

セキュリティ保護されたソリューションの開発について

カスタマイズの対象 (およびその方法)

ソリューションまたはアプリをユーザーに提供する

パートナーのソリューションやサービスを利用する

外観またはサイトのデザインを変更する   

ブラウザー ベースの方法を試す

コードなしのソリューションを試す

ユーザー設定コード ソリューションを検討する

[サイトの設定] ページで行う操作

デザイン マネージャーを使って、HTML、CSS、JavaScript (発行サイトでのみ利用可能) の専門知識を活かします。

  • HTML マスター ページとページ レイアウトをお好みの HTML エディターで簡単にデザインできます。

  • HTML ファイルを ASP.NET マスター ページに変換します。

  • 検索ボックスやナビゲーション コントロールなどの主な機能をスニペット ギャラリーから選んでページに追加します。

  • デバイス チャネルを作成して、デバイスごとに独自の UI 環境をデザインします。

詳細については、デザイン マネージャーを使用して、次を参照してください。 MSDN: SharePoint 2013 でのサイト デザインの開発します。

InfoPath を使って、次の操作を行います。

  • リスト フォーム、ワークフロー フォーム、フォーム ライブラリのフォームをカスタマイズする

  • 新しいレイアウト、色、テーマをフォームに適用する

InfoPath の操作方法の詳細については、「InfoPath 2010 および 2013 に関するコンテンツを検索する」を参照してください。

アプリ パーツまたはカスタムの UI アクション (リボンやメニュー コマンドなど) を取り入れた SharePoint 用アプリを開発します。

Visual Studio を使って、次の操作を行います。

  • カスタム サイト ページを作成する

  • ユーザー設定のリボンの拡張機能を作成する

  • カスタム ダイアログ ボックスまたはリボン コントロールを作成する

  • ユーザー設定のデザインを機能として展開する

注: 可能であれば、ユーザー設定のマスター ページではなく、ユーザー設定の CSS 要素やテーマを使ってサイトをカスタマイズしてください。 ユーザー設定のマスター ページを使うと、アップグレードを顧客に展開する際に、最新のユーザー インターフェイス環境へのアップグレードがブロックされます。 これにより、アップグレード時に想定外のコストがかかる可能性があります。

ページの先頭へ

サイトに表示される情報の外観をカスタマイズする   

ブラウザー ベースの方法を試す

コードなしのソリューションを試す

ユーザー設定コード ソリューションを検討する

サイト上の個々のページでのカスタマイズ内容

  • テキスト、画像、ビデオ、その他のオブジェクトを追加、編集する

  • Web パーツを追加、カスタマイズする

  • 新しいリストとライブラリを追加、カスタマイズする

  • リストまたはライブラリに対してユーザー設定のビューを作成する

  • コンテンツと発行ページを作成、編集する

  • 機能を有効または無効にする

サードパーティ製の SharePoint 用アプリを追加して情報をサイトに統合します。詳細については、「SharePoint ストアからアプリを購入する」を参照してください。

Access 2013 を使って SharePoint アプリを作成します。 詳細については、「Access アプリを作成する」を参照してください。

SharePoint Designer を使って、次の操作を行います。

  • テキスト、画像、スクリプト、Web パーツをページに追加する

  • サイトと Web パーツ ページを作成、カスタマイズする

  • カスタム アクションを追加する

  • カスタム ナビゲーションを追加する

Microsoft InfoPath 2013 を使って、次の操作を行います。

  • テキスト、画像、リンクをリスト フォームとワークフロー フォームに追加する

  • ユーザー設定のデータ接続と機能をリスト フォームとワークフロー フォームに追加する

InfoPath の操作方法の詳細については、「InfoPath 2010 および 2013 に関するコンテンツを検索する」を参照してください。

Microsoft Office アプリケーションを使って、次の操作を行います。

  • Excel 2013 と Excel Services を使ってデータ、グラフ、可視化を含むブックを発行する

  • Visio 2013 と Visio Services を使ってデータの可視化を発行する

Script Editor Web パーツを使って JavaScript コードをサイトのページに追加します。

情報表示のために設計されたアプリ パーツを取り入れた SharePoint 用アプリを開発します。

Visual Studio を使って、次の操作を行います。

  • カスタム サイト ページを作成する

  • カスタム Web パーツを作成する

ページの先頭へ

別のデータ ソースのコンテンツを表示する   

ブラウザー ベースの方法を試す

コードなしのソリューションを試す

ユーザー設定コード ソリューションを検討する

  • 外部のサイトまたはデータ ソースからコンテンツを取得する Web パーツを追加する

  • さまざまなデータ ソースのリスト ビューやリスト フォームをカスタマイズする

Excel 2013 と Excel Services を使って、さまざまなデータ ソースから取り込んだデータを表示して、可視化します。

Access 2013 を使うと、データベースに似た、コードなしの洗練されたソリューションを、SQL Server をバックエンド データベースとしてすばやく作成できます。

サードパーティ製の SharePoint 用アプリを追加して情報をサイトに統合します。詳細については、「SharePoint ストアからアプリを購入する」を参照してください。

Business Connectivity Services を構成して、SQL Azure データベースや Windows Communication Foundation Web サービスなどのデータ ソースに接続します。

InfoPath 2013 を使って、リストとフォーム ライブラリのデータを次の方法で表示します。

  • ユーザー設定のリスト フォーム

  • ユーザー設定のフォーム ライブラリのフォーム

  • ユーザー設定のフォーム ベースのアプリケーション

InfoPath の操作方法の詳細については、「InfoPath 2010 および 2013 に関するコンテンツを検索する」を参照してください。

情報を統合し、表示するための SharePoint 用カスタム アプリを開発します。

Visual Studio を使って、次の操作を行います。

  • カスタム リストの定義を作成する

  • カスタム サイト ページを作成する

  • カスタム Web パーツを作成する

  • カスタム ダイアログ ボックスまたはリボン コントロールを作成する

ページの先頭へ

ソリューションまたはアプリをユーザーに提供する

ソリューションまたはカスタム アプリの開発が終わったら、SharePoint Online 環境内の 1 つ以上のサイトまたはサイト コレクションでこれを利用できるようにする必要があります。 その方法をいくつか示します。

  • 作成したソリューションが、カスタマイズしたリストまたは特定の目的に特化したサイトやページの場合は、そのページまたはサイトへのリンクをユーザーと共有できます。

  • SharePoint または Office のカスタム アプリを開発した場合は、[アプリ カタログ] サイトにアップロードすると利用できるようになります。 カスタム アプリを利用できるようにする方法については、「アプリ カタログを使って SharePoint Online 環境でカスタム ビジネス アプリを使えるようにする (英語)」を参照してください。

  • SharePoint ストアからサードパーティ製アプリを追加する場合は、組織内のすべてのユーザー用にライセンスを取得すると、SharePoint Online 環境のサイト コレクション全体にわたり、全ユーザーがそれを利用できます。 または、使う必要があるユーザー分のライセンスだけを取得して、指定したユーザーに割り当てることもできます。 詳細については、「SharePoint ストアからアプリを購入する」と「SharePoint Online 環境のアプリ ライセンスを管理する (英語)」を参照してください。

  • サイト ユーザーが SharePoint ストアからアプリを取得できるかどうかを決める設定を変更する場合は、「SharePoint ストアの設定を構成する (英語)」を参照してください。

  • カスタム ソリューションも提供できますが、ユーザーがセキュリティで保護されたソリューションの使用を選んでいる場合は、SharePoint Online の更新プロセスをサイトに対して実行した後に、更新されたソリューションでサイトが最新の状態になるかどうかは保証できません。

ページの先頭へ

パートナーのソリューションやサービスを利用する

サービスまたは SharePoint Online で使用できる Microsoft パートナーからアプリケーションを利用する場合は、 Microsoft Office 365 Marketplaceを参照してください。Microsoft、Mvp、パートナー、顧客のOffice 365 の開発パターンとプラクティス Github サイトなど、SharePoint Online コミュニティ集団が開発した多数のファイルを開くソリューションがあります。

選択する場合は、詳細な技術ガイダンス セキュリティ保護されたソリューションではなくカスタム アプリを開発するには、 SharePoint ソリューションと比較した場合の SharePoint 用アプリ参照してください。SharePoint 用アプリの開発を始めるSharePoint ソリューション パックSharePoint Online のチューニング ガイダンス、およびも参照してください。SharePoint のパターンや Github でプラクティスします。

ページの先頭へ

一般法人向け Office 365 用 SharePoint Online 計画ガイド」に戻ります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×