SharePoint Online のウイルス検出

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 365 では、ユーザーが SharePoint Online にアップロードするファイルのウイルスが検出されるため、お客様の環境をマルウェアから保護できます。ファイルをアップロードすると、そのファイルがスキャンされてウイルスが検出されます。ファイルで感染が見つかると、プロパティが設定されて、そのファイルをダウンロードしたり、同期したりできなくなります。

重要: これらのウイルス対策SharePoint Online機能は、ウイルスに感染する方法です。これらはいない環境のマルウェアを防ぐの 1 つの点として使用します。すべてのお客様の評価しにさまざまな層のウイルス対策保護を実装、エンタープライズ インフラストラクチャを保護するためのベスト プラクティスを適用するのにはお勧めします。戦略とベスト プラクティスの詳細については、 Office 365 のセキュリティのベスト プラクティスを参照してください。

感染したファイルが SharePoint Online にアップロードされたとき

Office 365では、一般的なウイルス検出エンジンを使用します。エンジンは、 SharePoint Online、内で非同期で実行し、ファイルをアップロードする際にスキャンします。ウイルスを含むにファイルが見つかった場合は、もう一度ダウンロードできないようににマークされているします。2018年 4 月] で、スキャンしたファイルの 25 MB の制限を削除します。

動作は次のとおりです。

  1. ユーザーがファイルを SharePoint Online にアップロードします。

  2. ウイルス検出エンジンによってファイルがスキャンされます。

  3. ウイルスが見つかると、ウイルス エンジンによって、感染していることを示すプロパティがファイルに設定されます。

ブラウザーを使って感染したファイルをダウンロードしようとしても、

ファイルがウイルスに感染した場合は、ユーザー ファイルをダウンロードできませんSharePoint Onlineからブラウザーを使用しています。

動作は次のとおりです。

  1. Web ブラウザーを開き、感染したファイルを SharePoint Online からダウンロードしようとすると、

  2. ウイルスが検出されたことがユーザーに警告され、ファイルをダウンロードするかどうかを選択でき、独自のウイルス ソフトを使用してクリーン アップが試行されます。

感染したファイルを OneDrive の同期クライアントが同期しようとするとどうなりますか?

ユーザーは、ファイルには、ウイルスが含まれている場合に、 新しい OneDrive の同期クライアント (OneDrive.exe) または前のOneDrive for Business同期クライアント (Groove.exe)、ファイルを同期するかどうか、同期クライアントによってダウンロードされません。同期クライアント ファイルを同期できないことを知らせる通知が表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×