SharePoint Online のアクセシビリティ機能

SharePoint Online で作成するサイトには、障碍のあるユーザーがより簡単に使えるようになるアクセシビリティ機能が含まれています。

この記事では、スクリーン リーダーを使用して SharePoint Online の基本的な作業を行う方法に関する情報へのリンクを提供しています。また、障碍のあるユーザーのために、アクセシビリティの高い SharePoint Online にサイトを作成する方法についての記事へのリンクも含まれています。

注: SharePoint Online を使う場合は、ブラウザーに Internet Explorer を使うことをお勧めします。Internet Explorer のキーボード ショートカットについてはこちらを参照してください

この記事の内容

SharePoint Online でキーボード ショートカットを使う

SharePoint Online はブラウザーで動作し、ブラウザーのキーボード ショートカットを使うことができます。たとえば、SharePoint Online を使用して作成したページを含むすべての Web ページ上のリンクや他の要素を前方に移動するには Tab キーを押し、後方に移動するには Shift + Tab キーを押します。

さらに、SharePoint Online には固有のキーボード ショートカットがあります。SharePoint Online を使っているときは、いつでも疑問符 (?) キーを押すだけで、ショートカットの一覧が別のウィンドウに表示されます。詳細については、「SharePoint Online のキーボード ショートカット」も参照してください。

SharePoint Online でナビゲーション オプションを探す

SharePoint Online を使って作成された多くのページには、ページの左上に 4 個の非表示リンクがあります。この非表示リンクにアクセスするには、ブラウザーのアドレス バーにカーソルを移動し (または F6 キーを押し)、各リンクのヒントが表示されるまで、またはスクリーン リーダーから音声フィードバック (リンクの名前) が聞こえるまで Tab キーを押します。

ヒント: Office 365 などの SharePoint Online の操作環境では、アクセシビリティ機能が組み込まれています。

  • [ユーザー補助機能を有効にする]: このオプションはもう必要ないと思います。このモードは引き続き利用可能ですが、以下で説明するような理由から、SharePoint Online の操作環境では必要になることはほとんどありません。

    現在、ユーザー補助機能は、ドキュメント ライブラリ、リスト、ページなどの主要な機能に組み込まれています。

    使いやすいキーボード ナビゲーション、スクリーン リーダーのサポートの向上、その他の KeyTip が提供されています。また、? (疑問符) キーを押すだけで、キーボード ショートカットの一覧を開くこともできます。

  • [リボン コマンドをスキップする]: ページのナビゲーション ウィンドウで最初のリンクに移動するには、Enter キーを押します。

  • [メイン コンテンツにスキップ]:ページのメイン コンテンツに移動するには、Enter キーを押します。

  • [アニメーションを無効にする]: ページ上のビデオまたはグラフィックのアニメーションのオン/オフを切り替えるには、Enter キーを押します。

SharePoint Online でアクセシビリティの高いサイトを作成する

SharePoint Online でアクセシビリティの高いサイトを作成する方法については、以下を参照してください。

SharePoint Online の使用に関するその他のヘルプを見つける

障碍のあるユーザーが利用可能なヘルプおよびサポート記事の完全な一覧については、「SharePoint Online のアクセシビリティに関するサポート」を参照してください。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×