SharePoint Online で電子情報開示センターをセットアップする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: SharePoint Online で (Office 365 および SharePoint Online 単体プランで) 新規の電子情報開示ケースを作成することはできなくなりました。電子情報開示ケースを作成するには、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターの使用を開始してください。SharePoint Online の既存の電子情報開示ケースは引き続き変更可能です。

SharePoint Online で電子情報開示を構成して電子情報開示センターをセットアップするには、Office 365 組織で Office 365 グローバル管理者になる必要があります。 電子情報開示をセットアップすると、必要な権限のあるユーザーは、電子情報開示ケースの作成、コンテンツの保留、電子情報開示検索、検索結果のエクスポートができるようになります。

Office 365では、電子情報開示センターをセットアップするための手順を紹介します。

手順 1: 電子情報開示センターを作成する

手順 2: 検索先として Exchange Online を構成する

手順 3: 電子情報開示管理者のためにセキュリティ グループを作成する

手順 4: SharePoint Online で電子情報開示の権限を割り当てる

手順 5: Exchange Online で電子情報開示の権限を割り当てる

手順 1: 電子情報開示センターを作成する

SharePoint Online では、電子情報開示センターをサイト コレクションとして作成して、そのサイト コレクションのルート サイトにします。 このサイト コレクションでは、電子情報開示ケースをサブ サイトとして作成します。

電子情報開示センターのサイト コレクションを作成するには、次の手順に従います。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. [サイト コレクション] タブの [新規作成] をクリックし、[プライベート サイト コレクション] をクリックします。

  5. [新しいサイト コレクション] ページの次のボックスまたはセクションに情報を入力します。

    • [タイトル]: 「Contoso eDiscovery Center」のように、電子情報開示サイト コレクションの名前を入力します。

    • [Web サイトのアドレス]: 次のことを実行して、電子情報開示センターの Web サイト アドレスを作成します。

      • ドメイン名のドロップダウン リストでドメイン名を選びます。

      • URL パスのドロップダウン リストでは、/sites/ を使うか管理パスを指定できます。

      • URL 名ボックスに、「eDiscovery」などの電子情報開示センターの URL 名を入力します。

    • [テンプレートの選択]: このセクションでは次のことを実行します。

      • サイト コレクションの言語を選びます。

      • [テンプレートの選択] で [エンタープライズ] をクリックしてから、[電子情報開示センター] をクリックします。

    • [タイム ゾーン]: タイム ゾーンをドロップダウン リストから選びます。

    • [管理者]: 電子情報開示センターのサイト コレクション管理者になるユーザーの名前を入力します。 [名前の確認] または [参照] をクリックして、ユーザーを探すことができます。 電子情報開示の保留および検索クエリの管理を担当する、組織内のユーザーを選ぶことを検討してください。

    • [記憶域のクォータ]: このサイト コレクションに割り当てる記憶域のサイズを MB 単位で入力します。 電子情報開示のケース、検索クエリ、保留に関するメタデータのみが、サイト コレクションの記憶域のクォータに対して保存されます。 実際の検索結果は、電子情報開示センターのサイト コレクションに保存されません。 1 ギガバイト (約 1024 MB) の記憶域をお勧めします。

    • [サーバー リソース クォータ]: 電子情報開示センターのサイト コレクションには、既定値の 300 を維持してください。

  6. [OK] をクリックします。新しいサイト コレクションが作成されます。

しばらくすると、新しい電子情報開示センターのサイト コレクションが、サイト コレクションのリストに表示されます。

ページの先頭へ

手順 2: 検索先として Exchange Online を構成する

Exchange Online メールボックスを電子情報開示センターから検索するには、電子情報開示センターのサイト コレクションの検索先として Exchange Online を含めるように検索を構成する必要があります。 詳細については、「検索先を管理する」を参照してください。

次の手順に従って、セットアップ中の電子情報開示センターの検索先として Exchange Online を構成してください。

  1. 手順 1 で作成した、新しい電子情報開示センターに移動します。 https://contoso.com/sites/eDiscovery など、指定した Web サイト アドレスを使用してください。

  2. [設定]、[サイトの設定] の順にクリックします。

  3. [サイトの設定] ページの [サイト コレクションの管理] で [検索先] をクリックします。

  4. [検索先の管理] ページの [新しい検索先] をクリックします。

  5. [全般情報] セクションの [名前] ボックスに「Exchange Online」と入力し、オプションで説明を入力します。

  6. [プロトコル] セクションで [Exchange] を選びます。

  7. [Exchange のソース URL] セクションで [AutoDiscover を使用する] チェックボックスをクリックします。

  8. [保存] をクリックします。

電子情報開示センターの検索先として Exchange Online を構成すると、電子情報開示管理者は、電子情報開示センターを使って Exchange Online メールボックスを検索できるようになります。

注:  必ず電子情報開示センターのサイト コレクションの検索先として Exchange Online を構成してください。 サブ サイトまたは電子情報開示ケースのレベルで構成すると、Exchange Online メールボックスを検索できなくなります。

ページの先頭へ

手順 3: 電子情報開示管理者のためにセキュリティ グループを作成する

電子情報開示管理者には、SharePoint Online サイトと Exchange Online メールボックスでコンテンツを検索したり、コンテンツを保留にしたり、検索結果をエクスポートしたりするための権限が必要です。 ユーザーのグループに権限を簡単に割り当てるには、セキュリティ グループを Exchange Online で作成してセキュリティ グループにメンバーを追加してから、SharePoint Online と Exchange Online で電子情報開示関連の権限をセキュリティ グループに割り当てます。

Exchange Online でセキュリティ グループを作成するには、次の手順に従います。

  1. グローバル管理者アカウントで Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. Office 365 管理センターで、[管理者]、[Exchange] の順に選びます。

  4. Exchange 管理センター (EAC) で、[受信者]、[グループ] の順に選びます。

  5. [新規作成]、[セキュリティ グループ] の順にクリックします。

  6. [新しいセキュリティ グループ] ページで、次のボックスに情報を入力します。

    • [表示名]: この名前は、EAC の共有アドレス帳とグループ リストに表示されます。 eDiscovery Managers のように、グループの目的を表す名前を付けてください。

    • [エイリアス]: セキュリティ グループのエイリアスを入力します。 Office 365 組織で一意にする必要があります。

    • [電子メール アドレス]: [エイリアス] フィールドに入力した名前が使用されて、メール アドレスの @ 記号の左に表示される部分が自動的に生成されます。 メール アドレスのエイリアス部分は、必要に応じて変更できます。

    • [説明]: このボックスを使って、セキュリティ グループの電子情報開示関連の目的について説明します。

  7. [メンバー] の [追加] をクリックします。

  8. このグループのメンバーにするユーザーを選び、[追加] をクリックします。 メンバーの追加が終わったら、[OK] をクリックして [新しいセキュリティ グループ] ページに戻ります。

  9. [所有者の承認を必要とする] チェックボックスをクリックし、このグループのメンバーシップを管理して、誰が電子情報開示センターを使用できるかを制御できるようにします。

  10. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

手順 4: SharePoint Online で電子情報開示の権限を割り当てる

次の手順では、手順 3 で作成したセキュリティ グループのメンバーに権限を割り当て、メンバーが電子情報開示センターを使用して、SharePoint サイトでコンテンツを検索できるようにします。 次の 3 つの権限割り当てを行う必要があります。

  • 手順 1 で作成した電子情報開示センターの電子情報開示管理者セキュリティ グループに所有者権限を割り当てます。 電子情報開示管理者は、サイト コレクションの所有者として、ケースを作成したり、コンテンツ ソースを保留にしたり、検索結果をエクスポートしたりすることができるようになります。 サイト コレクションの所有者は、特定の電子情報開示ケースへのアクセス権をその他のユーザーに与えることもできます。

  • 電子情報開示管理者セキュリティ グループを、SharePoint Online 組織内にあって検索可能コンテンツを含む、すべてのサイト コレクションのサイト コレクション管理者にします。 電子情報開示管理者は、SharePoint Online 組織のすべてのコンテンツにアクセスして、電子情報開示センターで検索結果を表示できるようになります。

  • SharePoint Online 組織のクロール ログに対する読み取り権限を電子情報開示管理者セキュリティ グループに与えます。 電子情報開示管理者は、すべてのクロール ログ エラーを確認できるようになります。クロール ログ エラーは、電子情報開示の検索結果がエクスポートされるときにレポートに組み込まれます。

重要: か、電子情報開示管理者がOneDrive for Businessサイトに保存されているコンテンツを検索するは、そのタスクに特定の権限を割り当てる必要があります。ステップ バイ ステップの詳細については、 OneDrive for Business のサイトに電子情報開示の権限を割り当てるを参照してください。

セキュリティ グループのメンバーを電子情報開示センターのサイト コレクションの所有者にするには、次の手順に従います。

  1. 電子情報開示センターで、[設定]、[サイトの設定] の順に選びます。

  2. [サイトの設定] ページの [ユーザーと権限] で [サイトの権限] をクリックします。

  3. サイト コレクションの <サイト コレクション名> の [所有者] グループをクリックします。

  4. [新規] ドロップダウン リストで [ユーザーの追加] をクリックします。

  5. [ユーザーの招待] ボックスで電子情報開示管理者セキュリティ グループの名前を入力してから [共有] をクリックします。

電子情報開示管理者セキュリティ グループのメンバーをサイト コレクションのサイト コレクション管理者にするには、次の手順に従います。 SharePoint Online 組織のサイト コレクションごとに、この手順を繰り返してください。

  1. サイト コレクションのトップレベル サイトに移動し、[設定]、[サイトの設定] の順にクリックします。

  2. [サイトの設定] ページの [ユーザーと権限] で [サイト コレクションの管理者] をクリックします。

  3. 電子情報開示管理者セキュリティ グループの名前を [サイト コレクションの管理者] ボックスに入力してから [OK] をクリックします。

電子情報開示管理者セキュリティ グループのメンバーに、組織のクロール ログ情報に対する読み取り権限を与えるには、次の手順に従います。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. SharePoint 管理センターで、[検索] をクリックします。

  5. [検索管理] ページで、[クロール ログのアクセス許可] をクリックします。

  6. [クロール ログのアクセス許可] ボックスに電子情報開示管理者セキュリティ グループの名前を入力して [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

手順 5: Exchange Online で電子情報開示の権限を割り当てる

最後の手順では、Exchange Online での電子情報開示の権限を、手順 3 で作成したセキュリティ グループに割り当てます。 この操作を行うには、Exchange Online で探索管理の管理者役割グループにセキュリティ グループを追加します。 セキュリティ グループのメンバーは、電子情報開示センターを使って、メールボックスを検索したり、メールボックスを保留にしたり、メールボックスの検索結果をエクスポートしたりすることができるようになります。

Exchange Online での電子情報開示の権限を電子情報開示管理者セキュリティ グループに割り当てるには、次の手順に従います。

  1. グローバル管理者アカウントで Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. Office 365 管理センターで、[管理者]、[Exchange] の順に選びます。

  4. EAC で、[権限]、[管理者の役割] の順に移動します。

  5. [証拠開示管理] をクリックし、[編集] をクリックします。

  6. [メンバー] の [追加] をクリックします。

  7. 電子情報開示管理者用に作成したセキュリティ グループを選び、[追加] をクリックしてから [OK] をクリックします。

  8. [保存] をクリックします。

電子情報開示管理者セキュリティ グループは、詳細ウィンドウの [メンバー] に表示されます。

ページの先頭へ

次のステップ

Office 365 組織で電子情報開示をセットアップしたら、電子情報開示管理者は電子情報開示センターを使って、電子情報開示ケースを作成したり、コンテンツとメールボックスを保留にしたり、電子情報開示の検索を実行したり、検索結果をエクスポートしたりすることができるようになります。 これらの作業の実行方法の詳細については、次の記事を参照してください。

電子情報開示ケースを計画および管理する

電子情報開示ケースにコンテンツを追加して、ソースを保留にする

電子情報開示でキーワードを使って検索する

電子情報開示クエリを作成して実行する

電子情報開示コンテンツをエクスポートしレポートを作成する

詳細情報

  • 追加の手順を電子情報開示の Lync Online を設定する必要はありません。既定では、Lync の会話は人のExchange Onlineメールボックスでは、[会話履歴] フォルダーに保存され、検索条件が満たされた場合に、電子情報開示検索結果で返されます。ただし、ユーザーは、[会話履歴] フォルダー内のアイテムを削除または自分のメールボックスに Lync の会話を保存する設定をオフにします。電子情報開示の Lync 会話を保存する場合は、インプレース保持または訴訟を保持するユーザーのメールボックスに配置する必要があります。作成または削除をインプレース保持を参照してください。

  • SharePoint Online 管理者は、SharePoint Online 組織のすべてのサイト コレクションとサイトの検索先を構成できます。サイト コレクション管理者はサイト コレクションの検索先を管理でき、サイト所有者はサイトの検索先を管理できます。

  • セキュリティ グループを Exchange Online で使用するのはなぜでしょうか。 Exchange Online でセキュリティ グループを作成すると、そのグループを使って、SharePoint Online と Exchange Online の両方で権限を割り当てることができます。 権限を個人ユーザーに割り当てる代わりにグループに割り当てると、電子情報開示センターへのアクセスを簡単に管理できるようにもなります。 たとえば、新しい従業員に電子情報開示センターのアクセス権を与える場合は、新しい従業員を電子情報開示管理者セキュリティ グループのメンバーとして追加するだけです。

  • 情報を開示できるようにするには、SharePoint サイトまたはその他の Web サイトなどのコンテンツを、電子情報開示センターと関連付けられた検索サービスでクロールする必要があります。クロールできないコンテンツは、電子情報開示の検索結果に組み込まれません。

  • 手順 4 で説明したように、SharePoint Online のクロール ログ情報に対する読み取り権限を電子情報開示管理者に与えるのはなぜでしょうか。 クロール ログはクロールされたコンテンツの状態に関する情報を管理します。 クロール ログ エラーは、検索結果の一部として、SharePoint Index Errors という Excel ファイルにダウンロードされ、このファイルはレポート フォルダーに配置されます。 これによって電子情報開示管理者は、失敗したインデックス作成に関するエラーを確認できるようになります。

  • サイト コレクションの所有者は、電子情報開示センターおよびすべての電子情報開示ケースのサブ サイトを完全に制御できます。 電子情報開示ケースのサブ サイトを作成することもできます。 このため、電子情報開示センターの所有者は、電子情報開示ケースを作成して、それぞれに固有の権限を割り当てることができます。 これによって所有者は、特定の電子情報開示の管理者またはセキュリティ グループに所有者権限を割り当て、特定の電子情報開示ケースを完全に制御することを許可できます。

  • 手順 3 で作成したセキュリティ グループの主な目的が、ユーザーのグループに電子情報開示の権限を割り当てることである場合は、組織のアドレス帳でこのグループを隠すことができます。 隠すには、そのグループを EAC で選んで [編集] をクリックします。 [全般] ページで [このグループをアドレス一覧に表示しない] チェックボックスをクリックして、変更を保存してください。 グループのメール アドレスを [宛先] ボックスに入力すれば、グループにメール メッセージを送信できますが、グループはアドレス帳に表示されなくなります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×