SharePoint Online で検索センターを管理する

検索センターでは、ユーザーが検索クエリを入力し、検索結果を表示できます。SharePoint Online では、検索センター サイトが <host_name>/search/ で自動的に利用できます。既定の検索ホーム ページと、既定の検索結果ページが用意されます。さらに、バーティカル検索と呼ばれる複数のページもあります。バーティカル検索は、[ひと]、[会話]、[ビデオ] など、特定のコンテンツの検索用にカスタマイズされています。バーティカル検索では、コンテンツの特定の種類またはクラス用にフィルター処理と書式設定が行われた検索結果が表示されます。

検索センターのページ

以下のページは [ページ] ライブラリにあり、定義済みの Web パーツが含まれます。これらの Web パーツをカスタマイズして、エンド ユーザーの検索エクスペリエンスを向上させることができます。

ページ

説明

default.aspx

検索センターのホーム ページです。ユーザーはこのページにクエリを入力します。

results.aspx

検索センターの既定の検索結果ページです。また、[すべて] バーティカル検索の検索結果ページでもあります。ユーザーが SharePoint サイトの [検索] ボックスにクエリを入力すると、このページに検索結果が表示されます。

peopleresults.aspx

[ひと] バーティカル検索の検索結果ページです。

conversationresults.aspx

[会話] バーティカル検索の検索結果ページです。

videoresults.aspx

[ビデオ] バーティカル検索の検索結果ページです。

advanced.aspx

ユーザーが検索語句に制限を適用できる検索ページです。たとえば、検索を完全一致に制限することができます。

SharePoint Online の管理者は、独自のページを作成し、検索センターにバーティカル検索として追加することもできます。

検索センターのページで使用される Web パーツについて

検索センターのページには、検索ボックス Web パーツ、検索結果 Web パーツ、検索ナビゲーション Web パーツ、および絞り込み Web パーツという定義済み Web パーツが含まれています。

既定では、検索結果ページの Web パーツは同じように設定されています。唯一の違いは、検索結果 Web パーツのクエリがバーティカル検索ページごとに異なる検索先にリダイレクトされるということです。たとえば、[ひと] バーティカル検索ページの場合、検索結果 Web パーツのクエリの検索先は [ローカルのひとの結果]に制限されます。[ビデオ] バーティカル検索ページの場合、検索結果 Web パーツのクエリは [ローカル ビデオの結果] に制限されます。

検索センターの Web パーツをカスタマイズ方法については、次の記事をご覧ください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×