SharePoint Online でリスト設定を編集する

SharePoint Online でリスト設定を編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Online リスト コントロールでは、非常に柔軟な方法でデータを表示できます。さまざまな設定を有効にし、ある範囲の書式でデータを表示したり、ユーザーを指定したり、ワークフローを作成したり、バージョン管理を追加したり、状況の変化に合わせて RSS 更新を送信したりできます。

リスト設定の編集

次の手順でリスト設定を開きます。

  1. 編集するリストから、[設定] 設定アイコン をクリックし、[リストの設定] をクリックします。

    設定メニュー、リスト設定が強調表示されています

    注記: 

    • 画面の外観が異なる例よりもよいですか。管理者にならないクラシック エクスペリエンスのドキュメント ライブラリの設定もSharePointの以前のバージョンを使用しています。 リストまたはサイトの所有者または管理者場合は、既定値が発生するリストまたはドキュメント ライブラリを新しいまたはクラシック モードの切り替えを参照してください。

    • 一部の機能は現在クラシック エクスペリエンスで使用します。クラシック エクスペリエンスに切り替えるには、ページの左上隅を下にあるクラシック SharePoint に戻る] をクリックします。従来のエクスペリエンスを終了するには、すべてのSharePointウィンドウを閉じてください。

  2. [設定] ダイアログで、必要に応じて設定とプロパティを編集します。たとえば、名前、説明、バージョン管理の追加、検証、列の並べ替え、列の追加などです。

  3. 設定ごとに、変更や追加を設定したり、取り消したりできます。詳細については以下を参照してください。完了したら、リストに戻り、変更を確認します。

リストの設定

[リストの設定] ダイアログで可能な操作の概要は次のようになります。設定ごとに、設定を有効にしたり、保存したり、取り消したりできます。

ナビゲーションを編集して制御し、バージョン管理、検証、対象ユーザーを設定し、高度な設定を管理します。

リストの全般設定リンク

リスト名、説明、ナビゲーション

リストのタイトル、説明を編集または変更し、クイック起動バーにリストを表示するかどうかを設定します。

バージョン管理の設定

提出したアイテムで承認が必要かどうかを設定し、編集ごとに新しいバージョンを作成し、提出または承認されたバージョンの数を設定し、下書きアイテムを表示、編集、承認できるユーザーを決定します。

詳細設定

次を設定します

  • コンテンツ タイプの管理。

  • アイテムを閲覧できるユーザー。

  • アイテムを作成し、編集できるユーザー。

  • 添付ファイルを有効にする。

  • フォルダーを有効にする。

  • 検索結果にアイテムを表示するかどうか。

  • 検索結果に既定以外のビューを表示するかどうか。

  • リストのインデックスを再作成する。

  • アイテムのダウンロードを許可する。

  • アイテムのクイック編集の使用を許可する。

  • ダイアログでフォームを開始する。

  • インデックスを自動的に管理する。

  • 新しい環境またはクラシック環境でリストを表示する。

検証設定

検証に使用する数式を指定します。

有効なデータを見分ける際に役立つメッセージを作成します。

対象ユーザーの設定

対象ユーザーを設定する列を有効にし、ユーザー コンテキストに基づいてコンテンツを絞り込みます。

リストの IRM、キーワード、ワークフローを管理し、リストを投稿または閲覧できるユーザーにアクセス許可を設定します。

リストの権限と管理の設定のリンク

このリストを削除する

リストを完全に削除し、ホーム ページに戻ります。

このリストに対する権限

サイトのさまざまなユーザー グループにリストのアクセス許可レベルを設定します。

Information Rights Management (IRM)

アクセス許可ポリシーのタイトルと説明を有効にし、作成し、ドキュメントのアクセス権限を構成し、資格情報を検証する必要があるとき、グループ保護と時間枠を設定します。

ワークフロー設定

リスト、アイテム、フォルダーのワークフロー関連付けの種類を設定します。ワークフローを追加、削除、ブロック、復元します。

エンタープライズ メタデータとキーワードの設定

エンタープライズ キーワードの列を追加し、キーワードの同期を有効にします。

リスト アイテムの変更に合わせ、RSS フィードの配信を設定します。

リストの通信 (RSS) 設定

RSS 設定

次のように設定します。

  • リストの RSS を有効にする。

  • 複数行のテキスト フィールドを 256 文字に切り詰める。

  • RSS フィードのタイトル、説明、画像 URL を設定する。

  • RSS の説明を表示するリストの列を選択する。

  • 追加するアイテムの最大数と RSS フィードの最大日数を設定する。

列の設定では、列の表示/非表示を切り替えたり、列を作成したり、既存の列を追加したり、列を並べ替えたり、列のインデックスを作成したりできます。

リスト設定のリスト列セクション

列の編集

編集する列をクリックし、必須データ、一意の値、テキスト フィールドの最大文字数など、プロパティを編集できます。

列の作成

数多くある種類の 1 つを利用し、列を作成します。追加した列の種類に基づき、名前、説明、特定のパラメーターを設定します。

サイト内の既存の列から追加

サイトの他のリストで使用された列をリストに追加します。既定のビューに表示するように (または表示しないように) 設定します。

列の順序

リストで列が左から右に表示されるように順序を変更します。

インデックス付きの列

最大 20 の列インデックスを作成または削除します。

ビューの表示と作成

リスト設定のリスト ビュー セクション

ビュー

リスト データのビューが表示されます。クリックし、アイテムを編集します。

ビューの作成

データの標準、データシート、カレンダー、ガント、Access ビューを作成します。ビューの種類ごとに独自の設定があります。既存のビューから始めることもできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×