SharePoint Online でユーザー プロファイルの詳細

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、グローバル管理者と Office 365 の SharePoint の管理者の。管理者でない場合は、次を参照してください。ビューおよび Office Delve で自分のプロファイルを更新については、プロファイルを変更します。

ユーザー プロファイルは、1 人のユーザーについて記述するユーザー プロパティのコレクションです。各プロパティには、ユーザーに関連付けられているポリシーと設定が含まれています。ユーザー プロファイルは、他のユーザーとつながるコンテンツを検索したり、ユーザー同士が理解を深めたり、ソーシャル機能を使用して共同作業を行ったりする際に役立つため、重要です。

既定のユーザー プロファイル プロパティは、Office 365 ディレクトリ サービスから SharePoint Online に取り込まれています。ただし、SharePoint Online 管理者は、ユーザー プロファイル プロパティを追加して、ユーザー ポリシーを定義し、対象ユーザーを作成することで、SharePoint の性能を高めることができます。

注: Office 365 for education は、自動的にユーザー プロファイルと SharePoint Online を同期しません。SharePoint Online でユーザー プロファイルを表示し編集するには、まず、ユーザーが SharePoint サイトにアクセスする必要があります。ユーザーがサイトにアクセスした後は、次回に予定されている Office 365 ディレクトリ サービスの同期中に、プロファイルが SharePoint Online と同期します。

ユーザー プロファイルのプロパティを編集する方法の詳細については、対象ユーザー、およびポリシーを参照してください。

注: SharePoint Online ユーザー プロファイルに加えたでは、SharePoint 内でのみ適用され、その他の Office 365 のサービスでは同期されません。

ユーザー プロファイルを適切に管理することによって、組織内のコミュニケーションやワークフローを強化できます。同様に、綿密に計画したポリシーを使ってこれらのプロファイルを制御することによって、組織内の適切なメンバーに適切な情報が公開されるようになります。

SharePoint Online は、スケジュールに従って定期的に実行される一方向同期処理の中でプロファイル情報を Office 365 ディレクトリ サービスから受信します。この処理は、少なくとも 24 時間間隔で実行されます。

組織がサインアップして Office 365 を展開すると、ユーザーは次のいずれかになります。

  • 手動で作成され、Office 365 ディレクトリ サービスに追加されます。

  • オンプレミスの Active Directory に同期されます。

注: クラウドと同期済みユーザー モデルについての詳細については、 「Office 365 Id と Azure Active Directoryを参照してください。

組織がユーザー アカウントを Office 365 ディレクトリ サービス内に手動で作成した場合、ユーザーは、Office 365 にサインインするための Microsoft Azure Active Directory 資格情報を受け取ります。これらの資格情報は、他のデスクトップまたは会社の資格情報とは別のものです。これらのユーザー アカウントは、Office 365 管理センターを使って変更します。

組織が Office 365 のディレクトリ同期 (DirSync) ツールを使用して選ぶことができますからオンプレミスの Active Directory のユーザー情報を入力します。ディレクトリ同期には、シングル サインオン フェデレーションがサポートしています。ディレクトリ同期の設定の詳細については、 Office 365 のディレクトリ同期を設定するを参照してください。

図は、社内の Active Directory が DirSync を使用してプロファイル情報を Office 365 ディレクトリ サービスにフィードし、Office 365 ディレクトリ サービスが SharePoint Online プロファイルにプロファイル情報をフィードする方法を示しています。

ディレクトリ同期ツール (DirSync) を使用して、オンプレミスの Active Directory ユーザー プロファイルを Office 365 ディレクトリ サービスと同期させ、それによって SharePoint Online ユーザー プロファイルと同期させることができます。Active Directory の情報は、一方向にのみ送信されます (オンプレミスの Active Directory サーバーから SharePoint Online へ)。これにより、Active Directory の最新で正確な状態のユーザー データが、確実に SharePoint Online のユーザー情報に反映されます。

注:  Office 365 ディレクトリ サービスと自動的に同期するプロファイルは、あらかじめ設定された期間に定期的に同期されます。変更がユーザー プロファイルに反映されるまで、最大で 24 時間かかる場合があります。Office 365 for education では、ユーザーが SharePoint サイトにアクセスするまで、ユーザー プロファイルが作成されたり、同期したりしないことにご注意ください。

SharePoint のプロファイル プロパティとポリシーについて

既定では、SharePoint Online ユーザー プロファイルは、Office 365 のディレクトリ サービスによって入力されます。ユーザーの名と姓、電話番号、役職などの基本的なプロファイル プロパティも同期されます。SharePoint 内での検索とコラボレーション機能を強化するために、ユーザー プロファイルに追加するには追加のプロパティがある場合は、SharePoint Online 管理者は、それらのユーザー プロファイルのプロパティを作成できます。さらに詳しい情報は、 SharePoint Online でユーザーのプロパティを管理するを参照してください。

注: SharePoint Online 管理センターを使用して新しいユーザー プロファイル プロパティを作成しても、そのプロパティは Office 365 ディレクトリ内には作成されません。作成したユーザー プロファイル データは SharePoint Online 固有のデータになります。

次の図に示すように、ユーザーの [自己紹介] ページでは、Office 365 ディレクトリ サービスからインポートしたプロパティと、ユーザーが設定した SharePoint Online プロファイル プロパティで構成できます。 たとえば、ディレクトリ サービスは、ユーザーのアカウント名、職場の電話番号、役職、職場のメール アドレスなど、既定のユーザー プロファイル情報を提供します。 ユーザーは、この情報を編集することはできません。

Office 365 ディレクトリ サービス プロファイル情報と SharePoint Online プロファイル情報がユーザーの [自己紹介] ページに入力される方法を示す図

対象ユーザーはユーザーのプロファイルの一部であり、組織がユーザーの業務やタスクに基づいてコンテンツのターゲットを指定できるようにします。対象ユーザーは、次のアイテムのいずれか、またはそれらの組み合わせによって定義できます。

  • 配布リスト内のメンバーシップ

  • Windows セキュリティ グループ内のメンバーシップ

  • 組織のレポート構造内での位置

  • パブリック ユーザー プロファイルのプロパティ

コンテンツのターゲットは、SharePoint グループを使用して定義することもできます。組織のニーズに最も適したオプションを決定する必要があります。

定義した対象ユーザーは、さまざまな方法でコンテンツ対象設定に使えます。たとえば、ユーザーが Microsoft Office 2013 デスクトップ アプリケーションでファイルを保存するときにユーザーに対して表示するお勧めの SharePoint サイトを定義でき、各リンクが表示される対象ユーザーを設定できます。または、画面上部のリンク バーに表示される個人用サイトのナビゲーション リンクの対象ユーザーを設定できます。対象ユーザーが構成されている環境では、サイト管理者が Web パーツを使用して、対象ユーザー別にコンテンツを設定できます。

他にも、Office アプリケーションへのリンク、個人用設定サイトへのリンク (個人用サイトのナビゲーション リンク)、信頼できる個人用サイト ホストの場所、および Web パーツのターゲットを指定できます。

詳細については、 SharePoint Online の対象ユーザーの管理を参照してください。

個人用サイトの設定も、SharePoint 管理センターの [ユーザー プロファイル] ページからアクセスされます。

個人用サイト Web サイトは、ソーシャル ネットワーキングとドキュメント管理の充実した機能を組織内のユーザーに提供する個人向けのサイトです。このような機能としては、サイト ユーザーが情報をやり取りできるニュースフィード サイト、ビジネス文書、写真、他のメディア ファイルを格納して共有するための OneDrive for Business サイト、役に立つ Web サイトを保存するためのサイト ページ、ユーザーが組織内の他のユーザーに自分を紹介したり、自分と他のユーザーの接点となる共有ドキュメントを探したりできるプロファイル ページなどがあります。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. 左側のウィンドウで、ユーザー プロファイルを選択します。

  5. [People] の [ユーザー プロファイルの管理] をクリックします。

  6. [プロファイルの検索] ボックスにユーザーの名前を入力し、[検索] をクリックします。

  7. 編集または削除するユーザー プロファイルをアカウント名をクリックし、[プロファイルの編集または削除] をクリックします。

    警告: 

    • 場合は、組織が DirSync を使用して、オンプレミスの Active Directory でユーザー アカウントを同期する、常に Active Directory のユーザー アカウントを編集する必要があります。場合は、組織は、ユーザー アカウントを手動で管理、編集およびユーザー アカウントを削除するのには常に、Office 365 管理センターを使用してください。

    • 変更は、次回の自動同期処理中に SharePoint Online と同期されます。自動同期処理は、あらかじめ設定された一定の間隔で実行されます。ユーザーのプロファイルに変更が反映されるまで、最大 24 時間かかる場合があります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×