SharePoint Online でカスタム リスト ビューを作成する

SharePoint Online でカスタム リスト ビューを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePointのリストを整理およびなどの特定の列のデータの一部のみを表示する別のビューを作成することができます。複数のビューを作成する場合は、既定のビューをことができます。 また、別のビューの種類 (標準、データシート、ガント、予定表、およびアクセス) でビューを作成できます。最後に、か、または作成する個人用ビューのみを表示できます (これは、投稿のアクセス許可レベル以上が必要) を表示するすべてのユーザーのパブリック ビューを (これはデザインアクセス許可のレベル以上が必要です)。

カスタム リスト ビューを作成する

注: お使いの画面はここにある例とは異なりますか。管理者がリストでクラシック モードを設定している可能性があります。あるいは、ユーザーが以前のバージョンを使用しています。その場合、「リストまたはライブラリでビューを作成、変更、または削除する」を参照してください。リストの所有者、サイトの所有者、または管理者であれば、「リストまたはドキュメント ライブラリの既定の環境を新しい環境またはクラシック環境に切り替える」で既定の設定を変更するための手順をご確認いただけます。

  1. アプリ起動ツール Office 365 アプリ起動ツール アイコン で [SharePoint] をクリックし、サイトを見つけてそこに移動し、リストを開きます。リストが見つからない場合、[設定] 設定アイコン 、[サイト コンテンツ] の順にクリックし、リストを開きます。

  2. 次の操作のいずれかを行います。

    新しいビューをゼロから作成する

    1. コマンド バーで、[表示オプション] リストの [表示オプション] アイコン をクリックし、[ビューの管理] をクリックします。

      リストの [表示オプション] アイコン表示オプションが表示されていない場合は、リストを編集していないか、1 つまたは複数のアイテムを選択していないを確認します。また、する権限がないです。その場合は、 Office 365管理者またはサイトまたはリストの所有者に問い合わせてください。

    2. 手順 3 に進みます。

    現在のビューとビューの種類に基づいて新しいビューを作成する

    1. コマンド バーで [表示オプション] リストの [表示オプション] アイコン をクリックします。

      リストの [表示オプション] アイコン表示オプションが表示されていない場合は、リストを編集していないか、1 つまたは複数のアイテムを選択していないを確認します。また、アクセス許可をされませんがあります。その場合は、 Office 365管理者またはサイトまたはリストの所有者に問い合わせてください。

    2. [保存] をクリックします。

    3. 新しい名前を入力し、[OK]をクリックします。

    4. もう一度 [表示オプション] リストの [表示オプション] アイコン をクリックし、今作成したビューの名前をクリックします。

    5. [設定] ページの下部の [ビュー] で、今作成したビューの名前をクリックします。

    6. 手順 6 に進みます。

  3. 設定ページの下部で、[ビューの作成] をクリックします。

  4. [ビューの種類] ページでビューの種類を選択すると、そのビューの種類の [ビューの作成] ページが開きます。最も一般的なビューの種類は、標準ビューデータシート ビューです。既定では、標準ビューでは、一度に 1 つのアイテムだけを編集できますが、データシート ビューでは、一度に複数のアイテムを編集できます。ただし、クイック編集 リストの [クイック編集] アイコン を使用して、標準ビューデータシート ビューに一時的に変更することができます。

    重要:  ビューの種類を選択した後は変更することはできませんが、異なるビューの種類で別のビューを作成できます。詳細については、「選択できるビューの種類」を参照してください。

  5. [ビュー名] ボックスに、ビューの名前を入力します。

  6. このビューをリストの既定のビューにする場合は、[このビューを既定にする] をクリックします。既定のビューにすることができるのは、パブリック ビューだけです。

  7. [対象ユーザー] セクションの [対象ユーザーの表示] で、[個人用ビューを作成する] または [パブリック ビューを作成する] を選びます。自分だけが見えるビューが必要な場合は、個人用ビューを作成します。リストを使用する全員が見えるようにするには、パブリック ビューを作成します。

    注:  [パブリック ビューを作成する] が無効の場合は、[デザイン] アクセス許可レベル以上を与えられていません。

  8. [] セクションで、ビューに使う列を選び、不要な列は選択解除します。列番号の横で、ビューの中で列を表示する順番を選びます。

  9. [並べ替え]、[フィルター] など、ビューの他の設定を変更し、ページの下部にある [OK] をクリックします。詳細については、「SharePoint Online でリスト ビューを編集する」を参照してください。

選択できるビューの種類

ビュー
の種類

説明

標準    

リスト アイテムが 1 行ずつ表示されます。標準ビューはほとんどのリストの種類の既定のビューです。

リストの標準表示

データ
シート
    

スプレッドシートのようにリスト アイテムがグリッド表示されます。このビューは、クイック編集とも呼ばれ、リスト内の多数のアイテムを同時に編集する必要がある場合に役立ちます。

リストのクイック編集フォーム

ガント    

進捗状況をトラッキングするバーにリスト アイテムが表示されます。ガント ビューはプロジェクト管理に役立ちます。たとえば、このビューを使うと、他のタスクと重なるタスクを確認したり、全体の進捗状況をビジュアル化したりすることができます。このビューを使用するには、リストに開始日と終了日の列を含める必要があります。

ガント ビュー

予定表    

壁掛けカレンダーのような形式でリストが表示されます。この形式では、日単位、週単位、または月単位のビューを適用できます。このビューは、リストのアイテムを時系列で表示する場合に役立ちます。このビューを使用するには、リストに予定表アイテムの開始日と終了日の列を含める必要があります。

予定表ビュー

Access    

Microsoft Access を使って、リストをベースにしたフォームやレポートを作成します。Microsoft Access がインストールされている必要があります。

microsoft access でビューを作成する

ご意見を寄せてください。

更新された 2016 年 10 月 31 日

この記事は役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの下でお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。お客様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×