SharePoint Online で、リッチ テキストのリスト列を編集する

SharePoint Online で、リッチ テキストのリスト列を編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePointリスト列内のテキストの既定の設定は、テキスト形式です。拡張リッチ テキストの列の設定を選択すると、フォントの色、サイズ、またはスタイルまたはテキストの変更履歴とコメントをカスタマイズすることができます。編集のアクセス許可レベル以上作成に必要な拡張リッチ テキストの列をします。

拡張リッチ テキスト列を作成する

注: 画面の外観が異なる例よりよいですか。クラシック エクスペリエンスの一覧で、設定する場合、管理者がありますか、以前のバージョンを使用しています。必要な場合は、リスト内の列見出しのテキストの書式設定を参照してください。 リストの所有者、サイトの所有者または管理者場合は、既定の動作を設定する手順については、既定の動作のリストと新しいまたはクラシックからドキュメント ライブラリへの切り替えをご覧ください。

  1. アプリ起動ツール Office 365 アプリ起動ツール アイコン で、[SharePoint] をクリックし、サイトを見つけてそこに移動し、リストを開きます。リストが見つからない場合、[設定] 設定アイコン 、[サイト コンテンツ]、の順にクリックし、リストを開きます。

  2. コマンド バーで、[表示オプション] リストの [表示オプション] アイコン をクリックし、[ビューの管理] をクリックします。

    リストの [表示オプション] アイコン表示オプションが表示されていない場合は、リストを編集していないか、1 つまたは複数のアイテムが選択されているを確認します。また、する権限がないです。その場合は、 Office 365管理者またはサイトまたはリストの所有者に問い合わせてください。

  3. 変更するビューの名前をクリックします。

  4. [] セクションの [列の作成] をクリックします。

  5. [名前と種類] セクションで [複数行テキスト] を選択し、[列の追加設定] セクションの [使用可能なテキストの種類を指定してください] で [拡張リッチ テキスト (画像、表、ハイパーリンクを含むリッチ テキスト)] オプションを選択します。

    拡張リッチ テキスト列を作成する

  6. [OK] をクリックします。

拡張リッチ テキスト列を編集する

  1. アプリ起動ツール Office 365 アプリ起動ツール アイコン で、[SharePoint] をクリックし、サイトを見つけてそこに移動し、リストを開きます。リストが見つからない場合、[設定] 設定アイコン 、[サイト コンテンツ]、の順にクリックし、リストを開きます。

  2. アイテムを選択し、コマンド バーで、[編集 リストの [編集] アイコン ] をクリックします。

    [クイック編集] ビューで拡張リッチ テキスト列を編集することはできません。

  3. 拡張リッチ テキスト列で、[ペン リストの [ペン] アイコン ] をクリックして [編集] ウィンドウを表示します。

    • 保存、コピー、添付、またはスペル チェックを行うには、[編集] タブをクリックします。

      リストの [編集] タブ

    • フォントおよび段落の書式設定、スタイルの適用、またはマークアップを行うには、[テキストの書式設定] タブをクリックします。

      リストの [テキストの​​書式設定] タブ

    • テーブル、オブジェクト、リンク、ファイル、または埋め込みコードを挿入するには、[挿入] タブをクリックします。

      リストの [挿入] タブ

  4. [保存] をクリックします。

ご意見を寄せてください。

更新された月 31日 2017

この記事は役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの下でお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。お客様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×