SharePoint Designer 2010 を管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。


SharePoint Designer 2010強力な web され、Microsoft SharePoint 2010 テクノロジのデザイナー アプリケーションです。作成、データ ソース、ビュー、フォーム、ワークフロー、マスター ページ、およびの詳細をカスタマイズするには、SharePoint Designer を使用します。同時に実行されるように、SharePoint プラットフォームで実際のビジネス ソリューションを作成できます。

SharePoint Designer によるカスタマイズは、カスタマイズされているサイトにのみ影響を及ぼすことがほとんどですが、カスタマイズ領域によっては、別の SharePoint サイトに影響をもたらしたり、それらを破損したりする場合があります。さらに、ページをカスタマイズする方法によっては、SharePoint 2010 を実行しているサーバーのメンテナンスとパフォーマンスにも影響を与えることがあります。これらが SharePoint 管理者の労力を増やす原因となり、結果的に、多くの SharePoint 管理者が、このレベルのカスタマイズをすべて禁止することが必要になります。

このため、SharePoint 2010 には、組織内のSharePoint Designer 2010の使用方法を管理するために使用できる SharePoint Designer の設定] ページが含まれています。これらの設定すべてのサイト コレクションの管理者の web アプリケーション レベルまたはサイト コレクション レベルですべての編集者と所有者を適用することができます。

ここでは、この設定と、その設定を使用して SharePoint Designer 2010 を管理する方法について説明します。

この記事の内容

SharePoint Designer 2010 を管理する理由

自分のサイト定義からページを解除します。

マスター ページおよびページ レイアウトを編集します。

Web サイトの URL 構造内のファイルを編集します。

SharePoint Designer 設定] ページ

サーバーの全体管理

サイト コレクションの管理

SharePoint Designer を完全に無効にします。

Web アプリケーションでサイト コレクションの管理者の

デザイナーとサイト コレクションの所有者

ページが切断されていることを防ぐ

Web アプリケーションでサイト コレクションの管理者の

デザイナーとサイト コレクションの所有者

マスター ページおよびページ レイアウトを無効にします。

Web アプリケーションでサイト コレクションの管理者の

デザイナーとサイト コレクションの所有者

Web サイトの URL 構造を無効にします。

Web アプリケーションでサイト コレクションの管理者の

デザイナーとサイト コレクションの所有者

次のステップ

SharePoint Designer 2010 を管理する理由

ブラウザーを使用して SharePoint サイトをカスタマイズする場合、変更は、お持ちのサイトにのみ影響を及ぼし、サーバー全体にはほとんど影響をもたらしません。SharePoint Designer では、これと同じレベルのカスタマイズを実行できるだけでなく、他のサイト、または SharePoint を実行するサーバーのパフォーマンスとメンテナンスに影響を及ぼす可能性があるファイルを編集することができます。

次に、他のサイトやサーバーに問題を引き起こす可能性がある、SharePoint Designer における 3 つのカスタマイズ領域を示します。

ページへのサイト定義の適用を解除する

サイト定義とは、SharePoint で作成されるすべての新しいサイトとテンプレートに使用される一連のファイルで、サーバーに保存されています。サイト定義によって、構成済みのリスト、Web パーツ、ナビゲーション バー、機能などを各サイトに提供できます。サイト定義の役割は、サーバー規模のメンテナンス (サーバーのアップグレード、ソリューション アップグレードの適用、ブランド設定など) を次に実行するときに特に重要になってきます。サイト定義だけでなく、そのサイト定義に関連しているすべてのページが更新されるので、一貫性を保つことができ、管理が簡単になります。

これらのページは、「ゴースト ページ」と呼ばれる一般的に注意してください。サイト定義、サイト テンプレート、およびゴーストは MSDN の記事 の詳細を表示します。

SharePoint サイトをブラウザーでカスタマイズする場合、この関係は維持されます。ただし、サイトを SharePoint Designer で開くと、ページへの各サイト定義の適用を解除できる、高度なカスタマイズを実行することができます。これを実行すると、カスタマイズされたページがサイト定義由来のコンテンツを上書きし、次にサーバーでアップグレードを行ったり定期的なメンテナンスを実行したりするときに問題を引き起こします。

このため、SharePoint 管理者によって、ユーザーがこの方法でページをカスタマイズすることが不必要に禁止される場合があります。

マスター ページとページ レイアウトを編集する

マスター ページとページ レイアウトは、1 か所からサイトの外観を定義して、そのデザインを SharePoint の 1 つまたは複数のサイトに再利用することができる、強力なデザイン機能です。マスター ページは、サイトの全体的なレイアウトを提供し、ナビゲーション、サインイン リンク、[サイトの操作] メニューなどのオブジェクトを制御します。ページ レイアウトは、発行ページのオブジェクトのレイアウトを制御します。組織がこの 2 つを併用することで、組織の全体的な外観を効果的に管理して、その外観が企業のブランドに反映されるようにすることができます。

一方で、だれでもこれらのページを編集することができるため、企業の外観と一致しない複数のデザインが使用されるおそれもあります。これが原因で、機能の目的が薄れてしまうため、SharePoint 管理者の方は、少数のユーザーのみが SharePoint Designer でマスター ページとページ レイアウトを編集できるようにすることをお勧めします。

ブランド設定とデザインに関する考慮事項に加え、SharePoint 管理者の方は、ユーザーがマスター ページ上のコンテンツ領域を変更または削除する場合 (これは、そのサイトのコンテンツや、同じマスター ページを使用するサイトのコンテンツを表示するために実行されます) に備えて、マスター ページを無効にすることをお勧めします。

Web サイトの URL 構造内のファイルを編集する

SharePoint Designer では、ナビゲーション ウィンドウで [すべてのファイル] オプションをクリックすると、サイト階層または Web サイトの URL 構造におけるすべてのファイルにアクセスすることができます。ここで、すべてのビュー、フォーム、ドキュメント テンプレート、サポート ファイルなどを参照することができます。この完全なサイトのビューは、サイトの特定のオブジェクトを管理する際や、何か問題があるときにトラブルシューティングを行う際に便利です。

同時に、サイトに必要なファイルを変更または削除することで、サイトを破損に導くおそれもあります。たとえば、この表示方法では、既定のリスト ビュー、リスト フォーム テンプレート、またはテーマ ファイルがどれかわからないため、誤って変更したり削除したりする可能性があります。

このため、SharePoint 管理者の方は、ユーザーが SharePoint Designer で作業している間、サイト階層にまったくアクセスできないようにすることをお勧めします。

ページの先頭へ

[SharePoint Designer 設定] ページ

組織内のSharePoint Designer 2010の使用方法を管理するには、次の 2 つの SharePoint Designer の設定] ページのいずれかを使用できます。

  • [サーバーの全体管理] > [SharePoint Designer 設定]

  • [サイト コレクションの管理] > [SharePoint Designer 設定]

どちらのページも、SharePoint Designer とその機能 (ページの適用の解除、マスター ページとページ レイアウトの編集、および Web サイトの URL 構造のファイルの編集) を有効または無効にするのに使用できます。主な違いは、設定が [サーバーの全体管理] では Web アプリケーション レベルでサイト コレクションの管理者に適用されるのに対し、[サイト コレクションの管理] ページではサイト コレクション レベルでデザイナーと所有者に適用される点です。

次に、この 2 つのページを示します。

[SharePoint Designer 設定] ページ

ページの先頭へ

サーバーの全体管理

[SharePoint Designer 設定] ページの [サーバーの全体管理] を使用すると、Web アプリケーション レベルで SharePoint Designer を管理できます。このレベルには、Web アプリケーション内のすべてのサイト コレクションが含まれています。これらの設定は、サイト コレクション管理者と、Web アプリケーションのすべてのユーザーに適用されます。

設定

定義

選択 Web アプリケーション

SharePoint Designer 設定が適用される Web アプリケーションを選択します。

SharePoint Designer を有効にする

Web アプリケーションとのサイト コレクションのすべての SharePoint Designer を無効に切り替えます。
ノート選択しなかった場合、ユーザーは SharePoint Designer のボタンをクリックしたときに、ブラウザーで表示したまま、SharePoint Designer がサイトで許可されていないことを示すメッセージが表示されます。

サイト定義からのデタッチのページを有効にします。

有効またはサイト定義からページを解除する機能を無効にします。 オフの場合、SharePoint Designer だけ使用する標準モードでページを編集できます。詳細モードでのファイルの編集を無効になります。
メモ デタッチと新しい空白 ASPX または html 形式で作成されたページ、ユーザーが既にページにこの設定は適用されません。

ページへのサイト定義の適用を解除する機能を有効または無効にします。このチェック ボックスをオフにすると、標準モードでのみページを編集できるようになり、[詳細モードでファイルを編集] が無効になります。

マスター ページとページ レイアウトをカスタマイズする機能を有効または無効にします。

オフの場合、SharePoint Designer で表示されませんマスター ページまたはページ レイアウトでは、ナビゲーション ウィンドウ。
ノートのページ レイアウトでは、発行、サーバー上で有効になっているも必要なため、ここで有効にした場合は、サイトは、発行サイトは、引き続きは表示されませんナビゲーション ウィンドウの [ページ レイアウト] オプション。

Web サイトの URL 構造の管理を有効にします。

サイトの URL 構造で、ファイルを表示および編集する機能を有効または無効にします。

オフの場合、SharePoint Designer のナビゲーション ウィンドウで、[すべてのファイル] で表示されません。

ページの先頭へ

サイト コレクションの管理

[サイト コレクションの管理] ページの SharePoint Designer 設定を使用すると、サイト コレクション レベルで SharePoint Designer を管理できます。このレベルには、コレクション内のすべてのサイトが含まれています。これらの設定は、サイト所有者とデザイナーには適用されますが、サイト コレクションの管理者には適用されません。

SharePoint で、編集者グループのみ注や、上部にある SharePoint サイトで開けるSharePoint Designer 2010できます。そのため、投稿者とリーダーなど、他のすべてのグループは、これらの設定によって影響を受けません。

設定

定義

SharePoint Designer を有効にする

有効またはサイト コレクションとそのサイトのすべての SharePoint Designer を無効にします。 注オフの場合は、ユーザーは表示したまま、ブラウザーで SharePoint Designer のボタンが、SharePoint Designer がサイトで許可されていないことを示すメッセージが表示されることをクリックしたときにします。

サイト定義からのデタッチのページを有効にします。

有効またはサイト定義からページを解除する機能を無効にします。 オフの場合、SharePoint Designer だけ使用する標準モードでページを編集できます。詳細モードでのファイルの編集を無効になります。
メモ デタッチと新しい空白 ASPX または html 形式で作成されたページ、ユーザーが既にページにこの設定は適用されません。

ページへのサイト定義の適用を解除する機能を有効または無効にします。このチェック ボックスをオフにすると、標準モードでのみページを編集できるようになり、[詳細モードでファイルを編集] が無効になります。

マスター ページとページ レイアウトをカスタマイズする機能を有効または無効にします。

オフの場合、SharePoint Designer で表示されませんマスター ページまたはページ レイアウトでは、ナビゲーション ウィンドウ。
ノートのページ レイアウトでは、発行、サーバー上で有効になっているも必要なため、ここで有効にした場合は、サイトは、発行サイトは、引き続きは表示されませんナビゲーション ウィンドウの [ページ レイアウト] オプション。

マスター ページとレイアウト ページをカスタマイズできるようにする

マスター ページとページ レイアウトをカスタマイズする機能を有効または無効にします。

ページの先頭へ

サイトの URL 構造で、ファイルを表示および編集する機能を有効または無効にします。このチェック ボックスをオフにすると、ナビゲーション ウィンドウで [すべてのファイル] オプションが表示されなくなります。

SharePoint Designer 2010はすべての SharePoint サイトでは既定で有効になります。これらのサイトでSharePoint Designer 2010を無効にするには、次の手順のいずれかを実行します。

Web アプリケーションのサイト コレクションの管理者の場合

次の手順によって、サイト コレクションの管理者が SharePoint Designer を使用できなくなるため、結果的に、Web アプリケーションとそのサイト コレクションのすべてのユーザーも SharePoint Designer を使用できなくなります。

  1. サーバーの全体管理にログオンします。
    メモ アクセス サーバーの全体管理の詳細については、サーバーの全体管理のヘルプを参照してください。

  2. 左のナビゲーションで一般的なアプリケーションの設定] をクリックします。

  3. [一般的なアプリケーションの設定] ページで、 SharePoint Designer の構成の設定] をクリックします。

  4. Web アプリケーションの設定を適用する場所を変更するには、現在選択されているアプリケーション] をクリックし、 Web アプリケーションの変更] を選びます。[Web アプリケーションの選択] 画面で、使用するアプリケーションをクリックします。

  5. SharePoint Designer 設定] ページでは、 SharePoint Designer を有効にする] ボックスをオフにします。

  6. [サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] を選択します。

サイト コレクションのデザイナーと所有者の場合

次の手順によって、サイト コレクションとそのすべてのサイトのデザイナーと所有者が SharePoint Designer を使用できなくなります。

  1. SharePoint Designer を無効にするサイト コレクション (サーバーのトップレベル サイト) を参照します。

  2. ユーザーがマスター ページとページ レイアウトにアクセスできる場合、これらのファイルがカスタマイズされると、別のサイトのレイアウトが変更されたり、破損したりする場合があります。これは、マスター ページとページ レイアウトが、1 つのファイル内の多くのページの外観やサイトの外観を制御することを目的としているためです。このアクセスを無効にして、SharePoint Designer でマスター ページとページ レイアウトを非表示にすることができます。

  3. デザイナーとサイト所有者に対して SharePoint Designer でマスター ページとページ レイアウトを無効にするには、次のうちいずれかの手順を実行します。

  4. SharePoint Designer を有効にする最初のボックスをオフにします。

  5. [サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] を選択します。

注以下の手順を実行した後、ユーザーは SharePoint 内の SharePoint Designer ボタンを引き続き表示されます。サイトが SharePoint Designer では、編集を許可しないように設定されていることを示すメッセージが表示される場合は、ボタンのいずれかをクリックする。初めてユーザーは、SharePoint Designer をインストール可能性がありますが、サイトを開くために使用することはできません。

ページの先頭へ

[SharePoint Designer を有効にする] チェック ボックスをオフにします。

[OK] をクリックします。

標準モードでは、ユーザーは Web パーツ領域のコンテンツのみ編集できます。ブラウザーでの編集と同じように、領域外のものはすべて無効になります。これにより、ページへのサイト定義の適用が解除されなくなり、安全にページが編集されます。

SharePoint Designer で、ページの適用が解除されないようにするには、次のうちいずれかの手順を実行します。

Web アプリケーションのサイト コレクションの管理者の場合

次の手順によって、サイト コレクションの管理者が、Web アプリケーション、および SharePoint Designer を使用するそのサイト コレクションのページの適用を解除できなくなります。その結果として、ユーザーもそれらのページの適用を解除できなくなります。

  1. サーバーの全体管理にログオンします。
    メモ アクセス サーバーの全体管理の詳細については、サーバーの全体管理のヘルプを参照してください。

  2. 左のナビゲーションで一般的なアプリケーションの設定] をクリックします。

  3. [一般的なアプリケーションの設定] ページで、 SharePoint Designer の構成の設定] をクリックします。

  4. Web アプリケーションの設定を適用する場所を変更するには、現在選択されているアプリケーション] をクリックし、 Web アプリケーションの変更] を選びます。[Web アプリケーションの選択] 画面で、使用するアプリケーションをクリックします。

  5. SharePoint Designer 設定] ページでは、 SharePoint Designer を有効にする] ボックスをオフにします。

  6. [サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] を選択します。

サイト コレクションのデザイナーと所有者の場合

次の手順によって、デザイナーと所有者が、サイト コレクション、および SharePoint Designer を使用するそのすべてのサイトのページの適用を解除できなくなります。

  1. マスター ページとページ レイアウトを無効にする

  2. ユーザーがマスター ページとページ レイアウトにアクセスできる場合、これらのファイルがカスタマイズされると、別のサイトのレイアウトが変更されたり、破損したりする場合があります。これは、マスター ページとページ レイアウトが、1 つのファイル内の多くのページの外観やサイトの外観を制御することを目的としているためです。このアクセスを無効にして、SharePoint Designer でマスター ページとページ レイアウトを非表示にすることができます。

  3. デザイナーとサイト所有者に対して SharePoint Designer でマスター ページとページ レイアウトを無効にするには、次のうちいずれかの手順を実行します。

  4. 有効にする サイト定義からページを解除] ボックスをオフにします。

  5. [サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] を選択します。

ページの先頭へ

[サイト コレクションの管理] で、[SharePoint Designer 設定] をクリックします。

[ページへのサイト定義の適用を解除できるようにする] チェック ボックスをオフにします。

SharePoint Designer でマスター ページとページ レイアウトを無効にするには、次のうちいずれかの手順を実行します。

Web アプリケーションのサイト コレクションの管理者の場合

次の手順によって、サイト コレクションの管理者が、Web アプリケーション、および SharePoint Designer を使用するそのサイト コレクションのマスター ページとページ レイアウトを編集できなくなります。その結果として、ユーザーもこれらを編集できなくなります。

  1. サーバーの全体管理にログオンします。
    メモ アクセス サーバーの全体管理の詳細については、サーバーの全体管理のヘルプを参照してください。

  2. 左のナビゲーションで一般的なアプリケーションの設定] をクリックします。

  3. [一般的なアプリケーションの設定] ページで、 SharePoint Designer の構成の設定] をクリックします。

  4. Web アプリケーションの設定を適用する場所を変更するには、現在選択されているアプリケーション] をクリックし、 Web アプリケーションの変更] を選びます。[Web アプリケーションの選択] 画面で、使用するアプリケーションをクリックします。

  5. SharePoint Designer 設定] ページでは、 SharePoint Designer を有効にする] ボックスをオフにします。

  6. [サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] を選択します。

サイト コレクションのデザイナーと所有者の場合

次の手順によって、デザイナーと所有者が、サイト コレクション、および SharePoint Designer を使用するそのすべてのサイトのマスター ページとページ レイアウトを編集できなくなります。

  1. マスター ページとページ レイアウトを無効にする

  2. ユーザーがマスター ページとページ レイアウトにアクセスできる場合、これらのファイルがカスタマイズされると、別のサイトのレイアウトが変更されたり、破損したりする場合があります。これは、マスター ページとページ レイアウトが、1 つのファイル内の多くのページの外観やサイトの外観を制御することを目的としているためです。このアクセスを無効にして、SharePoint Designer でマスター ページとページ レイアウトを非表示にすることができます。

  3. デザイナーとサイト所有者に対して SharePoint Designer でマスター ページとページ レイアウトを無効にするには、次のうちいずれかの手順を実行します。

  4. 有効にする とレイアウト ページをマスター ページをカスタマイズする] ボックスをオフにします。

  5. [サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] を選択します。

[サイト コレクションの管理] で、[SharePoint Designer 設定] をクリックします。

ページの先頭へ

[マスター ページとレイアウト ページをカスタマイズできるようにする] チェック ボックスをオフにします。

[OK] をクリックします。

注: ユーザーは URL 構造が無効になっているときに、画像、スクリプト、およびその他のサイトでファイルを保存する、サイト リソース ライブラリを使用できます。

SharePoint Designer の URL 構造を無効にするには、次のうちいずれかの手順を実行します。

Web アプリケーションのサイト コレクションの管理者の場合

次の手順によって、サイト コレクションの管理者が、Web アプリケーション、および SharePoint Designer を使用するそのサイト コレクションのサイトの URL 構造にアクセスできなくなります。その結果として、ユーザーも URL 構造にアクセスできなくなります。

  1. サーバーの全体管理にログオンします。
    メモ アクセス サーバーの全体管理の詳細については、サーバーの全体管理のヘルプを参照してください。

  2. 左のナビゲーションで一般的なアプリケーションの設定] をクリックします。

  3. [一般的なアプリケーションの設定] ページで、 SharePoint Designer の構成の設定] をクリックします。

  4. Web アプリケーションの設定を適用する場所を変更するには、現在選択されているアプリケーション] をクリックし、 Web アプリケーションの変更] を選びます。[Web アプリケーションの選択] 画面で、使用するアプリケーションをクリックします。

  5. SharePoint Designer 設定] ページでは、 SharePoint Designer を有効にする] ボックスをオフにします。

  6. [サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] を選択します。

サイト コレクションのデザイナーと所有者の場合

次の手順によって、サイト コレクションと、SharePoint Designer を使用するそのすべてのサイトの URL 構造にデザイナーと所有者がアクセスできなくなります。

  1. マスター ページとページ レイアウトを無効にする

  2. ユーザーがマスター ページとページ レイアウトにアクセスできる場合、これらのファイルがカスタマイズされると、別のサイトのレイアウトが変更されたり、破損したりする場合があります。これは、マスター ページとページ レイアウトが、1 つのファイル内の多くのページの外観やサイトの外観を制御することを目的としているためです。このアクセスを無効にして、SharePoint Designer でマスター ページとページ レイアウトを非表示にすることができます。

  3. デザイナーとサイト所有者に対して SharePoint Designer の URL 構造を無効にするには、次のうちいずれかの手順を実行します。

  4. マスター ページとページ レイアウトの編集を無効にするサイト コレクション (サーバーのトップレベル サイト) を参照します。

  5. [サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] を選択します。

ページの先頭へ

次のステップ

SharePoint Designer 2010を組織で使用できるようにする方法を決定すると、追加または削除して、サイト コレクションの管理者グループ、編集者グループ、および所有者グループから個々 のユーザーに、次の手順があります。

詳しくは「 SharePoint Server 2010ヘルプで「管理の SharePoint グループ」について説明します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×