SharePoint Designer 2010 を使ってみる

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft SharePoint Designer 2010 は、SharePoint Foundation 2010 上および Microsoft SharePoint Server 2010 上で実行される Web サイトの設計、構築、カスタマイズに使用される Web およびアプリケーションの設計プログラムです。SharePoint Designer 2010 では、データを豊富に含んだ Web ページの作成、ワークフローに対応した高機能なソリューションの構築、サイトの外観のデザインを行うことができます。

記事やビデオ、その他の学習リソースを通じて SharePoint Designer 2010 についてより詳しい情報を得るには、次に示すリンクを参照してください。その後に続く手順で、SharePoint Designer 2010 で実行する基本作業について説明します。

作業の開始ロゴ

目的

参照先

変更点について知る場合   

このリリースの新機能とその活用方法を確認します。

SharePoint Designer 2010 の新機能

2007 のメニューとコマンドを探す   

2007 リリースのメニュー コマンドとツール バー コマンドの新しい場所を対応表で確認します。

Microsoft Office アプリケーションの対応関係に関するガイド

SharePoint Designer の使用経験がないユーザー   

SharePoint Designer 2010 の概要と組織での活用方法について学びます。

SharePoint Designer 2010 について

自分やチームの他のメンバーに役立つトレーニングを探す   

新しいバージョンの SharePoint Designer 2010 で生産性を向上させるためのトレーニングを探します。

Microsoft Office のトレーニング

SharePoint Designer 2010 での基本的な作業

SharePoint サイトを開いて作成する

リスト、ライブラリ、データ ソース接続を作成する

カスタム ビューとカスタム フォームを作成する

カスタム ワークフローを作成する

サイト ページ、マスター ページ、ページ レイアウトをデザインする

テンプレートとして保存する

SharePoint サイトを開いて作成する

SharePoint Designer 2010 では、サーバー上の既存の SharePoint サイトを開いてカスタマイズしたり、新しいサイトを作成したりすることができます。新しいサイトは、SharePoint サイト テンプレートを基にして作成することも、空白のサイトを使用してゼロから作成することもできます。

サイトを開く

既存のサイトを開くには、[ファイル] タブをクリックし、[サイト] を選択して、次のいずれかの操作を行います。

  • [サイトを開く] をクリックして、サーバー上の使用可能なサイトを参照します。

  • [個人用サイトのカスタマイズ] をクリックして、個人用サイトを開いてカスタマイズします。

  • [最近使ったサイト] で、以前に使用したサイトを選択します。

サイトを作成する

新しいサイトを作成するには、[ファイル] タブをクリックし、[サイト] を選択して、次のいずれかの操作を行います。

  • [新しい空白の Web サイト] をクリックして、空白の SharePoint サイトを作成します。

  • [個人用サイトに追加] をクリックして、個人用サイトの下に新しいサイトを作成します。

  • [サイト テンプレート] で、新しいサイトの基になる SharePoint テンプレートを選びます。

注: SharePoint Designer 2010 内からサイトを開いたり作成したりできるほか、ブラウザーを使用して SharePoint サイトを開き、SharePoint の [サイトの操作] メニュー、リボン、その他の場所にあるリンクを使用して SharePoint Designer 2010 で開くこともできます。

ページの先頭へ

リスト、ライブラリ、およびデータ ソース接続を作成する

SharePoint Designer 2010 では、多くの場合 SharePoint サイトのデータ ソースとして機能するリストやライブラリを作成できます。また、XML ファイル、外部データベース、Web サービスへのデータ ソース接続を作成することもできます。

SharePoint リストおよびライブラリ

SharePoint のリストやライブラリを作成するには、[ナビゲーション] ウィンドウで [リストとライブラリ] をクリックし、[リストとライブラリ] タブで次のいずれかのオプションを選択します。

  • [カスタム リスト] をクリックして、空のリストをゼロから作成します。

  • [SharePoint リスト] をクリックして、SharePoint リスト テンプレートに基づくリストを作成します。

  • [ドキュメント ライブラリ] をクリックして、SharePoint ライブラリ テンプレートに基づくライブラリを作成します。

  • [外部リスト] をクリックして、外部コンテンツ タイプに基づいた外部リストを作成します (外部コンテンツ タイプについては、後述します)。

  • [スプレッドシートからリストを作成] をクリックして、インポートしたスプレッドシートに基づくリストを作成します。

データ ソース接続

データ ソース接続を作成するには、[ナビゲーション] ウィンドウで [データ ソース] をクリックし、[データ ソース] タブで次のいずれかのオプションを選択します。

  • [リンクされているデータ ソース] をクリックして、さまざまなデータ ソースへのデータ接続を作成します。

  • [データベース接続] をクリックして、OLE DB または ODBC のどちらかのプロトコルをサポートしているデータベースへのデータ接続を作成します。

  • [SOAP サービス接続] をクリックして、XML Web サービスへの SOAP (簡易オブジェクト アクセス プロトコル) 接続を作成します。

  • [REST サービス接続] をクリックして、サーバー側スクリプトへの REST (Representational State Transfer) 接続を作成します。

  • [XML ファイル接続] をクリックして、XML ソース ファイルへの接続を作成します。

外部コンテンツ タイプ

外部コンテンツ タイプを使用すれば、外部のビジネス データ ソースに接続して、そういったソースやサポートされているクライアント アプリケーションを SharePoint サイトに統合することができます。いったん外部コンテンツ タイプを作成したら、それが SharePoint のリストかライブラリであるかのようにユーザーが対象のデータとやり取りできる外部リストを作成できます。

外部コンテンツ タイプを作成するには、次の手順に従います。

  1. [ナビゲーション] ウィンドウで [外部コンテンツ タイプ] をクリックします。

  2. [外部コンテンツ タイプ] タブで [外部コンテンツ タイプ] をクリックし、外部コンテンツ タイプの操作やフィールドをデザインします。

ページの先頭へ

カスタム ビューとカスタム フォームを作成する

SharePoint Designer 2010 では、データ ソースのカスタム ビューとカスタム フォームを作成することができます。 このカスタム ビューとカスタム フォームは、データ ソースにデータを読み取りおよび書き込みするためのインターフェイスとなります。

ビュー

ビューとは、データソースのデータをそのまま表示できるカスタマイズ可能な画面で、任意の SharePoint ページに追加することができます。SharePoint Designer 2010 では、リスト ビュー (XSLT リスト ビュー Web パーツを使用) とデータ ビュー (データフォーム Web パーツを使用) を作成できます。リスト ビューやデータ ビューを作成するには、次のいずれかの手順どおりに行います。

  • [ナビゲーション] ウィンドウで [リストとライブラリ] をクリックし、ビューを作成するリストを選択して、[リストの設定] タブで [リスト ビュー] をクリックします。

    注: これで、リストまたはライブラリに関連付けられたビューが作成されます。ユーザーは、結果として、ビューを表示したり、SharePoint リボンの [ビューの管理] グループを使用してビューをカスタマイズしたりできるようになります。

  • [ナビゲーション] ウィンドウで [サイト ページ] をクリックし、ビューを作成するページを編集します。[挿入] タブをクリックし、[データ ビュー] を選択して、ビューに使用する SharePoint リストまたは SharePoint ライブラリを選択します。

フォーム

フォームは、送信できる、つまりデータ ソースに書き込むことができるデータ ソースのカスタマイズ可能な表示形式です。SharePoint Designer 2010 では、リスト フォームとデータ フォームを作成できます (どちらでもデータ フォーム Web パーツを使用します)。リスト フォームやデータ フォームを作成するには、次のいずれかの手順どおりに行います。

  • [ナビゲーション] ウィンドウで [リストとライブラリ] をクリックし、フォームを作成するリストを選択して、[リストの設定] タブで [リスト フォーム] をクリックします。

  • [ナビゲーション] ウィンドウで [サイト ページ] をクリックし、フォームを作成するページを編集します。[挿入] タブをクリックし、[新しいアイテムのフォーム]、[アイテムを編集するフォーム]、または [アイテムを表示するフォーム] を選択して、フォームに使用するデータ ソースを選択します。

注: SharePoint フォームを作成およびカスタマイズする場合は、SharePoint Designer 2010 のフォーム デザイン ツールだけでなく Microsoft InfoPath 2010 を使用することもできます。

ページの先頭へ

カスタム ワークフローを作成する

SharePoint Designer 2010 では、高度にカスタマイズされたワークフローを使用してビジネス プロセスを管理することができます。ワークフローを使用すると、ユーザーの共同作業プロセスだけでなく、アプリケーション プロセスも管理できます。ワークフローを作成する場合には、いくつかの選択肢があります。

SharePoint Designer 2010 でワークフローを作成する

ワークフローを作成するときには、SharePoint のリストやライブラリに基づくワークフローを作成することも、任意のリストやライブラリに適用できる再利用可能なワークフローを作成することも、サイト レベルで機能するサイトのワークフローを作成することもできます。

これらのワークフローを作成するには、[ナビゲーション] ウィンドウで [ワークフロー] をクリックし、[ワークフロー] タブで次のいずれかの手順に従います。

  • [リストのワークフロー] をクリックして、ワークフローに関連付けるリストを選択します。

  • [再利用可能なワークフロー] をクリックして、任意のリストやライブラリに関連付けることができる再利用可能なワークフローを作成します。

  • [サイトのワークフロー] をクリックして、サイト レベルで適用できるワークフローを作成します。

ワークフローを作成できたら、ワークフロー デザイナーを使用して、ワークフローの条件、アクション、およびステップを構造化できます。各タスクに関連付けるイベントを管理するには、タスク デザイナーを使用します。

Microsoft Visio 2010 からワークフローをインポートする

SharePoint Designer 2010 でワークフローを作成できるだけでなく、提供されているワークフロー ステンシルやテンプレートを使用して、Microsoft Visio 2010 で設計したワークフローをインポートすることもできます。

ワークフローをインポートするには、[ナビゲーション] ウィンドウで [ワークフロー] をクリックし、[ワークフロー] タブで次の手順に従います。

  1. [Visio からインポート] をクリックし、ファイル システムまたは SharePoint ドキュメント ライブラリで Visio ワークフロー交換ファイル (.vwi) を参照します。

  2. ワークフローをリストに関連付けるか、再利用可能なワークフローにするかを選択し、[完了] をクリックします。

  3. SharePoint Designer でワークフローのカスタマイズを開始します。

ページの先頭へ

サイト ページ、マスター ページ、およびページ レイアウトをデザインする

SharePoint Designer 2010 では、サイト ページ、マスター ページ、ページ レイアウトを作成してカスタマイズすることができます。これらのページは、それぞれがさまざまな異なる目的に対応しながらも、ページ編集操作はよく似ています。テキスト、イメージ、リンク、テーブル、Web パーツ、サーバー コントロール、その他の項目を追加したり削除したりできます。マスター ページとページ レイアウトにスタイルの定義とカスケード スタイル シートを適用して、サイトの外観やそのブランドをコーポレート アイデンティティに合うように変更します。

サイト ページ

サイト ページを作成するには、[ナビゲーション] ウィンドウで [サイト ページ] をクリックし、[ページ] タブで次のいずれかの手順に従います。

  • [Web パーツ ページ] をクリックして、ヘッダーと本文の Web パーツを含むページを作成します。作成したページはサイト マスター ページに関連付けられます。

  • [ページ] をクリックし、[ASPX] または [HTML] を選択して、サイト マスター ページに関連付けられない空白のサイト ページを作成します。

マスター ページ

  • [ナビゲーション] ウィンドウで [マスター ページ] をクリックし、[マスター ページ] タブで [空白のマスター ページ] をクリックします。

ページ レイアウト

  • [ナビゲーション] ウィンドウで [ページ レイアウト] をクリックし、[ページ レイアウト] タブで [新しいページ レイアウト] をクリックして、ページ レイアウトの基になるコンテンツ タイプのグループと名前を選択します。

注: マスター ページとページ レイアウトは、サイト コレクション管理者以外のすべてのユーザーに対して既定では無効になっています。マスター ページやページ レイアウトを表示したり編集したりするためのオプションが SharePoint Designer 2010 に表示されない場合は、サイト管理者に問い合わせて、該当するオプションを有効化してください。

ページの先頭へ

テンプレートとして保存する

サイトのカスタマイズが完了したら、サイトまたはサイトの一部をテンプレートとして保存することができます。そうすると、組織の他のユーザーがそのテンプレートを使用してリスト、ビュー、ワークフロー、サイト ページなどを作成できるようになります。

テンプレートを使用すると、サイトを別の環境 (ブラウザー、Microsoft Visual Studio など) でさらにカスタマイズすることもできます。

この機能を有効活用するには、SharePoint Designer 2010 の [テンプレートとして保存] オプションを使用します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×