SharePoint Designer 2010 のワークフロー アクション: クイック リファレンス ガイド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft SharePoint Designer 2010で使用できるワークフロー アクションを簡単に理解するには、このリファレンス ガイドを使用します。

このトピックの内容

SharePoint Designer 2010 のワークフロー アクション

標準アクション

SharePoint サイトには、Microsoft SharePoint Server 2010 が実行されているときに使用できるアクション

タスク アクション内で使用できるアクション

ワークフローがドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられているときに使用できるアクション

代理ステップ内で使用できるアクション

サイト ワークフロー内のアクション

SharePoint Designer 2010 のワークフロー アクション

SharePoint Designer 2010のワークフロー アクションのリストを表示する 2 つの方法があります。ワークフローの編集中にします。

  • [ワークフロー] タブの [挿入] で [条件] をクリックし、ワークフロー アクションの一覧を表示します。

  • また、次のようなを追加して、し、 Enterキーを押して、必要な条件名には、語句の入力が表示される [検索] ボックスで、ワークフロー ステップ内をクリックします。テキスト ボックスの下の操作]、[条件を入力した単語を含むが表示されます。

ワークフロー手順にキーワードを入力して Enter キーを押し、関連操作のリストを表示する

ワークフローの作成時に使用できるアクションは、ワークフローのコンテキストによって異なります。たとえば、承認処理を開始し、フィードバック処理を開始アクションでは、 Microsoft SharePoint Foundation 2010ベースのサイトで利用できません。一部のリストのアクションは、代理ステップ内でのみ使えますし、他のユーザーは、ワークフローがドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられている場合にのみ使用します。コンテンツの承認状態を設定し、現在のアイテムにフィールドを設定するなど、現在のアイテムの作業をリストのアクションは、サイト ワークフローでご利用いただけません。

アクションは、ワークフローで使用される領域に基づいて複数のカテゴリに分類されます。たとえば、アイテムの動作に影響するアクションは [リスト アクション]、ドキュメント セットに関連するアクションは [ドキュメント セットのアクション]、ユーザー設定のワークフロー アクションは [ユーザー設定のアクション] の下に表示されます。アクションのカテゴリは次のとおりです。

  • コア アクション

  • ドキュメント セットのアクション (ワークフローがライブラリまたはドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられている場合にのみ表示されます)

  • リスト アクション

  • 実行するときのみ、SharePoint サイトがSharePoint Server 2010相互関係アクションが表示されます。

  • タスク アクション、SharePoint サイトには、 SharePoint Server 2010が実行されている場合にのみ表示されます。

  • タスク動作の処理 ("承認処理を開始する" や "フィードバック処理を開始する" などの組み込みのワークフロー アクションのタスクをカスタマイズする場合にのみ表示されます)

  • ユーティリティのアクション

ページの先頭へ

標準アクション

標準アクションとは、ワークフロー コンテキストとは関係なくアクションの一覧に表示されるアクションのことです。

アクション

説明

コア アクション

ワークフローで最もよく使用されるアクションを示します。

コメントを追加する

このアクションとしてワークフロー ステップに表示される最初にコメント: コメントテキスト。このアクションを使用して、参照用にワークフロー デザイナーの役に立つコメントのままにします。これは、機能は、他のユーザーが共同編集するワークフローがある場合に便利です。たとえば、わかりやすい名前を現在のワークフローの変数のないは、このアクションを使用するがワークフローの変数を示すコメントを追加します。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

コメント: <この変数では、ワークフローの開始者が所属する部署を指定しています。>

注: コメントを表示することがMicrosoft Visio 2010でワークフローを編集するすべてのユーザーもされます。

日付に時刻を追加する

このアクションがワークフロー ステップの追加 (出力変数: まで) の日付に 0 分として表示されます。日付と出力変数としての値のストアに、分、時間、日数、月数または年数で特定の時間を追加するのにには、このアクションを使用します。日付は、現在の日付、特定の日付、または検索できます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

7 日間に追加現在項目: 更新日時(に出力:変数: 変更から 1 週間)

計算を行う

このアクションとしてワークフロー ステップに表示される最初に値と値を計算する (出力変数を: 計算)します。使用するように、計算を実行するには、このアクションを追加、減算、乗算、または除算する 2 つの値をし、変数に、出力値を格納します。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

  • 36 で割った 9 (出力変数: 数値のウィジェットを) を計算します。

<[fx :: コース*, 予約席]> <+> <1> を計算する (<変数: 新しい予約席> に出力)

履歴リストに記録する

このアクションを使用すると、ワークフローに関するメッセージが履歴リストに記録されます。メッセージには、ワークフロー イベントの概要やワークフローに関する重要な情報を含めることができます。ワークフローの履歴リストは、ワークフローに関する問題のトラブルシューティングを行う際に役立ちます。

このアクションがワークフロー ステップのログのワークフロー履歴リストには、このメッセージとして表示されます。このアクションを使用すると、ワークフローがライフ サイクルの特定のインスタンスの実行を記録します。たとえば、リストをコピー、または校閲者に送信されたメールを示すメッセージにログインすることができます。ワークフローが正常に完了すると、ワークフローのワークフローの履歴リストに移動し、[説明] 列を表示するメッセージを表示できます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

ワークフローの履歴リストに変更された変数から 1 週間の設定を記録します。

注: ワークフローを停止してから履歴リストにメッセージを記録するアクションが必要な場合は、"ワークフローを停止する" アクションを使用してください。

指定した期間だけ停止する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "0 日 0 時間 5 分の間停止する" と表示されます。このアクションを使用すると、ワークフローが特定の期間 (日、時間、または分単位) 停止します。

注: タイマー ジョブの間隔 (既定値は 5 分) によって、遅延時間が生じます。

指定した日まで停止する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "時刻 まで停止する" と表示されます。このアクションを使用すると、特定の日までワークフローが停止します。現在の日付、特定の日付、またはルックアップを追加できます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

  • 一時停止するまで2010 1/1/12時 00分: 00 AM

一時停止するまで変数: 変更から 1 週間

電子メールを送信する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "電子メールを送信する: 複数のユーザー" と表示されます。このアクションを使用すると、ユーザーまたはグループに電子メールが送信されます。このアクションは、ワークフローの参加者に確認の電子メールを送信する場合によく使用されます。電子メールの受信者には、サイト コレクション内のユーザーまたはグループや組織内の任意のユーザーを指定できます。ルックアップや文字列などの動的な値を件名で簡単に指定できるようになりました。

重要: 送信メールは、SharePoint サーバーの全体管理で構成する必要があります。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

メール変数: 承認

日付/時刻フィールドの時刻部分を設定する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "日付 に対して時刻を 00:00 として設定する (変数: 日付 に出力)" と表示されます。このアクションを使用すると、タイムスタンプが作成され、出力値が変数に格納されます。時刻を時間と分で設定し、現在の日付、特定の日付、またはルックアップを追加できます。たとえば、受注リストに追加する、得意先からの新しい注文すべてにタイムスタンプを追加するとします。この場合、注文を受けた時点の時刻をタイムスタンプで使用するのではなく、特定の時刻を追加して、ワークフローによって、タイムスタンプが同じすべての新しいアイテムに対して任意のアクション (倉庫への注文の転送など) が実行されるようにすることができます。また、別の例として、特定の日付の午前 9 時にプレゼンテーションを行うので、電子メールによる通知を行う必要があるとします。その場合、このアクションを使用して日付に時刻を追加すると、プレゼンテーションの前日までワークフローを停止し、ワークフローによって通知が送信されるようにすることができます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

00と時間を設定する:現在00項目:更新日時(午前 0 時に設定変更された時間変数に出力します)

ワークフローの状態を設定する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "取り消し にワークフローの状態を設定する" と表示されます。このアクションを使用すると、ワークフローの状態が設定されます。既定のオプションは、[取り消し]、[承認済み]、および [却下] です。

アクションのドロップダウン リストで、新しいステータス値を入力できます。状態の値を入力すると、該当するエントリがドロップダウン リストに自動的に追加します。たとえばよりわかりやすいと完了またはキャンセル、経費レポートを承認などのよりもわかりやすいが状態を入力できます。

注記: 

  • 作成した状態値は、名前を変更したり削除したりすることができません。ただし、その状態値を使用する必要はありません。

  • ユーザー設定の状態は現在のワークフローのみに適用され、別のワークフローでは使用できません。

  • このアクションを代理ステップ内で使用する場合、このアクションで定義するユーザー設定の状態値をワークフローで使用することはできません。

ワークフローでユーザー設定の値を使用し、そのワークフローの最後のステップが "ワークフローの状態を設定する" アクションである場合、ユーザー設定の値はワークフローの停止または完了時にリストの [状態] 列に表示されます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

S pec ificationにワークフローの状態を設定するステータス: デザイン進む準備ができたらレビュー

ワークフローの変数を設定する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "ワークフローの変数 を 値 に設定する" と表示されます。このアクションを使用すると、ワークフローの変数に値が設定されます。ワークフローで変数にデータを代入する場合にこのアクションを使用します。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

設定変数: 経費レポートに合計現在アイテムの合計。

ワークフローを停止する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "ワークフローを停止し、メッセージをログに記録する" と表示されます。このアクションを使用すると、ワークフローの現在のインスタンスが停止し、ワークフローの履歴リストにメッセージが記録されます。このアクションで指定したメッセージは、ワークフローの完了時にワークフローの履歴リストの [説明] 列に表示されます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

ワークフローを停止して、ワークフローが最大の期間を超えたログイン

リスト アクション

このカテゴリのアクションは、リスト アイテムに対して操作を実行します。

注: 特定のワークフローのコンテキストでのみ、このカテゴリのいくつかの操作が表示されます。たとえば、いくつかのリストのアクションのみ表示されますをクリックすると、代理ステップ内で、ワークフローでは、ドキュメント コンテンツ タイプにワークフローが添付された場合にのみ表示中にします。詳細については、アクション代理ステップ内で使用できる、ワークフローはドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられているときに使用できるアクションを参照してください。

アイテムをチェックインする

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "コメント: コメント を付けて リスト のアイテムをチェックインする" と表示されます。このアクションを使用すると、チェックアウトされたアイテムがチェックインされます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

コメントを含む経費レポートでアイテムをチェックイン:経費明細書を承認

注: チェックインできるアイテムは、ドキュメント ライブラリのアイテムのみです。

アイテムをチェックアウトする

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "リスト のアイテムをチェックアウトする" と表示されます。このアクションを使用すると、アイテムがチェックアウトされます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

現在のアイテムにアイテムをチェック アウト

注記: ワークフローでは、アイテムがチェックインされているかどうかを確認してから、ドキュメントをチェックアウトします。

  • チェックアウトできるアイテムは、サイト内のライブラリのアイテムのみです。

リスト アイテムをコピーする

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "リスト のアイテムを リスト にコピーする" と表示されます。このアクションを使用すると、リスト アイテムが別のリストにコピーされます。リスト アイテムにドキュメントが含まれる場合は、コピー先のリストにドキュメントもコピーされます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

現在のアイテム要求をアーカイブするアイテムをコピーします。

重要: コピー元とコピー先の両方のリストに、同じ列が少なくとも 1 つ必要です。

リスト アイテムを作成する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "リスト にアイテムを作成する (変数: 作成 に出力)" と表示されます。このアクションを使用すると、指定するリストに新しいリスト アイテムが作成されます。新しいアイテムにフィールドと値を指定できます。

このアクションは、特定の情報を含む新しいアイテムを作成するときはいつでも使用できます。たとえば、契約書などの会社関連の重要なドキュメントが承認される際の通知を作成する場合やドキュメントをアーカイブする場合に使用できます。

出力変数は、リストに作成されるアイテムの ID です。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

注文の項目を作成する (出力変数を: 新しい受注 ID)

アイテムを削除する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "リスト のアイテムを削除する" と表示されます。このアクションを使用すると、アイテムが削除されます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

ドキュメント内のアイテムを削除します。

アイテムのチェックアウトを破棄する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "リスト のアイテムのチェックアウトを破棄する" と表示されます。このアクションは、チェックアウトされたアイテムが変更され、その変更を破棄してアイテムを再度チェックインする場合に使用します。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

ドキュメント内のアイテムのチェック アウトを破棄します。

コンテンツの承認状態を設定する

このアクションは、コンテンツの承認状態を設定するコメントのあるには、この状態の一覧で有効になっているコンテンツの承認がある場合に使用してこの操作を承認却下、または[保留中]などの値に、コンテンツの承認状態] フィールドを設定に最初にワークフロー ステップに表示されます。アクションでは、ユーザー設定の状態を入力できます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

意図承認するコンテンツの承認状態を設定します。

注記: "コンテンツの承認状態を設定する" アクションは、ワークフローの実行対象である現在のアイテムに対して機能します。そのため、このアクションは、サイト ワークフローでは使用できません。

  • このアクションを使用できるようにするには、リストでコンテンツの承認を有効にしておく必要があります。

現在のアイテムにフィールドを設定する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "フィールド を 値 に設定する" と表示されます。このアクションを使用すると、現在のアイテムのフィールドに値が設定されます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

指定どおりコンテンツ タイプの IDを設定します。

注記: "現在のアイテムにフィールドを設定する" アクションは、サイト ワークフローを操作している場合は使用できません。

  • フィールドの値が変更されるまでワークフローを停止する場合は、代わりに、"現在のアイテムでのフィールドの変更を待つ" アクションを使用します。

リスト アイテムを更新する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "リスト のアイテムを更新する" と表示されます。このアクションを使用すると、リスト アイテムが更新されます。フィールドとそのフィールドの新しい値を指定できます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

文書内のアイテムを更新します。

現在のアイテムでのフィールドの変更を待つ

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "フィールド が 値 に等しい 状態になるまで待つ" と表示されます。このアクションを使用すると、現在のアイテムのフィールドが新しい値に変更されるまでワークフローが停止します。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

承認状態 1 ;を待つ#Rejected

注: フィールドが変更されるまでワークフローを待機させるのではなく、ワークフローでフィールドの値を変更する場合は、"現在のアイテムにフィールドを設定する" アクションを使用します。

タスク アクション

このカテゴリのアクションは、タスク アイテムに関連します。

フォームをグループに割り当てる

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "ユーザー設定フォーム を 複数のユーザー に割り当てる" と表示されます。このアクションを使用すると、カスタマイズされたフィールドを含むユーザー設定のタスク フォームを作成できます。

このアクションを使用して、1 人以上の参加者またはグループにタスクを割り当て、割り当てられたタスクを実行するように要求できます。参加者はユーザー設定のタスク フォームのフィールドに回答を入力し、タスクが完了したら、フォームの [タスクの完了] をクリックします。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

マーケティング資産のレポートを割り当てる

タスク データを識別する戻り値はありません。

To Do アイテムを割り当てる

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "To Do を 複数のユーザー に割り当てる" と表示されます。このアクションを使用して、各参加者にタスクを割り当てたら、割り当てられたタスクを実行し、タスクが完了したらタスク フォームの [タスクの完了] をクリックするように各参加者に要求します。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

経費報告書の提出マーケティングに割り当てる

ユーザーからデータを収集する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "ユーザー から データ を収集する (変数: 収集 に出力)" と表示されます。このアクションを使用して、参加者にタスクを割り当てたら、ユーザー設定のタスク フォームに必要な情報を入力してタスク フォームの [タスクの完了] をクリックするように各参加者に要求します。

この操作は、出力句、つまり、ワークフローの変数を対応するアクションによって返される情報を格納します。収集変数の操作を完了したタスク アイテムのリスト アイテム ID が保存されます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

マーケティングから経費明細書を収集する (に出力変数: 経費明細書マーケティング)

ユーティリティのアクション

このカテゴリのほとんどのアクションは、テキスト文字列から情報を抽出するために使用できます。

テキスト文字列を分割して、いくつかの異なるワークフロー シナリオで使用できます。たとえば、すべての受信ドキュメントに date_department (例: 07142009_sales.docx) などの特定の名前形式を指定するよう会社から要求されたとします。そのファイルの日付に基づいて校閲者にタスクを割り当てるワークフローを実行する場合、ユーティリティのアクションを使用してドキュメント名の最初の 8 文字 (07142009) を取得し、ルックアップの強制型変換を使用して日付に変換して、その期日が指定されたタスクを割り当てることができます。

ルックアップの強制型変換の詳細については、「参照」セクションを参照してください。

文字列の末尾からサブ文字列を抽出する

このアクションとしてワークフロー ステップに表示される最初に文字列の末尾を次から 0 文字をコピー (変数に出力: サブ文字列)します。文字列の末尾からn文字数をコピーし、変数に、出力値を格納するには、このアクションを使用します。文字列からをコピーする、ワークフローには、文字数を定義する必要があります。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

現在の次の末尾から15文字をコピー項目の名前(出力変数を: Copy15CharFromEndOfName)

文字列のインデックスからサブ文字列を抽出する

このアクションが表示されますワークフローの手順でコピーとして 0 (サブ文字列を出力) での開始文字列から。文字列内の文字nから始まるすべての文字をコピーし、出力変数に保存するには、このアクションを使用します。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

現在のコピー項目の名前4の開始 (出力変数を: CopyStringFromChar4)

文字列の先頭からサブ文字列を抽出する

このアクションとしてのワークフロー ステップに表示される最初に文字列の先頭の 0 文字をコピー (出力変数を: サブ文字列)します。このアクションを使用して文字列の先頭からn文字数をコピーし、出力変数に格納します。文字列からをコピーする、ワークフローには、文字数を定義する必要があります。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

15文字をコピーし、[現在の開始項目の名前(出力変数を: Copy15CharFromStartOfName)

文字数を基にインデックスから文字列のサブ文字列を抽出する

このアクションとしてワークフロー ステップに表示される最初に文字列の文字が 0 の場合は 0 を先頭からコピー (出力変数を: サブ文字列)します。このアクションを使用して文字列内の特定の文字から始まる文字数のnをコピーし、出力変数に格納します。文字列からをコピーする、ワークフローには、文字数を定義する必要があります。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

現在のコピー項目の名前415文字から始まる (出力変数を: Copyfrom Char4for15CharOfName)

日付間の間隔を求める

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "日付 と 日付 の間の 分数 を求める (変数: 時間 に出力)" と表示されます。このアクションを使用すると、2 つの日付の時間の差 (分、時間、または日単位) が計算され、出力値が変数に格納されます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

間の検索CurrentItem:更新日時および現在(出力を変数: 分の最終変更)

ページの先頭へ

SharePoint サイトにMicrosoft SharePoint Server 2010の実行時に使用できるアクション

承認処理を開始レコードの宣言ユーザーの上司の検索などのアクションは、[SharePoint サイトには、 SharePoint Server 2010が実行されている場合にのみ使えます。

アクション

説明

ドキュメント セットのアクション

このカテゴリのアクションは、ドキュメント セットに関連しています。ドキュメント セットとは、複数のドキュメントが保存されているフォルダーのことです。ワークフローでは、ドキュメント セットは単一のアイテムとして扱われます。

注: ライブラリでドキュメント セットを使用できるようにするには、SharePoint サイトの [ライブラリの設定] ページでドキュメント セットのコンテンツ タイプを追加しておく必要があります。

ドキュメント セット承認処理を開始する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "この列 が指定したユーザーと、このドキュメント セットのコンテンツに対して 承認 処理を開始する" と表示されます。このアクションを使用すると、特定のユーザーに対するドキュメント セットの承認アクションが開始されます。

このアクションを使用すると、ドキュメント セットとドキュメント セットを構成するドキュメントの状態が [承認済み] や [却下] などに変更されます。ドキュメント セットに対して "承認処理を開始する" アクションを使用した場合は、ドキュメント セットの状態のみが変更されます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

指定したユーザーとこのドキュメント セットのコンテンツの請求書プロセスを開始する変数:B申し上げます教材の承認者

ドキュメント セットのバージョンを取得する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "種類 バージョンのコンテンツを含んでいるドキュメント セットのバージョンを、次のコメントと共に取得します: コメント" と表示されます。このアクションを使用すると、アクションで指定するドキュメントのバージョン (メジャーまたはマイナー) と同じドキュメント セットのバージョンがロックされます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

コメントを含むコンテンツの最終メジャーバージョンを含むドキュメント セットのバージョンを取得します最後のメジャー バージョン、B の数量単価型の申し上げます

ドキュメント セットをリポジトリに送信する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "この処理 を使用してドキュメント セットを この説明 と共に この移動先のコンテンツ オーガナイザー に送信する (変数: ファイル送信の結果 への出力)" と表示されます。このアクションを使用すると、ドキュメント セットをドキュメント リポジトリに移動またはコピーできます。ドキュメント リポジトリには、SharePoint サイト内のライブラリや、定義する規則に基づいて特定のルーティング先にレコードをルーティングするドキュメント センターなどの独立したサイトを指定できます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

ドキュメント セットをリポジトリに数量単価型のコピーの最終的な請求書DocumentRepository:GUIDコピーを使用して送信 (出力を変数: ドキュメント セットをリポジトリにコピー)

注: ルールを定義して、ドキュメントをルーティングするには、まず、SharePoint サイトにコンテンツ オーガナイザーサイト機能を有効があります。詳細については、「参照」セクションのレコードのルーティングにコンテンツ オーガナイザーを構成するトピックを参照してください。

ドキュメント セットのコンテンツの承認状態を設定する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "コメント と共に、ドキュメント セットの承認の状態を 状態 に設定する" と表示されます。このアクションを使用すると、ドキュメント セットのコンテンツの承認状態が [承認済み]、[却下]、または [承認待ち] に設定されます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

承認されると教材の請求書を承認するドキュメント セットのコンテンツのコンテンツの承認状態を設定します。

注: このアクションを使用できるようにするには、リストでコンテンツの承認を有効にしておく必要があります。

タスク アクション

以下のアクションは、承認シナリオで使用されます。このカテゴリには、"承認処理を開始する" と "フィードバック処理を開始する" という、2 つの組み込みのワークフロー アクションが存在します。組み込みのアクションはサブワークフローのようなものです。つまり、ワークフロー ロジックが既にアクションに定義されています。必要なのは、適切な情報を入力することだけです。

これらのアクションは、 SharePoint Server 2010が付属してグローバルに再利用可能なワークフロー承認 – SharePoint 2010フィードバック SharePoint 2010 の収集に使用されます。これらのワークフローを使用する場合とアクションを使用する方法についてを参照するくださいとこの記事の承認アクション] セクションを使用する必要があります。

"ユーザー設定タスク処理を開始する" というアクションもあります。このアクションには組み込みのロジックがありますが、前の 2 つのアクションとは異なり、ワークフローが各フェーズで行う必要がある処理はロジックとして組み込まれていません。

注: 操作の一覧で表示されるタスクの動作のアクションと呼ばれるアクションのカテゴリを承認のための項目の割り当てなどのフィードバックの項目を割り当てる承認アクションの動作をカスタマイズする場合のみです。タスクの動作の操作の詳細については、この記事の承認アクション] セクション内で使用できるアクションを参照してください。

承認処理を開始する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "複数のユーザー と 現在のアイテム の 承認 処理を開始する" と表示されます。このアクションを使用すると、ドキュメントが承認に出されます。承認担当者は、ドキュメントの承認と却下、承認タスクの再割り当て、または変更の要求を行うことができます。

"承認処理を開始する" アクションは、ロジックが既にアクションに定義されている組み込みのワークフローのように動作します。このアクションにはいくつかの異なるフェーズが組み込まれており、それらのフェーズでは、タスクの動作、タスクの処理動作、履歴ログへの記録、電子メール通知、および完了条件が定義されます。このアクションには組み込みのロジックがありますが、ユーザー (校閲者)、参加者にタスクをルーティングする順序 (順次または並列: 既定は順次)、タスクを完了する期限などの情報をユーザーが指定する必要もあります。

タスクは、アクションで内部参加者と外部参加者の両方に割り当てることができます。外部参加者は、サイト コレクションのユーザーではない組織の従業員や、組織外の任意の人にすることができます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

現在のアイテムに基づいて仕様に関するフィードバック処理を開始する変数: 校閲者

フィードバック処理を開始する

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "複数のユーザー と 現在のアイテム の フィードバック 処理を開始する" と表示されます。このアクションを使用すると、特定の順序 (順次または並列) でフィードバックを受けるタスク アイテムがユーザーに割り当てられます。既定は並列です。ユーザーまたはタスクの参加者は、他のユーザーにタスクを再割り当てすることもできます。ユーザーはタスクを完了したら、[フィードバックの送信] をクリックしてタスクの完了を知らせることができます。

"フィードバック処理を開始する" アクションは、ロジックが既にアクションに定義されている組み込みのワークフローのように動作します。このアクションにはいくつかの異なるフェーズが組み込まれており、それらのフェーズでは、タスクの動作、タスクの処理動作、履歴ログへの記録、電子メール通知、および完了条件が定義されます。このアクションには組み込みのロジックがありますが、ユーザー (校閲者)、参加者にタスクをルーティングする順序 (順次または並列)、タスクを完了する期限などの情報をユーザーが指定する必要もあります。

タスクは、アクションで内部参加者と外部参加者の両方に割り当てることができます。外部参加者は、サイト コレクションのユーザーではない、組織の従業員や、組織外の任意の人にすることができます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

<変数: 承認者> と <現在のアイテム> の <仕様の承認> 処理を開始する

ユーザー設定タスク処理を開始する

このアクションはワークフロー手順に最初に表示がこれらのユーザーに現在のアイテムでのタスクの開始プロセスです。ユーザー設定タスク処理を開始するアクションは、上記の承認アクションはニーズを満たしていない場合に使用できる、承認処理テンプレートです。ユーザー設定タスク処理を開始するロジック、内に作成することもできますが、他の 2 つの承認アクションとは異なり、付属するいないと、ワークフローがすべきことで各フェーズを作成済みです。タスクの動作または完了条件では、独自のアクションと条件を指定できます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

現在のアイテムビデオ レッスン承認プロセスを開始変数: 承認

リスト アクション

このカテゴリのアクションは、リスト アイテムに対して操作を実行します。

レコードの宣言

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "アイテムをレコードとして宣言します" と表示されます。このアクションを使用して、ドキュメントをレコードとして識別し、SharePoint サイトの [レコード宣言の設定] ページで定義した、レコードの制限の設定を適用します。

レコード宣言の設定は、サイト コレクションのトップレベル サイトで定義できます。レコード宣言の設定では、レコードの扱い方 (レコードを編集または削除できるかどうかなど)、レコードに適用されるメタデータ、およびレコードのアイテム保持ポリシーが管理されます。レコード宣言の設定によって、アイテムをレコードとして宣言した後に適用する必要がある制限、レコードを宣言できるユーザー ロール、およびすべてのサイト ユーザーがレコードの宣言を使用できるかどうかが指定されます。

レコード宣言の解除

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "アイテムのレコード宣言を解除します。" と表示されます。このアクションを使用して、レコードに適用されているすべてのレコード宣言の設定を解除します。

レコード宣言の設定は、サイト コレクションのトップレベル サイトで定義できます。レコード宣言の設定では、レコードの扱い方 (レコードを編集または削除できるかどうかなど)、レコードに適用されるメタデータ、およびレコードのアイテム保持ポリシーが管理されます。レコード宣言の設定によって、アイテムをレコードとして宣言した後に適用する必要がある制限、レコードを宣言できるユーザー ロール、およびすべてのサイト ユーザーがレコードの宣言を使用できるかどうかが指定されます。

相互関係アクション

このカテゴリのアクションを使用すると、ユーザーと上司の関係を使用できます。

ユーザーの上司の検索

このアクションはワークフロー手順に最初に表示がこのユーザーの上司を検索する (出力変数を: マネージャー)します。ユーザーの上司を検索するには、このアクションを使用します。変数に、出力値が格納されている [します。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

ワークフローコンテキストの開始: 者の上司を検索する (出力を変数: マネージャー)

ページの先頭へ

タスク アクション内で使用できるアクション

"承認処理を開始する" や "フィードバック処理を開始する" などのアクションをワークフローで使用して、承認またはフィードバックのためにリスト アイテムを割り当てることができます。これらのアクションは、組み込みのアクションです。つまり、多くのワークフロー ロジックが既にアクションに定義されています。承認者や校閲者などの適切な情報を指定する必要があります。

注: 上記のアクションはニーズを満たしていない場合、は、ブラウザー、 SharePoint Designer 2010、Visual Studio などの SharePoint と互換性のある開発環境でそれらをカスタマイズできます。同じツールを使用してユーザー設定タスク処理を開始するアクションをカスタマイズすることもできます。このアクションは、組織の独自の処理を定義するのに使用できるテンプレートです。

"承認処理を開始する" や "フィードバック処理を開始する" などのアクション内のタスクの動作をカスタマイズする際に、"タスク動作の処理" という新しいカテゴリのアクションを使用できます。

注: このカテゴリで使用できるアクションは、ワークフローのコンテキストによって異なります。

アクション

説明

タスク処理の終了

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "タスク処理の終了" と表示されます。このアクションを使用すると、タスク処理が終了します。その後、メイン ワークフローで次のアクションが続行されます。

コンテンツの承認状態を設定 (作成者として)

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "タスク処理が実行されているアイテムのコンテンツ承認を「状態」(ワークフローの作成者として実行) に設定します" と表示されます。このアクションでは、ワークフローの開始者ではなくワークフローの作成者の権限を使用して、リスト アイテムの承認状態を [承認済み]、[却下]、または [承認待ち] に設定できます。このアクションは、承認ワークフローの開始者にドキュメントを承認する権限がない可能性がある場合によく使用されます。

リスト アイテムとは、アクションが現在実行されているアイテムのことです。ワークフローが実行されているアイテムとは限りません。

注: ワークフローが関連付けられているリストで、コンテンツの承認を有効にする必要があります。

タスク処理アイテムの変更を待機

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "タスク処理が実行中のアイテムが変更されるのを待っています" と表示されます。このアクションを使用して、承認処理が現在実行されているアイテムの値が変更されるまでワークフローでタスク処理が停止されるようにします。

タスク処理アイテムの削除を待機

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "タスク処理が実行中のアイテムが削除されるのを待っています" と表示されます。このアクションを使用して、承認処理が現在実行されているタスク アイテムの値が削除されるまでワークフローでタスク処理が停止されるようにします。

以下のアクションは、"承認処理を開始する" アクションをカスタマイズしている際に、[1 つのタスクの動作を変更します] をクリックして、[タスクが割り当てられる前] ステップ内をクリックしたときにのみ表示されます。

タスク フィールドの値の設定

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "タスク フィールドに 値 を設定します" と表示されます。このアクションを使用すると、現在のタスク アイテムのフィールドに値が設定されます。このアクションは、まだ作成されていないタスクに対して使用できます。

以下のアクションは、"承認処理を開始する" アクションをカスタマイズしている際に、[1 つのタスクの動作を変更します] をクリックして、[タスクの保留時] または [タスクの期限切れ時] 内をクリックしたときにのみ表示されます。

タスクの取り消し

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "次に: このタスクの取り消し" と表示されます。このアクションを使用すると、結果が生成されずにタスクが完了します。

タスクの追加

このアクションは、 [新しいタスクを追加しこのユーザーに割り当てるとしてワークフロー ステップに表示されます。新しいタスクを承認アクションでは、現在のステージの最後に、アクションで指定したユーザーに割り当てられます。Molly; Diane Oliver、現在のステージがされたかどうかは、Diane にタスクを追加するように Molly; Diane; Oliver Diane します。

タスクの委任

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "次に: ユーザー にこのタスクを委任" と表示されます。現在のユーザーに割り当てられているタスクが取り消され、そのタスクが新しいユーザーに割り当てられます。新しいユーザーが 1 人のユーザーであるか、1 つのグループであるかは関係ありません。

タスクのエスカレート

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "次に: このタスクを現在の割り当て先の上司へエスカレートする" と表示されます。このアクションに設定する変数はありません。このタスクは、現在このタスクが割り当てられているユーザーの上司に割り当てられます。

タスクの転送

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "次に: このタスクを ユーザー に転送" と表示されます。現在のユーザーに割り当てられているタスクが取り消され、そのタスクが新しいユーザーに割り当てられます。新しいユーザーがグループで、1 人のユーザーでない場合、グループのメンバーごとに 1 つのタスクが作成されます。この動作は、新しいユーザーがグループの場合でも 1 つのタスクが作成される "タスクの委任" アクションとは異なります。

タスクの挿入

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "次に: ユーザー に割り当てられたタスクの挿入" と表示されます。このアクションを使用すると、このアクションで指定されているユーザーが唯一の参加者である承認処理の現在のステージの後に新しいステージが挿入されます。

タスクの再割り当て

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "次に: このタスクを ユーザー に再割り当てする" と表示されます。このアクションを使用すると、タスクが別のユーザーに再割り当てされます。

変更の依頼

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "次に: ユーザー の変更の要求" と表示されます。このアクションを使用して、ユーザーの変更を要求し、その変更の完了時に現在のユーザーに新しいタスクを取得します。

タスク電子メールの送信

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "次に: 電子メールを送信する: 複数のユーザー" と表示されます。このアクションを使用すると、特定のユーザーに送信される電子メールには [タスクの編集] ボタンが含まれます。

注: このアクションは、[タスクの完了時] をクリックしたときにも表示されます。

ページの先頭へ

承認アクションとフィードバック アクションを使用する状況

Microsoft Office SharePoint Designer 2007で承認のシナリオでタスク アクションを使用します。SharePoint Server 2010、承認などの組み込みの再利用可能なワークフローで-SharePoint 2010フィードバックの収集: SharePoint 2010承認処理を開始し、フィードバック処理を開始タスク アクションの違いの可能性がありますか。フィードバックと承認のシナリオを収集するで作成済みのワークフローとタスク アクションの両方を使用できますが、作成済みのワークフローは、完全なより洗練されたソリューションを提供します。

作成済みの再利用可能なワークフローが目的のニーズに合わない場合SharePoint Designer 2010をカスタマイズします。ニーズに合わせて作成済みのワークフローをカスタマイズする場合は、新しいワークフローを作成することは、ワークフローの承認プロセスを開始してフィードバック処理を開始するアクションを活用することができます。これらのアクションが提供する構造が機能しない場合は、ユーザー設定タスク処理を開始するアクションを使用することができます。

タスク アクションは、より大規模な承認処理に必ずしも準拠する必要はないシナリオで使用できます。たとえば、タイムシートにデータを入力するよう従業員に通知を送信する場合に使用できます。

タスク アクションと承認アクションを比較した情報については、次の表を参照してください。

項目

タスク アクション

P 再構築 再利用可能な W ワークフロー

処理に関与するユーザー数

タスク アクションごとに 1 人のユーザーまたは 1 つのグループ。

複数のユーザーが複数の割り当てステージに関与できます。1 つの割り当てステージでは、2 つの情報を指定できます。つまり、タスク処理を順次実行する必要があるか並列で実行する必要があるかということと、タスクを割り当てるユーザーまたはタスクの参加者です。

組み込みのワークフロー ロジック

タスク アクションには組み込みのロジックがありません。承認メカニズムまたはフィードバック メカニズムを作成するには、他のアクションと条件を使用する必要があります。

承認処理またはフィードバック処理を開始から終了までサポートするロジックが組み込まれているワークフローです。既定のロジックを使用するか、目的に合わせてカスタマイズできます。

タスクがユーザーにルーティングされる順序

グループの場合は並列でルーティングされます。1 人のユーザーの場合は該当しません。

順次または並列で発生するようにワークフローのタスクを構成できます。

タスク情報に対するデータ バインド

タスク アクションには、すぐに使用できるルックアップが用意されていません。

出力句を使用したアクションは、ユーザーからデータを収集する-ワークフローの実行時に生成されたデータが出力句の変数に保存されています。承認またはフィードバックのシナリオを [自分で作成するのワークフロー アクションは、いくつかのこの変数を使用する必要があります。

これらのワークフローでは、データ ソースを使用します。データ ソースを使用すると、目的に合わせて簡単にワークフローをカスタマイズできます。データ ソースには、現在のアイテム、定義済みのワークフロー変数とパラメーター、現在のワークフローのコンテキスト、タスクの結果などのオプションが含まれます。

たとえば、電子メールに現在のタスクが割り当てられているユーザーは、電子メールを送信するアクションを使用および構成がメールにアクション現在のタスク: に割り当てられている

特殊な機能 タスクの参加者

タスク アクションには、タスクの参加者用の特別な機能 (タスクの再割り当てや変更の要求など) はありません。

承認アクションを使用すると、タスクの参加者は 1 回クリックするだけで、別のユーザーへのタスクの再割り当てを行ったり、タスク処理の所有者の変更を要求したりすることができます。

タスクの完了

ユーザーは、[タスクの完了を示すタスクの完了] をクリックする必要があります。

タスクの完了フォームでタスクの結果を示す承認却下などのわかりやすいボタンを追加することができます。

ページの先頭へ

ワークフローがドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられているときに使用できるアクション

一部のワークフロー アクションは、ワークフローが共有ドキュメントなどのライブラリまたはドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられている場合にのみ使用できます。

アクション

説明

コア アクション

リポジトリにドキュメントを送信

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "このアクション を使用して この説明 と共に この宛先ルーター へファイルを送信する (変数: ファイルの結果を送信する に出力)" と表示されます。このアクションを使用すると、リスト アイテムに関連付けられているドキュメントをドキュメント リポジトリに移動またはコピーできます。ドキュメント リポジトリには、SharePoint サイト内のライブラリや、定義する規則に基づいて特定のルーティング先にレコードをルーティングするドキュメント センターなどの独立したサイトを指定できます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

アーカイブ: DocumentID 移動を使用してファイルを送信するファイルに進む準備ができたら、アーカイブ(出力を変数: ファイルを送信アーカイブ)

注: ルールを定義して、ドキュメントをルーティングするには、まず、SharePoint サイトにコンテンツ オーガナイザーサイト機能を有効があります。

ドキュメント セットのアクション

このカテゴリのアクションは、ドキュメント セットに関連しています。ドキュメント セットとは、複数のドキュメントが保存されているフォルダーのことです。ワークフローでは、ドキュメント セットは単一のアイテムとして扱われます。

注記: 

  • ライブラリでドキュメント セットを使用できるようにするには、SharePoint サイトの [ライブラリの設定] ページでドキュメント セットのコンテンツ タイプを追加しておく必要があります。

  • ドキュメント セットはSharePoint Server 2010の機能

ドキュメントの詳細については、SharePoint サイトには、この記事のMicrosoft SharePoint Server 2010セクションが実行されているときにで使用できるアクションの設定を検索します。

リスト アクション

このカテゴリのアクションは、リスト アイテムに対して操作を実行します。

下書きの削除

このアクションは、ワークフロー ステップに "アイテムのすべての下書き (マイナー バージョン) を削除します" と表示されます。このアクションを使用すると、現在のアイテムの下書きまたはマイナー バージョンがある場合は削除されます。このアクションに設定する変数はありません。

注: SharePoint リストで、マイナー バージョンのバージョン管理を有効にする必要があります。

以前のバージョンの削除

このアクションは、このアイテムの以前のバージョンを削除すると、ワークフロー ステップに表示されます。ある場合は、現在のアイテムの以前のバージョンを削除します。このアクションを設定する変数がありません。

注: SharePoint リストで、バージョン管理を有効にする必要があります。

ページの先頭へ

代理ステップ内で使用できるアクション

一部のリスト アクションは、ワークフローの代理ステップ内をクリックしたときにのみ使用できます。ワークフローで、ワークフローの開始者ではなくワークフローの作成者の代理としてアクションが実行されるようにするには、代理ステップを使用します。代理ステップは、承認を受けるコンテンツを送信するユーザーとコンテンツを承認するユーザーが、異なる権限を持っている承認や発行などのシナリオで役立ちます。また、自動的にユーザーに権限を割り当てるワークフローなどのサイト管理者のタスクを自動化する際にも役立ちます。

注記: 

  • ワークフローの作成者とは、ワークフローを最後に発行したユーザーのことです。

  • 代理ステップを入れ子にすることはできません。

アクション

説明

リスト アイテムのアクセス許可の追加

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "リスト のアイテムに これらのアクセス許可 を追加する" と表示されます。このアクションを使用すると、アイテムの特定のアクセス許可レベルの権限が特定のユーザーに与えられます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

イメージ内のアイテムにへの投稿、読み取りを追加します。

リスト アイテムの親のアクセス許可の継承

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "このリスト のアイテムで親のアクセス許可を継承する" と表示されます。アイテムに固有のアクセス許可が付与されている場合、このアクションを使用して、リストからアイテムに親のアクセス許可を継承させることができます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

画像のアイテムの親の権限を継承します。

リスト アイテムのアクセス許可の削除

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "リスト のアイテムから これらのアクセス許可 を削除する" と表示されます。このアクションを使用すると、特定のユーザーのアイテムからアクセス許可が削除されます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

画像のアイテムからへの投稿を削除します。

リスト アイテムのアクセス許可の置き換え

初期状態では、このアクションはワークフロー ステップに "リスト のアイテムの これらのアクセス許可 を置き換える" と表示されます。このアクションを使用すると、アイテムの現在のアクセス許可が、アクションで指定する新しいアクセス許可と置き換えられます。

ワークフロー ステップに表示されるこのアクションの例を次に示します。

イメージ内の項目の読み取りを置換します。

ページの先頭へ

サイト ワークフロー内のアクション

サイトのワークフローでは、サイト レベルで動作し、アイテムまたはコンテンツ タイプをなどのオブジェクトに接続されていません。サイトのワークフロー内で作業しているときに、アクションの現在のアイテムにフィールドを設定するには、コンテンツの承認状態を設定するなど、現在のアイテムで作業を利用できません。これらの条件の詳細については、この記事の一般的な操作を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×