SharePoint Designer 2010 について

Microsoft SharePoint Designer 2010 は、SharePoint サイトおよびアプリケーションの構築とカスタマイズに使用される、Web およびアプリケーションのデザイン プログラムです。SharePoint Designer 2010 では、データを豊富に含んだページの作成、ワークフローに対応した高機能なソリューションの構築、およびサイトの外観のデザインを行うことができます。小規模なプロジェクト管理用のサイトから、ダッシュボード方式の企業向けポータル ソリューションに至るまで、さまざまなサイトを作成できます。

SharePoint Designer 2010 illustration

SharePoint Designer 2010 では、サイトの作成、サイトを構成するコンポーネントのカスタマイズ、ビジネス プロセスに則したサイトのロジックの設計、およびサイトのパッケージ ソリューションとしての展開を 1 か所で実行するという独自の操作方法でサイトを作成します。これらの操作は、すべてコードを作成せずに実行できます。

以降のセクションでは、SharePoint Designer 2010 の概要と、これを組織に導入するための方法を説明します。

Microsoft SharePoint Designer 2010 の操作

SharePoint サイトは、あらゆる種類および規模の企業のニーズに対応する中で、急速に複雑化しています。つまり、ドキュメント、タスク リスト、およびスケジュールの格納場所として使用されるだけでなく、動的でデータを豊富に含んだビジネス プロセス対応のサイトへと変化を遂げています。

このような変化により、サイト デザイナーは、ビジネスのニーズを把握するだけでなく、SharePoint と、そのサイトの 1 つを構成するすべての部分についても理解することが必要です。特に、サイトに含まれる多数の移動パーツ間の関係を理解し、これを 1 か所で管理できるようにすることが重要です。

SharePoint Designer 2010 では、サイト、サイトのリストおよびライブラリ、ページ、データ ソース、ワークフロー、アクセス許可などを 1 か所で操作できます。さらに、このようなサイトの中心的要素を 1 か所で表示できるだけでなく、これらのオブジェクト間の関係も確認できます。

詳細にカスタマイズされたビジネス ソリューション サイトの設計と構築の最初のステップとして、ここで枠組みを説明します。まず、SharePoint 内外のデータ ソースに接続します。次に、この情報をユーザーに公開し、SharePoint サイトまたは Office クライアント アプリケーションを使用して情報を送り返すことができるようにします。次に、詳細にカスタマイズされたワークフローを作成してビジネス プロセスを自動化します。最後に、サイトの外観を組織のイメージに合うようにカスタマイズします。

これらのタスクを 1 か所で行うことで、別のツールや方式を使用してサイトのさまざまなコンポーネントを検索、更新する時間を節約できるため、ソリューションの設計、構築、およびカスタマイズにかける時間を多く取ることができます。

以下のセクションでは、SharePoint Designer 2010 の操作とユーザー インターフェイスについて詳しく説明します。

SharePoint Designer 2010 を開く

SharePoint Designer 2010 の [ファイル] タブ

SharePoint Designer 2010 のインターフェイス

3 つの部分 (ナビゲーション、概要、リボン) に分かれたインターフェイス

[ファイル] タブを開く

SharePoint 内外のデータに接続する

リストとライブラリ

外部ビジネス データ

外部データベース

SOAP を経由した XML Web サービス

REST を経由したサーバーサイド スクリプト

XML ソース ファイル

データを豊富に含んだインターフェイスを作成する

ビュー

フォーム

ユーザー設定のアクション

Web パーツ

クライアント統合

ナビゲーション

ビジネス プロセスを管理する

イベント

条件

アクション

ステップ

フォーム

変数

デザインとブランド

マスター ページ

ページ レイアウト

カスケード スタイル シート

SharePoint のビジネス ソリューションのサイクルを完了する

SharePoint Designer 2010 を開く

SharePoint Designer 2010 は、ローカル コンピューターにインストールするクライアント プログラムです。また、SharePoint と緊密に統合されています。このため、コンピューターで Windows の [スタート] ボタン (Windows の [スタート]) メニューを使用して直接起動できるだけでなく、SharePoint のさまざまな場所 (下図の [サイトの操作] メニューなど) からも起動できます。

[サイト アクション] メニューの SharePoint Designer 2010

リスト、ビュー、ワークフロー、およびマスター ページをカスタマイズするときなどに、SharePoint Designer 2010 を開くことができる場所は多くあります。SharePoint Designer 2010 をまだインストールしていない場合は、SharePoint から初めて起動したときに、プログラムを Web からダウンロードしてインストールするよう求めるメッセージが表示されます。次に SharePoint Designer 2010 を開いたときには、直ちにプログラムが起動します。Windows の [スタート] メニューからプログラムを起動することもできます。SharePoint Designer 2010 を開くさまざまな方法の詳細については、「参照」セクションを参照してください。

注: SharePoint Designer 2010 およびその個別の機能は、[SharePoint Designer 設定] ページを使用して制限または無効にすることができます。この記事で説明しているタスクを実行できない場合は、これが理由である可能性があります。詳細については、管理者に問い合わせてください。

注: SharePoint Designer 2010 は、SharePoint 2010 サイト用に設計されています。これより前のバージョンの SharePoint で使用して、サイトを開いたりカスタマイズしたりすることはできません。

ページの先頭へ

SharePoint Designer 2010 の [ファイル] タブ

Windows の [スタート] メニューから SharePoint Designer 2010 を開くと、最初に [ファイル] タブが表示されます。この画面では、既存のサイトをカスタマイズするか、新しいサイトを作成するかを選択できます。

SharePoint Designer 2010 illustration

既存のサイトをカスタマイズするには、既存のサイトを参照するか、"個人用サイト" をカスタマイズするか、SharePoint Designer 2010 で最近開いたサイトのいずれかを選択することができます。

新しいサイトを作成するには、空のテンプレートを使用するか、テンプレートの一覧から選択するか、お勧めのテンプレートのいずれかから選択します。その後は、サーバーとサイト名を指定し、サイトを作成するだけです。これで、作成されたサイトが SharePoint Designer 2010 で開きます。

SharePoint Designer 2010 を SharePoint から開いた場合、この画面は表示されません。代わりに、SharePoint Designer 2010 インターフェイスでサイトが開きます。

ページの先頭へ

SharePoint Designer 2010 のインターフェイス

SharePoint Designer 2010 では、SharePoint のサイトおよびソリューションの作成、カスタマイズ、および展開を 1 か所で行うことができます。これは、サイトを構成するすべてのコンポーネントとこれらのコンポーネント間の関係を表示するユーザー インターフェイスによって実現しています。

サイトを初めて開くと、サイトの概要 (タイトル、説明、現在のアクセス許可、サブサイトなど) が表示されます。

SharePoint Designer 2010 illustration

3 つの部分 (ナビゲーション、概要、リボン) に分かれたインターフェイス

サイトの設計および構築時に操作する SharePoint Designer 2010 のインターフェイスは、次の 3 つの主要な領域に分かれています。

  1. ナビゲーション ウィンドウ: サイトの主な部分 (コンポーネント) 間を移動するときに使用します。

  2. [ギャラリー] ページと [概要] ページ: 各コンポーネントの種類の一覧と、1 つの特定のコンポーネントの概要が表示されます。

  3. リボン: 選択したコンポーネントを操作するときに使用します。

SharePoint Designer 2010 illustration

ナビゲーション ウィンドウには、サイトを構成するコンポーネント (リスト、ライブラリ、コンテンツ タイプ、データ ソース、ワークフローなど) が表示されます。これらのコンポーネントのうちいずれか、たとえば [お知らせ] リストを編集するには、[リストとライブラリ] を開いて、すべてのリストとライブラリが表示されたギャラリー ページを開きます。

ここから [お知らせ] リストを開くと、そのリストの概要ページが開きます。概要ページには、このリストに関連付けられたビュー、フォーム、ワークフローなどが表示されます。いずれかのビューを編集するには、このページから直接そのビューを開きます。

ビューが開くと、リボンの表示が変わり、ビューの編集に最もよく使用される、コンテキスト上関連の深いタスクが表示されます。Microsoft Office アプリケーションのリボンと同様、これによって作成や編集に関するタスクを迅速かつ簡単に行うことができるようになります。編集が終わったら、[戻る] ボタンか、ページ上部の階層リンク形式のナビゲーションを使用して、サイトの概要に戻ります。

SharePoint Designer 2010 インターフェイスでは、サイトのさまざまなコンポーネントを特定して、いずれかのコンポーネントの詳細を表示し、そのコンポーネントを編集して、サイトのメイン ウィンドウに戻る、という一連の操作を、簡単に行うことができます。

[ファイル] タブを開く

SharePoint Designer 2010 でサイトのさまざまなオブジェクトを操作するだけでなく、上位のサイトやアプリケーション設定にアクセスする必要が生じることもあります。たとえば、他のサイトを開く、ページを追加する、ファイルをインポートする、SharePoint Designer 2010 のアプリケーション設定を変更する、などの操作が必要になることがあります。これらの操作は、[ファイル] タブ (SharePoint Designer 2010 を Windows の [スタート] メニューやデスクトップのショートカットから起動したときに最初に表示されるタブ) で行います。

このビューに移動するには、画面の左上にある [ファイル] タブをクリックします。SharePoint Designer 2010 インターフェイスに戻るには、[戻る] をクリックします。

ページの先頭へ

SharePoint Designer 2010 におけるカスタマイズの中心的操作

SharePoint Designer 2010 では、アプリケーション ロジックを含むが、コードの記述を必要としないサイトやソリューションを作成およびカスタマイズできます。データ ソースの追加と変更、リスト ビューとデータ ビューのカスタマイズ、ビジネス ワークフローの構築と展開、企業ブランドの設計などを行うことができます。しかし、SharePoint Designer 2010 の真価が発揮されるのは、組み込みのサイトを組織に適した実際のビジネス ソリューションに変換していくときです。

以降のセクションでは、SharePoint Designer 2010 を使用したソリューションの設計および構築時に行う、カスタマイズの 4 つの中心的操作について説明します。

SharePoint 内外のデータに接続する

SharePoint Designer 2010 では、多数のデータ ソースに接続して、そのデータをサイトや Office クライアント アプリケーションに統合できます。その結果、ユーザーは、これらのデータ ソースに個別に接続しなくても、サイト上や特定のプログラムからビジネス データを表示、操作できるようになります。

SharePoint Designer 2010 の図

外部データベースや SOAP サービス、REST サービスへの接続は、リボンから直接実行できます。

データ ソースへの接続は SharePoint Designer 2010 の中心的な機能で、ユーザーにデータを表示するためのオプションが数多くサポートされています。データ接続によって、リストとライブラリ、外部のデータベースとデータ ソース、Web サービスなどを組み合わせて使用することができます。

以降では、SharePoint Designer 2010 を使用して接続できるデータ ソースについて説明します。

リストとライブラリ

リストとライブラリは、サイトでよく使用されるデータ ソースです。リストとライブラリは、既に SharePoint に組み込まれており、SharePoint と同じデータベースを使用するという点で、他のデータ ソースとは異なります。これらのデータ ソースに接続するために、追加の手順を実行する必要はなく、SharePoint Designer 2010 の [リストとライブラリ] ギャラリーでデータ ソースを追加するか、ブラウザーでデータ ソースを追加します。リストまたはライブラリの作成後は、関連付けられた列、コンテンツ タイプ、またはその他のスキーマ属性をカスタマイズできます。

外部ビジネス データ

注:  この機能は、SharePoint テクノロジのすべての実装で使用できるとは限りません。詳細については、サービスの管理者に問い合わせてください。

Business Connectivity Services (BCS) は、既存のビジネス データやプロセスへの標準化されたインターフェイスを提供する SharePoint ベースのフレームワークです。BCS には、外部のビジネス データ ソース (SQL Server、SAP および Siebel、Web サービス、およびカスタム アプリケーション) を SharePoint サイトおよび Office アプリケーションに接続する機能があります。

SharePoint Designer 2010 では、外部コンテンツ タイプを作成することによって外部データに接続します。外部コンテンツ タイプは、外部データ ソース内のデータを表し、接続の詳細や、ビジネス アプリケーションで使用されるオブジェクト、作成、読み込み、更新、または削除のためのメソッド、さらにはオブジェクト自体に対してユーザーが実行できる操作を定義します。

外部コンテンツ タイプは、ビジネス データ カタログに格納されます。外部コンテンツ タイプを作成すると、作成者とその組織内のユーザーは、このコンテンツ タイプに基づいて、SharePoint リスト、ビュー、フォーム、およびワークフローを簡単に作成できるだけでなく、Office クライアントとの統合も簡単に実現できます。外部コンテンツ タイプは、他のコンポーネントと同様、SharePoint に組み込まれるため、これらの外部データ ソースに対する完全にカスタマイズされたユーザー インターフェイスを作成できます。

外部データベース

データベースをデータ ソースとして追加することで、他のデータベースのデータをサイトに統合できます。接続できるデータベースは、Microsoft SQL Server、Oracle など、OLE DB プロトコルまたは ODBC プロトコルをサポートする任意のデータベースです。必要な情報は、データベースが格納されているサーバーの名前、データ プロバイダー、および使用する認証の種類だけです。データベースをデータ ソースとして追加および構成すると、ユーザーが SharePoint サイトから移動せずにデータ ソースのデータ ブロックを読み書きできるビューおよびフォームを作成できます。

SOAP を経由した XML Web サービス

簡易オブジェクト アクセス プロトコル (SOAP) は、XML ベースのメッセージをやり取りするためのプロトコルで、これを使用すると、XML Web サービスを使用してさまざまなデータ ソースに接続できます。SharePoint Designer 2010 では、SOAP を使用することで、組織内の他のサイトやインターネット上のサイトのデータ ソースに、テクノロジやプログラミング言語、プラットフォームに関係なく接続できます。また、XML Web サービスを使用して、通貨コンバーター、株価情報、電卓、または天気情報をサイト上に表示することもできます。

REST を経由したサーバーサイド スクリプト

Representational State Transfer (REST) は、Web サービスを構築するための方法というだけでなく、Web のテクノロジとプロトコルを活用したソフトウェア ネットワークのアーキテクチャ スタイルです。REST を使用すると、コンテンツを表す指定されたサーバーサイド スクリプトを読み込むことにより、サイトからデータを取得できます。SharePoint Designer 2010 では、SOAP と同様、REST を使用して、他のサイトのデータ ソースに接続し、通貨コンバーター、株価情報、電卓、天気情報などを表示できます。REST を使用したデータ接続は、SOAP を使用したデータ接続よりも簡単に実装できますが、使用できるプロトコルは HTTP だけです。

XML ソース ファイル

XML ファイルにデータを格納している組織では、SharePoint Designer 2010 を使用してこれらのファイルにデータ ソースとして接続できます。XML ファイルにデータ ソースとして接続するには、SharePoint Designer 2010 内で直接 XML ファイルを作成するか、コンピューターまたはネットワーク上の場所から XML ファイルをインポートするか、外部の場所にある XML ファイルに接続します。

SharePoint Designer 2010 でデータ ソースに接続する方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

データを豊富に含んだインターフェイスを作成する

目的のデータ ソースへの接続を確立したら、次は、これらのデータ ソースにアクセスするための、データを豊富に含んだ対話形式のユーザー インターフェイスを作成します。SharePoint Designer 2010 では、データ ソースへの高機能で動的なユーザー インターフェイスを作成して、SharePoint サイトや、Office ビジネス アプリケーションのカスタムのウィンドウ、ペイン、フィールドなど、さまざまな場所に配置できます。

SharePoint Designer 2010 でサイトを開く

作成できるインターフェイスは、カスタムのビュー、フォーム、Web パーツ、ナビゲーション、Office クライアントのカスタムのウィンドウや作業ウィンドウなどです。さまざまなインターフェイスを作成できるため、ユーザーがビジネス データに対して実行する操作を全面的にカスタマイズできます。

また、複数のデータ ソースを組み合わせて 1 つのビューに表示できるほか、関連するアイテムのビューを表示するダッシュボードの作成、役割ごとの専用のカスタム フォームの設計、データの選択時に表示するツールバーやリボン コマンドのカスタマイズを行うこともできます。

SharePoint Designer 2010 では、データに関連付けられたユーザー インターフェイスを次のようなさまざまな方法でカスタマイズできます。

ビュー

ビューを使用すると、データをさまざまな方法で表示できます。ビューでは、表示対象がリストやライブラリ、外部データ ソースのいずれであっても、サイトの作成者やユーザーに関連する情報を表示できます。SharePoint Designer 2010 で作成するすべてのビューは、XSLT (Extensible Stylesheet Language Transformation) で表示されるデータ ビューで、Microsoft ASP.NET テクノロジを使用しています。ビューでは、フィールドの表示/非表示や、並べ替え、フィルター処理、計算、条件付き書式の適用などの操作を行うことができます。また、ビューのスタイルを複数の選択肢の中から選ぶことで、ビューをすぐに使い始めることもできます。最終的には、使用するデータ モデル、ユーザー、およびビジネスの内容に合わせて、任意の形式のビューを作成およびカスタマイズできます。

フォーム

ユーザーから情報を収集する場合は、フォームを使用します。細かくカスタマイズされた Web ベースのフォームを使用することで、ユーザーはデータ ソースへのデータの書き込みを簡単に行うことができます。ビューと同様、フィールドの外観も、データの状態やユーザーの役割などに応じてカスタマイズできます。フォームでは、データの表示、編集、および作成ができます。フォームのデザインは、SharePoint Designer 2010 の組み込みのフォーム エディター (.aspx ファイルの場合) または Microsoft InfoPath (.xsn ファイルの場合) を使用して行います。フォームは、特定のデータ ソース (タスク リストなど) ごとに作成およびカスタマイズでき、後述のワークフローでユーザー情報を収集する目的でも使用できます。

ユーザー設定のアクション

SharePoint Designer 2010 のユーザー設定アクション ビルダーを使用すると、リンク、アイコン、スクリプトなどのユーザー設定のアクションを、SharePoint のリボン、ツールバー、およびリスト アイテムの各メニューに追加できます。サイトに新しい機能を追加したら、ユーザーがその機能を簡単に見つけて使うことができるように、その機能を SharePoint メニューに公開することができます。また、ユーザー設定のアクションを使用することで、指定したオブジェクトに対してユーザーが特定のタスク (リストでワークフローを開始するなど) を実行するように促すこともできます。

Web パーツ

Web パーツは、情報のモジュール単位 (自己完結型のデータまたは機能) で、SharePoint ページに追加して使用します。Web パーツには前述のビューやフォームが格納されますが、これ以外にも、多くの機能を実行する Web パーツや、データを操作するための Web パーツを追加することもできます。Web パーツを SharePoint Designer 2010 の Web パーツ領域に追加すれば、ユーザーがブラウザーでさらに Web パーツをカスタマイズできるようになります。Web パーツと Web パーツのページを使用することにより、SharePoint でユーザーに表示する Web インターフェイスを効果的にカスタマイズできます。

クライアント統合

外部コンテンツ タイプを使用する外部データ ソースの情報を、Microsoft Outlook 2010 や SharePoint Workspace などのクライアント アプリケーションで公開できます。つまり、ユーザーがアプリケーション内での操作と同じように、外部のビジネス データの読み取り、書き込み、および削除を実行できるインターフェイスを作成できます。このようなインターフェイスの作成は、クライアントのフォーム、領域、および作業ウィンドウを使用して行います。その結果、ユーザーは、既に使用している熟知したサイトや Office アプリケーションで、ビジネス データを操作できるようになります。

ナビゲーション

ナビゲーションは、ユーザー向けに作成するインターフェイスで重要な役割を果たす領域であり、SharePoint Designer 2010 内だけでなく SharePoint 全体で管理する必要があります。たとえば、データ ビューやフォーム、Web パーツ、ワークフロー内でナビゲーション リンクをカスタマイズすることもあれば、トップ リンク バーやサイド リンク バーなどについては、サイト レベルでカスタマイズすることもあります。サイトとそれを構成するすべての要素を、よく計画されたナビゲーション モデルに従って作成することにより、ユーザーがサイト内を効果的に移動できるようにする必要があります。

SharePoint Designer 2010 でのデータが豊富なインターフェイスの作成の詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

ビジネス プロセスを管理する

組織のすべてのビジネス プロセスは、共通するビジネス ニーズに基づいて関連付けられた一連のアクティビティで構成されています。ワークフローは、このモデルに則して設計されており、一連の条件とアクションで構成されるルールベースのワークフローが用意されています。SharePoint Designer 2010 では、一連の条件とアクションに基づいて、作業プロセスに応じた一連のアクションをまとめて実行できます。

SharePoint Designer 2010 の図

SharePoint Designer 2010 では、単純なビジネス プロセスから非常に複雑なビジネス プロセスに至るまで、組織のさまざまなビジネス プロセスを管理するワークフローを作成できます。ワークフローでは、ビジネス アプリケーションのプロセスと人的共同作業のプロセスのどちらについても、プロセスを自動化することでこれを実現します。たとえば、ビジネス アプリケーションのプロセスを対象とするワークフローでは、あるデータ ソースの変更に応じて別のデータ ソースも更新することなどが考えられます。人的共同作業のプロセスを対象とするワークフローでは、従業員のマネージャーにドキュメントを送信して承認を取得することなどが考えられます。

SharePoint のワークフローを使用すると、コードを作成しなくてもビジネス プロセスにアプリケーション ロジックを導入できます。これは、SharePoint Designer 2010 に用意された高機能かつ直感的なワークフロー エディターにより、ロジックやサブステップなどを入れ子にすることで実現します。別の方法として、SharePoint Designer 2010 にエクスポートできる Microsoft Visio のフローチャート テンプレートを使用して、ワークフローを設計および共有することもできます。

SharePoint Designer 2010 illustration

SharePoint Designer 2010 のワークフローは、次の要素で構成されています。

イベント

イベントは、ワークフローを開始または初期化する要素です。データ ソースの変更 (新規アイテムの作成やアイテムの変更など) はイベントの一種です。また、別の種類のイベントとして、ユーザー (ワークフローに含まれるユーザー) によってアクティブ化されるものがあります。データ ソースの変更時に開始されるワークフローは、アプリケーションを対象としたビジネス プロセスを自動化するワークフローの一部である場合が多く、例としてデータの状態に応じたファイルのコピーなどが挙げられます。ユーザーによって開始されるワークフローは、人的共同作業ワークフローの一部である場合が多く、例としてコンテンツの承認などが挙げられます。ワークフローは、両方の種類のイベントを認識するように設定できるほか、2 つの種類のイベントの組み合わせに基づいて開始されるように設定することもできます。

条件

条件は、ワークフローがアクティビティを実行するタイミングを決定します。ワークフローはデータ ソースに関連付けられるため、条件では、ワークフローが開始される原因となるデータ ソースの変更を指定します。条件は、多くの場合、"If field equals value" という句で始まります。1 つの条件を複数のアクションに対して使用することも、複数の条件を 1 つのアクションに対して使用することもできます。ルールを使用すると、1 つ以上のアクションと複数の条件を組み合わせることができます。この場合、条件内のすべての句が true である場合に、関連付けられたアクションが実行されます。

アクション

アクションは、ワークフローの作業を構成する最も基本的な単位です。ワークフローの設計時には、必要な一連のアクションを特定し、ワークフロー デザイナーでその一連のアクションを組み合わせます。一連のアクションは、1 つずつ順番に実行するように設定することも (順次アクション)、同時に実行するように設定することも (並列アクション) できます。ワークフローには、ワークフロー自体またはワークフローに含まれるユーザーによって実行される任意の数のアクションを含めることができます。SharePoint Designer 2010 には、作成済みの再利用可能なアクションが豊富に用意されています。これらのアクションを使用すると、電子メールの送信、リスト アイテムのチェックインまたはチェックアウト、計算の実行などをワークフローで行うことができます。

これらのアクションには、[承認処理を開始する]、[フィードバック処理を開始する] など、組織内で人によって行われるプロセス用に特別に設計された別個のワークフロー エディターを含む、特別なタスク アクションがあります。このようなアクションを使用すると、ほとんどすべてのビジネス プロセスを管理できる高度なワークフローを作成およびカスタマイズできます。

ステップ

ワークフローは、1 つ以上のステップおよびサブステップで構成されています。ステップを使用すると、条件とアクションをグループ化して、1 つのルール セットの評価と実行が終わってから次のルール セットを実行するように指定できます。各ステップには、任意の数の条件とアクションを含めることができます。ワークフローを、1 つのステップまたはサブステップ内の一連のアクションとして設計することもできます。1 つのステップのルールが最後まで処理されてから次のステップが実行されるため、特定のアクションに影響を与えるために必要なルールを同じステップ内にまとめると便利です。また、特にワークフローに多数のアクションが含まれているが、条件は少数である場合に、ワークフローを整理する目的でステップを使用することもできます。

フォーム

ワークフローには、多くの場合、ワークフロー内のあらかじめ決められたタイミングでユーザーから情報を集めるためのフォームが含まれています。フォームを使用すると、ユーザーがワークフローに関連するタスクを操作することもできます。ワークフローでは、ユーザーがワークフローを開始するときにユーザーから情報を収集するための開始フォーム、ワークフローをリストやコンテンツ タイプに関連付ける関連付けフォーム、およびタスク リストに関連付けられたカスタム タスク用のフォームを設計できます。フォームの設計時には、SharePoint Designer 2010 の ASP.NET ベースのネイティブ フォーム (.aspx ページ)、または Microsoft InfoPath 2010 で設計されたカスタム フォーム (.xsn ページ) を使用できます。InfoPath を使用すると、ワークフローのフォームをより詳細にカスタマイズして、組織のイメージに合わせることができます。

変数

変数は、ワークフロー内のデータの格納場所 (キャッシュ) です。変数を使用すると、ワークフロー内にさまざまな種類のデータを格納でき、後からワークフロー参照を使用してそのデータを参照できます。ワークフローでは、多くの種類の変数を使用できます。たとえば、開始フォームのパラメーターによって生成される変数や、現在のワークフローに関するデータを格納するローカル変数などを使用できます。ローカル変数では、ブール型、日付/時刻型、リスト アイテム ID、数値、文字列など、さまざまな種類の変数データを使用できます。変数を作成して値を設定すると、後からワークフロー内の条件やアクションでその変数を参照できます。

ページの先頭へ

デザインとブランド

SharePoint Designer 2010 で最後にカスタマイズする領域は、デザインとブランドです。つまり、企業のイメージについて考慮して、SharePoint サイトに反映させます。設定できる要素は、企業ロゴや配色、ヘッダーとフッター、補助的なグラフィック、カスタムのナビゲーションなどです。これにより、サイト内のすべてのページが、より大きな企業サイトの一部であることがすぐにわかるようになります。SharePoint Designer 2010 では、マスター ページ、ページ レイアウト、およびカスケード スタイル シートを使用して、SharePoint サイトのデザインとブランドの決定を行います。

SharePoint Designer 2010 illustration

サイトのデザインとブランドの決定は、カスタムのビジネス ソリューションの作成を目的とする他の中心的操作とは異なります。ブランドの決定は、多くの場合、めったに行う機会のない作業であり、サイト コレクションの最上位 (イントラネットまたはインターネット向けのポータルなど) で行います。ここで決定されたカスタムのブランドは、その下位に作成されるサブサイトに継承されます。また、ブランドの決定は、ソリューションの作成者ではなく、Web デザイナーによって行われることの多い作業でもあります。

これらの理由から、マスター ページ、ページ レイアウト、およびカスケード スタイル シートは、サイト コレクションの管理者以外のすべてのユーザーに対しては、すべて既定でオフになっています。このため、これらの高機能かつ扱いの難しいファイルにアクセスできるのは、サイトのブランドの決定を担当するスタッフだけです。もちろん、特定のユーザーに対してこれらの機能の設定をオンに戻すことはできます。

サイトのデザイナーは、SharePoint Designer 2010 で次の方法を使用してカスタムのブランドを作成します。

マスター ページ

マスター ページは、ASP.NET の機能で、SharePoint では、サイトのレイアウトを 1 か所で設計し、それをテンプレートとして企業全体で他のページに再利用するための方法として採用されています。SharePoint サイトで表示されるすべてのページは、マスター ページとコンテンツ ページという 2 つのページを組み合わせたものです。マスター ページは、共通のレイアウトとナビゲーション (通常はページの左側、上側、および下側の各部分に表示されます) を定義します。コンテンツ ページには、そのページに固有のコンテンツが含まれています。SharePoint Designer 2010 には、マスター ページをカスタマイズして他のユーザーと共有するためのページ編集ツールが数多く用意されています。

ページ レイアウト

発行サイトを使用する場合は、ページ レイアウトを使用してサイトの外観やレイアウトもデザインします。ページ レイアウトは、組織内のユーザーが作成する発行ページのテンプレートとして機能します。マスター ページに加えて、ページ レイアウトでも、タイトル、本文、テキスト、およびグラフィックスをページのどの部分に配置できるようにするかなど、発行ページの詳細な制御や構造の指定を行うことができます。発行ページでは、SharePoint の発行インストラクチャが使用されるため、ブラウザー ベースのコンテンツの作成や発行に伴う煩雑な作業を行わなくても、これらの操作を簡単に行うことができます。

カスケード スタイル シート

ほとんどの Web サイトや Web アプリケーションと同様、SharePoint でも、カスケード スタイル シート (CSS) を使用して、サイト上のページを構成するさまざまなオブジェクトに色、グラフィックス、および位置を適用します。多くの場合、ページには複数のスタイル シートが適用されます。これらのスタイルをカスタマイズするには、マスター ページ、ページ レイアウト、またはサイト ページで直接変更するか、ページに添付されている CSS ファイルで直接スタイルを変更します。どちらの操作も、SharePoint Designer 2010 の高機能な CSS 編集ツールを使用して行うことができます。また、CSS ファイルを使用して SharePoint のテーマをカスタマイズすることもできます。CSS ファイルをカスタマイズすることで、SharePoint サイトの外観 ("スキン") を変更して、企業のイメージに合わせることができます。

ページの先頭へ

カスタムの SharePoint ソリューションを展開する

これまでのセクションでは、SharePoint Designer 2010 を使用して実際のビジネス ソリューションを作成する方法を中心に説明してきました。具体的には、SharePoint 内外のデータに接続してそのデータを統合する方法、このデータにアクセスするための高機能なユーザー インターフェイスを作成する方法、ワークフローを使用してビジネス プロセスを管理する方法、および企業のイメージに合わせてサイトのブランドを決定する方法を見てきました。

しかし、今度はソリューション自体に対して、他のサーバーまたは企業全体への展開、Visual Studio を使用したさらに詳細なカスタマイズ、外出先に持参するためのオフラインでの保存などの操作を行う必要があります。このため、ソリューションをパッケージに変換する必要がありますが、これは [テンプレートとして保存] オプションを使用して行います。

SharePoint Designer 2010 の図

ソリューションをテンプレートとして保存する機能は、SharePoint の重要な機能です。テンプレートは Web ソリューション パッケージ (.wsp ファイル) として保存されますが、これにはサイトのコンテンツ全体 (データ ソースとその構造、ビューとフォーム、ワークフロー、Web パーツなど) が格納されます。

テンプレートでも、詳細な制御を行うことができます。テンプレートでは、リスト、ビュー、ワークフローなど、サイトの特定の部分を操作できます。これらの部分をテンプレートの形で個別のコンポーネントとして保存することもできます。この機能を使用すれば、ソリューション開発における共同作業をまったく新しい方法で行うことができます。

SharePoint のビジネス ソリューションのサイクルを完了する

SharePoint Designer 2010 を実際に使用すると、その機能が基本的なサイトのカスタマイズにとどまらないことがすぐにわかります。SharePoint Designer 2010 では、データ接続、データが豊富に含まれたユーザー インターフェイス、カスタムのワークフロー、およびサイトの全体的なブランドを指定することにより、実際のビジネス ソリューションを作成できます。このソリューションをすべて SharePoint で構築し、その後はアプリケーションの開発サイクルに従って、展開可能なソリューションに仕上げることができます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×