SharePoint Designer 2010 で廃止される機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、SharePoint Designer 2007 の機能のうち、SharePoint Designer 2010 で廃止される機能について説明します。

この記事の内容

リモートのサイトとコンテンツの移行を操作します。

以前のバージョンの SharePoint を操作します。

Microsoft Script Editor (MSE)

共同作成者の設定

シングル サインオン

レイアウト テーブル

テーマ

ビュー: レポート、ナビゲーション、およびハイパーリンク

ナビゲーション ビュー

[ハイパーリンク] ビュー

レポートを表示します。

データベースの機能

FTP

ページをカスタマイズします。

ダイナミック Web テンプレート

Web パッケージ ファイル

リモート サイトとコンテンツの移行に関する作業

SharePoint Designer 2010 で作業するユーザーは想定したもの、デザイン、発行に、SharePoint Foundation 2010 と SharePoint Server 2010 の web サイト。これは、サーバーに依存しない Web サイトの作成と管理ツールとして設計された Microsoft SharePoint Designer の先行タスクからフォーカス シフトします。

こうした焦点の移行が SharePoint Designer 2010 の最も大きな変更点です。たとえば、リモート Web サイトの発行と接続、および Web サイトと Web コンテンツの転送に関連した従来の機能が、SharePoint Designer 2010 から削除されています。

  • SharePoint Designer 2010 では、Web サイトを他のサーバーやファイルの保存場所からインポートすることはできません。

  • SharePoint Designer 2010 では、ディスク ベースの Web サイトを作成、編集、または発行することも、リモート Web サイトに対する作業を行うこともできません。SharePoint Designer ユーザー インターフェイスの要素 ([Microsoft ASP.NET 開発サーバーを使用する] プレビュー オプションなど、ディスク ベースの Web サイトの操作をサポートしていた要素) が廃止されています。

  • サーバーの管理作業 (バックアップ、復元、コンテンツの移行、Web サイト全体に影響する管理作業など) を SharePoint Designer 2010 で行うことはできません。こうした作業は、サーバーの全体管理で実行する必要があります。

以前のバージョンの SharePoint と組み合わせた使用

SharePoint Designer 2010 は、SharePoint Foundation 2010 および SharePoint Server 2010 との組み合わせを想定して設計されています。以前のバージョンの SharePoint と組み合わせて使用することはできません。

Windows SharePoint Services 2007 サイトや Microsoft Office SharePoint Server 2007 サイトを開く必要がある場合は、SharePoint Designer 2007 をインストールしておく必要があります。ただし、そのためには、32 ビット版の Microsoft Office 2010 を実行している必要があります。

Microsoft Script Editor (MSE)

Office SharePoint Designer 2007 および以前のバージョンの Microsoft FrontPage では、データ アクセス ページでのテキストの追加、HTML コードの編集、および Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) コードの編集に Microsoft Script Editor (MSE) を使用していました。MSE には、スクリプトの作成および編集用に IntelliSense 機能も用意されていました。また、Web ブラウザーで表示されているようにページを表示できました。Microsoft SharePoint Designer 2010 には、Microsoft Script Editor は含まれていません。

共同作成者の設定

Microsoft SharePoint Designer 2010 では、"共同作成者の設定" の機能が廃止されました。

Office SharePoint Designer 2007 では、アクセスが制限されたモードである "共同作成者モード" を設定し、有効にする目的で "共同作成者の設定" が使用されていました。従来、Office SharePoint Designer 2007 で編集対象のサイトを開いたユーザーは、自分がどの共同作成者グループに割り当てられているか、また、その共同作成者グループにどのような編集の制限が適用されているかによって、利用できるコマンドや機能に違いがありました。

SharePoint Designer 2010 では、"SharePoint Designer 設定" という新しいページを使用して、SharePoint Designer の特定の機能の利用を制限することができます。

シングル サインオン

認証にシングル サインオン (SSO) を使用する方法は SharePoint 2010 から廃止され、代わりに Secure Store Service が使用されるようになりました。Secure Store Service は、要求に対応する認証サービスで、アプリケーション ID に関連付けられた資格情報を格納するためのセキュリティで保護されたデータベースを含んでいます。このようなアプリケーション ID は、外部データ ソースへのアクセスを承認する際に使用できます。

レイアウト テーブル

Office FrontPage 2003 および Office SharePoint Designer 2007 では、レイアウト テーブルとレイアウト セルを使って Web ページのレイアウトを作成することができました。

Microsoft SharePoint Designer 2010 では、レイアウト テーブルが、強力なカスケード スタイル シート (CSS) レイアウト機能に置き換えられました。レイアウト テーブルの作成と変更に関連したツールは、SharePoint Designer 2010 のユーザー インターフェイスから削除されています。

既存のレイアウト テーブルを含んでいる Web ページを SharePoint Designer 2010 で開いた場合、レイアウト テーブルは正しく機能します。ただし、SharePoint Designer 2010 を使用して、新たにレイアウト テーブルを挿入することはできません。

テーマ

SharePoint 2010 のテーマが再設計され、テーマの生成プロセスがより簡素化されました。Windows SharePoint Services 3.0 で作成されたテーマには、SharePoint Foundation 2010 との互換性はありません。Windows SharePoint Services 3.0 から SharePoint Foundation 2010 にアップグレードする場合は、ビジュアル アップグレードを使用して、従来のユーザー インターフェイスでサイトを引き続き使用できます。ただし、SharePoint Foundation 2010 の新しいユーザー インターフェイスを使用してテーマを作成し、それらのテーマをサイトに適用することをお勧めします。

ビュー: レポート、ナビゲーション、およびハイパーリンク

SharePoint Designer 2010 では、レポート、ナビゲーション、およびハイパーリンクの各ビューに変更が加えられました。

ナビゲーション ビュー

ナビゲーション ビューおよびナビゲーション作業ウィンドウは、ウィンドウの左側にあるナビゲーション ウィンドウに置き換えられました。ここには、サイトを構成するコンポーネント (リスト、ライブラリ、コンテンツ タイプ、データ ソース、ワークフローなど) が表示されます。たとえば、[お知らせ] リストなどのコンポーネントを編集するには、[リストとライブラリ] を開いて、すべてのリストとライブラリが表示されている [ギャラリー] ページに移動します。また、ナビゲーション バーを使用すると、サイト階層内の現在の場所の確認、ページの移動、または最近使用したページの表示を実行することができます。

ハイパーリンク ビュー

ハイパーリンクのビューは、SharePoint Designer 2010 から削除されます。SharePoint Designer 2010 でエラー チェック機能を使用すると、リンクの破損、未使用のページ、カスケード スタイル シートの使用状況とマスター ページの使用状況を確認します。[ハイパーリンクの更新] コマンドも削除されました。

レポート ビュー

SharePoint Designer 2010 では、レポートへのアクセス方法が変更されたほか、特定のレポートが削除されました。

データベース機能

SharePoint Designer 2010 には、外部データへの接続、外部コンテンツ タイプの作成、サーバー上のビジネス データ カタログへの外部コンテンツ タイプの発行、および外部リストとその外部リストに必要なすべてのフォームの自動生成を実行するための新しいツール セットが用意されています。

データ管理の変更により、Microsoft FrontPage および Office SharePoint Designer 2007 の次のデータベース機能が SharePoint Designer 2010 ではサポートされなくなりました。

  • データベース インターフェイス ウィザード

  • [サイトの設定] ダイアログ ボックスの [データベース] タブ

  • データベース結果ウィザード

メモ: Web ページを表示すると、または SharePoint Designer 2010 で既存のデータベースの結果ページを開きますデザイン ビューを使用する場合は、データベースの結果 WebBot は HTML コメントとして表示されます。

検索 A データ ソース] 作業ウィンドウが削除されました。

FTP

FrontPage には、Microsoft FrontPage サーバー拡張を使用せずにサーバーに接続するための組み込みの FTP クライアントが用意されていました。組み込みの FTP クライアントを使用すると、ユーザーは FTP 経由でサイトを開き、Web サイト全体を発行したり、リモート Web サーバー上の個々のファイルを管理したりできました。SharePoint Designer 2010 は、SharePoint サイトを操作するよう設計されており、これらのサーバーには必要な基になるコードが既にインストールされているため、FTP クライアントは不要となり廃止されました。

ページのカスタマイズ

ページのカスタマイズ ("ゴースト解除" とも呼ばれます) には、以前のリリースよりも高いアクセス許可が必要になります。既定では、ページ、マスター ページ、およびページ レイアウトのカスタマイズと、[すべてのファイル] ビューの使用が可能です。つまり、ほとんどのユーザーは、ナビゲーション ウィンドウに、マスター ページ、ページ レイアウト、およびすべてのファイルのノードが表示されません。代わりに、ユーザーは、サイトのページ ライブラリに Web パーツ ページを作成および保存することで、ソリューションを構築します。そのため、管理者が Web アプリケーションやサイト コレクション間で一貫したブランドやレイアウトを維持することは簡単になります。

ダイナミック Web テンプレート

SharePoint Designer 2010 では、ダイナミック Web テンプレートの機能がマスター ページに置き換わりました。

Web パッケージ ファイル

SharePoint Designer 2010 は、Web パッケージ ファイルをインポートしません。

Web パッケージには、Web ページ、テンプレート、Web コンポーネント、テーマ、グラフィックス、スタイル シート、およびその他の要素を含めることができます。Web パッケージは、(モジュール) が CAB ファイルをインポートまたは Web サイトからエクスポートするために使用します。

SharePoint Web サイトを扱う場合、これ以外にも 2 とおりの方法で、パッケージ化された機能を展開することができます。

  • 1 つはユーザー設定のサイト テンプレートを使用する方法です。ユーザー設定のサイト テンプレートは、.stp ファイルとして SharePoint データベースに格納されます。

  • もう 1 つは SharePoint Foundation 2010 ソリューション フレームワークを使用する方法です。

ソリューションでは、配置、再利用可能なパッケージを含む一連の機能をサイト定義、およびアセンブリ、サイトに適用されるおよびを個別に有効または無効にすることができます。パッケージ化して、ユーザー設定の機能をサイト定義、テンプレート、Web パーツとアセンブリを配置するソリューションを使用することができます。

SharePoint Foundation 2010 ソリューション フレームワークを使用すると、SharePoint Foundation 2010 を拡張するために必要なすべてのコンポーネントを 1 つのソリューション ファイルにまとめることができます。ソリューション ファイルは、キャビネット形式 (ただし拡張子は .wsp) のファイルです。ソリューション ファイルを使用すると、Web パーツ パッケージの内容を展開することができます。これには、アセンブリ、クラス リソース、.dwp ファイルなどのパッケージ コンポーネントが含まれます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×