SharePoint Designer を使用してユーザー設定のリスト ビューを作成する

ブラウザーを使用してリスト ビューを作成およびカスタマイズできます。また、SharePoint Designer 2010 を使用してビューを作成できます。ブラウザーの場合、フィルター処理、並べ替え順序の変更、列の表示と非表示の切り替えなど、リスト ビューのカスタマイズに関する基本的な操作を実行できます (詳細については、「ビューを作成、変更、または削除する」を参照してください)。SharePoint Designer 2010 では、ブラウザーと同じレベルのカスタマイズ操作に加えて、リストのレイアウトの変更、リストへの条件付き書式の適用、他のリストへのリスト ビューの接続などを実行できます。

ブラウザーで作成したリスト ビューと SharePoint Designer 2010 で作成したリスト ビューは互換性があります。最初にブラウザーでビューを作成し、SharePoint Designer 2010 でこれをカスタマイズすることも、最初に SharePoint Designer 2010 でビューを作成し、その後にブラウザーでこれをカスタマイズすることもできます。

ここでは、リスト ビューの概要と、SharePoint Designer 2010 を使用してリスト ビューを作成する方法について説明します。

この記事の内容

リスト ビューとは

リスト ビューを作成する

次のステップ

リスト ビューとは

SharePoint の各リストまたは各ライブラリには、少なくとも 1 つのビューが関連付けられています。ビューとは、ここに示すように、リストに格納されているリスト アイテムを表示するカスタマイズ可能なライブ表示のことです。

SharePoint Designer のリスト ビュー

ビューを使用して、ブラウザーでのリストの表示方法を変更できます。たとえば、フィルターを作成して特定のアイテムのみを表示したり、ユーザー設定の並べ替え順序を作成して最も重要なアイテムが最初に表示されるようにしたり、リストの列を追加または削除してリストを見やすくしたりできます。

必要に応じてリストの外観を変更する場合は、ビューの作成を検討することをお勧めします。この場合、目的に合わせて、既存のビューをカスタマイズすることも、新しいビューを作成することもできます。たとえば、お知らせリストには、リストのすべてのアイテムが表示される 1 つのビューが既定で関連付けられていますが、タスク リストには、さまざまな目的で使用する複数のビューが既定で関連付けられています。具体的には、未完了のタスクを表示するビュー、今日が期限のタスクを表示するビュー、自分に割り当てられているタスクを表示するビューなどがあります。このため、ここに示すように、必要に応じて最適なビューを選択できます。

SharePoint Designer のリスト ビュー

ビューそのものは、XSLT リスト ビュー Web パーツ (省略して XLV) と呼ばれる Web パーツです。この Web パーツは ASPX ページに格納されています。ASPX ページはサイト上のリストまたはライブラリに既定で関連付けられているため、ユーザーがブラウザーでリストまたはライブラリを表示するときには、必ずこのページが表示されます。SharePoint Designer 2010 でビューを開くと、リスト データは拡張マークアップ言語 (XML) 形式で取得され、XSL 変換 (XSLT) を使用して表示されます。SharePoint Designer 2010 で表示されるリスト ビューを以下に示します。

SharePoint Designer のリスト ビュー

ビューをカスタマイズすると、SharePoint Designer 2010 によって、必要な拡張スタイルシート言語 (XSL) がページに挿入されます。SharePoint Designer 2010 のビュー編集ツールを使用してビューをカスタマイズできない場合でも、コード ビューで XSL を直接編集できます。

SharePoint Designer 2010 では、リスト ビューを作成できるだけでなく、SharePoint のリストおよびライブラリ、データベース、Web サービス、サーバーサイド スクリプトなどの複数のデータ ソースを読み取ることができるスタンドアロンのデータ ビューを作成できます。データ ビューは任意の ASPX ページ上に作成でき、一般的に、1 つの場所にデータをまとめて表示するために使用されます (たとえば、チーム サイトにダッシュボードを作成するなど)。データ ビューはリスト ビューと異なり、SharePoint Designer 2010 のみで作成およびカスタマイズできます。データ ビューの詳細については、「参照」セクションを参照してください。

ページの先頭へ

リスト ビューを作成する

SharePoint Designer 2010 で新しいリスト ビューを作成すると、XSLT リスト ビュー Web パーツが含まれる新しい ASPX ページが作成され、このページが自動的にリストに関連付けられます。このビューは、リストを表示するすべてのユーザーに表示される既定のビューにすることもできますが、ユーザーがリストを表示するときに選択できる別のビューを作成することもできます。

  1. SharePoint Designer 2010 で開いたサイトで、ナビゲーション ウィンドウの [リストとライブラリ] をクリックします。

  2. ギャラリーで目的のリスト (タスク リストなど) をクリックします。

  3. 概要ページの [ビュー] の [新規作成] をクリックします。

    SharePoint Designer のリスト ビュー

    注: [リストの設定] タブのリボンの [リスト ビュー] をクリックすることもできます。

  4. [新しいリスト ビューの作成] ダイアログ ボックスで、ビューの名前を指定します。

    SharePoint Designer のリスト ビュー

    注:  指定する名前は、ビューのタイトルとファイル名の両方で使用されます。

  5. このビューを、ユーザーがこのリストを表示するときの既定のビューにするには、[このビューを既定にする] をオンにします。

    このビューをリストの既定のビューにしない場合、このビューは選択できる使用可能なビューの 1 つとしてユーザーに表示されます。

  6. [OK] をクリックすると新しいビューが作成され、リストの概要ページに戻り、新しいビューが表示されます。

    下の図には、"ユーザー設定のリスト ビュー" という名前の新しいビューと、リストに関連付けられているその他のビューが共に表示されています。

    SharePoint Designer のリスト ビュー

    リストに対して複数のビューを作成するには、これらの手順を繰り返します。

ページの先頭へ

次のステップ

リスト ビューを作成すると、ビューをカスタマイズできるようになります。既存のビューをカスタマイズする場合、概要ページでビューをクリックするだけで、ビューが含まれている ASPX ページが開きます。ビューを選択すると、ビューのカスタマイズに使用する複数のコマンドがリボンで使用できるようになります。

SharePoint Designer 2010 でリスト ビューをカスタマイズする方法の一部を以下に示します。

  • 列を追加または削除する    ビューの列をすばやく簡単に追加、削除、または並べ替えできます。たとえば、ユーザーにとってより簡潔なビューを作成するために、各リスト アイテムのタイトルと本文フィールドのみを表示できます。

  • データをフィルター処理する    特定の条件を満たすアイテムのみを表示するようにして、リストのデータをフィルター処理できます。たとえば、タスク リストで今日が期限のアイテムのみを表示するように選択できます。

  • 並べ替えとグループ化を行う    ビューのデータの並べ替えとグループ化を実行できます。たとえば、リストのアイテムを並べ替えて、アルファベット順または数字順に表示されるようにできます。

  • 条件付き書式を適用する    データが特定の条件を満たす場合に、ビューに特定の書式を適用できます。たとえば、まだ開始されていないタスクをすべて赤色で強調表示できます。

  • 別のビュー スタイルを適用する    別のビュー スタイルを選択して、ビューのレイアウト全体をすばやく簡単に変更できます。たとえば、1 行おきに影付きで表示するスタイルを選択できます。

  • 数式列を作成する    スプレッドシートのように、ビューの他の列の計算結果を表示する集計列を作成できます。たとえば、単価に在庫数を乗算して、別の列に品目の総価格を表示できます。

  • ページングを変更する    ビューのページングを変更できます。たとえば、5 アイテムずつ表示 (ビューを 5 アイテムまでに制限) することができます。

  • 複数のソースのデータを表示する    関連する複数のデータ ソースをリンクし、1 つのビューに表示できます。たとえば、あるリストの製品カテゴリと別のリストの製品情報を同じビューに表示できます。

  • 非同期更新を使用する    ビューで非同期更新 (AJAX) を有効にすることで、ブラウザーでページ全体を最新の情報に更新しなくても、リストに加えた変更がすぐに表示されるようにできます。

  • パラメーターを追加する    パラメーターを作成してビューに渡すことができます。たとえば、ユーザー入力メニューのパラメーターを渡して、ビューの表示方法を変更するために使用することができます。

  • HTML コントロール、ASP.NET コントロール、および SharePoint コントロールを使用する    ビューに関連付けられているデータ ソースにこれらのコントロールをバインドできます。これにより、ユーザーがこれらのコントロールに基づいてビューの外観を変更できるようになります。

これらの操作と、ビューをカスタマイズするその他の方法の詳細については、「参照」セクションを参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×