SharePoint Designer と Visio の間でワークフローを転送する

Microsoft SharePoint Designer 2010 では、Microsoft Visio Premium 2010 で作成したワークフローをインポートしたり、ワークフローを Visio にエクスポートして表示したりできます。したがって、Visio でフローチャートを作成するのに慣れているビジネス アナリストやプロセス アナリストは、Visio を使用してビジネス ロジックを表すワークフローを設計し、ワークフローをエクスポートすることができます。また、SharePoint Designer を使用するサイトの所有者や IT プロフェッショナルが SharePoint 2010 で自動化できる形にワークフローを実装できるようにすることができます。

Visio のビジネス ロジックを SharePoint Designer のワークフロー ルールに変換する

さらに、SharePoint Designer のワークフローは次の 2 つの方法で表示できます。

  • Visio Services が SharePoint 2010 サーバーにインストールされている場合は、進捗状況や割り当てを表示する [ワークフローの状態] のページにワークフローの視覚エフェクトを作成できます。

  • ワークフローを Visio にエクスポートして、フィードバックや承認で使用するためのワークフロー図を作成できます。

ワークフロー図を Visio にエクスポートできる

この記事の内容

Visio からワークフローをインポートする

Visio にワークフローをエクスポートする

Visio Services を使用して SharePoint 2010 にワークフローの視覚エフェクトを表示する

Visio からワークフローをインポートする

SharePoint ワークフローをインポートするには、次の操作を行います。

  1. SharePoint Designer 2010 の [ナビゲーション] ウィンドウで、[ワークフロー] をクリックします。

  2. [ワークフロー] タブの [管理] で、[Visio からインポート] をクリックします。
    ワークフローをインポートする

  3. [Visio 図面からのワークフローのインポート] ダイアログ ボックスで、使用する Visio ワークフロー交換ファイル (.vwi) を参照して選択し、[次へ] をクリックします。

  4. ワークフローの名前を入力してから、インポートしたワークフローをどの種類のワークフローにするかを選択します。選択できるオプションは次のとおりです。

    1. リストのワークフロー    – 特定のリストに適用されるワークフロー。このオプションを選択する場合は、ワークフローを適用するリストを選択する必要があります。

    2. 再利用可能なワークフロー    – コンテンツ タイプに適用される、ポータブルなワークフロー。SharePoint 上のさまざまなリストで使用できます。このオプションを選択する場合は、ワークフローを実行するコンテンツ タイプを選択する必要があります。

  5. [終了] をクリックします。

インポートされたワークフローは SharePoint Designer のフルスクリーン ワークフロー エディターに表示されます。ワークフローの目的を明確にするために、Visio 図面のすべてのユーザー設定図形テキストは、アクティビティ ラベル (下の図のグレーのテキスト) として SharePoint にインポートされます。

インポートされたワークフロー

SharePoint Designer にインポートされたワークフローは編集可能になるので、修正を行い、必要な条件、アクション、手順、設定を加えることができます。ワークフローの編集に関する詳細については、「ワークフローの作成およびカスタマイズの概要」を参照してください。

ページの先頭へ

Visio にワークフローをエクスポートする

SharePoint Designer 2010 で作成または編集したワークフローは、Visio Premium 2010 で開くことができる Visio 図面としてエクスポートできます。SharePoint Designer で編集した後でワークフローを Visio にインポートして戻す機能 (ラウンドトリップ) により、ビジネス ユーザーとワークフロー デザイナー間のコラボレーションが深まります。この方法でワークフローの設計を繰り返す場合は、Visio を使用してビジネス要件を定義してから、変更を調整および承認するための方法としてラウンドトリップを使用します。

注: Visio Premium 2010 では、ステップがサポートされていません。SharePoint Designer で追加されたステップ情報は、ワークフローが Visio で表示されるときに失われ、SharePoint Designer に再インポートされます。

ワークフローをエクスポートするには、次の操作を行います。

  1. SharePoint Designer 2010 の [ナビゲーション] ウィンドウで、[ワークフロー] をクリックします。

  2. [ワークフロー] タブの [管理] で、[Visio にエクスポート] をクリックします。

  3. [Visio 図面へのワークフローのエクスポート] ダイアログ ボックスで、ファイル名を指定して場所を選択したら、[保存] をクリックします。エクスポートされたファイルは、Visio Premium 2010 から直接開くことができます。

ページの先頭へ

Visio Services を使用して SharePoint 2010 にワークフローの視覚エフェクトを表示する

SharePoint Designer 2010 を使用して、[ワークフローの状態] ページにワークフローの視覚エフェクトを表示できます。これにより、ユーザーはワークフローの実行中にその進捗状況を視覚的にトラッキングできるようになります。たとえば、次に示すワークフローの視覚エフェクトには、"進行中" のタスクと "完了済み" のタスクが示されます。これらのタスクに割り当てられた担当者もタスク図形内に明確に表示されます。

SharePoint ワークフロー ビジュアライゼーション

ワークフローの視覚エフェクトを [ワークフローの状態] ページに追加するには、次の操作を行います。

  1. SharePoint Designer 2010 の [ナビゲーション] ウィンドウで [ワークフロー] をクリックして、表示するワークフローをクリックします。

  2. ワークフローの [概要] ページの [設定] で、[ステータス ページにワークフローの視覚エフェクトを表示する] チェック ボックスをオンにします。

    注:  Visio Services が SharePoint Server 2010 で有効化されており、かつ Visio Premium 2010 が SharePoint Designer 2010 と同じコンピューターにインストールされている必要があります。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×