SharePoint Designer で InfoPath 2010 を使用してリスト フォームを編集する

SharePoint リストには、リストのアイテムを表示、編集、または追加するための一連のリスト フォームが含まれています。各リスト フォームでは、リストの列がページのフィールドとして表示され、ユーザーが情報を表示、追加、または編集することができます。

Microsoft SharePoint Designer 2010 では、リスト フォームをカスタマイズして使いやすくし、より業務目的に即したものにすることができます。また、Microsoft InfoPath 2010 を使用してリスト フォームを作成およびカスタマイズすることもできます。

この記事では、Microsoft InfoPath 2010 の概要、InfoPath 2010 を使用することの主なメリット、および InfoPath 2010 を Microsoft SharePoint Designer 2010 内から使用してリストをカスタマイズする方法について説明します。

この記事の内容

Microsoft InfoPath 2010 について

InfoPath 2010 で SharePoint リストを操作する方法

リスト フォームを InfoPath でカスタマイズする前にプレビューする

InfoPath 2010 を使用してリスト フォームをカスタマイズする

リスト フォームをカスタマイズする他の方法

次の手順

Microsoft InfoPath 2010 について

InfoPath 2010 は、Microsoft Office 2010 リリースに含まれている強力なフォーム作成および情報収集用のプログラムです。InfoPath 2010 を使用すると、コードを記述することなく、高度にカスタマイズされた精巧なフォームを作成できます。フォーム上にフィールドをドラッグ アンド ドロップし、一連のルールを使用してフォームを即座に検証する機能を追加し、フォームにさまざまなテーマやブランディングを適用することができます。

リスト フォームをカスタマイズする方法は、InfoPath Designer 2010 でも Microsoft SharePoint Designer 2010 でもほぼ同じです。通常、フィールドの追加や削除、テキスト、グラフィックス、サーバー コントロールの追加、フォームのレイアウトや外観の変更を行います。

SharePoint 用の InfoPath リスト フォーム

ただし、InfoPath 2010 では豊富なテンプレート、レイアウト、テーマ、および強力なルール管理機能を使用できるので、カスタマイズ作業がより容易です。また、InfoPath フォーム テンプレート (XSN) という 1 つのファイルを編集するだけで、その変更内容が 3 つすべてのリスト フォームに適用されます。一方、SharePoint Designer 2010 で同じ変更内容を 3 つすべてのリスト フォームに適用するには、表示フォーム、編集フォーム、および新規フォームをそれぞれ個別にカスタマイズする必要があります。

ページの先頭へ

InfoPath 2010 で SharePoint リストを操作する方法

Microsoft SharePoint Designer 2010 でリストを開くと、そのリストの使用可能なフォームが 3 つ (DispForm.aspx、EditForm.aspx、および NewForm.aspx) 表示されます。

SharePoint 用の InfoPath リスト フォーム

  • DispForm.aspx では、リストのアイテムのプロパティを表示します。

  • EditForm.aspx では、リストのアイテムを編集します。

  • NewForm.aspx では、リストの新しいアイテムを作成します。

これらのフォームを Microsoft SharePoint Designer 2010 でカスタマイズするには、フォームを個別に開いて変更したり、新規作成したフォームで置き換えたりします。

別の方法として、Microsoft SharePoint Designer 2010 のオプションを使用し、これらのフォームを InfoPath 2010 でカスタマイズすることができます。この方法では、InfoPath フォーム テンプレート (XSN) ファイルを作成して発行し、新しい 3 つのリスト フォーム (displayifs.aspx、editifs.aspx、および newifs.aspx) に適用します。このテンプレートと新しいフォームにより、既定の ASPX フォームが置き換えられます。

次回 Microsoft SharePoint Designer 2010 でサイトを開くと、リストの概要ページに新しいフォームが追加されているのがわかります。

SharePoint 用の InfoPath リスト フォーム

メモ

  • 新しいフォームは、Microsoft SharePoint Designer 2010 でも開けますが、これらのフォームは InfoPath フォーム Web パーツにあるため、フォームの内容をカスタマイズすることはできません。これらのファイルを更新するには、InfoPath フォーム テンプレートを使用します。

  • InfoPath フォーム テンプレート (XSN) ファイルは、Microsoft SharePoint Designer 2010 の概要ページには表示されません。このテンプレートを表示するには、ナビゲーション ウィンドウの [すべてのファイル] リンクを使用してサイト階層構造のリスト フォームを参照して見つけます。

ページの先頭へ

リスト フォームを InfoPath でカスタマイズする前にプレビューする

InfoPath 2010 でリスト フォームをカスタマイズする前に、InfoPath でカスタマイズしたフォームがどのように表示されるかをプレビューできます。

既定の編集フォーム (EditForm.aspx) は、ブラウザーに次のように表示されます。

SharePoint 用の InfoPath リスト フォーム

InfoPath 2010 でフォームをカスタマイズすると、新しい編集フォーム (InfoPath テンプレートが関連付けられた editifs.aspx) はブラウザーに次のように表示されます。

SharePoint 用の InfoPath リスト フォーム

新しいフォームでは、別の配色とフォントが使用され、添付ファイル フィールドがフォームの上部ではなくインラインに表示されます。ただし、これも新しいフォームで使用される既定の設定にすぎません。フォームのカスタマイズを完了した後で、フォームの外観と動作を完全に変更することができます。

ページの先頭へ

InfoPath 2010 を使用してリスト フォームをカスタマイズする

Microsoft SharePoint Designer 2010 には、InfoPath 2010 でリスト フォームをカスタマイズするためのオプションがあります。このオプションを選択すると、InfoPath 2010 Designer が開いて新しい InfoPath フォーム テンプレート (XSN) が表示されます。このテンプレートを使用してリスト フォームをカスタマイズすることができます。カスタマイズの完了後に、フォームを SharePoint リストに発行し、必要に応じて Microsoft SharePoint Designer 2010 に戻ります。

  1. Microsoft SharePoint Designer 2010 でサイトを開きます。

  2. ナビゲーション ウィンドウの [リストとライブラリ] をクリックします。

  3. カスタマイズするリストを開きます。

  4. [リストの設定] タブの [アクション] で、[InfoPath でフォームをデザイン] をクリックし、リスト フォームで使用するコンテンツ タイプを選択します。
    SharePoint 用の InfoPath リスト フォーム
    メモ: 各 SharePoint リストは、複数のコンテンツ タイプを許容するように構成でき、それらはこのメニューに表示されます。コンテンツ タイプごとにカスタム リスト フォームを作成できます。たとえば、リストにプレス リリース コンテンツ タイプと業界ニュース コンテンツ タイプの両方がある場合、それぞれのコンテンツ タイプに対してカスタム リスト フォームを作成できます。ただし、フォームが表示されるのは、リストの既定のコンテンツ タイプを選択した場合のみです。

  5. InfoPath 2010 が開いて新しい InfoPath フォーム テンプレートが表示されます。
    SharePoint 用の InfoPath リスト フォーム

  6. InfoPath 2010 のフォーム編集ツールを使用して、フォームの外観をカスタマイズし、ロジックに基づく必要なルールをフォームに追加します。InfoPath 2010 の使い方の詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

  7. カスタマイズが完了したら、テンプレートを SharePoint リストに発行します。次の 2 つの方法で発行できます。

    1. フォームでの作業を終える場合は、フォームを閉じるだけでかまいません。確認メッセージが表示されたら、[保存して発行] をクリックします。

    2. フォームを発行して InfoPath での作業を続ける場合は、[ファイル] タブの [情報] を選択し、[クイック発行] をクリックします。
      SharePoint 用の InfoPath リスト フォーム

  8. 発行の確認メッセージに対して [OK] をクリックします。

  9. InfoPath 2010 を終了し、必要に応じて Microsoft SharePoint Designer 2010 に戻ります。

リスト フォームをさらにカスタマイズする場合は、上の手順を繰り返します。

ページの先頭へ

リスト フォームをカスタマイズする他の方法

InfoPath 2010 を使用して Microsoft SharePoint Designer 2010 内からリスト フォームをカスタマイズするほかに、次のいずれかの方法でリスト フォームをカスタマイズすることもできます。

ブラウザーを使用して InfoPath 2010 のリスト フォームをカスタマイズする

ブラウザーでリスト フォームをカスタマイズするには、対象のフォームを参照して見つけ、[リスト] タブの [リストのカスタマイズ] で、[フォームのカスタマイズ] (下図) を選択します。

SharePoint 用の InfoPath リスト フォーム

InfoPath 2010 を使用して新しいリスト フォームを作成するか、既存のフォームをカスタマイズする

InfoPath 2010 内から新しいリスト フォームを作成するには、[ファイル] タブの [新規作成] を選択し、[SharePoint リスト] をクリックします。サイトの場所を指定し、既存のリストを選択するか、新しいリストを作成します。

SharePoint 用の InfoPath リスト フォーム

既に作成したフォームをカスタマイズするには、[ファイル] タブをクリックして [最近使ったファイル] を選択し、[最近使用したフォーム テンプレート] ボックスの一覧でフォーム テンプレートを選択します。

ページの先頭へ

次の手順

InfoPath 2010 で SharePoint リスト フォームをカスタマイズする場合、すべてのフォームを InfoPath 2010 にアップサイズするか、ユーザーやビジネス ソリューション サイト向けに高度なカスタマイズを必要とするフォームだけをアップサイズするかを選択できます。

リスト フォームに加えて、Microsoft InfoPath 2010 では、強力なワークフロー開始フォーム、フォーム ライブラリのフォーム、ブラウザーベースのフォーム、SharePoint ワークスペースのオフライン フォームなどを作成することもできます。

InfoPath 2010 のさまざまな用途については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×