SharePoint Designer でデータ ビューを作成する

SharePoint Designer 2010 では、ビジネス データ ソースのデータを操作するためのデータ ビューを作成し、高度にカスタマイズすることができます。データ ビューは、データ ソースのカスタマイズ可能なライブ ビューで、このビューを通じてデータを表示したり、データをデータ ソースに書き戻したりできます。データ ビューは、データベース クエリ、XML ドキュメント、Web サービス、サーバーサイド スクリプト、および SharePoint リストやライブラリで使用できます。

情報をデータベースに保存している組織では、そのデータベースに接続してデータ ソースとして使用し、ページ上に一連のデータ ビューを作成してダッシュボードのように使うことができます。また、データ ビューを使用して外部データのデータを表示することもできます。たとえば、天気予報をサイトに追加することができます。

この記事では、データ ビューの概要と SharePoint Designer 2010 を使用してデータ ビューをサイトに追加する方法について説明します。

この記事の内容

データ ビューとは

リボンからデータ ビューを挿入する

[データ ソースの詳細] ウィンドウを使用してデータ ビューを挿入する

ナビゲーション ウィンドウからデータ ソースをドラッグする

次の手順

データ ビューとは

データ ビューは、データ ソースのカスタマイズ可能なライブ ビューで、Microsoft ASP.NET テクノロジーを基盤としています。SharePoint Designer 2010 では、データ ソースのデータを拡張マークアップ言語 (XML) 形式で取得し、取得した言語を Extensible Stylesheet Language Transformation (XSLT) を使用して表示します。

データ ビューは、SharePoint Designer 2010 を使用して変更することができます。データ ビューでは、データベース クエリ、XML ドキュメント、Web サービス、SharePoint リストやライブラリ、サーバーサイド スクリプトなど、さまざまなデータ ソースのデータを読み書きすることができます。また、複数のデータ ソースのデータを表示する単一のデータ ビューを作成することもできます。

データ ビューをページに挿入した後で、SharePoint Designer 2010 の WYSIWYG ツールを使用して列の追加や削除、フィールドのフィルター、並べ替え、グループ化、フォントの書式やレイアウト全体の変更を行うこともできます。SharePoint Designer 2010 の WYSIWYG ツールを使用してデータ ビューの書式を設定すると、拡張スタイルシート言語 (XSL) が直接ページに挿入されるので、XSL を記述する方法を知る必要はありません。ただし、XSL を直接記述したい場合は、いつでもページをコード ビューで開くことができます。

注: 主にリストとライブラリをデータ ソースとして使用する場合は、データ ビューやリスト ビューを使用してデータ ソースのデータを読み書きできます。リスト ビューはデータ ビューに似ていますが、ブラウザーでビューをカスタマイズできるという点でデータ ビューにはないメリットがあります。リスト ビューの詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

リボンからデータ ビューを挿入する

データ ビューを作成するには、最初に SharePoint Designer 2010 でページ (ASP.NET ページ) を作成するか開く必要があります。次に、そのページにデータ ビューを追加します。データ ビューは、いくつかの方法で作成できます。最も簡単な方法としては、リボンの [データ ビュー] オプションを使用して、1 回クリックするだけでデータ ソースを選択できます。

リボンでこのオプションを使用する場合、リストやライブラリをデータ ソースとして選択すると、リスト ビュー (XLV) がページに追加されます。リストやライブラリ以外のデータ ソース (XML ファイル、データベース接続、サーバーサイド スクリプト、Web サービス接続など) を選択すると、データ ビュー (DFWP) がページに追加されます。リスト ビューとデータ ビューの相違点の詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

リボンを使用してデータ ビューを作成するには、次の手順を実行します。

  1. SharePoint Designer 2010 でサイトを開きます。

  2. ナビゲーション ウィンドウで、[サイト ページ] をクリックします。

  3. データ ビューを追加するサイト ページを選択します。

    注:  データ ビューを追加するページがない場合は、そのページ (ASXP ページまたは Web パーツ ページ) を作成する必要があります。詳細については、[参照] セクションの「SharePoint ページを作成する」を参照してください。

  4. [ページ] タブの [編集] で [ファイルの編集] をクリックします。

  5. 表示された div ボックスまたは form ボックスの内部をクリックします。
    Web パーツ ページでは、div タグ ボックスが次のように表示されます。
    SharePoint Designer 2010 でサイトを開く
    ASPX ページでは、form ボックスが次のように表示されます。
    SharePoint Designer 2010 でサイトを開く

  6. [挿入] タブの [データ ビュー/フォーム] で [データ ビュー] をクリックし、データ ソースを選択します。
    SharePoint Designer 2010 でサイトを開く

  7. データ ビューがページ上に作成され、次のように表示されます。
    SharePoint Designer 2010 でサイトを開く

ページの先頭へ

[データ ソースの詳細] ウィンドウを使用してデータ ビューを挿入する

リボンの [データ ビュー] オプションを使用してデータ ソースを選択するほかに、リボンを使用して空のデータ ビューを挿入することもできます。空のデータ ビューを挿入する場合は、最初にデータ ソースを選択し、次に [データ ソースの詳細] 作業ウィンドウを使用してフィールドをページに追加する方法を指定します。たとえば、フィールドを単一アイテム ビューまたは複数アイテム ビューとして追加することができます。

この方法を使用してデータ ビューを作成する場合は、XML ファイル、データベース接続、サーバーサイド スクリプト、Web サービス接続、SharePoint リストやライブラリなど、さまざまなデータ ソースを選択できます。前の手順とは異なり、使用するデータ ソースとは関係なしにデータ ビュー (DFWP) をページに挿入します。つまり、SharePoint リストやライブラリのリスト ビュー (XLV) ではなくデータ ビュー (DFWP) を作成します。リスト ビューとデータ ビューの相違点の詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

[データ ソースの詳細] 作業ウィンドウを使用してデータ ビューを作成するには、次の手順を実行します。

  1. SharePoint Designer 2010 でサイトを開きます。

  2. ナビゲーション ウィンドウで、[サイト ページ] をクリックします。

  3. データ ビューを追加するサイト ページを選択します。

    注:  データ ビューを追加するページがない場合は、そのページ (ASXP ページまたは Web パーツ ページ) を作成する必要があります。詳細については、[参照] セクションの「SharePoint ページを作成する」を参照してください。

  4. [ページ] タブの [編集] で [ファイルの編集] をクリックします。

  5. 表示された div ボックスまたは form ボックスの内部をクリックします。
    Web パーツ ページでは、div タグ ボックスが次のように表示されます。
    SharePoint Designer 2010 でサイトを開く
    ASPX ページでは、form ボックスが次のように表示されます。
    SharePoint Designer 2010 でサイトを開く

  6. [挿入] タブの [データ ビュー/フォーム] で [データ ビュー] をクリックし、[空のデータ ビュー] を選択します。

  7. 表示される空のデータ ビューで、[ここをクリックして、データ ソースを選択してください] をクリックします。
    SharePoint Designer 2010 でサイトを開く

  8. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスでデータ ソースを選択し、[OK] をクリックします。

  9. [データ ソースの詳細] 作業ウィンドウが表示されます。
    SharePoint Designer 2010 でサイトを開く

  10. 作業ウィンドウで、データ ビューに表示するフィールドを選択します。
    複数のフィールドを選択するには、Ctrl キーを押しながらフィールドをクリックします。

  11. [選択したフィールドの挿入] をクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。

    • [単一アイテム ビュー] では、1 つのレコードがデータ ビューに表示されます。

    • [複数アイテム ビュー] では、各フィールドが列に割り当てられ、各列に見出しが付けられた状態で、複数のレコードが表示されます。

  12. 別の方法として、作業ウィンドウで選択したフィールドをページの空のデータ ビューに直接ドラッグすることもできます。フィールドは複数アイテム ビューとしてページに追加され、最初の 5 つのフィールドがテーブルに表示されます。

  13. データ ビューがページ上に作成され、次のように表示されます。
    SharePoint Designer 2010 でサイトを開く

ページの先頭へ

ナビゲーション ウィンドウからデータ ソースをドラッグする

データ ビューを作成する別の方法としては、ナビゲーション ウィンドウからデータ ソースをドラッグ アンド ドラップすることができます。SharePoint Designer 2010 で ASPX ページまたは Web パーツ ページを開き、[データ ソース] または [すべてのファイル] の横のプッシュピン SharePoint Designer 2010 でサイトを開く をクリックします。ナビゲーション ウィンドウの下部にファイルと使用可能なデータ ソースが表示されます。そこから、データ ソースをクリックしてページ上にドラッグします。

リボンの [データ ビュー] オプションを使用した場合と同じように、SharePoint リストやライブラリを追加すると、リスト ビュー (XLV) がページ上に作成されます。他のデータ ソースを追加すると、データ ビュー (DFWP) が作成されます。

ページの先頭へ

次の手順

作成したデータ ビューは、SharePoint Designer 2010 のデータ ビュー ツールを使用してカスタマイズできます。列の追加や削除、データへのフィルターの適用、条件付き書式の設定、レイアウト全体の変更などが可能です。リスト ビューとデータ ビューのカスタマイズの詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×