SharePoint 2007 の移行で考慮するオプション

Microsoft SharePoint Server 製品 (Microsoft SharePoint Server 2007 など) の提供およびサポートが終了するとき、アップグレードや移行に時間がかかることがあります。サポート終了の日付を知り、事前に作業の予定を立てるのが最善の方法です。

SharePoint のアップグレードの一般的な戦略

SharePoint Server 環境をアップグレードするには、複数の方法があります。Microsoft Office SharePoint Server 2007 ファームがある場合のアップグレード方法の例を次に示します。

  • データベースの接続

  • 並列アップグレード

  • 一括アップグレード

  • ハイブリッド アップグレード (データベースを切断して一括/独立したデータベース接続)

  • SharePoint ハイブリッド (オンラインでオンプレミスの SharePoint に接続)

  • サイト コレクション間またはライブラリ間でデータを手動で移動

  • FastTrack ウィザードによる Office 365 へのアップグレード (SharePoint Online 展開アドバイザー)

  • Office 365 の SharePoint Online (SPO) への移行 API

どの方法が最もよさそうですか。

ファームの機能と使用目的を知っておくと、アップグレードのときに戦術的に役に立ちます。ユーザーが SharePoint ファームを使う方法は、オプションを選ぶときの参考になります。

ヒント: ここでは説明しませんが、Microsoft Office SharePoint Server 2007 には段階的なアップグレードもあります。手順ごとのアップグレード記事の一覧については、「SharePoint Server 2007 サポート終了のロードマップ」を参照してください。

製品のライフサイクルと、アップグレード後の SharePoint のバージョンのシステム要件を、忘れずに確認してください。これは、次のアップグレードが必要になる時期を知り (たとえば、SharePoint Server 2010 のような従来の製品を使っていて多くのアップグレードを計画する場合、サポート終了の期日を確認してください)、計画をサポートするハードウェアを確実に用意できるようにするためです。

SharePoint サイトの一部または全部をクラウドの Office 365 に移行する場合は、「Office 365 サービスの説明」を参照してください。SharePoint Online の機能、およびオンプレミスの SharePoint Server との違いについて理解するには、サービスの説明が必要です。機能している Microsoft Office SharePoint Server 2007 ファームをアップグレードします。インストールのサイトが破損している場合は、アップグレードする前に問題を解決します。

リスク管理に関するメモ

"並列" のような方法は、アップグレード ロジックの計画において重要です。並列でアップグレードするときは、Microsoft Office SharePoint Server 2007 ファームを残しておき、そこからアップグレードする次のバージョン (SharePoint Server 2010) を新しいハードウェアに作成します。これには 3 つの利点があります。

  1. データベース接続を使って別にアップグレードするために Microsoft Office SharePoint Server 2007 データベースのバックアップを作成する場所があります。

  2. Microsoft Office SharePoint Server 2007 ファームで使われている重要なドキュメント ライブラリと他の情報の数が少ない場合、Microsoft Office SharePoint Server 2007 から SharePoint Server 2010 にデータを手動で移動するか、特定のサイトと Web だけを次のバージョンに移行することができます (作業が簡単になります)。

  3. Microsoft Office SharePoint Server 2007 サーバー ファームに対して直接行うことが少ないほど、アップグレードのときにファームに含まれるデータの安全性が高くなります。

一括アップグレードのような方法は Microsoft Office SharePoint Server 2007 ファームを直接処理するので、パスを破棄して初期環境からもう一度開始する簡単なオプションが少なくなります。可能な限り、安全な手段を組み込むようにします (たとえば、元の環境のバックアップを作成してテストする、など)。たとえば、Microsoft Office SharePoint Server 2007 ファームが仮想であり、バックアップと復元の目的で複製されている場合は、アップグレードのためのサービス期間の前に最新のデータベースをバックアップして復元します。データベースのバックアップを復元するオプションがあることがわかっていれば、安全であるだけでなく、安心できます。

ヒント: アップグレードに関するベスト プラクティスのドキュメントについては、Microsoft Office SharePoint Server 2007SharePoint Server 2010SharePoint Server 2013SharePoint Server 2016 をそれぞれ参照してください。アップグレードや Office 365 の移行の経験を持つ Microsoft パートナーを検索することもできます。

計画を立てる

アップグレードが必要な場合は、計画を立てる必要があり、1 つの計画ですべてのアップグレードに対応することはできません。計画は、"SharePoint Online で Office 365 サブスクリプションを作成し、ドメインを登録して、そこにファイルを保存するようユーザーをリダイレクトする" のような簡単なものかもしれません。そうではないかもしれません。決定は管理者に委ねられており、管理者やユーザーが本当に必要とするものによって決まります。

注: ライフサイクルが終了したソフトウェアを使い続けるのは危険です。サポートが終了した製品は、問題が見つかっても修正されません。これはまた、ライフサイクルが終了した製品はサポートされなくなるため、新しいセキュリティ脅威が発生しても、セキュリティ パッチや修正プログラムがないことを意味します。このような状況は回避してください。

まず、ファームを知る

アップグレードに関する決定は、組織に対してファームが行っていることに基づく必要があります。ファームはどのようなニーズを満たしていますか。ファームの役割は何ですか。会社のファームはそれぞれ役割が異なる場合があります。SharePoint ファームの一部はクリティカルかもしれず、一部は保管用のファール アーカイブかもしれません。または、ファームが多くの役割を一度に遂行している場合は、サイト コレクションや Web、さらにはドキュメント ライブラリが何を行っているか、カスタマイズ、それらの重要性といったことまで、知っておくことが必要になる場合があります。このレベルでのデータ分析はたいへんな作業のように見えるかもしれませんが、アップグレードや移行の前にドメインを理解するための時間や労力を省くことになります。すべての稼働部分と最も重要な部分がわかれば、残しておくことができる余分な部分もわかります。その知識があとで役に立ちます。

ですから、ユーザーが言っていることのうち、SharePoint Server ファームに関して最も重要なことは何ですか。

  • SharePoint の組み込み機能

  • 大規模なデータ コーパス (ファイルのアーカイブなど)

  • 可用性

  • 重要なアプリ、Web パーツ、またはファーム内のドキュメント (ミッション クリティカル ファーム)

  • コンプライアンス基準の準拠

  • カスタマイズ

SharePoint ファームからビジネスに不可欠なものを実行している場合 (たとえば、クライアント サービス要件についての重要なデータの大きなカタログのような役割を果たす場合)、"重要なアプリ" だけでなく、"可用性" にもチェック マークが付くかもしれません。つまり、SharePoint をしばらく使えないと、ビジネスに影響が出る可能性があります。同様に、ファームが提供する重要なサービスがカスタム コード、サイト定義、または連携する多数のカスタマイズに基づくので、"カスタマイズ" にチェック マークを付けることがあるかもしれません。

ソフトウェアに組み込まれているもの以外を使う必要なく SharePoint がこれらのニーズを満たし、ユーザーが一般に更新を行って標準的な管理と保守を実施する場合は、"SharePoint の組み込み機能" を選ぶかもしれません。それはまた、古いバージョンの SharePoint のままにする理由になることもあります。つまり、必要なことは既に行われていて、Microsoft Office SharePoint Server 2007 のサポート終了までアップグレードする必要がなかったことになります。

これらの項目のリストを作ると、アップグレードの条件が作成されます。つまり、アップグレードではこの条件を満たすことを考慮する必要があります。これにより、現時点ではニーズに合わない方法を除外できます。

簡単な計画の例

SharePoint のアップグレード パスについてリーダーや管理者と幅広く合意することが必要になる場合があります。SharePoint Server の管理者は、多くの場合、Microsoft SQL Server 管理者と協力し、ネットワークやセキュリティのチームなどと共同で作業します。多くの関係者がいる場合、アップグレードと移行の計画について合意を得たり、計画を調整したりすることが必要な場合があります。たとえば、会社の一部が Office 365 の SharePoint Online を使うようにデータを移行する場合、おそらくネットワーク内でパフォーマンスのチューニングまたはテストが必要になります。影響を受けるチームには、事前に通知する必要があります。

この簡単な例では、SharePoint 管理者の提案を示した後、すべての関係者が同意した計画の一覧を示します。明確にするため、合意事項と決定事項を文書にします。

計画は、ファームを詳しく分析した後に開始し、アップグレード オプションを絞り込むときの参考になるファームの役割、問題点、その他の重要な情報を明らかにします。その後、SharePoint 管理者がアップグレードの提案を行い、関係者がアクション プランに同意します。

"最も重要な" リスト:

可用性、SharePoint に組み込まれている機能、コンプライアンス標準。

  • ほとんどのデータは 3 つのサイト コレクションに存在します。その中では開発チームによって使われる会議​​ワークスペースが特に重要であり、世界中の複数のタイム ゾーンで頻繁に使われます。

  • それ以外に、広く使われる 17 のサイトがあります。

  • 2 つのドキュメント ライブラリ (ルート サイト コレクション上の会議ワークスペースとドキュメント) が最大です (それぞれ、8,000 を超えるドキュメント)。多数のアーカイブされたドキュメントとスプレッドシートが添付されたリストがあります。

  • コンプライアンスを維持する必要がある機密性の高いデータが存在するライブラリの 14 のリストがあります。

  • どのような場合でも、保留と電子情報開示を行うことができる必要があります。

  • InfoSec のルールのため、このデータの一部はオンプレミスに維持する必要があります。

アップグレードと移行の選択:

はい

いいえ

データベース接続によるデータベースのアップグレード

一括アップグレード

並列でのファームのアップグレード

ハイブリッド アップグレード

Office 365 での SPO への移行 API (個人用サイト データ)

SharePoint ハイブリッド (まだ必要ありません)

重要なデータの SharePoint Online への手動データ移行

Office 365 への FastTrack ウィザード アップグレード

提案する計画:

データベースを最初にアップグレードできるように、複数のバージョンの SharePoint を並列で、一部は仮想化して、オンプレミスでアップグレードします。SharePoint 2007 から SharePoint 2010 にアップグレードします。管理者と開発者が結果のファームをテストします。ユーザーが結果のファームをテストします。この間に大きな問題を修正します。もう一度、並列で、SharePoint 2010 データベースを SharePoint 2013 にアップグレードします。テストします。ユーザーがテスト/パイロットを行います。この間に大きな問題を修正します。

  • Search Federated Hybrid with SPO がニーズを満たすかどうかを検討します。

  • ここから SharePoint Online にアップグレードする場合は、FastTrack の使用を検討します。

  • Office 365 サブスクリプションにオフロードできるサイト コレクションがあるかどうかを判断します。Office 365 は多くののコンプライアンス標準を満たします。Office 365 には電子情報開示があり、コンプライアンス センターを通じて保留を行うことができます。

それ以外の場合は、SharePoint Server 2016 への並列アップグレードを続行します。

注: アップグレードを計画する管理者による推奨と実際のプロセスの間に、アップグレードが依存する他の関係者と話し合います。たとえば、経済的な問題のために計画の変更を余儀なくされる場合があります。最終的な決定がどのようなものであっても、合意された計画を文書化する必要があります。次のような内容になります。

アクション プラン:

オンプレミスで、仮想環境を使って、既定の SharePoint Server 2010 および 2013 を構築します。SharePoint Server 2016 は、2016 のシステム必要条件を満たす新しいハードウェア上に構築します。データベース接続を行って、SharePoint 2007 から、SharePoint 2007 と SharePoint Server 2016 の間のすべてのバージョンに、データベースをアップグレードします。ネイティブ機能がニーズを満たしていない場合、このときに SharePoint Server 2016 環境で主要なカスタマイズを再作成してテストします。問題がなければ、アップグレードされたデータベースと若干のカスタマイズを含む新しいハードウェア上のオンプレミスのファームが完成です。アップグレードされたコンテンツ データベースを SharePoint Server 2013 の新しいサイト コレクションに接続し、テストし、ユーザーがテストとパイロットを行い、ライブ使用のために新しい SharePoint Server 2016 環境への DNS カット オーバーを行います。

  • SharePoint Server 2016 と SharePoint Online の間のフェデレーション ハイブリッドは今すぐは考慮しません。

  • サイトの約 35% がバニティ ドメインを持つ新しい SPO サイトにできるか、または最終的に OneDrive for Business ストレージになります。サイトを変換する他の機会を探すか、または新しいサイトを SPO にルーティングします。

  • 移行のこの部分の一部は、OneDrive for Business 個人用サイトへのドラッグ アンド ドロップによって手動で行い、一部は移行 API で行います。

さらに詳細な手順、または具体的なアップグレード手順へのリンクは、計画の後で示します。MOSS 2007 コンピューターの使用を停止してはならず、比較のために仮想環境を維持する必要があります。ただし、ユーザーが SharePoint Server 2016 にリダイレクトされた時点で、アップグレードは完了です。

多くの場合、方法の選択における主要な要因は、アップグレードの合計コストと時間コストです (詳しくは、SharePoint 移行ロードマップの記事を参照してください)。ただし、事前の計画は、期待値の設定、賢明な選択、成功の規定において非常に役に立ちます。

関連項目

Microsoft のライフサイクル ポリシーとライフサイクルの検索

アップグレードと移行を支援できる Microsoft パートナーの検索

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×