SharePoint 管理センターにおける Information Rights Management (IRM) の設定

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint 内では、IRM 保護がリストとライブラリ レベルでのファイルに適用されます。組織では、IRM 保護を使用できる、前に、最初に Rights Management を設定する必要があります。SharePoint Online IRM では、 Microsoft Azure Active Directory Rights Management (Microsoft Azure AD RM) のサービスを暗号化し、割り当てる使用量の制限に依存しています。一部の Office 365 プランには、すべてではなく、 Microsoft Azure AD RM サブスクリプションが含まれます。詳細については、 Microsoft Azure AD Rights Management の概要を読む

SharePoint 管理センターを使って IRM サービスを有効にする

前に、組織 IRM で保護する SharePoint リストおよびライブラリを最初に、組織の Rights Management サービスをアクティブにする必要があります。学習する方法については、[ライセンス認証 rights managementを参照してください。

Rights Management サービスをアクティブ化後で Information Rights Management (IRM) を有効にする、SharePoint 管理センターにサインインします。

注: 権限管理が有効でない場合、Office 365 のグローバル管理者は、SharePoint Online の IRM の機能を使用できません。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. 左側のウィンドウで [設定] を選びます。

  5. Information Rights Management (IRM) ] セクションでは、構成で指定した IRM サービスを使用するにはを選択し、 IRM 設定の更新]をクリックします。

注:  IRM 設定を更新したら、組織内のユーザーは SharePoint リストとドキュメント ライブラリを IRM で保護できるようになります。

IRM 対応の SharePoint ドキュメント ライブラリとリスト

IRM 設定を更新したら、サイトの所有者は SharePoint リストとドキュメント ライブラリを IRM で保護できます。詳しくは、「Information Rights Management をリストまたはライブラリに適用する」をご覧ください。

サイトの所有者がリストまたはライブラリに対して IRM を有効にすると、そのリストまたはライブラリに含まれるあらゆる種類のファイルを保護できます。ライブラリに対して IRM を有効にすると、そのライブラリにあるすべてのファイルにアクセス権管理が適用されます。

注: リストに対して IRM を有効にすると、実際のリスト アイテムではなくリスト アイテムに関連付けられたファイルだけにアクセス権管理が適用されます。

IRM 対応リストまたはライブラリからダウンロードしたファイルは暗号化されるため、正当なユーザーだけがその内容を表示できます。また、アクセス権管理が設定されたファイルには発行ライセンスも含まれるため、ファイルを表示できるユーザーが制限されます。一般的な制限は、ファイルを読み取り専用にする、テキストのコピーを禁止する、ローカル コピーの保存を禁止する、ファイルの印刷を禁止する、などです。IRM 対応のファイルの種類を読み取ることができるクライアント プログラムでは、アクセス権管理が設定されたファイルに含まれる発行ライセンスを使って、このような制限を適用します。アクセス権管理が設定されたファイルの保護がダウンロードされた後でも維持されるのは、このようなしくみによります。リストまたはライブラリで IRM を有効にするには、「Information Rights Management をリストまたはライブラリに適用する」をご覧ください。

SharePoint Online は次のファイルの種類の暗号化をサポートします。

  • PDF

  • Microsoft Office Word、Microsoft Office Excel、Microsoft Office PowerPoint の 97 から 2003 までのファイル形式

  • Microsoft Office Word、Microsoft Office Excel、および Microsoft Office PowerPoint の Office Open XML 形式

  • XML Paper Specification (XPS) 形式

注: IRM が有効なライブラリで Office Online ドキュメントを作成または編集することはできません。

ページの先頭へ

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×