SharePoint 管理センターでユーザー プロファイルのポリシーを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザー プロファイル個人用サイトで公開される個人用設定機能とプロパティにはすべて、推奨される既定のポリシーがあります。 これらのポリシーは、組織のニーズに合わせてカスタマイズできます。 各ポリシーには、ポリシー設定と既定の公開設定という、2 つのパートがあります。

ポリシー設定について

個人用設定機能で提供される情報には、組織の主要なビジネス プロセスに使用する重要な情報もあれば、組織全体で共有するのには適さない情報もあります。 また、一部のユーザー間で共有する必要があるが、すべてのユーザーには公開しない情報もあります。 後者の場合は、それに対応したポリシーを作成する必要があります。 組織のビジネス部門の担当者と協力して、公開に適した機能またはプロパティを判断してください。

ポリシー設定は以下のとおりです。

  • 有効: User Profile Service の管理者や、(既定の公開設定に応じて) User Profile Service 管理者以外のユーザーに機能が公開されます。

  • 必須: このプロパティには情報が含まれている必要があり、その情報は既定のアクセス許可に基づいて共有されます。 これらの機能またはプロパティが含まれているフォームは、必要な情報が提供されるまで送信できません。 たとえば、組織図に必要な情報を提供できるように、管理者プロパティが必須に指定されることがよくあります。

  • 任意: プロパティは作成されますが、その値は自動的には提供されないことがあります。 各ユーザーが、プロパティの値を提供するか、値を空のままにするかを判断します。 たとえば、[自分の仕事仲間] 機能は任意です。 既定では、値が空にならず、ユーザーの [自分のチーム] リスト内のすべてのユーザーを含む仕事仲間のリストが、アクセス許可を持つユーザーに公開されます。 ユーザーは、リストから仕事仲間を削除することも、リストに仕事仲間を追加することもできます。

  • 無効: プロパティまたは機能は User Profile Service 管理者だけに公開されます。 個人用サイトや Web パーツには表示されず、共有することもできません。

  • ユーザーによる上書き: このオプションは既定で選択され、ユーザーが既定の公開設定を変更できるようにします。このオプションが選択されているかどうかに関係なく、管理者がプロパティを作成すると、ユーザーはいつでも設定を上書きできます。 つまり、管理者がプロパティを作成し、値を設定して、ユーザーが必ずその値を使うように強制することはできません。

注: 既定のアクセス許可ポリシーが [すべてのユーザー] に設定され、[ユーザーによる上書き] オプションが選択されていない場合、プロパティと機能を他の SharePoint サイトに複製できます。

既定の公開設定について

公開設定では、特定の個人用設定機能の情報を閲覧できる人を指定します。

利用できる設定は以下のとおりです。

  • すべてのユーザー: そのサイトに対する閲覧権限を持つすべてのユーザーが、関連情報を閲覧できます。

  • 自分のみ: そのユーザーと User Profile Service の管理者だけが情報を閲覧できます。

ユーザー プロファイル ポリシーとプライバシー設定を編集する

大部分の組織で既定のポリシーとプライバシー設定を利用できますが、組織のニーズに合わせて既定の設定を編集できます。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. [ユーザー プロファイル] を選びます。

  5. [ユーザー] の [ユーザー ポリシーの管理] を選びます。 ユーザー プロファイル ポリシーが表示されます。

ユーザー プロファイル ページが選択された状態の SharePoint Online 管理センターのスクリーンショット。

  1. ポリシーを編集するには、ポリシー名をマウスでポイントし、ドロップダウン矢印をクリックして [ポリシーの編集] を選びます。

    注:  ポリシーを削除することはできませんが、無効にすることはできます。 ポリシーを無効にすると、そのポリシーは強制的には適用されなくなります。

  2. 編集が終了したら [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×