SharePoint 管理センターでサイト コレクションとグローバル設定を管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Online管理者にSharePoint 管理センターを使用することができます。

  • 作成して、割り当てと監視サイト コレクションの記憶域を含むサイト コレクションを管理します。

  • 権限とユーザーを管理して、サイト上のコンテンツ保護に役立てる

  • ユーザー プロファイルを管理し、個人向けサイト (個人用サイト) を構成する

  • 有効にして、特定のSharePoint Online機能またはグローバル設定を構成します。

考慮して、重要な詳細情報の概要をご紹介を構築する方法を計画する場合は、構成、およびSharePoint Online環境を管理します。

管理センターを開く

  • グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  • 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  • 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

サイト コレクションとは、所有者が同じで、権限などの管理設定を共有する Web サイトの集まりのことです。サイト コレクションを作成すると、サイト コレクションのトップレベル サイトが自動的に作成されます。このトップレベル サイトの下に、1 つ以上のサブサイトを作成できます。

トップレベル サイトと子サイトを示すサイト コレクションの階層図

このトップレベル サイトとサブサイトの構成を使って、サイトごとに機能と設定のレベルを変えることができます。この階層の中で、ユーザーはチーム全体用のメイン作業サイトを 1 つ持つほか、各自の作業サイトとサイド プロジェクト用の共有サイトを持つことができます。管理者は、個々の部門や外部 Web サイト用に独立したサイト コレクションを作成することができます。

SharePoint 管理センターのサイト コレクションの設定

サイト コレクションを整理する方法は、組織と、ビジネス ニーズのサイズによって異なります。サイト コレクションを作成する方法の詳細については、作成または削除するサイト コレクションを参照してください。

いくつか基本的な詳細情報を把握する場合: たとえば、どのようなサイト コレクション用に使用される、とユーザへのアクセス権を持っている必要が、これが決定できるようにするサイト テンプレートの種類に関するに割り当てる記憶域の量を使用して、[。、、サイト コレクションの数を作成する必要があります。記憶域の制限や、プランのサポートされているサイト コレクションの数を確認する必要がある場合は、 SharePoint Online の制限を参照してください。

決定する内容

確認事項

使用するサイト テンプレート

サイト コレクションを作成する場合は、サイト テンプレートを使えます。サイト テンプレートには、リスト、ライブラリ、ページなど、さまざまなビジネス ニーズを対応する要素や機能があらかじめ定義されています。テンプレートをそのまま使うことも、ニーズに合わせてサイトをカスタマイズすることもできます。

各サイトは、サイト コレクション用に選んだテンプレートのプロパティを継承します。サイト コレクションでは、複数のサイト テンプレートを使うこともできます。

  • サイトに保存するのはどのような種類のコンテンツですか?

  • 特殊な目的を満たすためのサイトですか?

  • ユーザーはどのようにコンテンツを扱う必要がありますか?

必要なサイト コレクションの数

この判断には、ビジネス ニーズと記憶域全体の制限が関係します。

パブリック Web サイト、アプリ カタログ、検索センター、個人用サイトのホストなどの特定のサイトは、スタンドアロンのサイト コレクションです。これらのうちのいくつかは、Office 365 のサインアップ時に自動的に作成される場合があります。他に特殊な目的がある場合は、サイト コレクションの追加が必要になることがあります。たとえば、コンテンツへのアクセスをメンバーだけに限定したいグループなどです。

注: この記事に記載された SharePoint Online のパブリック Web サイトの情報は、組織で 2015 年 3 月 9 日より前に Office 365 を購入した場合にのみ適用されます。現在この機能を使用しているお客様は、2015 年 3 月 9 日の切り替え日から最低 2 年間この機能に引き続きアクセスできます。切り替え日の後に Office 365 に登録した新しいお客様は、この機能にアクセスできません。今後は、Office 365 のお客様は、業界トップ レベルのサード パーティ製品にアクセスして、完全なオンライン ソリューションとプレゼンスを提供する一般向け Web サイトを使用できます。この変更の詳細については、「Office 365 SharePoint Online パブリック Web サイトの変更点について」を参照してください。

  • 個別のデータを保存する必要のある事業部またはグループはありますか?

  • 特殊な目的のために、サイト コレクションを別に用意する必要がありますか?

  • SharePoint 用アプリの使用を計画していますか (その場合はアプリ カタログのサイトも作成)。

各サイト コレクションに必要な記憶域の量

組織がSharePoint Onlineサービスを購入した場合、記憶域を購入してユーザー ライセンスの数のプールと、購入した Office 365 プランの種類が割り当てられます。各サイト コレクション (最小 50 MB) に記憶域の量を確認することができるように、記憶域の合計がプールされました。

新しいサイト コレクションに記憶域を割り当てるときに、組織に割り当てられた記憶域の全体量と、新しいサイト コレクションに割り当て可能な残量が表示されます。サイト コレクションに設定した記憶域の大きさは、後でいつでも必要に応じて増量できます。各サイト コレクションで使われている記憶域の量を監視でき、各サイト コレクションに割り当てられた記憶域の残りがわずかになったときに通知を受け取ることができます。

組織に割り当てられた記憶域の残量が少なくなっていることに気付いた場合の対処方法は、次の 3 つがあります。

  • SharePoint Onlineサイトのコンテンツの量を減らす

  • 1 つ以上のサイト コレクションを削除する

  • Microsoft やプロバイダーから記憶域をさらに購入する

使われている記憶域の量をモニタリングすると共に、サイト コレクション管理者やサイトの所有者の協力を得て、ファイル サイズの制限に関する組織のガイドラインとポリシーを設定することが重要です。

詳細については、サイト コレクションの記憶域制限を管理するを参照してください。

  • 全体でいくつのサイト コレクションが必要になると考えますか?

  • 登録したサービスでは、どのくらいの記憶域を利用できますか?

  • 保存するコンテンツの種類やサイズが原因で、他よりサイズの大きい記憶域を持つ特定のサイト コレクションがありますか?

  • サイト ユーザーが、特定のサイト コレクション内で自分のチーム サイトを作成できるようにしますか? サイト作成の有効化の詳細については、「ユーザーが自分のチーム サイトを作成できるようにする」を参照してください。

多言語サポートの必要性

多言語ユーザー インターフェイス (MUI) 機能を利用すると、サイトまたはサイト コレクションに対して設定された既定の言語以外の言語でサイトや Web ページを表示することができます。MUI 機能は翻訳ツールではなく、単に既定のインターフェイス要素の表示言語を変更するものです。

MUI で変更されるのはそのユーザーのユーザー インターフェイスのみであり、他のユーザーのサイト表示には影響しません。また、サイトの既定の言語で作成されたサイト コンテンツは、引き続き既定の言語で表示されます。

MUI は既定で有効にされています。ただし、MUI がサイト コレクションで使用される場合は、サイト コレクションの管理者が MUI を有効にする必要もあります。言語を指定すると、変更できないため、お客様とサイト所有者は、自分のサイト コレクションおよびサイトに使用する既定の言語を事前に決定する必要があります。

サイト コレクションを作成した後、サイトのロケールと地域の設定が正しいことを確認する必要があります。たとえば、フランス語のサイトを作成する場合、カナダにいたとしても、ロケールは常にフランス語に設定されます。そのため、選択する言語に関係なく、地域とロケールの両方の設定がお客様の場所に対して正しいことを確認することをお勧めします。

多言語サイトの詳細については、「多言語機能の概要」を参照してください。

  • 特定の言語で作成する必要があるサイト コレクションはありますか?

ガバナンスとは、組織がビジネス目標を達成するために協力する方法を調整するためのポリシー、役割、責任、プロセスのセットです。これらの目標は、組織が提供するサービスと、従業員が創出する知的財産管理の中心に置かれます。サイト コレクションの計画を立てるときは、サイト コレクションのガバナンスについても計画を立てる必要があります。

サイト コレクションの構成とガバナンスについて考えるときは、次の事項を明確にしてください。

達成目標

確認事項

共通の目標を共有する個人やチームのグループで構成される有効なサイト コレクション。

サイト コレクションの構造は組織の有効性を強化しますか?

情報が必要な人に対しては開かれているが、情報を参照すべきでない人に対しては情報がブロックされるセキュリティで保護されたサイト。

その構造は、規制要件やプライバシーのニーズとセキュリティ目標を満たす情報アーキテクチャを実現しますか?

読み取りアクセス、書き込みアクセス、またはその両方を許可する権限モデル。

コンテンツに対してユーザーに必要となるのはどの種類のアクセスですか?

必要なサイト コレクションでのみの外部ユーザーの認証。外部ユーザーに対するサイトへのアクセスの許可の詳細については、「組織外の人とサイトまたはドキュメントを共有する」を参照してください。

社外ユーザーにアクセス権は必要ですか?

適切に維持されるサイトの管理された計画。

サイト コレクション内のサイトの作成と管理をどのユーザーに許可しますか?

特定のアクションやアプリケーションのための場所 (サンドボックス ソリューションなど)。

ユーザーに対してどの機能を有効にしますか?

サイトを共有している人にとって有益なコンテンツが保存されているサイト コレクション。

コンテンツ検索の結果は、サイト コレクションを共有する人にとって関連性の高いものが返されるようになっていますか?

管理でき、アップグレードが容易なソリューション。

カスタマイズはどの程度まで許可しますか?

SharePoint 管理者は、サイト コレクションの復元と削除も行えます。ごみ箱に入れてから 90 日を過ぎていない限り、削除したサイト コレクションを復元できます。ごみ箱に入れて 90 日を過ぎるとサイト コレクションは自動的に完全に削除されます。つまり、ごみ箱によって、削除したサイト コレクションに組織が必要とするデータが含まれていないことを確認する時間が与えられています。詳細については、「削除されたサイト コレクションを復元する」を参照してください。

権限を管理して、コンテンツの保護に役立てる

サイト コレクションを設定および展開するときの重要な考慮事項は、権限とセキュリティです。サイトを成功させるには、ユーザーの本拠地の管理およびコンテンツとデータのセキュリティの保護を考慮する必要があります。

SharePoint Onlineサービスの管理には、次の 3 つの管理者ロールがあります。

  • グローバル管理者    Office 365 ポータルの管理者で、サービス ライセンス、ユーザーとグループ、ドメイン、購読しているサービスを管理できます。Office 365 では、グローバル管理者は SharePoint Online 管理者でもあります。

  • SharePoint 管理者    SharePoint 管理センターを使った SharePoint Online 環境の管理を主な仕事とするグローバル管理者です。サイト コレクションの作成と管理、サイト コレクション管理者の指定、テナントの設定の決定、Business Connectivity Services と Secure Store、InfoPath Forms Services、レコード管理、検索、ユーザー プロファイルの設定を行うことができます。

  • サイト コレクション管理者   サイト コレクションの管理の管理者権限を持つユーザーです。サイト コレクション管理者は、1 つだけプライマリ管理者は、いくつかことができます。SharePoint Online管理者は、サイト コレクションを作成するときに、サイト コレクションの管理者の権限を割り当てる必要があり、その後にサイト コレクションの他の管理者を追加することができます。

グローバル管理者または SharePoint 管理者が、プライマリ サイト コレクション管理者を指定をSharePoint Onlineでサイト コレクションを作成するときOffice 365 内で使用可能な第 2 のグローバル管理者であることをお勧めと同様、バックアップとして 1 つまたは複数のサイト コレクション管理者を指定するのには適切な保護がします。

詳細については、「サイト コレクションの管理者を管理する」を参照してください。

SharePoint Onlineビュー] または [サイトのコンテンツの編集をサイト ユーザーが外部ユーザー (つまり、Office 365 サブスクリプションにライセンスを持たないユーザー) に招待する機能を提供します。ユーザーの種類については、修飾がわからない場合に外部ユーザーと外部ユーザーがどのような権限が、 SharePoint Online 環境の外部共有を管理するを参照してください。外部共有は、外部のベンダー、顧客、または顧客との共同作業を組織のニーズをサポートできる強力なコラボレーション機能です。ただし、外部共有を管理する慎重にコンテンツを共有しないようにするが適切に保護されていることを確認するには。

組織の外部ユーザーとサイト上のコンテンツを共有するには、3 つの方法があります。

SharePoint Online環境 (テナント) とその中のサイト コレクションの既定で外部共有を有効にします。オフにするにはグローバルにユーザーがサイトの使用を開始する前に、または完全に機能を使用する方法がわかっていることがあります。外部ビジネスの重要なコンテンツを格納するサイト コレクションで無効にそのまま中に特定のサイト コレクションを共有できるようにすることもできます。有効にした外部共有と外部共有のレベルを許可するには、慎重配慮する必要があります。

外部共有は、SharePoint 管理センター内で、次の 2 つのレベルに設定できます。

  1. 外部全体SharePoint Online環境 (またはテナント) のオンとオフを切り替えるをグローバルに共有することができます   。さらに、外部共有を有効にする場合は、認証済みユーザーと匿名ゲスト リンクを使用してユーザーの両方を含むコンテンツを共有するユーザーを入力できるようにするか、認証済みのユーザーとのみ共有を許可する場合を指定できます。

  2. 外部個々 のサイト コレクションのオンとオフを共有することができます   。これには、共有したくない特定のサイト コレクションのコンテンツを保護する機能。サイト コレクション (認証されたユーザーとの共有または認証済みユーザーと匿名ゲスト リンクを使用するユーザーと共有する) で入力できるようにする共有のレベルを指定することもできます。

外部共有の有効化と管理については、「SharePoint オンライン環境の外部共有を管理する」を参照してください。ユーザーによるコンテンツの共有方法については、「組織外の人とサイトまたはドキュメントを共有する」を参照してください。

SharePoint OnlineIRM では、 Microsoft Azure Active Directory Rights Management サービス (RMS)、Office 365 での情報保護テクノロジを使用します。SharePoint リストおよびライブラリ内のファイルには、information Rights Management (IRM) の保護を適用できます。詳細については、「 Microsoft Azure Active Directory Rights Management 何ですか?

リストまたはライブラリに対して IRM が有効にされると、ファイルは暗号されるため、正当なユーザーだけがその内容を表示したり、特定の処理をファイルに対して行ったりできます。また、アクセス権管理が設定されたファイルには発行ライセンスも含まれるため、ファイルを表示できるユーザーが制限されます。一般的な制限は、ファイルを読み取り専用にする、テキストのコピーを禁止する、ローカル コピーの保存を禁止する、ファイルの印刷を禁止する、などです。IRM 対応のファイルの種類を読み取ることができるクライアント プログラムでは、アクセス権管理が設定されたファイルに含まれる発行ライセンスを使って、このような制限を適用します。アクセス権管理が設定されたファイルの保護がダウンロードされた後でも維持されるのは、このようなしくみによります。

既定では、Office 365 にサインアップすると、IRM が無効になります。SharePoint 管理センターを使用して IRM サービスを有効にする前に、Office 365 のグローバル管理者は、最初に Rights Management の Windows PowerShell モジュールをインストールし、Rights Management サービスに接続する必要があります。詳細については、の Information Rights Management (IRM) で SharePoint Online を設定、リストまたはライブラリに Information Rights Management を適用するを参照してください。

個人用サイトとソーシャル機能を有効にする

ユーザー プロファイルは、SharePoint ユーザーを表すプロパティの集まりです。個人用サイトやひとの検索などの機能では、ユーザー プロファイルを使って、個人設定された優れた作業環境を組織内のユーザーに提供します。多くのソーシャル機能でユーザー プロファイルが参照されるため、ユーザー プロファイルの設定は、ソーシャル機能の設定と密接に関連します。

Office 365 でユーザー アカウントが作成されると、管理者は、ユーザーの詳細 (肩書き、所属部署、電話番号、その他 Office 365 のグローバル アドレス一覧に表示するプロパティなど) を手動で入力できます。または、Microsoft Online Services ディレクトリ同期ツールを使って、組織の Active Directory ユーザー アカウント (およびその他の Active Directory オブジェクト) を Office 365 に複製することもできます。この情報はユーザーの SharePoint Online プロファイルに取り込まれます。

ユーザー プロファイル情報を手動で Office 365 ディレクトリ サービスに入力した場合も、Active Directory で同期した場合も、ユーザー プロファイルに追加したい情報があるのに入力フィールドがないときは、SharePoint Online ユーザー プロファイルのプロパティを作成することを検討してください。これらのプロパティの動作を表すポリシーを定義することもできます。

ユーザー プロファイルのプロパティを追加すると、組織の SharePoint ソーシャル環境 (ひとの検索やおすすめ候補など) を向上できます。たとえば、従業員が関わっているプロジェクトのユーザー プロファイル プロパティを作成し、その人の得意分野を他の人が検索できるようにします。

これらのプロパティは SharePoint Online に固有のものし、この情報は Office 365 に複製されないことに留意してください。つまり、グローバル アドレス一覧に追加できないためには、Exchange Online や Skype for Business] などの Office 365 サービスにこの情報は表示されません。

ユーザー プロファイルを計画する際は、次の質問を使って共同作業についての組織のニーズを検討するところから始めてください。計画作業の範囲が広がりすぎないようにするために、プロパティの追加を検討するときは、主要なビジネス ニーズを満たすものや各サイト コレクションに対して想定されるシナリオを実現するものだけに限定してください。必要と思われるプロパティが考えられるとしても、それが特定のシナリオを実現するものでない場合は、今後必要になるかもしれないという理由で追加するのではなく、通常の運用を開始した後で必要になったら追加してください。新しいプロパティを追加する必要がまったくないこともあり得ます。

決定する内容

確認事項

コア ユーザー プロファイルのプロパティはどれを使用するか。プロパティは、コンテンツを対象としたときに使用する対象ユーザーを作成して、同僚とワークグループの間のリレーションシップを確立する、ユーザーを検索するときに重要です。

既定のユーザー プロファイルのプロパティはニーズを満たしていますか?

どのようにユーザー入力この情報は、および表示できるユーザーですか。

新しいプロパティを作成する場合、どのようなポリシーを適用する必要がありますか?

一貫性のある分類に役立つ SharePoint search サービスと一致して、ユーザーを検索する必要はよいですか。たとえば、「得意」という名前のプロファイル プロパティを作成するとします。このフィールドに入力できるユーザーを管理する、このプロパティでは、します。場合は、独自の値を入力して他のユーザーをして、検索する方法とは異なる書き込み、可能性があります。この例では、ユーザーはこの情報を入力するのに選択できるオプションを指定する用語セットを作成することがあります。

新しいプロファイル プロパティの入力オプションをユーザーに提示するための用語セットを作成する必要がありますか?

用語セットの詳細については、「管理されたメタデータの概要」を参照してください。

注記: 

  • Active Directory の情報がある方向でのみがディレクトリ同期ツール (DirSync) は、移行しても、SharePoint Online と同期する Active Directory のユーザー プロファイルを許可しているときをオンプレミスの Active Directory の展開からSharePoint Online します。これにより、SharePoint Online でユーザーの情報には、Active Directory でユーザー データの最新かつ正確な状態が反映されます。Office 365 のディレクトリ サービスの詳細については、 Office 365 のディレクトリ同期を設定し、展開する Office 365 のディレクトリ同期 (DirSync) Microsoft Azureをご覧ください。

  • ユーザー プロファイルを Active Directory と同期する際には、Active Directory グループを同期することもできます。グループを同期すると、どのユーザーがどのグループのメンバーであるかという情報を SharePoint Online に伝達できます。

  • Active Directory 管理者が Active Directory でカスタム属性を作成した場合、その情報は既定の Office 365 プロパティにはマッピングされず、同期も行われません。

ユーザー プロファイルの詳細については、「SharePoint Online でユーザー プロファイルを管理する」を参照してください。

SharePoint の対象ユーザーを使用すると、ジョブやタスクに基づいて、ユーザーにコンテンツを表示することができます。により、1 つまたは複数アイテムの対象ユーザーによって定義されることができます: 配布リスト、Windows セキュリティ グループ、SharePoint グループのメンバーシップ組織のロールです。一般向けのプロパティでユーザー プロファイルをまたはナビゲーション リンク、リスト アイテム、ライブラリのアイテム、および web パーツの対象ユーザーをコンテンツの対象ことができます。

対象コンテンツの対象ユーザーを作成する前に、サイト コレクション管理者とサイト所有者に相談し、サイトで使うサイト要素を決定する必要があります。これは、ユーザーがさまざまなサイトをどのように利用しているかを考え、コンテンツ対象設定の使い方を決めるのに役立ちます。

定義した後は、さまざまな方法でコンテンツを対象とする対象ユーザーを使用できます。たとえば、Microsoft Office 2016 のプログラム] リンクを表示する名前を付けて保存] で定義できます > SharePoint の最近使用したフォルダーをし、各リンクを表示できるユーザーを設定します。(以前は個人用サイトと呼ばれる)、個人用サイトでトップ リンク バーに表示されるサイトのナビゲーション リンクの対象ユーザーを設定できます。対象ユーザーが設定されている環境では、サイト管理者は、コンテンツの対象者を web パーツを使用できます。

対象ユーザーを計画するときは、組織のニーズに合わせて、主要な対象ユーザーの数を可能な限り絞り込むことを目標としてください。

SharePoint Onlineの対象ユーザーは、SharePoint の権限によって異なります。場合は、特定のサイト、ドキュメント ライブラリ、またはドキュメントへの人のアクセスを無効にするアクセス許可を構成することを行うことができます。この計画の詳細については、計画を策定するアクセス許可を参照してください。

対象ユーザーの詳細については、「SharePoint Online でユーザー プロファイルの対象ユーザーを管理する」を参照してください。

個人用サイトは、組織内の各メンバーに用意されており、ソーシャル ネットワーキングと共同作業のためのさまざまな機能を備えています。さらに、Office 365 ユーザーは個人用サイトを集中管理の場所として使い、情報を保存、共有、管理できます。ユーザーは、SharePoint Online サイトの上部にある [サイト] をクリックすると自分の個人用サイトにアクセスできます。個人用サイトのサイト コレクションが作成された後で [ニュースフィード] または [OneDrive] をクリックすると、個人用サイトの別の場所に移動します。さらに、ページの右上隅にあるユーザー名をクリックし、[自己紹介] をクリックすると、個人用サイト所有者の活動が掲載された [個人用サイト] ページに移動します。

SharePoint Online 管理者は、組織内の各ユーザーの個人用サイトをカスタマイズし、ポリシーを有効にしてプライバシーを保護できます。

既定では、個人用サイトには 3 つの主なコンポーネントがあります。

  • [個人用ニュースフィード] は、既定のランディング ページです。このページには、ユーザーが指定した仕事仲間と興味に関連する最近のアクティビティのフィードが表示されます。ユーザーは、仕事仲間の管理、関心事の指定、管理対象アクティビティの指定により、ニュースフィードをカスタマイズできます。

  • [個人用 OneDrive for Business コンテンツ] は、ユーザーが個人用サイトに保存したコンテンツが表示される Web パーツ ページです。

  • [個人用サイト] は、管理対象に指定したサイトへのリンクと、おすすめサイトへのリンクを集めたページです。

  • [自己紹介] にはユーザーのプロファイル ページが表示され、組織内の他のユーザーが見ることができます。自分の専門領域、プロファイル画像などをここで公開できます。[個人用ニュースフィード] ページと [OneDrive for Business 個人用コンテンツ] ページは、ユーザー本人しか見ることができませんが、[個人用プロファイル] ページは、そのユーザーと組織内の他のユーザーが、そのユーザーの個人用サイトにアクセスしたときに表示されます。

効果的なマーケティング文書を個人用サイトの計画、個人用サイトのクォータが必要なSharePoint Onlineの管理を判断します。SharePoint Online管理者が重要な設定については、個人用サイトの場合は、およびその他のプライバシーおよびセキュリティ設定は読み取りアクセス許可を持つ信頼できるホストの場所、好みの検索センター、どのようなアカウントまたはグループなどを指定することも、SharePoint 管理センターで、ユーザー プロファイルの [します。SharePoint Online管理者も個人用サイトのユーザーのプロファイルのページに表示されるユーザー プロファイルのプロパティを制御します。

サイト コレクション管理者またはサイト所有者は、チーム サイトで使える [サイト フィード] 機能をサイトで有効にするかどうかを決定できます。この機能を有効にすると、サイト固有のニュースフィードやマイクロフィードが作成され、これをサイトで読んだり、個人用サイトから管理したりできます。

次の表は、ソーシャル機能の権限に関するガイダンスをまとめたものです。

権限

ガイダンス

個人用サイトの作成

既定の設定では、認証を受けたユーザー全員が [個人用サイト] Web サイトを作成できます。既定の設定を組織に適用してよいかどうかをご確認ください。既定の設定を使う代わりに、セキュリティ グループを使って、組織内の一部のユーザーのみに "個人用サイトの作成" を許可することもできます。

ソーシャル機能の使用

既定では、すべての認証済みユーザー追加できます評価およびソーシャル タグ ドキュメント、その他のSharePoint Onlineアイテム、および外部の Web ページやブログの投稿など、その他のアイテム。個人用サイトの Web サイトのプロファイル ページまたはSharePoint Onlineの任意のページに一時的なノートを送信することもできます。また、組織内のユーザーのサブセットをソーシャル機能を使用してアクセス許可を付与するのに 1 つ以上のセキュリティ グループを使用することができます。

個人機能の使用

既定の設定では、認証を受けたユーザー全員が自分のプロファイルの編集、仕事仲間の追加と編集、メンバーシップの追加と編集を行うことができます。既定の設定を使う代わりに、セキュリティ グループを使って、組織内の一部のユーザーのみに "個人機能の使用" を許可することもできます。

特殊な考慮事項

個人用サイトの機能のうち、特殊な考慮事項が必要なものを次に示します。

  • ニュースフィード    既定では、ニュースフィード機能は有効になっており、サイト ユーザーは、個人用サイトのニュースフィード ページで仕事仲間のアクティビティを管理できます。ユーザーのニュースフィードに表示されるのは、そのユーザーにアクセス許可が付与されているアクティビティのみです。個人用サイトを計画するときは、この機能のプライバシーへの影響を考慮し、必要に応じて軽減策を提供してください。

  • [タグとメモ] ツール   タグとメモ ツールがオンまたはオフにで切り替えるSharePoint 管理センター使用タグとメモのアクセス許可の設定を使用しています。この設定は、使用するタグとメモのアクセス許可を持つすべてのユーザーに適用されます。

個人用サイトの管理についての詳細については、 SharePoint Online の個人用サイトの管理設定を参照してください。

一部の機能を構成するか、SharePoint 管理センターからグローバル管理があります。ために計画時間とリソースが便利な組織があるビジネスかどうかを評価するのには、特定の機能の必要があります。

この手順は、そのような機能の構成を計画するにあたって、管理スタッフのほかに組織内の特定分野の専門家に参加してもらう必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。たとえば、用語ストアなどの構成機能や、コンテンツ オーガナイザーなどのレコード管理機能に必要な要件を集めるため、分類法、レコード管理、コンテンツ管理を扱う組織内の担当者との協力が必要になる場合があります。

必要な機能

設定方法の参照先

サイト ユーザーが入力するためのブラウザー対応フォームの作成、公開をサイト デザイナーが求めている。

InfoPath Forms Services では、ブラウザーで表示するフォームを使用できます。E3 および E4 Office 365 プランの使用可能になります。InfoPath Forms Servicesは、 SharePoint Server 2016でサポートされています。

外部アプリケーションに保存されているビジネス データを扱う必要があり、そのデータを SharePoint Online サイトに統合したい。

Business Connectivity Services を使うと、SQL Azure データベースや Windows Communication Foundation (WCF) Web サービスなどのデータ ソースに接続できます。

サイト上の情報を分類、整理するために、分類法を作成して使いたい。

用語ストアの管理ツールを使って、集中管理された階層型の用語コレクション (用語セット) を作成、インポート、管理できます。

レコード管理またはドキュメント管理の条件に基づいて、コンテンツを指定した場所に自動的に転送する必要がある。

SharePoint Online環境の検索を構成する必要があります。

ユーザーが、社内で開発されたビジネス アプリケーションまたはサードパーティ製アプリケーションを検索、インストールして、サイトをカスタマイズし、拡張できるようにしたい。

電子情報開示センターを作成して、調査、監査、または訴訟で電子情報開示要求の対象になる可能性のあるコンテンツを管理したい。

電子情報開示センターはサイト コレクションの 1 つで、SharePoint 管理センターで作成する必要があります。電子情報開示センターのテンプレートは、新しいサイト コレクションのダイアログ ボックスの [エンタープライズ] タブにあります。作成された各新規案件は、電子情報開示センターのサイト コレクション内のサイトになります。

計画の一部として、組織がある特定のビジネス ニーズSharePoint Onlineをカスタマイズするのには、サード パーティ サービスまたはアプリケーションを使用することが必要となるかどうかを評価する必要があります。たとえば、組織がSharePoint Onlineサイトに大量のコンテンツまたは多数のユーザーを移行する必要があります。または、サポートが必要なリストのメールが有効なビジネス プロセスを必要があります。組織のメリットを享受サード パーティ サービスまたはアプリケーションがいる場合は、くださいを紹介してプロフェッショナルなサービス アプリケーションの利用可能なMicrosoft パートナー センターでパートナーからします。クラウドに展開するか、ビジネスのニーズにMicrosoft Office 365を調整するための専門家が表示されます。調べて、使用可能なサード パーティ サービスと計画プロセスの開始時の解決方法を調査することをお勧めします。

一般法人向け Office 365 用 SharePoint Online 計画ガイド」に戻ります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×