SharePoint ワークスペースの外部リストを使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint リストの多くは SharePoint サイトの "内部用" です。ユーザーはサイトのリストに項目を直接作成して保存できます。一部の SharePoint リストは "外部用" です。これらのリストでは、SharePoint および Office 2010 の Business Connectivity Services (BCS) 機能を使用してデータを取得し、基幹業務システム、Web 2.0 サービスなどの外部システムからデータを直接抽出します。

SharePoint ワークスペースの外部リストは、他の種類の SharePoint リストと同じようにダウンロードしたり、同期したりできます。SharePoint ワークスペースのテキスト ウィンドウでは、コンテンツを "種類" で並び替えると、"外部リスト" の見出しの下にこれらのリストが並べ替えられます。

ここでは、外部リストと SharePoint ワークスペースのその他の種類の SharePoint リストの動作や機能の違いについて説明します。

システム要件

外部リストをダウンロードします。

外部リストを同期します。

SharePoint ワークスペースの外部リストのコンテンツを検索します。

外部リストのアイテムをフィルター処理、並べ替え、グループ化、または

ローカル キャッシュを更新します。

外部リストの競合とエラーを解決します。

システム要件

次の要件に注意してください。

  • 外部リストは SharePoint Server (エンタープライズ クライアント アクセス ライセンス付き) 上でホストしてください。

  • Microsoft .Net Framework 3.5 以降がシステムに必要です。

  • "Business Connectivity Services"オプションを有効にする Microsoft Office 2010 のインストールが必要です。このオプションは、「Office の共有] 下に表示] が既定で有効にします。任意のインストール時に、このオプションを無効にした場合は、Windows コントロール パネルの [プログラムの追加/削除を使用して、インストールを更新することができます。このオプションを有効にしたかどうかわからない場合は、管理者を参照してください。

ページの先頭へ

外部リストをダウンロードする

外部リストを SharePoint ワークスペースにダウンロードしているとき、リストをインストールするためのインストール ダイアログが別に表示されます。このダイアログは、SharePoint ワークスペースの外部リストの使用時に [ツールの同期] を選択したときにも表示されます。

使用できるリストやライブラリを確認するために [コンピューターと同期] ダイアログ ボックスの [構成] オプションを選択すると、[設定の構成] ダイアログ ボックスに外部リストが表示されますが、次の相違点があります。

  • [項目] フィールドと [最終更新日] フィールドは空になります。外部リストの場合、項目数および最終更新日のデータは SharePoint に保存されないため、これらの値は提供されません。

  • [ダウンロード ドロップダウン メニューは既定のビューに設定されます。選択した外部リストに複数のビューがある場合は、ドロップダウン メニューから [選択したビュー] を選択し、[編集] をクリックして、別のビューを選択できます。

    リストに大量の項目があり、ダウンロードの対象を絞る必要がある場合は、別のビューを選択することができます。

ページの先頭へ

外部リストを同期する

オンラインの場合、SharePoint ワークスペースの外部リストに保存した更新は、外部システムと直ちに同期されます。

ただし、SharePoint サイトと SharePoint ワークスペースの外部リストとの間の自動同期は、他の SharePoint リストよりも格段に頻度が低く、通常は約 180 分ごとに行われます。リストに対する構造の変更を含め、最新のデータを使用するようにするには、必要に応じて、同期を手動で開始します。

ページの先頭へ

SharePoint ワークスペースの外部リストのコンテンツを検索する

(Windows Search 4.0 で動作します)、SharePoint ワークスペースの検索機能は、外部リストのコンテンツに関する結果を返しません。ただし、それぞれ個別の外部リストで利用可能な検索]機能を使用することができます。

ページの先頭へ

外部リストの項目の並べ替え、グループ化、またはフィルター処理を行う

外部リストの列見出しの横にあるドロップダウン矢印をクリックすると、SharePoint サイトの外部リストに使用できるものと同じ並べ替え、グループ化、およびフィルター処理のオプションが表示されます。

外部リストの並べ替え、グループ化、フィルター処理オプション

ページの先頭へ

ローカル キャッシュを更新する

まれにですが、SharePoint ワークスペースの外部リストでユーザーが使用しているデータと同じデータを他の Microsoft Office アプリケーションが使用することがあります。SharePoint Workspace は他の Microsoft Office アプリケーションと同期されないので、外部リストのデータが別のアプリケーションで更新され、SharePoint Workspace のデータが最新のものではなくなることがあります。

他の Office アプリケーションと比べて最新のコンテンツを使用するようにするには、ローカル キャッシュを更新します。これを行うには、[同期] をクリックし、[ローカル キャッシュから更新] をクリックします。

注: 外部リストのコンテンツは、ワークスペースでリストを選択するたびに更新されます。

ページの先頭へ

外部リストの競合とエラーを解決する

外部リストの競合とエラーを解決する方法の詳細については、外部のリスト ツールで競合とエラーを解決するを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×