SharePoint リストの一般的な数式の例

SharePoint リストの一般的な数式の例

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePointリストまたはSharePointライブラリの計算列の数式を使って価格で消費税を計算するなどの既存の列に追加できます。プログラムでデータを検証するのには、これらを結合できます。

特に指定しない限り、数式を入力しと、キーワードと演算子の間にスペースはありません。次のコードは、すべてを網羅した一覧します。SharePointには、すべての数式を表示、この記事の最後にアルファベット順] ボックスの一覧を参照してください

注: 集計フィールドは、その行でのみ処理することができるため、別の行や、別のリストまたはライブラリに含まれる列の値を参照することはできません。ルックアップ フィールドは数式でサポートされていません。また、数式が処理されるときに ID が存在しないため、新しく挿入された行の ID を使用することはできません。

次の数式を使用して、ステートメントの条件をテストし、Yes または No の値を返すこと、OK または Not OK などの代替値をテストすること、または null 値を表す空白やダッシュを返すことができます。

ある数値が別の数値より大きいか小さいかを確認する

この比較を実行するには IF 関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (考えられる結果)

15000

9000

=[Column1] + [Column2]

Column1 が Column2 より大きいか (Yes)

15000

9000

=IF([Column1]<=[Column2], "OK", "Not OK")

Column1 が Column2 以下であるか (Not OK)

列の内容の比較後に論理値を返す

結果が論理値 (Yes または No) の場合は、AND 関数、OR 関数、NOT 関数を使用します。

Column1

Column2

Column3

数式

説明 (考えられる結果)

15

9

8

=AND([Column1]>[Column2], [Column1]<[Column3])

15 は 9 より大きく 8 より小さいか (No)

15

9

8

=OR([Column1]>[Column2], [Column1]<[Column3])

15 は 9 より大きいか、または 8 より小さいか (Yes)

15

9

8

=NOT([Column1]+[Column2]=24)

15 + 9 は 24 と等しくないか (No)

結果が別の計算の場合、または Yes か No 以外の値の場合は、IF 関数、AND 関数、OR 関数を使用します。

Column1

Column2

Column3

数式

説明 (考えられる結果)

15

9

8

=IF([Column1]=15, "OK", "Not OK")

Column1 値が 15 と等しい場合は "OK" を返します (OK)

15

9

8

=IF(AND([Column1]>[Column2], [Column1]<[Column3]), "OK", "Not OK")

15 が 9 より大きく 8 より小さい場合は "OK" を返します (Not OK)

15

9

8

=IF(OR([Column1]>[Column2], [Column1]<[Column3]), "OK", "Not OK")

15 が 9 より大きいか 8 より小さい場合は "OK" を返します (OK)

空白またはダッシュとして 0 を表示する

ゼロを表示するには単純な計算を実行します。空白またはダッシュを表示するには、IF 関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (考えられる結果)

10

10

=[Column1]-[Column2]

A2 の値から A3 の値を減算します (0)

15

9

=IF([Column1]-[Column2],"-",[Column1]-[Column2])

A2 の値から A3 の値を減算し、計算結果の値が 0 の場合は "-" を返します (-)

列のエラー値を非表示にする

エラー値の代わりにダッシュ、#N/A、または NA を表示するには、ISERROR 関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (考えられる結果)

10

0

=[Column1]/[Column2]

エラー値が返されます (#DIV/0)

10

0

=IF(ISERROR([Column1]/[Column2]),"NA",[Column1]/[Column2])

A2/A3 の計算結果がエラーの場合は、NA が返されます

10

0

=IF(ISERROR([Column1]/[Column2]),"-",[Column1]/[Column2])

A2/A3 の計算結果がエラーの場合は、ダッシュ (-) が返されます

空白のフィールドのチェック

空白のフィールドを検索するのに ISBLANK 数式を使用することができます。

Column1

数式

説明 (考えられる結果)

「ゼリー ビーン」

= ISBLANK([Column1]

空白かどうかの場合は [はい] または [いいえ] を返します。

「スチール」

IF(ISBLANK([Column1])、"Not OK"、"OK"を =)

独自の選択肢を入力 - 1 つは空白の場合、2 番目されていない場合

複数のIS関数では、 IS 関数を参照してください。

次の数式を使用して、日付への日数、月数、または年数の加算、2 つの日付の差の計算、時間から 10 進値への変換など、日付と時刻に基づく計算を実行できます。

日付を加算する

日付に日数を加算するには、加算 (+) 演算子を使用します。

注: 日付を操作する場合、集計列の戻り値の型は日付と時刻に設定する必要があります。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

6/9/2007

3

=[Column1]+[Column2]

2007 年 6 月 9 日に 3 日を加算します (6/12/2007)

12/10/2008

54

=[Column1]+[Column2]

2008 年 12 月 10 日に 54 日を追加します (2/2/2009)

日付に月数を加算するには、DATE 関数、YEAR 関数、MONTH 関数、DAY 関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

6/9/2007

3

=DATE(YEAR([Column1]),MONTH([Column1])+[Column2],DAY([Column1]))

2007 年 6 月 9 日に 3 か月を加算します (9/9/2007)

12/10/2008

25

=DATE(YEAR([Column1]),MONTH([Column1])+[Column2],DAY([Column1]))

2008 年 12 月 10 日に 25 か月を加算します (1/10/2011)

日付に年数を加算するには、DATE 関数、YEAR 関数、MONTH 関数、DAY 関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

6/9/2007

3

=DATE(YEAR([Column1])+[Column2],MONTH([Column1]),DAY([Column1]))

2007 年 6 月 9 日に 3 年を加算します (6/9/2010)

12/10/2008

25

=DATE(YEAR([Column1])+[Column2],MONTH([Column1]),DAY([Column1]))

2008 年 12 月 10 日に 25 年を加算します (12/10/2033)

日付に日数、月数、年数の組み合わせを加算するには、DATE 関数、YEAR 関数、MONTH 関数、DAY 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

6/9/2007

=DATE(YEAR([Column1])+3,MONTH([Column1])+1,DAY([Column1])+5)

2007 年 6 月 9 日に 3 年 1 か月と 5 日を加算します (7/14/2010)

12/10/2008

=DATE(YEAR([Column1])+1,MONTH([Column1])+7,DAY([Column1])+5)

2008 年 12 月 10 日に 1 年 7 か月と 5 日を加算します (7/15/2010)

2 つの日付間の差分を計算する

この計算を実行するには DATEDIF 関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

01-Jan-1995

15-Jun-1999

=DATEDIF([Column1], [Column2],"d")

2 つの日付の間の日数を返します (1626)

01-Jan-1995

15-Jun-1999

=DATEDIF([Column1], [Column2],"ym")

年の部分を無視して、日付の間の月数を返します (5)

01-Jan-1995

15-Jun-1999

=DATEDIF([Column1], [Column2],"yd")

年の部分を無視して、日付の間の日数を返します (165)

2 つの時刻の差を計算する

標準時間形式 (時間:分:秒) で結果を表示するには、減算演算子 (-) および TEXT 関数を使用します。このメソッドを使用するには、時間が 24 時間以下、分および秒が 60 以下である必要があります。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

06/09/2007 10:35 AM

06/09/2007 3:30 PM

=TEXT([Column2]-[Column1],"h")

2 つの時刻の間の時間数 (4)

06/09/2007 10:35 AM

06/09/2007 3:30 PM

=TEXT([Column2]-[Column1],"h:mm")

2 つの時刻の間の時間と分 (4:55)

06/09/2007 10:35 AM

06/09/2007 3:30 PM

=TEXT([Column2]-[Column1],"h:mm:ss")

2 つの時刻の間の時間、分、秒 (4:55:00)

1 つの時間単位に基づいて結果全体を表示するには、INT 関数を使用するか、HOUR 関数、MINUTE 関数、または SECOND 関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

06/09/2007 10:35 AM

06/10/2007 3:30 PM

=INT(([Column2]-[Column1])*24)

2 つの時刻の間の合計時間数 (28)

06/09/2007 10:35 AM

06/10/2007 3:30 PM

=INT(([Column2]-[Column1])*1440)

2 つの時刻の間の合計分数 (1735)

06/09/2007 10:35 AM

06/10/2007 3:30 PM

=INT(([Column2]-[Column1])*86400)

2 つの時刻の間の合計秒数 (104100)

06/09/2007 10:35 AM

06/10/2007 3:30 PM

=HOUR([Column2]-[Column1])

差が 24 を超えない場合に、2 つの時刻の間の時間数 (4)

06/09/2007 10:35 AM

06/10/2007 3:30 PM

=MINUTE([Column2]-[Column1])

差が 60 を超えない場合に、2 つの時刻の間の分数 (55)

06/09/2007 10:35 AM

06/10/2007 3:30 PM

=SECOND([Column2]-[Column1])

差が 60 を超えない場合に、2 つの時刻の間の秒数 (0)

時間を変換する

時間を標準時間形式から 10 進数に変換するには、INT 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

10:35 AM

=([Column1]-INT([Column1]))*24

12:00 AM からの時間数 (10.583333)

12:15 AM

=([Column1]-INT([Column1]))*24

12:00 AM からの時間数 (12.25)

時間を 10 進数から標準時間形式 (時間:分:秒) に変換するには、除算演算子と TEXT 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

23:58

=TEXT(Column1/24, "hh:mm:ss")

12: 00 AM からの時間数、分数、秒数 (00:59:55)

2:06

=TEXT(Column1/24, "h:mm")

12: 00 AM からの時間数と分数 (0:05)

ユリウス日を挿入する

ユリウス日は、現在の年と年初からの日数の組み合わせである日付形式を表します。 たとえば、2007 年 1 月 1 日は 2007001 と表され、2007 年 12 月 31 日は 2007365 と表されます。 この形式は、ユリウス暦に基づいていません。

日付をユリウス日に変換するには、TEXT 関数および DATEVALUE 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

6/23/2007

=TEXT([Column1],"yy")&TEXT(([Column1]-DATEVALUE("1/1/"& TEXT([Column1],"yy"))+1),"000")

2 桁の年でのユリウス形式の日付 (07174)

6/23/2007

=TEXT([Column1],"yyyy")&TEXT(([Column1]-DATEVALUE("1/1/"&TEXT([Column1],"yy"))+1),"000")

4 桁の年でのユリウス形式の日付 (2007174)

日付を天文学で使用されるユリウス日に変換するには、定数 2415018.50 を使用します。 この数式は、1900 の日付体系を使用している場合に 1901 年 3 月 1 日より後の日付に対してのみ機能します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

6/23/2007

=[Column1]+2415018.50

天文学で使用されているユリウス形式での日付 (2454274.50)

日付を曜日として表示する

日付を曜日のテキストに変換するには、 TEXT 関数および WEEKDAY 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (考えられる結果)

19-Feb-2007

=TEXT(WEEKDAY([Column1]), "dddd")

日付の曜日を計算し、完全な曜日名を返します (Monday)

3-Jan-2008

=TEXT(WEEKDAY([Column1]), "ddd")

日付の曜日を計算し、省略された曜日名を返します (Thu)

次の数式を使用して、数値の加算、減算、乗算、除算、平均値や中央値の計算、数値の丸め、値のカウントなど、さまざまな数学計算を実行できます。

数値を加算する

1 行の 2 つ以上の列の数値を加算するには、加算演算子 (+) または SUM 関数を使用します。

Column1

Column2

Column3

数式

説明 (計算結果)

6

5

4

=[Column1]+[Column2]+[Column3]

最初の 3 列の値を加算します (15)

6

5

4

=SUM([Column1],[Column2],[Column3])

最初の 3 列の値を加算します (15)

6

5

4

=SUM(IF([Column1]>[Column2], [Column1]-[Column2], 10), [Column3])

Column1 が Column2 より大きい場合は、その差と Column3 を加算します。 それ以外の場合は 10 と Column3 を加算します (5)

数値を減算する

1 行の 2 つ以上の列の数値を減算するには、減算演算子 (-) または負の数値を指定した SUM 関数を使用します。

Column1

Column2

Column3

数式

説明 (計算結果)

15000

9000

-8000

=[Column1]-[Column2]

15000 から 9000 を減算します (6000)

15000

9000

-8000

=SUM([Column1], [Column2], [Column3])

負の値を含め、最初の 3 列の数値を加算します (16000)

2 つの数値の差をパーセンテージとして計算する

減算 (-)、除算 (/) 演算子とABS関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

2342

2500

=([Column2]-[Column1])/ABS([Column1])

変化のパーセンテージ (6.75% または 0.06746)

数値の積を求める

1 行の 2 つ以上の列の数値を乗算するには、乗算演算子 (*) または PRODUCT 関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

5

2

=[Column1]*[Column2]

最初の 2 列の数値を乗算します (10)

5

2

=PRODUCT([Column1], [Column2])

最初の 2 列の数値を乗算します (10)

5

2

=PRODUCT([Column1],[Column2],2)

最初の 2 列の数値と 2 を乗算します (20)

数値を除算する

1 行の 2 つ以上の列の数値を除算するには、除算演算子 (/) を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

15000

12

=[Column1]/[Column2]

15000 を 12 で除算します (1250)

15000

12

=([Column1]+10000)/[Column2]

15000 と 10000 を加算し、合計を 12 で除算します (2083)

数値の平均を計算する

平均は平均値とも呼ばれます。1 行の 2 つ以上の列の数値の平均を計算するには、AVERAGE 関数を使用します。

Column1

Column2

Column3

数式

説明 (計算結果)

6

5

4

=AVERAGE([Column1], [Column2],[Column3])

最初の 3 列の数値の平均 (5)

6

5

4

=AVERAGE(IF([Column1]>[Column2], [Column1]-[Column2], 10), [Column3])

Column1 が Column2 よりも大きい場合は、その差と Column3 の平均を計算します。 それ以外の場合は、値 10 と Column3 の平均を計算します (2.5)

数値の中央値を計算する

中央値は、順序付けられた数値の範囲の中心にある値です。数値のグループの中央値を計算するには、MEDIAN 関数を使用します。

A

B

C

D

E

F

数式

説明 (計算結果)

10

7

9

27

0

4

=MEDIAN(A, B, C, D, E, F)

最初の 6 列の数値の中央値 (8)

範囲内の最小数または最大数を計算する

1 行の 2 つ以上の列の最小数または最大数を計算するには、MIN 関数および MAX 関数を使用します。

Column1

Column2

Column3

数式

説明 (計算結果)

10

7

9

=MIN([Column1], [Column2], [Column3])

最小数 (7)

10

7

9

=MAX([Column1], [Column2], [Column3])

最大数 (10)

値をカウントする

数値をカウントするには、COUNT 関数を使用します。

Column1

Column2

Column3

数式

説明 (計算結果)

りんご

12/12/2007

=COUNT([Column1], [Column2], [Column3])

数値を含む列の数をカウントします。 日付と時刻、テキスト、null 値は除外します (0)

$12

#DIV/0!

1.01

=COUNT([Column1], [Column2], [Column3])

数値を含む列の数をカウントしますが、エラーおよび論理値は除外します (2)

一定の割合で数値を増加または減少させる

この計算を実行するにはパーセント (%) 演算子を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

23

3%

=[Column1]*(1+5%)

列 1 の数値を 5% 増やします (24.15)

23

3%

=[Column1]*(1+[Column2])

列 1 の数値を列 2 のパーセント値 (3%) だけ増やします (23.69)

23

3%

=[Column1]*(1-[Column2])

列 1 の数値を列 2 のパーセント値 (3%) だけ減らします (22.31)

数値のべき乗を求める

この計算を実行するには、指数演算子 (^) または POWER 関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

5

2

=[Column1]^[Column2]

5 の 2 乗を計算します (25)

5

3

=POWER([Column1], [Column2])

5 の 3 乗を計算します (125)

数値を丸める

数値を丸めるには、ROUNDUP 関数、ODD 関数、または EVEN 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

20.3

=ROUNDUP([Column1],0)

20.3 を 1 の位に切り上げます (21)

-5.9

=ROUNDUP([Column1],0)

-5.9 を最も近い整数に切り上げます (-5)

12.5493

=ROUNDUP([Column1],2)

12.5493 を最も近い 100 分の 1 単位 (小数点以下 2 桁) に切り上げます (12.55)

20.3

=EVEN([Column1])

20.3 を最も近い偶数に切り上げます (22)

20.3

=ODD([Column1])

20.3 を最も近い奇数に切り上げます (21)

数値を切り捨てるには、ROUNDDOWN 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

20.3

=ROUNDDOWN([Column1],0)

20.3 を最も近い整数に切り捨てます (20)

-5.9

=ROUNDDOWN([Column1],0)

-5.9 を最も近い整数に切り捨てます (-6)

12.5493

=ROUNDDOWN([Column1],2)

12.5493 を最も近い 100 分の 1 単位 (小数点以下 2 桁) に切り捨てます (12.54)

数値を最も近い数値または小数に四捨五入するには、ROUND 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

20.3

=ROUND([Column1],0)

小数部が .5 より小さいため、20.3 を切り捨てます (20)

5.9

=ROUND([Column1],0)

小数部が .5 より大きいため、5.9 を切り上げます (6)

-5.9

=ROUND([Column1],0)

小数部が -.5 より小さいため、-5.9 を切り捨てます (-6)

1.25

=ROUND([Column1], 1)

数値を最も近い 10 分 1 単位 (小数点以下 1 桁) に四捨五入します。丸められる部分は 0.05 以上なので、数値は切り上げられます (結果 : 1.3)

30.452

=ROUND([Column1], 2)

数値を最も近い 100 分 1 単位 (小数点以下 2 桁) に四捨五入します。丸められる 0.002 の部分は 0.005 より小さいため、数値は切り捨てられます (結果 : 30.45)

数値を 0 より上の有効桁に丸めるには、ROUND 関数、ROUNDUP 関数、ROUNDDOWN 関数、INT 関数、LEN 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

5492820

=ROUND([Column1],3-LEN(INT([Column1])))

数値を 3 桁の有効桁に四捨五入します (5490000)

22230

=ROUNDDOWN([Column1],3-LEN(INT([Column1])))

数値を 3 桁の有効桁に切り捨てます (22200)

5492820

=ROUNDUP([Column1], 5-LEN(INT([Column1])))

数値を 5 桁の有効桁に切り上げます (5492900)

次の数式を使用して、複数の列の値の結合や連結、列の内容の比較、文字やスペースの削除、文字の繰り返しなど、テキストを操作できます。

文字列の大文字、小文字の変換を行う

文字列の大文字、小文字を変更するには、UPPER 関数、LOWER 関数、または PROPER 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

nina Vietzen

=UPPER([Column1])

テキストを大文字に変更します (NINA VIETZEN)

nina Vietzen

=LOWER([Column1])

テキストを小文字に変更します (nina vietzen)

nina Vietzen

=PROPER([Column1])

テキストをタイトル ケース (単語の先頭文字を大文字) に変更します (Nina Vietzen)

姓と名を結合する

姓と名を結合するには、アンパサンド演算子 (&) または CONCATENATE 関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

Carlos

Carvallo

=[Column1]&[Column2]

2 つの文字列を結合します (CarlosCarvallo)

Carlos

Carvallo

=[Column1]&" "&[Column2]

2 つの文字列をスペースで区切って結合します (Carlos Carvallo)

Carlos

Carvallo

=[Column2]&", "&[Column1]

2 つの文字列をコンマとスペースで区切って結合します (Carvallo, Carlos)

Carlos

Carvallo

=CONCATENATE([Column2], ",", [Column1])

2 つの文字列をコンマで区切って結合します (Carvallo,Carlos)

異なる列のテキストと数値を結合する

テキストと数値を結合するには、CONCATENATE 関数、アンパサンド演算子 (&)、または TEXT 関数とアンパサンド演算子を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

Yang

28

=[Column1]&" sold "&[Column2]&" units."

上記の内容を語句に結合します (Yang sold 28 units.)

Dubois

40%

=[Column1]&" sold "&TEXT([Column2],"0%")&" of the total sales."

上記の内容を語句に結合します (Dubois sold 40% of the total sales.)

注: TEXT 関数は、基になる値 (0.4) の代わりに、Column2 の書式設定された値を追加します。

Yang

28

=CONCATENATE([Column1]," sold ",[Column2]," units.")

上記の内容を語句に結合します (Yang sold 28 units.)

テキストを日付または時刻と結合する

テキストを日付または時刻と結合するには、TEXT 関数およびアンパサンド演算子 (&) を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (計算結果)

Billing Date

5-Jun-2007

="Statement date: "&TEXT([Column2], "d-mmm-yyyy")

テキストを日付と結合します (Statement date: 5-Jun-2007)

Billing Date

5-Jun-2007

=[Column1]&" "&TEXT([Column2], "mmm-dd-yyyy")

異なる列のテキストと日付を 1 つの列に結合します (Billing Date Jun-05-2007)

列の内容を比較する

1 つの列を別の列または値の一覧と比較するには、EXACT 関数と OR 関数を使用します。

Column1

Column2

数式

説明 (考えられる結果)

BD122

BD123

=EXACT([Column1],[Column2])

最初の 2 列の内容を比較します (No)

BD122

BD123

=EXACT([Column1], "BD122")

Column1 の内容を文字列 "BD122" と比較します (Yes)

列値またはその一部が特定のテキストと一致するかどうかを判断する

列値またはその一部が特定のテキストと一致するかどうかを調べるには、IF 関数、FIND 関数、SEARCH 関数、ISNUMBER 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (考えられる結果)

Vietzen

=IF([Column1]="Vietzen", "OK", "Not OK")

Column1 が Vietzen かどうかを判断します (OK)

Vietzen

=IF(ISNUMBER(FIND("v",[Column1])), "OK", "Not OK")

Column1 に文字 v が含まれているかどうかを判断します (OK)

BD123

=ISNUMBER(FIND("BD",[Column1]))

Column1 に BD が含まれているかどうかを判断します (Yes)

空白以外の列をカウントする

空白以外の列をカウントするには、COUNTA 関数を使用します。

Column1

Column2

Column3

数式

説明 (計算結果)

Sales

19

=COUNTA([Column1], [Column2])

空白以外の列数をカウントします (2)

Sales

19

=COUNTA([Column1], [Column2], [Column3])

空白以外の列数をカウントします (2)

テキストから文字を削除する

テキストから文字を削除するには、LEN 関数、LEFT 関数、RIGHT 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

Vitamin A

=LEFT([Column1],LEN([Column1])-2)

左から開始して 7 (9-2) 文字を返します (Vitamin)

Vitamin B1

=RIGHT([Column1], LEN([Column1])-8)

右から開始して 2 (10-8) 文字を返します (B1)

列の先頭と末尾から空白を削除する

列から空白を削除するには TRIM 関数を使用します。

Column1

数式

説明 (計算結果)

 Hello there!

=TRIM([Column1])

先頭と末尾から空白を削除します (Hello there!)

列内の文字を繰り返す

列内の文字を繰り返すには、REPT 関数を使用します。

数式

説明 (計算結果)

=REPT(".",3)

ピリオドを 3 回繰り返します (...)

=REPT("-",10)

ダッシュを 10 回繰り返します (----------)

関数のアルファベット順のリスト

次は、SharePoint ユーザーが使用できる関数へのリンクです。三角法、統計、財務関数、および条件付き、日付、数学、テキストの数式が含まれています。

ABS 関数

ACOS 関数

ACOSH 関数

ACOSH 関数

AND 関数

ASIN 関数

ASINH 関数

ATAN 関数

ATAN2 関数

AVERAGE 関数

AVERAGEA 関数

BETADIST 関数

BETAINV 関数

BINOMDIST 関数

CEILING 関数

CHAR 関数

CHIDIST 関数

CHOOSE 関数

CODE 関数

CONCATENATE 関数

CONFIDENCE 関数

COS 関数

COUNT 関数

COUNTA 関数

CRITBINOM 関数

DATE 関数

DATEDIF 関数

DATEVALUE 関数

DAY 関数

DAYS360 関数

DDB 関数

DEGREES 関数

DOLLAR 関数、YEN 関数

EVEN 関数

EXACT 関数

EXPONDIST 関数

FACT 関数

FDIST 関数

FIND 関数

FINV 関数

FISHER 関数

FIXED 関数

GAMMADIST 関数

GAMMAINV 関数

GAMMALN 関数

GEOMEAN 関数

HARMEAN 関数

HOUR 関数

HYPGEOMDIST 関数

IF 関数

INT 関数

IPMT 関数

IS 関数

LEFT 関数

LEN 関数

LN 関数

LOG 関数

LOG10 関数

LOGINV 関数

LOGNORMDIST 関数

LOWER 関数

MAX 関数

Me 関数

MEDIAN 関数

MID 関数

MIN 関数

MINA 関数

MINUTE 関数

MOD 関数

MONTH 関数

NEGBINOMDIST 関数

NORMDIST 関数

NORMSDIST 関数

NORMSINV 関数

NOT 関数

NPER 関数

NPV 関数

NPV 関数

ODD 関数

OR 関数

PMT 関数

POWER 関数

PPMT 関数

PRODUCT 関数

PROPER 関数

PV 関数

RADIANS 関数

REPLACE 関数

REPT 関数

RIGHT 関数

ROUND 関数

ROUNDDOWN 関数

ROUNDUP 関数

SEARCH 関数

SECOND 関数

SIGN 関数

SIN 関数

SINH 関数

SQRT 関数

STANDARDIZE 関数

STDEVA 関数

STDEVP 関数

STDEVPA 関数

SUM 関数

SUMSQ 関数

SYD 関数

TANH 関数

TDIST 関数

TEXT 関数

TIME 関数

TINV 関数

TODAY 関数

TRIM 関数

TRUE 関数

TRUE 関数

UPPER 関数

USDOLLAR 関数

VALUE 関数

VAR 関数

VARA 関数

VARP 関数

VARPA 関数

Weekday 関数

WEIBULL 関数

YEAR 関数

その他のリソース

ここで実行しようとしている内容がわからない場合は、Excel で実行できるかどうか、Web パーツ フィルターで検索できるかどうかを確認します。その他のリソースを以下に紹介します。一部のリソースは以前のバージョンではサポートされない可能性があります。そのため、表示されるユーザー インターフェイスが異なる場合があります。たとえば、現時点では SharePoint 2010 の [サイトの操作] メニューの項目が [設定] メニュー Office 365 の設定ボタン - 名前の隣ある歯車のようなマーク にあります。

多くの集計フィールドを色分けするする方法など、検索できる web 上で他のリソースがあります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×