SharePoint リストにリンクされたテーブルを使用してオフラインで作業する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Access 2007 では、Windows SharePoint Services 3.0 サイト上のリストにリンクされたデータを使用してオフラインで作業できます。これは、たとえばオフィス以外の場所にいるときや、サーバーが使用できない場合に作業を続行する必要があるときに役立ちます。

このトピックの内容

概要

SharePoint リストのデータをオフラインにします。

サーバーからのデータ、オフラインのリストと同期します。

データの競合を解決します。

オフラインで作業した後に、リンク テーブルを再接続します。

作業オフライン機能は、データベース ファイルの以前の形式を使用する場合は利用できません。

概要

サーバーに接続していないときにリスト データを入力したり、リストに基づいたレポート、フォーム、またはクエリを作成したりすることが必要になる場合があります。たとえば、出張先から顧客に部品カタログを送付する必要がある場合が考えられます。SharePoint リストを Access テーブルにリンクしておくと、データをオフラインにすることができます。

SharePoint サイトのデータを使用してオフラインで作業するには、まず、Access テーブルと SharePoint リストの間にあらかじめリンクを作成しておく必要があります。

次にリストをオフラインにして、Access を使用して更新または分析します。再接続したときにデータを同期すると、データベースとリストが更新されます。データベースにクエリやレポートが格納されている場合は、それらを使用してデータを分析できます。たとえば、Access のレポートを使用してデータをまとめることができます。

オフライン状態のときにデータを更新した場合は、サーバーに再び接続したときに、サーバーに変更を反映できます。競合が発生した場合、たとえば、同じレコードが他のユーザーによってサーバー上で、またはそのユーザーのオフライン作業中に更新されている場合は、同期を実行する際に競合を解決できます。  

Access のテーブルをリストにリンクする方法はいくつかあります。たとえば、データベースを SharePoint サイトに移動すると、データベース内のテーブルがサイト上のリストにリンクされます。または、SharePoint サイト上でデータシート ビューのリストから Access のテーブルにデータをエクスポートできます。リストへのリンク設定の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

SharePoint リストのデータをオフラインにする

この手順を実行するには、最初に Access テーブルを SharePoint リストにリンクする必要があります。

注: 既に SharePoint サイトに発行済みのデータベースがある場合は、最初にデータベースのローカル コピーを保存する必要があります。その後、リストをオフラインにします。

  1. SharePoint リストにリンクされているデータベースを開きます。

  2. [外部データ] タブの [SharePoint リスト] グループで、[オフライン作業] をクリックします。

注: [オフライン作業] ボタンが使用できない場合は、テーブルが SharePoint リストにリンクされていないか、リストのデータが既にオフラインになっています。

ページの先頭へ

オフラインのリストをサーバーのデータと同期する

  1. SharePoint リストにリンクされているデータベースを開きます。

  2. [外部データ] タブの [SharePoint リスト] グループで、[同期] をクリックします。

ページの先頭へ

データの競合を解決する

オフライン時に行った変更と、他のユーザーによってサーバー上で行われた変更に競合が発生した場合は、[競合の解決] ダイアログ ボックスが表示されます。

ダイアログ ボックスには、エラーが発生した理由などの競合に関する情報が示され、データの再送信を試みるオプションまたは変更を破棄するオプションが表示されます。複数のエラーがある場合は、[前へ] および [次へ] ボタンをクリックして各エラーの詳細を確認できます。変更内容を破棄しないと解決できないエラーもあります。

[エラーの解決] ダイアログ ボックスに、現在のビューのすべての列が表示されます。影響を受ける行については、行った変更が詳細グリッドに表示されます。値を編集することはできませんが、各列をクリックすると詳細を表示できます。

  • [エラーの解決] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 選択したアイテムに対してサーバー上で行われた変更を維持するには、[変更を破棄する] をクリックします。

    • 選択したアイテムに対する変更の再送信を試みるには、[変更処理を再試行する] をクリックします。

      状況によっては、問題が解決するまで待つ必要があります。たとえば、ネットワーク接続の問題のために同期できない場合は、再度接続できるまで待つ必要があります。

    • すべてのアイテムに対してサーバー上で行われた変更を維持するには、[すべての変更を破棄する] をクリックします。

    • すべてのアイテムに対する変更の再送信を試みるには、[すべての変更処理を再試行する] をクリックします。

      状況によっては、問題が解決するまで待つ必要があります。たとえば、ネットワーク接続の問題のために同期できない場合は、再度接続できるまで待つ必要があります。

      注記: 

      • 変更を破棄しないとエラーを解決できない場合、変更処理を再試行するボタンは使用できないことがあります。

      • 何も処理を実行せずにダイアログ ボックスを閉じることはできますが、エラーを解決しない限り、リストをそのまま使用したり、更新したり、集計列に対して変更を加えたりすることはできません。

ページの先頭へ

オフラインで作業した後にリンク テーブルを再接続する

リンク テーブルを再接続すると、データまたはオブジェクトに対して行った変更が 同期されます。

  1. SharePoint リストにリンクされているデータベースを開きます。

  2. [外部データ] タブの [SharePoint リスト] グループで、[オンライン作業] をクリックします。

    注: オフラインで行った変更を破棄する場合は、[SharePoint リスト] グループの [変更の破棄] をクリックします。

ページの先頭へ

作業オフライン機能は、データベース ファイルの以前の形式を使用する場合は利用できません。

データベースを操作しているが、 Access 2007データベース ファイル形式 (ACCDB、ACCDE) を使用していない場合は、[作業オフライン機能は利用できません。これらの機能を使用するのには、 Access 2007ファイル形式にデータベースを変換します。

Access 2007ファイル形式にデータベースを変換の詳細については、「参照」セクションにあるリンクを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×