スキップしてメイン コンテンツへ

SharePoint リストにリンクされたテーブルを使用してオフラインで作業する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

アクセスを使用すると、リンクされているデータをオフラインで作業を SharePoint リストにします。 これは、役に立ちます、たとえば、オフィスから離れるし、サーバーが使用できないか、サーバーへの接続が切断されましたしたときの作業を続行する必要がありますが必要な場合。

概要

最初の SharePoint サイトからのデータをオフラインで作業する前に、SharePoint リスト、Access のテーブル間のリンクを作成する必要があります。 更新または Access を使用して分析するリストをオフラインを実行できます。 再接続すると、データベースとリストが更新されるよう、データを同期できます。 データベースは、クエリとレポートを持っている場合は、リンクされたデータを分析することを使用できます。

オフライン時にデータを更新した場合は、アクセスがもう一度サーバーに接続するときに、変更内容を同期できます。 データの競合が発生した場合: たとえば、誰かが中に、サーバー上のレコードを更新ほかの人は [オフラインで同じレコードを更新-を同期するときに、競合を解決することができます。

Access のテーブルは、いくつかの方法を使用してリストにリンクできます。 たとえば、データベースをサイト上のリストにも、データベースのテーブルをリンクする、SharePoint サイトに移動できます。 または、SharePoint サイト上のデータシート ビューで、一覧から Access のテーブルにデータをエクスポートすることができます。 たとえば、Access でデータを集計するのにレポートを使用することができます。 Access から SharePoint データへのリンクについての詳細については、 SharePoint リストのデータをインポートまたはリンクを参照してください。

Access での SharePoint リストをオフラインで作業します。

Access 2010 で以降では、リンクされた SharePoint リストをオフラインで操作する詳しくは、Access によって保持自動プロセスのします。 リンクされた SharePoint リストが存在する、おそらくインターネット接続が切断されましたしたため、SharePoint サイトに接続できないのは、アクセス、アクセスはオフライン モードに切り替わります。 Access のウィンドウの右下のステータス バーのすべての SharePoint のテーブルが切断されていることを示すメッセージが表示されます。 ファイル_gt情報] をクリックすると、同様のテーブルを切断することを示すメッセージも表示されます。 オフライン モードのときは、追加、編集、および SharePoint リスト データのキャッシュのローカル コピーのデータを削除する続行することができます。

アクセスして、SharePoint サーバー上のリンクされたリストを定期的に再接続し続けます。 Access では、SharePoint サイトへの接続を再設定、オフライン データがサーバーと同期するかどうかをリボンの下のメッセージ バーが表示されます。

SharePoint Server に接続し直すの同期] をクリックします。

リンクされた SharePoint リストと、[データ変更を反映しように同期とアクセスの再接続] をクリックします。

データ変更の競合を解決します。

2 人のユーザーは、リストのデータまたは構造の同じ部分に変更を加える場合は、競合が発生します。 まず、変更内容を送信したユーザーがだれかの変更をコミット成功しますが、競合の 2 番目のユーザーが通知されます。

たとえば、ユーザー A シアトルにダラスから 3 番目の行の [市区町村] 列の変更内容を同時に変更して、セルからヒューストンします。 ユーザーの変更は、変更内容が続く、サーバーに最初に、送信がします。 サーバーでは、競合を通知して、競合を解決することができます。

注: ユーザーが同じ行に別のセルを編集している場合でも、競合が発生します。

競合を解決するまで、競合しているレコードに変更を加えることはできません。

Access では、SharePoint サーバーとオフラインでの変更の同期中に、データの競合を検出すると、競合の解決] ダイアログ ボックスが表示されます。

データの競合を解決するのには、[競合の解決] ダイアログ ボックスで利用可能なオプションを使用します。

次のいずれかの操作を行います。

  • レコードに加えた変更を無視することで、現在表示されている競合またはエラーを解決するのには[変更を破棄] をクリックします。 変更内容が失われます。

  • すべての保留中の競合とエラーを解決するすべてのリストに変更を無視することで、すべての変更を破棄] をクリックします。

  • 変更内容を再適用して、現在表示されている競合またはエラーを解決するのには[変更を実行する] をクリックします。 、競合が発生した場合に備えてとその他のユーザーが、同じ列を変更する場合、変更内容が上書きされる他のユーザーの変更します。 別の列を編集する場合、変更内容が他のユーザーの変更と結合されます。

  • 変更内容を再適用してすべての保留中の競合とエラーを解決するのにはすべての変更を実行する] をクリックします。

  • 次のような競合状態またはエラーの詳細を表示するには、ダイアログ ボックスの右上隅の [次へ] をクリックします。

  • 前の競合またはエラーの詳細を表示するには、ダイアログ ボックスの右上隅の [] をクリックします。

  • 後で競合とエラーを解決するのには] ダイアログ ボックスのタイトル バーの [閉じる] をクリックします。

メモ

  • 詳細グリッドでは、現在のビューですべての列が表示されます。 列が表示されていない場合は、水平スクロール バーを使用して、スクロールする、または詳細グリッドの幅を拡大するには、ダイアログ ボックスの右端をドラッグします。

    列の内容を拡大するには、詳細グリッドで、列をクリックします。 変更やその他のユーザーの変更は、フィールドの詳細] ダイアログ ボックスで表示されます。 ダイアログ ボックスもリッチ テキスト形式の変更を表示するために役立ちます。

  • 詳細グリッドでは、行を削除するか、他のユーザーがある場合、削除された行、実際には、データの行が表示されます。 他のユーザーは、行を削除した場合、ユーザーまたは日付の名前と削除の時刻] ダイアログ ボックスは表示されません。 また、変更内容を再実行することはできません。

[Web サービスと SharePoint テーブルのキャッシュ] オプションを設定する

Access 2010 以降の新しいデータベースの既定の設定では、Web サービスと SharePoint リンク テーブルがキャッシュされます。 この動作を変更して、代わりに、Access 2007 内に存在する動作を使用する場合は、ファイル_gt Access のオプション] ダイアログ ボックスを開くには、オプションをクリックします。 カレント データベースWeb サービスのキャッシュと SharePoint のテーブルの下に表示設定を表示する] をクリックします。

  • Microsoft Access 2010 と互換性があり、以降のあるキャッシュ形式を使用します。 リンクされたデータのローカル コピーをアクセス キャッシュするには、このオプションを選択します。 この設定は、リンクされたデータを操作するときにパフォーマンスを向上させることができます。 読み込みとのリンクされたデータを表示するには、このオプションを使用してすばやくなります。 Access 2007 に含まれていたキャッシュの動作を使用する場合は、このオプションをオフにします。

  • [キャッシュを消去を閉じる Access データベースを閉じるとメモリからローカル キャッシュされたデータをオフにするには、このオプションを選択します。

  • キャッシュしません。 Access にリンクされている SharePoint データ ソースを操作するときにデータのローカル コピーをキャッシュがないには、このオプションを選択します。

    注: [Microsoft Access 2010 以降と互換性のあるキャッシュ形式を使用する] 設定をオフにした場合、[閉じるときにキャッシュをクリアする] オプションと [キャッシュしない] オプションは使用できません。

オフラインで作業できます手動で Access 2010 以降でよいですか。

Access 2010 でのリンク先の SharePoint データをオフラインと高い作業を手動で制御がある、するためには、現在のデータベースへのアクセスが検出されるのMicrosoft Access 2010 以降のバージョンと互換性のあるキャッシュ形式を使用する設定をオフに必要があります。オプション] ダイアログ ボックス。 検索し、そのオプションを設定する方法については、前のセクションを参照してください。

注: 閉じてから再度、データベースを開いて、設定を変更した後にメッセージが表示されたら可能性があります。

Microsoft Access 2010 以降のバージョンと互換性がキャッシュ形式を使用する設定をオフにしたした後、Web リンク リスト] グループのコマンドの外部データ] タブに表示が表示されます。

このグループには、オフライン作業同期リンクの一覧および他のユーザーなどのコマンドが表示されます。 これらは、[外部データ] タブの [ SharePoint リスト] グループの [Access 2007 でいたのと同じコマンドです。

このモードで、SharePoint リストのデータをオフラインで作業をするには、[オフライン作業] をクリックします。

サーバーからのデータでは、オフラインのリストを同期するには、[同期] をクリックします。

オフラインで作業した後には、リンク テーブルを接続し直す、オンライン作業の] をクリックします。

ページの先頭へ

Access 2007 を使用してよいですか。

この手順を実行するには、最初にする必要がありますにリンクする、Access テーブル SharePoint リスト。

注: SharePoint サイトで既に発行されているデータベースがあれば、最初にデータベースのローカル コピーを保存してくださいリストをオフラインします。

  1. リンクされているデータベースを開くには、SharePoint リスト。

  2. [外部データ] タブの [ SharePoint リスト] グループで [オフライン作業] をクリックします。

注: かどうかは、オフライン作業] が使えない、いずれか、テーブルを SharePoint リストにリンクされていないリストのデータが既にオフラインです。

  1. リンクされているデータベースを開き、SharePoint リストにします。

  2. 外部データ] タブの [ SharePoint リスト] グループで、[同期] をクリックします。

オフラインで行った変更とサーバー上で他のユーザーが加えた変更の競合が発生した場合は、[競合の解決] ダイアログ ボックスが表示されます。

ダイアログ ボックスでは、なぜエラーが発生し、データの再送信するまたは変更を破棄を行うためのオプションが表示されますなど、競合に関する情報を表示します。 複数のエラーがある場合は] ダイアログ ボックスの [へ] と [次へ] をクリックして各エラーの詳細を表示できます。 変更内容を破棄するだけでは、いくつかのエラーを解決できます。

エラーの解決] ダイアログ ボックスで詳細グリッドには、現在のビューですべての列が表示されます。 影響を受ける行の [詳細グリッドに加えた変更が表示されます。 値を編集することはできませんが、各列の詳細を表示する] をクリックすることができます。

  • [エラーの解決] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 選択したアイテムには、サーバー上で行った変更を保持する場合は、 [変更を破棄をクリックします。

    • 選択したアイテムをもう一度変更内容を送信しようとする場合は、[の変更を実行する] をクリックします。

      状況によっては、問題が解決されるまで待機する必要があります。 たとえば、ネットワーク接続の問題の理由により、変更内容を同期することはできない場合、は、もう一度接続しているまでを待ちます必要があります。

    • すべてのアイテムには、サーバー上で行った変更を保持する場合は、すべての変更を破棄してをクリックします。

    • すべてのアイテムをもう一度変更内容を送信しようとする場合は、すべての変更を実行するをクリックします。

      状況によっては、問題が解決されるまで待機する必要があります。 たとえば、ネットワーク接続の問題の理由により、変更内容を同期することはできない場合、は、もう一度接続しているまでを待ちます必要があります。

      注: 

      • 変更内容を破棄するだけでエラーを解決できる再試行して変更するボタンできない場合があります。

      • 操作を実行しなくても] ダイアログ ボックスを閉じることができますが、一覧を更新またはエラーを解決するまで、集計列に変更を加えるのままにすることはできません。

リンク テーブルを再接続した後は、データまたはオブジェクトに対して行った変更は同期されません。

  1. リンクされているデータベースを開き、SharePoint リストにします。

  2. 外部データ] タブの [ SharePoint リスト] グループで、[オンライン作業] をクリックします。

    注: オフラインで行った変更を破棄する場合は、 SharePoint リスト] グループで変更を破棄する] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×