SharePoint リストからデータをインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Windows SharePoint Services 3.0 または Windows SharePoint Services 2.0 サイトのリストからデータをインポートして分析できます。SharePoint サイトから部品在庫リストを Microsoft Office Excel 2007 にインポートし、ピボットグラフ レポートを作成して、データを集計したり比較したりできます。

このトピックの内容

概要

SharePoint リストからデータをインポートします。

SharePoint リストからデータを更新します。

概要

SharePoint サイトからデータをインポートするには、その SharePoint リストを使用するコンピュータに対し、Office Excel 2007 がインストールされている必要があります。

SharePoint サイトから Office Excel 2007 にデータをインポートした場合、そのデータを Office Excel 2007 で分析することはできますが、Excel で行った変更は、SharePoint サイト上のリストには一切反映されません。

SharePoint リストのデータを Office プログラムを使って編集し、その変更内容を SharePoint サイトに反映させるには、Microsoft Office Access 2007 を使用するか、Visual Basic for Applications (VBA) ベースのソリューションを使用します。

SharePoint リストのデータを、Excel 97-2003 ブック (.xls 形式) として編集することもできます。ただし、Excel 2003 のブックを Office Excel 2007 のブック (.xlsx 形式) として保存した場合、SharePoint リストからは、読み取り専用の接続しか利用できません。

リストは SharePoint サイト上で絶えず更新されますが、SharePoint サイト側でリストが更新された場合に、ブックを SharePoint サイトの最新のデータで更新することもできます。SharePoint サイトからデータを更新した場合、SharePoint サイトからインポートした元のデータ、および Office Excel 2007 で行ったすべての変更内容は上書きされます。

Office Excel 2007 では、既存のワークシートまたは新しいワークシートに対してデータをインポートできます。SharePoint サイト上のリストにフォルダが存在する場合、フォルダ構造は、結果の Excel ワークシートには反映されません。

SharePoint リストから読み取り専用の接続を介してデータをインポートした場合、ワークシートのデータに、アイテムの種類とパスを示す列が追加されます。これらの列を使用すると、アイテムの種類やサイト上の場所 (同じリストのサブフォルダなど) に基づいて、データをフィルタで抽出したり、並べ替えたりできます。

SharePoint サイト上のリストからデータをインポートするには、SharePoint サイトに接続できること、および、そのリストを閲覧する権限が必要です。

ページの先頭へ

SharePoint リストからデータをインポートする

Windows SharePoint Services 3.0 または Windows SharePoint Services 2.0 サイトのリストからデータをインポートできます。SharePoint サイトでどのバージョンが実行されているかにより、SharePoint リストからデータをインポートする手順が若干異なります。

どちらのバージョンを確認する方法は、SharePoint サイトで実行されています。

  • Windows SharePoint Services 3.0 サイトに、ユーザー名またはアカウントを含むメニューが右上隅に表示されます。

  • Windows SharePoint Services 2.0 サイトの場合、左上隅の最上位のナビゲーションに、ホームドキュメントとリスト、およびヘルプへのリンクが表示されます。

    注: サイトの所有者または管理者によって、サイトがカスタマイズされている可能性もあります。使用しているバージョンがよくわからない場合は、サイトの所有者または管理者に問い合わせてください。

  1. SharePoint サイトで次のいずれかの操作を行います。

    Windows SharePoint Services 3 の場合

    1. まだリストを開いていない場合は、サイド リンク バーで対応する名前をクリックしてください。リスト名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名をクリックします。

    2. [アクション] メニューの [ メニューの画像 スプレッドシートにエクスポート] をクリックします。

    3. 実行してよいかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

      Windows SharePoint Services 2.0 の場合

    4. まだリストを開いていない場合は、[ドキュメントとリスト] をクリックして、リストの名前をクリックします。

    5. リストが表示されたページで、[操作] の下の [スプレッドシートにエクスポート] をクリックします。

  2. [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで、[開く] をクリックします。

  3. データ接続を有効にするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、SharePoint サイトとのデータ接続を有効にしても安全である場合は、[有効] をクリックします。

  4. 次のいずれかを実行します。

    1. 開いているブックがない場合は、空のブックが新しく作成され、新しいワークシート上のテーブルとしてデータが挿入されます。

    2. 開いているブックがある場合は、表示された [データのインポート] ダイアログ ボックスで、次の操作を行います。

      1. [このデータをブックでどのように表示するかを選択してください] で、[テーブル]、[ピボットテーブル レポート]、または [ピボットグラフ/ピボットテーブル レポート] をクリックします。

      2. [データを返す先を選択してください] で、[既存のワークシート]、[新規ワークシート]、または [新規ブック] をクリックします。

        [既存のワークシート] をクリックした場合、リストの左上隅を配置するセルをクリックします。

      3. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

SharePoint リストに基づいてデータを更新する

SharePoint サイト上のリストは、ユーザーによって絶えず更新されます。その最新の変更内容をワークシートのデータに反映することができます。この場合、インポート後に Excel で行った変更も含め、元のワークシートのデータはすべて上書きされます。

  1. 更新対象となるテーブル内で任意の場所をクリックします。

  2. [デザイン] タブの [テーブルの外部データ] グループで、[更新] をクリックします。

ヒント: ワークシートと SharePoint サイト間の接続を必要がなくなった、テーブルのリンクを解除できます。[デザイン] タブの [テーブルの外部データ] グループで、リンクの解除] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×