SharePoint ライブラリのファイルを開く、編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Windows SharePoint Services サイトのライブラリでファイルを開いたり編集したりする方法は、ファイルに対して行う操作とライブラリのセットアップ方法によって異なります。たとえば、ファイルを開いて表示するだけでよいのか、またはファイルを編集する必要があるのかによって異なります。

このトピックの内容

概要

SharePoint サイトからファイルを開く

Office プログラムからファイルをチェック アウト

SharePoint サイトから開くことにより、ファイルを編集します。

Office プログラムから開くことにより、ファイルを編集します。

概要

SharePoint サイトのライブラリから参照しているときにファイルを開く場合、ファイルの作成元の 2007 Microsoft Office system プログラムによって、ファイルを読み取り専用で開くか、または編集用に開くかを確認するメッセージが表示されます。

また、Microsoft Office PowerPoint 2007、Microsoft Office Word 2007、および Microsoft Office Excel 2007 には、Windows SharePoint Services 3.0 サイトからファイルを開くときに閲覧モードが用意されています。閲覧モードを使用すると、ファイルの参照が容易になり、閲覧に不要なコマンドは整理されます。また、メッセージ バーには編集コマンドも表示され、ファイルを編集する必要が生じた場合はクリックして編集することもできます。

Microsoft Windows SharePoint Services 2.0 サイトでファイルをクリックすると、ファイルは読み取り専用で開きます。編集用にファイルを開く場合は、ファイルのドロップダウン メニューにある編集コマンドを使用します。使用している Windows SharePoint Services のバージョンがわからない場合は、編集コマンドを使用すると、いずれのバージョンでも編集用にファイルを開くことができます。

SharePoint ライブラリから 2007 Office リリース プログラムを使用してファイルを開くと、ファイルは編集用に開きます。Web サーバーにあるファイルを開くと、Web サーバーへのショートカットが [マイ ネットワーク] フォルダに作成されます。このショートカットを使用すると、後で Web サーバーにあるファイルを簡単に開くことができます。

ファイルをチェックアウトして編集する

複数のユーザーが同じファイルを編集する場合は、ファイルをチェックアウトしてから編集することができます。ファイルをチェックアウトすると、チェックアウトしている間は、チェックアウトしたユーザーだけがファイルを編集できます。これによって、混乱や編集の競合が発生する可能性が低くなります。他のユーザーが変更内容を確認するには、ファイルをチェックインする必要があります。

チェックアウトが要求されるようにライブラリをセットアップすることができます。ライブラリでチェックアウトが要求される場合、ファイルを編集するにはチェックアウトする必要があります。新しいファイルを他のユーザーが確認できるようにするには、ファイルをチェックインする必要があります。

ファイルをチェックアウトしないで編集している間に、他のユーザーがファイルを変更すると、編集の競合を解決するよう求めるメッセージが表示される場合があります。このメッセージが表示された場合は、保持するファイルのバージョンを選択するか、両方の変更内容を結合することができます。

ハード ディスク上のファイルを編集する

2007 Office リリース プログラムでファイルをチェックアウトする場合に、そのファイルが Windows SharePoint Services 3.0 サイトのライブラリに格納されている場合は、Office プログラムでローカルのハード ディスク上にあるファイルを編集できます。この方法は、ほとんどの場合、サーバー上のファイルを編集するよりも処理が高速です。ファイルはローカルのハード ディスク上の下書きフォルダに保存されます。この場所は、Microsoft Office プログラムの保存オプションで変更できます。

Windows SharePoint Services 3.0 ライブラリを Microsoft Office Outlook 2007 に接続している場合も、ハード ディスク上のファイルを編集できます。Office Outlook 2007 で SharePoint ライブラリを使用する方法の詳細については、Outlook のヘルプを参照してください。

ファイルを下書きフォルダにチェックアウトするか、ライブラリを Office Outlook 2007 に接続すると、外出先などでサーバーに接続していないときでもファイルを編集できます。再びサーバーに接続したときに、サーバー上で変更内容を反映することができます。Outlook でファイルを開いて編集している場合は、再びサーバーに接続してファイルを開いたときに、サーバーを更新するよう求めるメッセージが表示されます。ファイルをチェックアウトした場合は、他のユーザーが変更内容を確認できるようにするためにファイルをチェックインする必要があります。

ページの先頭へ

SharePoint サイトからファイルを開く

注: サイトによってカスタマイズの方法は異なっている場合がありますが、多くの場合は、次のガイドラインに従って、サイトで実行されている Windows SharePoint Services のバージョンを判断することができます。Windows SharePoint Services 3.0 サイトでは、ユーザー名またはアカウントを含むメニューが右上に表示されます。Windows SharePoint Services 2.0 サイトでは、左上の最上位のナビゲーションに、[ホーム]、[ドキュメントとリスト]、および [ヘルプ] のリンクがあります。

  1. SharePoint サイトで、ファイルが格納されているライブラリを開きます。

    ライブラリを検索することができない場合

    1. ライブラリの名前が表示されない場合は、次の操作を行います。

      • Windows SharePoint Services 3.0 サイトで、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックします。

      • Windows SharePoint Services 2.0 サイトで、[ドキュメントとリスト] をクリックします。

    2. リストの名前をクリックします。

  2. 開くファイルをクリックします。

  3. 次のいずれかを実行します。

    1. Windows SharePoint Services 3.0 サイトでは、お使いのプログラムによっては、ファイルの開き方を確認するメッセージが表示される場合があります。[読み取り専用] をクリックします。

    2. Windows SharePoint Services 2.0 サイトでは、ファイルを開いても安全であるかどうかを確認するメッセージが表示される場合があります。ファイルを開く場合は、[OK] をクリックします。

      注記: 

      • 通常、ファイルが読み取り専用である場合、プログラムのタイトル バーにかっこまたは角かっこで囲まれた "読み取り専用" が表示されます。

      • Office Word 2007、Office Excel 2007、および Office PowerPoint 2007 では、通常、編集用のボタンを含むメッセージ バーがファイルの上部に表示されます。ファイルを閲覧するだけでなく編集する場合は、[文書の編集]、[ブックの編集]、または [プレゼンテーションの編集] をクリックしてファイルの編集を開始できます。

      • ファイルを閲覧するだけでなく編集する場合に、ファイルの上部にメッセージ バーが表示されない場合は、ファイルを閉じてもう一度ファイルを編集用に開きます。

ページの先頭へ

Office プログラムでファイルをチェックアウトする

Office プログラムでファイルを開いているときにファイルをチェックアウトするには、次の手順を実行します。SharePoint サイトのライブラリからファイルをチェックアウトすることもできます。

2007 Office リリース プログラムで次の操作を行います。

Word、Excel、または PowerPoint の場合

  • Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックして、サーバー] をクリックし、[チェック アウト] をクリックします。

Visio の場合

  • [ファイル] メニューの [チェックアウト] をクリックします。

その他の Office プログラムの場合

SharePoint サイトのライブラリのコマンドを使用して、その他の種類のファイルをチェックアウトすることができます。詳細については、SharePoint サイトのヘルプを参照してください。

ヒント: ライブラリでチェックアウトが要求される場合は、Word、Excel、PowerPoint のいずれかの 2007 Microsoft Office system プログラムでファイルを開いたときにメッセージ バーに [チェックアウト] コマンドが表示されます。

ページの先頭へ

SharePoint サイトからファイルを開いて編集する

Windows SharePoint Services 3.0 サイトから 2007 Office リリース ファイルを開くには、ファイルをクリックします。プログラムによっては、ダイアログ ボックスが表示され、ファイルを開いたり、編集したりするためのオプションが示される場合があります。以前のバージョンの Windows SharePoint Services を実行しているサイトにあるファイルを編集する場合、Web ページを編集する場合、または SharePoint サイトで実行されているバージョンがわからない場合は、ファイルのドロップダウン リストに表示される編集コマンドを使用できます。

注: サイトによってカスタマイズの方法は異なっている場合がありますが、多くの場合は、次のガイドラインに従って、サイトで実行されている Windows SharePoint Services のバージョンを判断することができます。Windows SharePoint Services 3.0 サイトでは、ユーザー名またはアカウントを含むメニューが右上に表示されます。Windows SharePoint Services 2.0 サイトでは、左上の最上位のナビゲーションに、[ホーム]、[ドキュメントとリスト]、および [ヘルプ] のリンクがあります。

  1. SharePoint サイトで、ファイルが格納されているライブラリを開きます。

    ライブラリを検索することができない場合

  1. ライブラリの名前が表示されない場合は、次の操作を行います。

    • Windows SharePoint Services 3.0 サイトで、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックします。

    • Windows SharePoint Services 2.0 サイトで、[ドキュメントとリスト] をクリックします。

  2. リストの名前をクリックします。

  1. 次のいずれかを実行します。

    • ファイルが Windows SharePoint Services 3.0 サイトにあることがわかっている場合は、ファイルをクリックし、[編集] をクリックします。

    • 以前のバージョンを使用しているバージョンを使用しているかが不明な場合、または場合は、編集を表示される矢印をクリックして、[プログラム名で編集] をクリックするファイルをポイントします。たとえば、Word 文書を編集するに [ Microsoft Office Word で編集] をクリックします。

  2. ファイルを開いても安全であるかどうかを確認するメッセージが表示された場合、ファイルを開くには [OK] をクリックします。

    注記: 

    • ライブラリでチェックアウトが要求されている場合、表示される編集コマンドは [編集] ではなく、[チェックアウトと編集] です。

    • ファイルをチェックアウトした場合、他のユーザーが変更内容を確認するには、ファイルをチェックインする必要があります。

    • ファイルを保存した後、他のユーザーはブラウザの表示を更新すると、変更内容を確認できるようになります。ただし、ライブラリで承認が必要な場合、ファイルがメジャー バージョンとマイナー バージョンの両方を記録する必要があるライブラリ内の下書きバージョンである場合、またはファイルがまだチェックアウトされている場合を除きます。

ページの先頭へ

Office プログラムからファイルを開いて編集する

  1. 2007 Microsoft Office system プログラムで次の操作を行います。

    Word、Excel、または PowerPoint の場合

    • Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[開く] をクリックします。

      Project、Publisher、SharePoint Designer、Visio、または Outlook の場合

    • [ファイル] メニューの [開く] をクリックします。

  2. [ファイルの場所] で、[マイ ネットワーク] をクリックします。

  3. ファイルが保存されている SharePoint サイトの名前をクリックし、[開く] をクリックします。

    ヒント: サイトの名前をダブルクリックして開くこともできます。次の手順でも、ライブラリやファイルをダブルクリックして開くことができます。

    注: [マイ ネットワーク] にサーバーが表示されない場合は、[ファイル名] ボックスにサーバーの URL を入力します。

  4. ファイルが格納されているライブラリの名前 ([共有ドキュメント] など) をクリックし、[開く] をクリックします。

  5. 開くファイルの名前をクリックし、[開く] をクリックします。

    ヒント: ファイルを編集しない場合は、読み取り専用としてファイルを開くこともできます。[開く] ボタンの矢印をクリックし、[読み取り専用] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×