SharePoint ページにコンテンツを埋め込む機能を許可または制限する

SharePoint ページにコンテンツを埋め込む機能を許可または制限する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイト コレクションの管理者は、ユーザーが外部の web サイトからコンテンツを埋め込むことができるかどうかを制御します。これを実行しようとしているユーザーに「この web サイトからのコンテンツの埋め込みは許可されません」と表示される場合、エラー メッセージが表示投稿者のコンテンツを埋め込む、ようにする場合

サイト レベルの設定

サイト コレクション管理者は、コンテンツの埋め込みによってをオフにする、サイトの特定のリストからのコンテンツの埋め込みによってを許可またはサイトの設定のHTML フィールド セキュリティ設定を変更することで、任意のサイトから埋め込みを許可することができます。ここではどのようにします。

  1. サイト コレクションのルート サイトを参照します。

  2. [設定] sharepoint online のパブリック web サイトの設定ボタン 、[サイトの設定]、[サイト コレクションの管理]、[HTML フィールドのセキュリティ] の順にクリックします。

  3. 次のいずれかのオプションを選択します。

    • 外部ドメインからこのサイトのページへの iframe の挿入を投稿者に許可しません: サイト コレクション内のすべてのサイトで iFrame の使用を禁止します。

    • 任意の外部ドメインからこのサイトのページへの iframe の挿入を投稿者に許可します: サイト コレクション内のすべてのサイトで iFrame の使用を許可し、外部 Web サイトからのデータを iFrame に表示できるようにします。セキュリティ上の理由から、このオプションは使わないことをお勧めします。

      注: カスタム スクリプトをオフにするサイトには、このオプションは、埋め込みの web パーツにのみ適用されます。その他のすべての HTML フィールドは、下記の外部ドメインの指定された一覧から埋め込みのみことができます。スクリプトの実行の詳細については、次を参照してください。許可またはカスタム スクリプトを禁止するします。

    • 次のリストの外部ドメインからこのサイトのページへの iframe の挿入を投稿者に許可します: サイト コレクションの iFrame でコンテンツを表示できるドメインのリストに、Web ドメインを追加します。一覧から Web サイトを削除するには、Web サイトを選択し、[削除] をクリックします。

      このドメインから iFrame を許可する

  4. [OK] をクリックします。

SharePoint では、コンテンツを表示できる web サイトの既定のリストでできます。追加したり、ボックスの一覧でサイトを削除することができます。既定のサイトは次のとおりです。

  • app.smartsheet.com

  • bing.com

  • calendar.google.com

  • channel9.msdn.com

  • docs.com

  • flow.microsoft.com

  • forms.office.com

  • google.com

  • microsoftstream.com

  • office.microsoft.com

  • officeclient.microsoft.com

  • onedrive.live.com

  • player.vimeo.com

  • powerapps.com

  • powerbi.com

  • publish.smartsheet.com

  • read.amazon.com

  • slideshare.net

  • store.office.com

  • sway.com

  • videoplayercdn.osi.office.net

  • youtu.be

  • youtube.com

  • youtube-nocookie.com

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×