SharePoint ドキュメント ライブラリのファイルのバージョンを発行する、または発行を停止する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

メジャー バージョンのファイルを発行します。

他のユーザーが表示されるファイルのマイナー バージョンの準備ができたら、公開します。メジャー バージョンのファイルは、1.0 など、整数として表示されます。

  1. ファイルがライブラリに移動します。

  2. アイテムまたはメジャー バージョンを発行するファイルを選択し、次のいずれかの操作します。

    省略記号 (...) をクリックして、その他] をクリックし、[発行] をクリックします。

    [マイナー バージョンを発行する Publsh] をクリックします。

    省略記号 (...) をクリックして、記号をもう一度 (...)] をクリックして、[詳細設定] をクリックし、[メジャー バージョンの発行] をクリックします。

    メジャー バージョンの発行] をクリック

    省略記号 (...) をクリックして、記号をもう一度 (...) をクリックし、[メジャー バージョンの発行] をクリックします。

    メジャー バージョンの発行] をクリック

    マウスを使用してドキュメントのタイトルにポインターを置き、ドロップダウンの矢印をクリックし、メジャー バージョンの発行] をクリックします。

    SharePoint ライブラリの [ドキュメント] ボックス。 [メジャー バージョンを発行する] が強調表示されています。

    [メジャー バージョンの発行] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [コメント] フィールドにコメントを入力し、[ OK] をクリックします。

    コメントを入力し、[ok] をクリックします。

    [メジャー バージョンの発行] ダイアログ ボックス

    注: コメントはオプションで、以前のバージョンを探しやすきます。

ファイルのバージョンの発行を取り消す

必要な権限がある場合は、ドキュメント ライブラリからバージョンの発行を取り消すことができます。ライブラリではメジャーおよびマイナー バージョン管理が有効な場合は、非公開バージョン マイナー バージョンと、設定に応じて、ライブラリで可能性がありますされなくなります、ライブラリ内のメジャー バージョンのみを表示する権限を持っているユーザーに表示します。

  1. リストまたはライブラリのアイテムまたはファイルがある場所に移動します。

  2. 発行を取り消すし、次の操作を実行するドキュメントを選択します。

    省略記号 (...) をクリックして、その他] をクリックし、[発行の取り消し] をクリックします。

    発行の取り消し] をクリック

    省略記号 (...) をクリックして記号をもう一度 (...)、[詳細設定] をクリックし、このバージョンの発行を停止] をクリックします。

    このバージョンの発行を停止] をクリックします。

    省略記号 (...) をクリックして、記号をもう一度 (...) をクリックし、[このバージョンの発行を停止] をクリックします。

    このバージョンの発行] をクリックを取り消す

    マウスを使用してドキュメントのタイトルにポインターを置き、ドロップダウンの矢印をクリックし、このバージョンの発行を停止] をクリックします。

    このバージョンの発行を停止] をクリックします。

  3. バージョンを発行することを確認するメッセージが表示されたら、[ OK] をクリックします。

注: この記事では、ライブラリのメジャー バージョンとマイナー バージョンが有効であると仮定します。実行する権限がある場合は、ライブラリの設定からライブラリの [バージョン設定を管理できます。詳しくは、有効にしてリストまたはライブラリのバージョン管理を構成するを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×