SharePoint ドキュメント ライブラリでフォルダーを作成する

SharePoint ドキュメント ライブラリでフォルダーを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint リスト内にフォルダーを作成すると、在庫品目のグループ化や部署別の従業員のグループ化など、コンテンツのグループ化や管理を適切に行うことができます。フォルダーは、SharePoint リストのほぼすべての種類に追加できます。

既定では、リスト内にフォルダーを作成する機能は無効になっています。設計のアクセス許可がある SharePoint リストの所有者またはユーザーは、新規フォルダーの作成を有効にするかどうかを指定できます。所有者またはデザイナー以上のアクセス許可を持っている場合、[リストの設定]、[詳細設定]、[フォルダー] の順に選び、[はい] をクリックし、[OK] をクリックします。

お客様のフィードバックにより、2017 年 1 月 25 日に更新されます。

注: これらの手順は、変更されていないバージョンの SharePoint です。管理者または会社がアプリをカスタマイズしている場合、これらのオプションが表示されないことがあります。

SharePoint Online リスト内にフォルダーを作成する

既定では、[新しいフォルダー] コマンドを使用して、SharePoint Online リストにフォルダーを作成します。ただし、フォルダーを作成するコマンドは、所有者またはリストの管理者が設定しない限り、有効にならない場合があります。

  1. フォルダーを追加するリストが含まれている SharePoint サイトに移動します。

  2. クイック起動バーでリスト名をクリックするか、[設定] 歯車形の設定ボタン 、[サイト コンテンツ] の順にクリックし、フォルダーを追加するリストのタイトルをクリックします。

    注: 画面の外観が異なるこれよりも、 SharePoint Onlineを使用しているでしょうか。SharePointクラシック エクスペリエンスのドキュメント ライブラリの設定は、管理者があります。必要な場合は、リストが発生する SharePoint 従来のフォルダーを作成するを参照してください。

    注:  サイトの外観とナビゲーションは、デザイナーによって大幅に変更されることがあります。コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  3. 上部のツールバーで、[+ 新規] ボタンをクリックして、ドロップダウンから [フォルダー] を選択します。

    強調表示されているフォルダー付きの [+ 新規] ドロップダウン メニュー

    注: [+ 新規] フォルダー コマンドが表示されない場合は、所有者またはデザイナー以上のアクセス許可でサイトを開くと表示されます。[設定] 歯車形の設定ボタン 、[リストの設定]、[詳細設定] の順にクリックします。[フォルダー] セクションの [[新しいフォルダー] コマンドを表示する] で [はい] をクリックします。

    注: 後でフォルダー名を変更するには、省略記号 (...) をクリックして、[編集] をクリックします。フォルダーの名前を変更し、[保存] をクリックします。

  4. [フォルダー] ダイアログ ボックスで、フォルダー名をボックスに入力し、[作成] をクリックします。

    [作成] ボタンが強調表示されているフォルダーのダイアログ ボックス

    必要に応じて、フォルダーを共有するユーザーを招待することができます。

    詳しくは、さらに詳しい情報を編集して SharePoint リストまたはライブラリの権限を管理するを参照してください。

フォルダーではなく、SharePointビューの使用もご検討ください。ビューでも、コンテンツのフィルター処理、グループ化、振り分けなど、さまざまな方法があるためです。サイズの大きいリストの場合は、ビューとフォルダーを組み合わせると最適に機能する場合があります。ビューを作成するには、「Create a custom list view in SharePoint Online (SharePoint Online でカスタム リスト ビューを作成する)」を参照してください。

SharePointクラシック エクスペリエンス リスト内のフォルダーを作成します。

SharePointクラシック エクスペリエンスでフォルダーを作成するには、手順します。

注: [新しいフォルダー] コマンドが利用できない場合、所有者またはデザイナー以上のアクセス許可を持っていれば利用することができます。リボンの [ライブラリ] タブで、[ライブラリの設定] をクリックし、[詳細設定] をクリックします。[フォルダー] セクションで、[[新しいフォルダー] コマンドを表示する] に [はい] が選択されていることを確認します。

  1. フォルダーを追加するリストが含まれている SharePoint サイトに移動します。

  2. クイック起動バーでリスト名をクリックするか、[設定] Office 365 の [設定] ボタン 、[サイト コンテンツ] の順にクリックし、フォルダーを追加するリストのタイトルをクリックします。

    注:  サイトの外観とナビゲーションは、デザイナーによって大幅に変更されることがあります。コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  3. リボンの [アイテム] タブをクリックし、[新規] で [新しいフォルダー] をクリックします。

    SharePoint ファイル リボンの画像。[新しいフォルダー] ボタンが強調表示されています。

    注: [新しいフォルダー] コマンドが利用できない場合、所有者またはデザイナー以上のアクセス許可を持っていれば利用することができます。リボンの [リスト] タブで、[リストの設定] をクリックし、[詳細設定] をクリックします。[フォルダー] セクションで、[[新しいフォルダー] コマンドを表示する] に [はい] が選択されていることを確認します。

    注: フォルダー名を後で変更するには、省略記号 (...) をクリックし、ダイアログ ボックスの省略記号 (...) をクリックして、[名前の変更] をクリックします。[名前] ボックスでフォルダー名を変更して、[保存] をクリックします。

  4. [新しいフォルダーの作成] ダイアログ ボックスで、[名前] ボックスにフォルダー名を入力し、[作成] をクリックします。

    ライブラリ ダイアログ ボックスにフォルダーを作成する

SharePoint Server 2016またはSharePoint Server 2013 ] ボックスの一覧で、フォルダーを作成します。

SharePoint リストの所有者または設計のアクセス許可がある所有者は、詳細な設定を変更することで、[新しいフォルダー] コマンドを表示するかどうかを決定できます。

  1. フォルダーを追加するリストが含まれている SharePoint サイトに移動します。

  2. クイック起動バーでリスト名をクリックするか、[設定] Office 365 の [設定] ボタン 、[サイト コンテンツ] の順にクリックし、フォルダーを追加するリストのタイトルをクリックします。

    注:  サイトの外観とナビゲーションは、デザイナーによって大幅に変更されることがあります。コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  3. リボンの [ファイル] タブをクリックし、[新規] で [新しいフォルダー] をクリックします。

    SharePoint ファイル リボンの画像。[新しいフォルダー] ボタンが強調表示されています。

    注: [新しいフォルダー] コマンドが利用できない場合、所有者またはデザイナー以上のアクセス許可を持っていれば利用することができます。リボンの [リスト] タブで、[リストの設定] をクリックし、[詳細設定] をクリックします。[フォルダー] セクションで、[[新しいフォルダー] コマンドを表示する] に [はい] が選択されていることを確認します。

  4. [新しいフォルダー] ダイアログ ボックスで、[名前] ボックスにフォルダー名を入力しします。

    ライブラリ ダイアログ ボックスにフォルダーを作成する

    SharePoint Server 2016フォルダーを共有するユーザーを招待することができます (省略可能)。

  5. 完了したら、[作成] または [保存] をクリックします。

注記: 

  • フォルダー名を後で変更するには、省略記号 [...] をクリックし、ダイアログ ボックスの省略記号 [...] をクリックし、[名前の変更] をクリックします。[名前] ボックスでフォルダー名を変更します。

  • フォルダー階層の 1 つ上のレベルにすばやく移動するには、リボンの [リスト] タブをクリックし、[上へ移動] をクリックします。

フォルダーではなく、SharePoint ビューの使用もご検討ください。ビューでも、コンテンツのフィルター処理、グループ化、振り分けなど、さまざまな方法があるためです。サイズの大きいリストの場合は、ビューとフォルダーを組み合わせると最適に機能する場合があります。ビューの作成方法の詳細については、「リストまたはライブラリでビューを作成、変更、または削除する」を参照してください。

SharePoint 2010 リスト内にフォルダーを作成する

既定では、[新しいフォルダー] コマンドはリストに表示されません。SharePoint リストの所有者またはリストのデザインを変更するアクセス許可を持つユーザーは、リストの詳細設定を変更して、[新しいフォルダー] コマンドを表示するかどうかを決定できます。

  1. フォルダーを追加するリストが含まれる SharePoint サイトに移動します。

  2. クイック起動バーで、リストの名前をクリックしてまたはサイトの操作] をクリックしてのすべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、適切な [リスト] セクションで、ライブラリの名前をクリックします。

    注:  サイトの外観とナビゲーションは、デザイナーによって大幅に変更されることがあります。コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  3. リボンの [リスト ツール] セクションで、[アイテム] タブをクリックし、[新規] グループの [新しいフォルダー] をクリックします。

    注: 所有者またはデザイナー以上のアクセス許可を持っている場合、リストのフォルダーを有効にすることができます。リボンの [リスト]、[リストの設定]、[詳細設定] の順にクリックします。[[新しいフォルダー] コマンドを表示する] で [はい] をクリックします。この操作を実行するには、所有者またはデザイナー以上のアクセス許可を持っている必要があります。

  4. [新しいフォルダー] ダイアログ ボックスで、[名前] ボックスにフォルダー名を入力し、[OK] をクリックします。

フォルダーではなく、SharePointビューの使用もご検討ください。ビューでも、コンテンツのフィルター処理、グループ化、振り分けなど、さまざまな方法があるためです。サイズの大きいリストの場合は、ビューとフォルダーを組み合わせると最適に機能する場合があります。SharePoint ビューの作成方法の詳細については、「ビューを作成、変更、削除する」を参照してください。

SharePoint Server 2007リスト内のフォルダーを作成します。

既定では、[新しいフォルダー] メニューは、リストの所有者が有効にしない限り、SharePoint リストには表示されません。これは、詳細なリストの設定を変更することで有効になります。

  1. SharePoint リストをまだ開いていない場合は、クイック起動バーでその名前をクリックします。

  2. [新規] メニュー メニューの画像 で [新しいフォルダー] をクリックします。

  3. 手順に従って名前を入力し、[OK] をクリックします。

フォルダーではなく、SharePointビューの使用もご検討ください。ビューでも、コンテンツのフィルター処理、グループ化、振り分けなど、さまざまな方法があるためです。サイズの大きいリストの場合は、ビューとフォルダーを組み合わせると最適に機能する場合があります。SharePoint ビューの作成方法の詳細については、「ビューを作成または変更する」を参照してください。

どのバージョンの SharePoint​​ をご利用ですか?

ご使用の SharePoint のバージョンが不明の場合は、「使用している SharePoint​​ のバージョンが不明の場合」を参照してください。

フォルダーとファイルに関するその他のトピック

ドキュメント ライブラリのフォルダー、ファイル、リンクを移動またはコピーする

ファイルをライブラリにアップロードする

Create a folder in a SharePoint document library (SharePoint ドキュメント ライブラリでフォルダーを作成する)

リストまたはライブラリ内のフォルダーを作成または削除する

SharePoint ドキュメント ライブラリからファイル、フォルダー、またはリンクを削除する

ご意見を寄せてください。

この記事はお役に立ちましたか? 不足している情報はありませんか? その場合は、このページの最下部で不足している点やわかりにくかった点をお知らせください。使用している SharePoint のバージョン、OS、ブラウザーも記載してください。皆様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×