SharePoint サイト ページを作成する

Microsoft SharePoint Designer 2010 では、SharePoint サイトにページをすばやく簡単に追加し、それらのページをブラウザーまたは SharePoint Designer でカスタマイズすることができます。新しいページを作成するときのページの種類にはいくつかの選択肢があり、Web パーツ ページ、ASPX ページ、または HTML ページを作成できます。

注: これらのページ以外にも、"発行ページ" と呼ばれる種類のページが存在し、Microsoft SharePoint Server 2010 からサイトを発行するときによく使用されます。発行ページの詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

この記事では、SharePoint Designer 2010 でサイト ページを作成する方法について説明します。

この記事の内容

サイトに追加するページの種類

Web パーツ ページを作成する

マスター ページからページを作成する

単体の ASPX ページまたは HTML ページを作成する

次の手順

サイトに追加するページの種類

SharePoint Designer 2010 でサイトを編集する際は、そのサイトのデザインや機能に対応したページを追加することがたびたびあります。この場合、カスタマイズ済みのビューとフォームに必要なページを追加することがほとんどです。このため、SharePoint Designer 2010 の概要ページから、リストまたはライブラリ用に新しいビューまたはフォームを作成すると、新しいサイト ページ (リスト ビュー ページ、リスト フォーム ページとも呼ばれる) が自動的に作成されます。リスト ビューおよびリスト フォームの詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

サイト ページは、それ以外にも追加のデータ ソース用のビューやフォームを作成したり、サイト ユーザーが Web パーツを追加またはカスタマイズできるページを指定するなど、さまざまな目的で追加することができます。このような場合、SharePoint Designer 2010 で新しいサイト ページを作成することができます。作成できるページは次の 3 種類です。

ページの種類

説明

Web パーツ ページ

自分が Web パーツを追加するか、またはサイト ユーザーがブラウザーを使って Web パーツを追加できる Web パーツ領域が含まれた ASPX ページを作成します。新しいページでは、そのサイトの他の部分 (境界線、ナビゲーション要素など) と同じ外観が保たれ、ページがサイトのマスター ページと自動的に関連付けられます。新しい Web パーツ ページを作成するときには、それぞれ異なるレイアウトの Web パーツ領域が含まれた、いくつかの Web パーツ ページ テンプレートから選択できます。

ASPX ページ

空の ASPX または ASP.NET Web ページを作成します。ASPX ページを作成する場合、そのページで想定したとおりの動作が実行されるように、必要な Web パーツ領域およびページ要素を追加する必要があります。SharePoint Designer のサイト ページから ASPX ページを作成する場合、そのページはマスター ページに関連付けられないため、外観、境界線、およびナビゲーションは、サイトの他の部分から引き継がれません。

HTML ページ

空の HTML ページをサイトに作成します。作成する HTML ページには、SharePoint サイトに必要な ASP コードが含まれていないため、サイト上で HTML ページを直接閲覧することはできません。ただし、このページは、サイト上に HTML 文書を保存するために使用することができます。

注: Microsoft SharePoint Server 2010 および Microsoft SharePoint Foundation 2010 は、Microsoft ASP.NET テクノロジを使用して、静的な HTML サイトでは実現できないようなインタラクティブで共同作業に適したコンテンツを提供します。SharePoint サイトにページを追加するときは、Web パーツ ページか ASPX ページを選ぶことがほとんどです。どちらも SharePoint の機能が全面的にサポートされる ASP.NET ページであるためです。

ページの先頭へ

Web パーツ ページを作成する

Web パーツ ページは、少なくとも 1 つの Web パーツ領域を含んだ ASPX ページです。それぞれの Web パーツ領域が、Web パーツ用のコンテナーのように機能します。Web パーツのレイアウトや形式は、Web パーツ領域を構成することによって制御できます。SharePoint Designer 2010 で Web パーツ ページを作成するときには、さまざまな選択肢の中から適切なレイアウトを選ぶことができます。Web パーツ ページを作成した後で、Web パーツ領域の配置を変更したり、データ ビューやフォームなどの Web パーツを追加したりすることができます。サイトの編集権限があれば、サイトの利用者が Web パーツを追加、削除することもできます。

また、Web パーツ ページはサイトのマスター ページに関連付けられるため、サイトの境界線、ナビゲーションなど、共有されるさまざまな要素が引き継がれ、そのサイト上の他のすべてのページとの外見的な一貫性が保たれます。

注:  SharePoint サイトにページを追加するには、ページの追加とカスタマイズの権限を持つサイト グループのメンバーであることが必要です。この権限は、"フル コントロール" および "デザイナー" の各アクセス許可レベルに既定で含まれています。

Web パーツ ページを作成するには、SharePoint Designer 2010 でサイトを開き、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[サイト ページ] をクリックします。

  2. [ページ] タブの [新規作成] で [Web パーツ ページ] をクリックします。

  3. 表示されたプレビューを見て、Web パーツ ページのレイアウトを選択します。
    SharePoint Designer 2010 へのページの追加

  4. サイト ページのギャラリーに新しい Web パーツ ページが作成されます。
    SharePoint Designer 2010 へのページの追加

  5. 必要に応じてページの名前 (既定値は "無題_1.aspx") をクリックして変更します。

  6. ページを編集するには、再度ページをクリックして概要ページを開き、[ファイルの編集] をクリックします。

  7. 対応するページが SharePoint Designer 2010 のページ エディターに表示され、ビューやフォームなどの Web パーツをページに追加できるようになります。
    SharePoint Designer 2010 へのページの追加

ページの先頭へ

マスター ページからページを作成する

SharePoint Designer 2010 では、既存のマスター ページに基づいて新しい ASPX ページを作成できます。この方法で新しいサイト ページを作成する場合、コンテンツをページに追加するための手順が別途必要となります。たとえば、コンテンツを追加できる主要なプレースホルダーがページ上のどこにあるのかを確認する必要があります。そのうえで、用途に応じて Web パーツ領域のレイアウトを追加、カスタマイズする必要があります。

注:  以下の手順を実行する際は、必要に応じてサイトの管理者に連絡し、サイトのマスター ページを編集できるようにしてもらってください。また、この方法で新しいサイト ページを作成すると、ゴースト解除されたページがサイト上に存在することになり、パフォーマンス上、好ましくない影響が生じる場合があります。

マスター ページからサイト ページを作成するには、SharePoint Designer 2010 でサイトを開き、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[マスター ページ] をクリックします。

  2. 新しいサイト ページに使用するマスター ページを強調表示します。

  3. [マスター ページ] タブの [新規作成] で [マスターから新しいページを作成] をクリックします。
    SharePoint Designer 2010 へのページの追加

    注:  マスター ページを右クリックしてショートカット メニューの [マスター ページから新規作成] をクリックするか、マスター ページから [ファイル] タブで新しいページを作成することもできます。

  4. [マスター ページの選択] ダイアログ ボックスで、次のいずれかのオプションを選択します。

    • 現在、サイトの既定のマスター ページとして設定されているマスター ページを使用する場合は、[既定のマスター ページ] をクリックします。

    • 現在、サイトのユーザー設定のマスター ページとして設定されているマスター ページを使用する場合は、[ユーザー設定のマスター ページ] をクリックします。

    • 現在、サイトの既定のマスター ページまたはユーザー設定のマスター ページのどちらとしても設定されていない、自分で選択したマスター ページを使用するには、[特定のマスター ページ] をクリックします。[参照] をクリックして場所を指定し、目的のマスター ページを選択します。マスター ページは、現在のサイトと同じサイト コレクションに存在する必要があります。

  5. 完了したら [OK] をクリックします。

  6. [新しい Web パーツ ページ] ダイアログ ボックスでサイト ページの名前を入力し、その場所を選択します。

  7. [はい] をクリックして、詳細モードでページを開きます。

  8. 対応するページが SharePoint Designer 2010 のページ エディターに表示され、ビューやフォームなどの Web パーツをページに追加できるようになります。

  9. ユーザー設定のコンテンツを追加するコンテンツ プレースホルダーを探します。

注: Web パーツをページの主要部分に追加する場合は、PlaceHolderMain というコンテンツ プレースホルダーを使用するのが一般的です。このプレースホルダーにコンテンツを追加するには、[PlaceHolderMain (マスター)] の右側にある矢印をクリックし、[ユーザー設定のコンテンツの作成] をクリックします。

SharePoint Designer 2010 へのページの追加
コンテンツ プレースホルダーの横に [(ユーザー設定)] と表示され、コンテンツ領域が編集可能になったことがわかります。

  1. これでユーザー設定のコンテンツをページに追加できるようになりました。たとえば、ユーザー設定のビュー、フォーム、Web パーツ、および Web パーツ領域を追加することができます。

ページの先頭へ

単体の ASPX ページまたは HTML ページを作成する

場合によっては、マスター ページに関連付けられるページや Web パーツ ページではなく、単体の ASPX ページまたは HTML ページを作成しなければならないこともあります。たとえば、ポップアップ ウィンドウとして機能する ASPX ページや、サイト上の別のページを補助する役割を持ったページです。サイトからダウンロードできる HTML ページが必要になることもあります。

単体の ASPX ページまたは HTML ページを作成するには、SharePoint Designer 2010 で対象のサイトを開き、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[サイト ページ] をクリックします。

  2. [ページ] タブの [新規作成] で [ページ] をクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。

    • 単体の ASPX ページをサイトに作成する場合は、[ASPX] をクリックします。

    • 単体の HTML ページをサイトに作成する場合は、[HTML] をクリックします。

注:  HTML ページには、SharePoint に必要な ASP.NET テクノロジが存在しないため、サイト上でページが適切に表示されない場合があります。

  1. サイト ページのギャラリーに新しいページが作成されます。
    SharePoint Designer 2010 へのページの追加

  2. 必要に応じてページの名前をクリックして変更します。

  3. ページを編集するには、再度ページをクリックして概要ページを開き、[ファイルの編集] をクリックします。

  4. [はい] をクリックして、詳細モードでページを開きます。

    注: 詳細モードは、SharePoint Designer 2010 におけるページ編集の状態の 1 つです。サイト ページのコンテンツ全体を編集し、さらに、サイト コレクションのページをカスタマイズ (ゴースト解除) することができます。

  5. 対応するページが SharePoint Designer 2010 のページ エディターに表示され、テキスト、画像、およびリンクを追加できるほか、ASPX ページの場合には、さらにビューやフォームなどの Web パーツを追加することもできます。
    SharePoint Designer 2010 へのページの追加

  6. この単体のページはそのまま使うこともできますが、ASPX ページの場合は、サイトのマスター ページに関連付けることもできます。サイト ページとマスター ページの関連付けの詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

次の手順

SharePoint サイトには、必要に応じていくつでもサイト ページを追加できます。ページを作成することによって、ユーザー設定のビューやフォームなど、サイトの利用者が使用するための Web パーツをホストすることもできます。マスター ページに基づいてサイト ページを作成するときには、さまざまなマスター ページから目的に合ったものを選ぶことができます。マスター ページの詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

サイト ページに加えて、サイト上に作成したページ レイアウトとマスター ページを基に、サイトのユーザーが自分で発行ページを作成できる発行機能に対応したサイトをセットアップすることができます。発行は Microsoft SharePoint Server 2010 の機能です。詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×