SharePoint サイトの作成および管理のロードマップ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office SharePoint Server 2007 が提供するフレームワークを使用すると、組織全体で情報を共有して共同作業を容易にするための Web サイトを作成して管理することができます。たとえば、大企業のユーザーはこのサイトを使用して、チーム内、グループ間、または組織全体で、ビジネス文書、スケジュール、およびプロセスを共有できます。Office SharePoint Server 2007 を使用して情報を共有および管理する場合、最初に行うことはサイトの作成です。サイトを作成した後は、ほとんどあらゆる目的のためにカスタマイズすることができます。

この記事をロードマップとして使用すると、Office SharePoint Server 2007 でサイトを計画、作成、カスタマイズ、および管理するのに役立ちます。以下に、Office Online の記事へのリンクと、人気のある Web サイト上の記事、デモ、およびブログへのリンクを示します。これらのリンク先で、Web サイトについてさらに詳しい情報を得ることができます。

始める前に

サイトを作成する前に、Office SharePoint Server 2007 とそのサイトに関する機能について学習する必要があります。これらの情報は、チームまたはプロジェクト向けのサイトを作成するときに、適切な種類のサイトを選択するのに役立ちます。実際にサイトを作成する前にこれらの情報をすべて知っておく必要はありませんが、サイトの目的に最適なサイト テンプレートを選択していることは確認してください。そうすることで、後のカスタマイズ作業が楽になります。

Office SharePoint Server 2007 およびサイトの概要

目的

説明

Microsoft Office SharePoint Server 2007 の概要

サイトを作成する前に、共同作業、個人用設定、検索、およびビジネス インテリジェンスなど、製品の主な使用方法を紹介します。また、Office SharePoint Server 2007 と Windows SharePoint Services 3.0 の間のおおまかな違いについても説明します。

Microsoft Office SharePoint Server 2007 の概要については、

Office SharePoint Server 2007 の全体像を把握して、共同作業と共有、エンタープライズ コンテンツの管理、およびエンタープライズ検索を実現するためのプラットフォームとしてどのように機能するかを理解します。

サイト コレクションおよびサイトの構造を計画する

新しいサイトまたはサイト コレクションを計画するために、サイトの目標や目的、サイトを使用するユーザー、それらのユーザーが必要とするアクセス レベル、サイトのコンテンツ、およびナビゲーション構造を決定します。

どのような SharePoint サイトを作成する必要がありますか?

Jose Barreto 氏によるこのブログを参照すると、ニーズに最適なサイト テンプレートを選択するのに役立ちます。この投稿では、発行サイト、wiki サイト、ダウンロード サイト、およびブログ サイトなど、さまざまなサイトの種類について説明しています。

サイトの作成

Office SharePoint Server 2007 で新しいサイトを作成するときは、名前、アドレス、説明、サイト テンプレート、およびナビゲーションとアクセス許可に関する設定を選択します。以下のリンクでは、これらのオプションの詳細について説明します。

サイトの作成

目的

説明

サイトの作成

Office SharePoint Server 2007 でサイトを作成する方法について説明します。この記事では、トップレベル サイトの作成と、既存のサイト内でのサブサイトの作成の相違点を説明します。サイトのナビゲーション、アクセス許可、および共有機能の観点から、この違いについて知ることができます。

既定のサイト テンプレート

サイトを作成するときに適切なサイト テンプレートを選択できるように、この記事を参照して、使用可能なテンプレートとそれぞれの説明について学習してください。Office SharePoint Server 2007 に含まれているサイト テンプレートは、リスト、ライブラリ、Web パーツなどのさまざまなサイト機能を備えています。

アクセス許可レベルを管理する

新しいサイトを作成するときは、親サイトからアクセス許可を継承するか、このサイトに固有のアクセス許可を作成するかどうかを選択します。この記事の最後で、それぞれの方法の利点について説明します。この設定は、サイトを作成した後に変更することができます。

注: アクセス許可とサイトへのアクセスについては、このロードマップの後半でサイトをカスタマイズするときに詳しく説明します。

ナビゲーション アイテムを構成する

新しいサイトを作成するときは、その親サイトのナビゲーションにサイトを表示するかどうかを選択します。サイトを作成するときに、このオプションがない場合は、この記事を参照して [サイトのナビゲーション設定] ページで行う設定について確認してください。アクセス許可と同様に、この設定は、サイトを作成した後に変更することができます。

注: ナビゲーション オプションについては、このロードマップの後半でサイトをカスタマイズするときに詳しく説明します。

ナビゲーションの継承について

新しいサイトを作成するときは、親サイトからトップ リンク バーや場合によってはパンくずリストを継承するかどうか、またはこのサイトに固有のトップ リンク バーとパンくずリストを作成するかどうかも選択できます。この記事では、それぞれの方法の利点について説明します。この設定も、サイトを作成した後に変更することができます。

注: ナビゲーション オプションについては、このロードマップの後半でサイトをカスタマイズするときに詳しく説明します。

サイト ディレクトリ内のサイト

サイトを作成するときの最後の選択肢は、新しいサイトをサイト ディレクトリにリストするかどうか、さらに、リストする場合はどの部門に含めるかということです。この設定も、サイトを作成した後に変更することができます。

サイトのカスタマイズ

サイトを作成したら、実際の作業を開始します。サイトの外観と動作に加えて、サイトの構造とアーキテクチャも検討する必要があります。外観と動作のオプションには、サイトの色とテーマ、サイト上のライブラリ、リスト、および Web パーツ、ナビゲーション、アクセス許可などがあります。構造とアーキテクチャのオプションには、サイト コンテンツ タイプ、サイト内の列、サイトで使用されるメタデータ全体などがあります。

外観と動作のカスタマイズ

目的

説明

サイトおよびページのカスタマイズの概要

セキュリティやナビゲーションのようなサイト全体にわたる設定、リストや Web パーツのような個々の機能など、サイトをカスタマイズするさまざまな方法のすべてを説明します。

Office SharePoint Server サイト テンプレートのプレビュー

このブログの投稿を参照すると、各サイト テンプレートのプレビューを確認して、サイトに含まれる機能について知ることができます。これは、サイトで追加、削除、カスタマイズする必要がある項目を把握するための優れた開始点になります。

サイトの色やテーマを変更する

サイトで最初に変更できる項目の 1 つは色やテーマです。サイトに含まれる一連のテーマを使用して、サイトの外観をすばやく変更することができます (サイトのレイアウトやコンテンツには影響を与えません)。

SharePoint サイトの Web Part Page を作成およびカスタマイズするためのロードマップ

サイトに追加する機能やサイトでカスタマイズする機能のほとんどは、Web パーツの形式で提供されます。このロードマップで、Office SharePoint Server 2007 の Web パーツに関する豊富なトピック、デモ、およびブログを参照してください。

SharePoint ライブラリを作成および構成するためのロードマップ

ライブラリは、もう 1 つの強力なサイトの構成要素です。ライブラリには、共同作業を行い、ビジネス情報を共有するチーム メンバーのために、ファイルの一覧と各ファイルに関する重要な情報が表示されます。このロードマップで、Office SharePoint Server 2007 のライブラリに関する豊富なトピック、デモ、およびブログを参照してください。

リストの概要

ライブラリと同様に、リストはビジネス情報を管理するための強力な方法です。リストは、チーム メンバーと共有する情報のコレクションです。この記事で、リストの種類や Office SharePoint Server 2007 でリストを操作する方法など、リストの詳細を参照してください。

構造とアーキテクチャのカスタマイズ

目的

説明

サイトのコンテンツと構造を扱う

サイトおよびサイト コレクションのコンテンツと構造をカスタマイズするには、[サイトのコンテンツと構造] ページを使用します。サイトの構造を変更し、リストおよびリスト アイテム上のコンテンツを管理することで、サイトのナビゲーション上でこれらのアイテムの外観を変更します。この記事では、[サイトのコンテンツと構造] ページの使用方法、アイテムをコピーおよび移動する方法、関連リソースの表示方法などを説明します。

SharePoint Server 2010 の管理されたメタデータの概要

メタデータは、データに関するデータを表します。サイトに適切なメタデータを設定すると、コンテンツをうまく整理することができ、ユーザーはそのコンテンツを簡単に見つけることができます。メタデータをデータに関連付ける方法の 1 つは、サイトでコンテンツ タイプとサイト内の列を使用することです。サイトでのメタデータの重要性については、このブログを参照してください。

コンテンツ タイプの設定とサイト内の列

サイトで行うメタデータ管理のほとんどは、コンテンツ タイプとサイト内の列の設定に関するものです。コンテンツ タイプとサイト内の列を組み合わせて使用すると、コンテンツを整理して、サイト (または複数のサイト) 全体でメタデータを一貫して使用することができます。この MSDN 記事で、コンテンツ タイプとサイト内の列について参照してください。

コンテンツ タイプの概要

コンテンツ タイプは、サイト上の特定のコンテンツ カテゴリに適用する再利用可能な設定のコレクションです。コンテンツ タイプを使用すると、サイトまたはサイト コレクション全体で一貫した方法で、コンテンツを整理、管理、処理することができます。コンテンツ タイプの詳細情報、サイト レベルでのコンテンツ タイプの動作、リストとライブラリでのコンテンツ タイプの動作について参照してください。

列について

サイト内の列は、1 つまたは複数のサイト全体で複数のリストに割り当てる、再利用可能な列の定義です。サイト内の列を使用すると、サイトおよびリスト間でメタデータの整合性を確保できます。サイトのコンテンツ タイプと同様に、サイト内の列はサイト レベルで定義され、実際のリストやコンテンツ タイプからは独立しています。この MSDN 記事で、列について参照してください。

サイトの管理

サイトの管理は通常、社内の IT (情報技術) 部門に関連付けられる領域です。サイトの管理タスクには、バックアップと復元の実行、サイト上の電子メールの構成、サイト テンプレートの実装などがあります。Office SharePoint Server 2007 では、これらのタスクの多くは、サイトの所有者によって実行できます。

サイトの管理

目的

説明

サイトおよびサイト コレクションを管理する

1 つのサイト、複数のサイト、または複数のサイトが含まれるサイト コレクションを管理する場合があります。サイトの管理をうまく行うには、サイト、サブサイト、およびサイト コレクションの適切な数を決定する必要があります。また、それぞれのサイト階層の管理、サイトの使用状況の監視、使用されていないサイトの管理なども必要になります。サイトとサイト コレクションの管理のヒントについては、この記事を参照してください。

サイトの設定を操作する

サイトを管理およびカスタマイズする際は、ほとんどの時間、Office SharePoint Server 2007 の [サイトの設定] ページで作業します。このページでは、アクセス許可、レイアウト ページ、管理設定などを管理します。

情報管理ポリシーを作成する

情報管理ポリシーを使用すると、組織の情報にアクセスできるユーザー、そのユーザーが情報に対して実行できる操作、および情報の保存期間を制御できるようになります。ポリシーを実装するために、ポリシー機能またはポリシー テンプレートを、サイト、コンテンツ タイプ、またはドキュメント ライブラリと関連付けることができます。具体的な方法については、この記事を参照してください。

サイト コレクションの監査設定を構成する

監査を使用して、サイト上のコンテンツの使用状況と、使用したユーザーを追跡することができます。必要に応じて、特定のユーザーによる操作の履歴を取得したり、特定の日付範囲内に実行された操作の履歴を取得したりすることができます。監査機能は、法令遵守やレコード管理のビジネス要件を満たすために役立ちます。監査の設定の詳細については、この記事を参照してください。

ビジネス インテリジェンスの機能の概要

組織内の意思決定者に戦略的データや運用データを提供するために、Office SharePoint Server 2007 のビジネス インテリジェンス機能を活用できます。SAP、Siebel、および Microsoft SQL Server 2005 などのビジネス アプリケーションにサイトをリンクして、それらのアプリケーションに格納されているデータから、レポート、リスト、および主要業績評価指標 (KPI) を発行します。

このロードマップで、ビジネス インテリジェンスに関する豊富なトピック、デモ、およびブログを参照してください。

ページ レイアウトとサイト テンプレートの設定について

サイト全体に一貫した外観を適用するために、サイト テンプレートとページ レイアウトを指定して、サイトから作成されるすべてのサブサイトおよび Web ページで使用することができます。たとえば、サイトから作成される新しいサブサイトで、チーム サイト テンプレートを使用するように指定できます。また、サイトで作成される新しいページで、[本文のみのアーティクル ページ] ページ レイアウトを使用するように指定することもできます。このトピックで、サイト テンプレートとページ レイアウトの管理方法を参照してください。

ごみ箱のアイテムを表示、復元、または削除する

Office SharePoint Server 2007 のごみ箱には、ドキュメント、リスト アイテム、リスト、フォルダー、およびファイルを削除するときの安全策が用意されています。これらのアイテムのいずれかを削除すると、ごみ箱に格納されます。アイテムの表示、アイテムの削除、ごみ箱内のアイテムの復元を行う方法を説明します。

サイトおよびサイト コレクションを削除する

サイトについて実行する可能性のある最後の操作は、サイトの削除です。トップレベル サイトを削除すると、その下にあるすべてのサブサイトも削除され、バックアップがない限り、それらのサブサイトを復元することはできないことに注意してください。Office SharePoint Server 2007 のサイトを削除する方法については、この記事を参照してください。

詳細情報

Office SharePoint Server 2007 サイトは、さまざまな方法で利用できるため、このロードマップですべてを説明することはできません。サイトを作成した後は、ライブラリ、リスト、Web パーツ、ページ レイアウト、サイトの設定などを活用して、サイトに関するほとんどあらゆる操作を行うことができます。以下のリンクに従って、Office Online および TechNet で利用できるその他のドキュメントを参照してください。

Office Online および TechNet のドキュメント

リソース

説明

SharePoint Server TechCenter

TechNet 上の Office SharePoint Server 2007 に関するサイト管理者向けの記事。

Windows SharePoint Services TechCenter

TechNet 上の Windows SharePoint Services 3.0 に関するサイト管理者向けの記事。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×