SharePoint または OneDrive for Business から Web ページやブログに Excel ブックを埋め込む

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

OneDrive から共有する場合は、ここをクリックしてください。

埋め込まれた Excel Online ブックに SharePoint Online が対応したため、Web ページやブログでそれらを使用できます。他のユーザーは SharePoint Online にログインしなくても、埋め込まれたブックを表示し、操作することができます。Office 365 でホストされているブックの URL を入手し、その URL を使って Web ページやブログにブックを直接埋め込むことができます。そのためには、Web ページに <iframe> 要素の SRC 属性を設定します。

SharePoint Online でホストされている Excel Online BI ブックを Web ページやブログに埋め込む方法は次のとおりです。

ブックのアクセス許可を設定する

Web ページやブログにブックを埋め込む前に、関係するすべてのユーザーとブックが共有されていることを確認します。たとえば、公開ブログを運営している場合は、組織に属さないユーザーも含めて、ブックをすべてのユーザーと共有することになります。ブックを共有する方法は次のとおりです。

  1. SharePoint Online で、共有するブックの横にある [その他] メニュー (...) をクリックし、[共有] をクリックします。

    ブックの横の [その他] (...) メニュー

  2. [ユーザーの招待] ボックスで [すべてのユーザー] を選択し、[表示可能] を選びます。

    [共有] ダイアログ ボックス

    注記: 

    • すべてのユーザーを招待してブックを表示できるようにするオプションは、SharePoint 管理者によってブロックされている場合があります。その場合は、[外部ユーザー以外のすべてのユーザー] を選択するか、管理者にお問い合わせください。

      どちらを選んだかに関係なく、[サインインを要求する] ボックスをオフにして、公開の匿名アクセスができるようにします。

    • SharePoint 管理者が [サインインを要求する] ボックスを削除し、既定で True に設定していることも考えられます。そのような場合は、管理者に相談してください。

    • 埋め込まれた Excel Online ブックを編集することはできませんが、適切なアクセス許可を持つユーザーは埋め込まれたブックを Excel で開いてデータを編集できます。

  3. ブックをゲストと共有できるようにするには、[サインインを要求する] ボックスをオフにし、[共有] をクリックします。

公開ブックの URL を入手する

  1. ブックの横にある [その他] メニュー (...) を選択し、"ゲスト リンク" をクリックします。

    [その他] メニューのゲスト リンク

  2. ゲスト リンクの URL を選択し、コピーしてメモ帳に貼り付けます。

  3. 埋め込まれたブックを有効にするには、次のように URL を変更します。

    • 埋め込まれたブックとしてブックを表示するには、URL パラメーター action=embedview を URL 文字列の末尾に追加します。

    • フィルターとピボットテーブルを操作できるようにするには、URL パラメーター wdAllowInteractivity=True を追加します。

    • Power View の視覚エフェクト、ピボットテーブル、データ モデルに基づくスライサーなどの BI 機能を埋め込まれたブックで使用できるようにするには、文字列 &wdbipreview=True を追加します。

ヒント: 

  • 最終的な URL は次のようになります。

  • https://host/personal/user/_layouts/15/guestaccess.aspx?guestaccesstoken=2UdAHGlFpWVaJjkI32xuisKCQsULG6M6b%2fIjG1LYpRM%3d&docid=166d02b42f5a1443781a1de428d9518ee&action=embedview&wdbipreview=true

追加のパラメーターを指定する

追加の URL パラメーターによって、埋め込まれたブックの表示方法を変更できます。

追加のパラメーターを指定した URL の例を示します。

<iframe width="500" height="200" frameborder="0" scrolling="no" src=" https://host/personal/user/_layouts/15/guestaccess.aspx?guestaccesstoken=2UdAHGlFpWVaJjkI32xuisKCQsULG6M6b%2fIjG1LYpRM%3d&docid=166d02b42f5a1443781a1de428d9518ee&action=embedview&wdbipreview=true&wdHideSheetTabs=true&wdAllowInteractivity=True& Item=PivotTable1& ActiveCell=B4&wdHideGridlines=True &wdHideHeaders=True& wdDownloadButton=True”>

この URL の例で使用しているパラメーターを次の表に示し、ブックの表示への影響を簡単に説明します。また、パラメーターの既定の設定を示します。

URL パラメーター

効果

既定値

wdHideSheetTabs=True

ブック内のすべてのシートの下部に表示されるシート タブを非表示にします。

False

wdAllowInteractivity=True

並べ替えやフィルター処理ができるテーブルまたはピボットテーブルがブックに含まれている場合、データを操作できます。

True

Item=itemName

特定のアイテムを表示します。ブックにグラフ、テーブル、ピボットテーブル、または名前付き範囲が含まれていて、それらのアイテムのうち 1 つだけを Web ページに表示したい場合は、Item パラメーターを使用してそのアイテムを指定します。Excel ブック内の名前付き範囲と名前付きアイテムについては、「数式で名前を定義し使用する」を参照してください。

設定されていません。

ActiveCell=CellName

Web ページを開いた時点の、埋め込まれたブック内のアクティブ (選択済み) セルを指定します。セル参照 (A1 など) または名前でアクティブ セルを指定することができます。

このパラメーターを使って作業中のシートを定義することもできます。そのためには、そのシート内のセルを選択します。Power View シートをアクティブ シートとして選択するには、このパラメーターを A1 に設定します。ただし、Power View シートにグリッドはありません。

アクティブ セルの指定がない場合は、最後に保存されたビューが表示されます。

最後に保存されたビューが表示されます。

wdHideGridlines=True

見た目がすっきりするように、ワークシートの枠線を非表示にします。

False

wdHideHeaders=True

列と行の見出しを非表示にします。

False

wdDownloadButton=True

閲覧者が自分用にブックのコピーをダウンロードできるように、[ダウンロード] ボタンを表示します。

Excel Online の Excel アイコン

False

フレームのサイズを設定する

標準的な HTML iframe のプロパティを使って、Web ページにブックを表示するフレームのサイズを変更することができます。iframe タグ内の幅と高さの値 (ピクセル単位) を見つけ、必要なフレームのサイズになるように値を変更します。

<iframe width="201" height="173" frameborder="0" scrolling="no"

公開したブックをテストする

ブログ作成者として、公開した埋め込まれたブックに匿名ユーザーがアクセスできることをテストしてください。次の点を考慮します。

  • Power View を完全にサポートするには Silverlight が必要です。HTML5 では、Power View の一部の機能が制限される可能性があります。

  • 他のユーザーには必ずしも許可されない特権アクセスを iframe 作成者またはファイル所有者に許可するライセンス プラン。一般の閲覧者が埋め込まれたブックを表示できることを確認するには、プライベート モードでブラウザーを開き、埋め込まれたブックにアクセスして、非認証テストを実行します。この方法を次に説明します。

    1. プライベート モードでブラウザーを開きます。たとえば、IE で [InPrivate ブラウズを開始する] をクリックするか、Chrome で [シークレット ウィンドウを開く] をクリックします。

    2. 公開したブログに移動します。

    3. 埋め込まれたブックを表示し、操作します。

埋め込まれたブックの制限

機能

上限

ブックのサイズ

10 MB

同時閲覧ユーザーの数

1000

注記: 

  • 埋め込まれたブックのトラフィックが多いと、一部のユーザーに対して調整が行われる場合があります。

  • 埋め込まれたブックの利用の可否は、データ センターまたはテナントに埋め込まれたブックの数によって影響を受ける場合があります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Power View のインタラクティブな視覚エフェクトとピボット テーブルこれで、ブログや web サイトに埋め込まれる

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×