SharePoint の Power View でビューのイメージを保存するかどうかの選択

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint の Power View では、他のユーザーが PowerPivot ギャラリーや PowerPoint などの他のアプリケーションでプレビューできるように各ビューの現在の状態のイメージが保存されます。ビューのプレビュー イメージは、Power View のデザイン モードのビュー ペインに表示されるイメージです。これらは、ビューのスナップショットです。Power View レポートを保存する際、既定では、レポートと共にこれらのイメージが保存されます。保存されたイメージは、次の場所に表示されます。

  • SharePoint Server 2013 の PowerPivot ギャラリーに、Microsoft Excel ワークシートと同じように表示されます。

  • PowerPoint のデザイン モードに、レポートをエクスポートした時点のビューの静的なイメージとして表示されます。

ただし、初めてファイルを保存する場合、または名前を付けて保存する場合は、イメージを保存しないようにするオプションもあります。

レポートでのプレビュー イメージの保存を無効にする

  1. Power View で、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  2. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、[レポートと共にプレビュー イメージを保存する] チェック ボックスをオフにします。

注意: プレビュー イメージに表示される情報に機密情報が含まれる場合は、保存しないように検討してください。PowerPivotギャラリーのカルーセル ビューには、十分判読できる大きさのイメージが表示されることにご注意ください。プレビュー イメージのないビューでは、ウォーターマーク アイコンと "プレビューは使用できません" というラベルが表示されます。

また、プレビュー イメージを保存したレポートでビューを開いて表示しているときにレポートを保存すると、更新されたプレビュー イメージが保存されます。保存されないようにするには、代わりに [名前を付けて保存] をクリックします。

SharePoint の PowerPivot ギャラリーでのカルーセル ビュー

SharePoint の PowerPivot ギャラリーのカルーセル ビュー

注記: 

  • Power View には、Excel 2013 の Power View と SharePoint 2013 の Power View という 2 つのバージョンがあります。このトピックでは、SharePoint 2013 の Power View についてのみ説明します。Power View シートを含む Excel ブックを Excel Services で SharePoint ライブラリに保存した場合は、Power View シートが他のシートと共にブックに表示されます。

  • 詳細については、「Power View でできるその他の操作」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×